アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 2020年

F1グランプリの歴史

■2020年

セブ離脱。屈辱の0勝、コンスラクターズ6位・・・

MACHINE :
SF1000(コードネーム671)(1.6リッターV6ターボ)
マシンデザイン :
DRIVER :
セバスチャン・ベッテル(No.5) 6年目:新3年契約の3年目
シャルル・ルクレール(No.16)  2年目:6年契約の2年目
シミュレータードライバー: ?

1.6リッターV6ターボの7年目
新型コロナウイルスで3月に開幕出来ず・・・
トロ・ロッソ → アルファタウリ にチーム名変更
ウィリアムスがチーム売却?
セブが2020年限りでチーム離脱を発表
2021年からカルロス・サインツ加入(マクラーレンから移籍)を発表
2021年ダニエル・リカルドがルノーからマクラーレンに移籍
2021年フェルナンド・アロンソがルノーに復帰!
セルジオ・ペレス(レーシングポイント)が新型コロナウイルスに感染し、イギリスGP、70周年記念GPを欠場。代役はニコ・ヒュルケンベルグ。
8月、ウィリアムズF1チームはアメリカの投資会社『ドリルトン・キャピタル(Dorilton Capital)』に売却された。チーム名称は継続されるがウィリアムズ家はチームの経営から離れることに。

■2020年F1カレンダー(当初予定)※新型コロナウイルスの影響で変更
第1戦 3月15日 F1オーストラリアGP(アルバート・パーク・サーキット)
第2戦 3月22日 F1バーレーンGP(バーレーン国際サーキット)
第3戦 4月5日 F1ベトナムGP(ハノイ市街地コース)
第4戦 4月19日 F1中国GP(上海国際サーキット)
第5戦 5月3日 F1オランダGP(ザントフォールトサーキット)
第6戦 5月10日 F1スペインGP(カタロニア・サーキット)
第7戦 5月24日 F1モナコGP(モンテカルロ市街地コース)
第8戦 6月7日 F1アゼルバイジャンGP(バクー市街地コース)
第9戦 6月14日 F1カナダGP(ジル・ヴィルヌーブ・サーキット)
第10戦 6月28日 F1フランスGP(サーキット・ポール・リカール)
第11戦 7月5日 F1オーストリアGP(レッドブル・リンク)
第12戦 7月18日 F1イギリスGP(シルバーストーン・サーキット)
第13戦 8月2日 F1ハンガリーGP(ハンガロリンク)
第14戦 8月30日 F1ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
第15戦 9月6日 F1イタリアGP(モンツァ・サーキット)
第16戦 9月20日 F1シンガポールGP マリーナ・ベイ
第17戦 9月27日 F1ロシアGP(ソチ・オートドローム)
第18戦 10月11日 F1日本GP(鈴鹿サーキット)
第19戦 10月25日 F1アメリカGP(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)
第20戦 11月1日 F1メキシコGP(エルマノス・ロドリゲス・サーキット)
第21戦 11月15日 F1ブラジルGP(インテルラゴス・サーキット)
第22戦 11月29日 F1アブダビGP(ヤス・マリーナ・サーキット)


■2020年F1カレンダー(改訂版)
第1戦 7月5日 オーストリアGP(レッドブル・リンク)
予選  セバスチャン・ベッテル 11位  シャルル・ルクレール 7位
決勝  セバスチャン・ベッテル 10位  シャルル・ルクレール 2位
レースリポート

第2戦 7月12日 シュタイアーマルクGP(レッドブル・リンク)
予選  セバスチャン・ベッテル 10位  シャルル・ルクレール 11位
決勝  セバスチャン・ベッテル 0周リタイア  シャルル・ルクレール 1周リタイア
レースリポート

第3戦 7月19日 ハンガリーGP(ハンガロリンク)
予選  セバスチャン・ベッテル 5位  シャルル・ルクレール 6位
決勝  セバスチャン・ベッテル 6位  シャルル・ルクレール 11位
レースリポート

第4戦 8月2日 イギリスGP(シルバーストーン・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 10位  シャルル・ルクレール 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 10位  シャルル・ルクレール 3位
レースリポート

第5戦 8月9日 F1 70周年記念GP(シルバーストーン・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 12位  シャルル・ルクレール 8位
決勝  セバスチャン・ベッテル 12位  シャルル・ルクレール 4位
レースリポート

第6戦 8月16日 スペインGP(カタロニア・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 11位  シャルル・ルクレール 9位
決勝  セバスチャン・ベッテル 7位  シャルル・ルクレール リタイア
レースリポート

第7戦 8月30日 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
予選  セバスチャン・ベッテル 14位  シャルル・ルクレール 13位
決勝  セバスチャン・ベッテル 13位  シャルル・ルクレール 14位
レースリポート

第8戦 9月6日 イタリアGP(モンツァ・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 17位  シャルル・ルクレール 13位
決勝  セバスチャン・ベッテル リタイア  シャルル・ルクレール リタイア
レースリポート

第9戦 9月13日 トスカーナGP(ムジェロ)
予選  セバスチャン・ベッテル 5位  シャルル・ルクレール 14位
決勝  セバスチャン・ベッテル 10位  シャルル・ルクレール 8位
レースリポート

第10戦 9月27日 ロシアGP(ソチ)
予選  セバスチャン・ベッテル 15位  シャルル・ルクレール 11位
決勝  セバスチャン・ベッテル 13位  シャルル・ルクレール 6位
レースリポート

第11戦 10月11日 アイフェルGP(ニュルブルクリンク)
予選  セバスチャン・ベッテル 11位  シャルル・ルクレール 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 11位  シャルル・ルクレール 7位
レースリポート

第12戦 10月25日 ポルトガルGP(ポルティマオ)
予選  セバスチャン・ベッテル 15位  シャルル・ルクレール 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 10位  シャルル・ルクレール 4位
レースリポート

第13戦 11月1日 ロマーニャGP(イモラ)
予選  セバスチャン・ベッテル 14位  シャルル・ルクレール 7位
決勝  セバスチャン・ベッテル 12位  シャルル・ルクレール 5位
レースリポート

第14戦 11月15日 トルコGP(イスタンブール・パーク)
予選  セバスチャン・ベッテル 12位  シャルル・ルクレール 14位
決勝  セバスチャン・ベッテル 3位  シャルル・ルクレール 4位
レースリポート

第15戦 11月29日 バーレーンGP(バーレーン)
予選  セバスチャン・ベッテル 11位  シャルル・ルクレール 12位
決勝  セバスチャン・ベッテル 13位  シャルル・ルクレール 10位
レースリポート

第16戦 12月6日 サヒールGP(バーレーン)
予選  セバスチャン・ベッテル 13位  シャルル・ルクレール 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 12位  シャルル・ルクレール 0周リタイア
レースリポート

第17戦 12月13日 最終戦 アブダビGP(ヤス・マリーナ)
予選  セバスチャン・ベッテル 13位  シャルル・ルクレール 9位
決勝  セバスチャン・ベッテル 14位  シャルル・ルクレール 13位
レースリポート

日本GPは中止。開催なし。



▼2020年エントリーリスト
※カーナンバーは固定ナンバー制

■メルセデスAMGペトロナス
パワーユニット : メルセデス
マシン : W11
No.44 ルイス・ハミルトン(イギリス)
No.77 バルテリ・ボッタス(フィンランド)


■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
パワーユニット : フェラーリ
マシン : SF1000(コードネーム671)
No.5 セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
No.16 シャルル・ルクレール(モナコ)



■レッドブル・レーシング
パワーユニット : ホンダ
マシン : RB16
No.33 マックス・フェルスタッペン(オランダ)
No.23 アレクサンダー・アルボン(タイ)


■マクラーレン・ルノー
パワーユニット : ルノー
マシン : MCL35
No.55 カルロス・サインツJr(スペイン)
No.4 ランド・ノリス(イギリス)


■ルノーF1チーム
パワーユニット : ルノー
マシン : R.S.20
No.3 ダニエル・リカルド(オーストラリア)
No.31 エステバン・オコン(フランス)※復帰


■スクーデリア・アルファタウリ
パワーユニット : ホンダ
マシン : AT01
No.10 ピエール・ガスリー(フランス)
No.26  ダニール・クビアト(ロシア)


■レーシング・ポイント
パワーユニット : メルセデス
マシン : RP20
No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)※イギリスGP、70周年記念GP欠場。
No.18 ランス・ストロール(カナダ)
No.27 ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)※イギリスGP、70周年記念GP出走。


■アルファロメオ・レーシング
パワーユニット : フェラーリ
マシン : C39
No.7 キミ・ライコネン(フィンランド)
No.99 アントニオ・ジョビナッツィ(イタリア)


■ハース
パワーユニット : フェラーリ
マシン : VF-20
No.8 ロメ・グロジャン(フランス)
No.20 ケビン・マグヌッセン(デンマーク)


■ウィリアムズ・レーシング
パワーユニット : メルセデス
マシン : FW43
No.63 ジョージ・ラッセル(イギリス)
No.6 ニコラス・ラティフィ(カナダ)※ルーキー

●2019年限りでF1からサヨウナラのドライバーたち
No.88 ロバート・クビサ(ポーランド)2020年はF1に参戦しないと自身が決断。アルファロメオの開発ドライバーに就任
No.27 ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)ルノーが契約せず。F1シート喪失。






シーズン


SNS



ページのトップへ戻る