「ぺんてる銀の穂」で塗ったよ。ホットウィールの『ダッジ・リトル・レッド・エクスプレス』を塗ったよ!

ホットウィールの『ダッジ・リトル・レッド・エクスプレス』を買ったハナシは以前のブログに書きました。

hotwheels_dodge_shell_package_01.jpg
Shellだから買ったよ!ホットウィールの『ダッジ・リトル・レッド・エクスプレス』を買ったよ!


▼マフラーがいかにもプラスチックなのが残念ですよね。
hotwheels_dodge_shell_pla.jpg


▼でも! オレにはこいつがあるんだ!
hotwheels_dodge_shell_dodge_silver_01.jpg

▼2020年6月のnippperの記事参照。
すべての人に「筆で色を塗る喜び」を伝える最上のツール、ぺんてる 金の穂。

沖縄であちこち探し回っていましたが、12月にようやく発見して購入したのですよ。

もちろんクレオスの水性ホビーカラーは持っているんですけどね。

「ぺんてる銀の穂(水性顔料インキ)」でラクチンに塗りますよ。

ちなみに「ぺんてる金の穂」も確保済み。


▼油性の三菱ペイントマーカーも持っているのだけれど違いはどうだろう?
hotwheels_dodge_shell_dodge_silver_03.jpg


▼さて、塗装前。マフラーがプラであることがはっきり分かりますね。
hotwheels_dodge_shell_dodge_silver_02.jpg
▼塗りましたよ。見違えたでしょ?
hotwheels_dodge_shell_dodge_silver_04.jpg
いいんじゃん?

「ぺんてる銀の穂」はミニカーにもプラモデルにも色々と使えそうだな。

ちなみにマフラーの先端部分は三菱ペイントマーカーを使ってみた。

見た目には色の違いはあまり感じられないね。

プラ板で試すと三菱ペイントマーカーの方が光沢があるんですけどね。

「ぺんてる銀の穂」は筆なので塗りやすいってのがメリットかな?