« 空から見よう! 第9戦ドイツGP ニュルブルクリンク |メイン| 千葉 → 沖縄 ミニカー仲間からフェラーリのミニカーとかが届く! »

2013年7月 8日

第9戦 ドイツGP がっかりな結果。 アロンソ4位・・・ マッサは4周でリタイア・・・。


2013_f1_german.jpg

●フリー走行
1 アロンソ22位(ノータイム) マッサ6位
2 アロンソ6位 マッサ7位
3 アロンソ4位 マッサ5位

●予選
アロンソ8位 マッサ7位

●決勝
アロンソ4位 マッサ4周リタイア

フリー走行1のアロンソは電気制御装置のプログラミング不具合でノータイム・・・。

予選は、決勝を見据えたタイヤ戦略でQ3はミディアムを使用。

ソフトであればもうちょっと上位を狙えたと思うけどポールには程遠いからってチームの戦略で・・・。

マッサはQ2トップ通過だったから実は納得していないってハナシも・・・。


さて、決勝!

マッサはイギリスGP同様スタートが良くて好調だったよね。

でも、4周目に国際映像でちっちゃくスピンしてストップする様子が映る・・・。

折角のミディアムの戦略も台無し・・・。

自爆かとも思ったけどそうじゃないらしい。

マッサのコメント
「4周目に入ったとき、直線のブレーキングでリアのホイールをロックしてしまい、スピンするマシンを止められなかった。ようやくマシンが止まったときには5速でスタックしていてエンジンも切れちゃった。今のところチームは何もおかしな点を見つけていないけれど、あんな風にスタックしちゃうなんておかしい。」

ゴメンヨ、マッサ。ミスじゃなかったんだね。

今年はアロンソもマッサもアンラッキーが多いなぁ。

先が思いやられますよ。

さて、アロンソはミディアムタイヤスタートでレッドブルやロータスとは違う戦略を狙いましたが、12周目でタイヤがダメって早すぎるでしょ!?

タイヤ戦略は見事に失敗ですね。

レッドブルのウェバーのタイヤ交換でミス。

右リアタイヤが脱落してテレビクルーにぶつかってたね。

ジュール・ビアンキ(マルシャ)のマシンがストップ。

コースサイドに止めて無人となったマシンがコースの傾斜を後ろ向きに下り始めちゃったよ。

これでセーフティカーが導入!

アロンソにチャンスかとも思ったけど最後にソフトタイヤに変えなきゃいけないし、前との差は縮まるけど大きなチャンスではなかったね。

で、結局さ、ベッテルが母国で初優勝、ライコネン、グロジャンのロータス勢が表彰台。


ドライバー決勝コメントはこちら



■ドライバーランキング
1 157 ベッテル(レッドブル)
2 123 アロンソ(フェラーリ)
3 116 ライコネン(ロータス)
4  99 ハミルトン(メルセデス)
5  93 ウェバー(レッドブル)
6  84 ロズベルグ(メルセデス)
7  57 マッサ(フェラーリ)

とにかくアロンソはベッテルより前でフィニッシュしなきゃチャンピオンにはなれません・・・。

マッサもとにかくフィニッシュしなくちゃね・・・。



次は3週間後にハンガリーGPです。

7月28日決勝です。

フォルツァ! フェラーリ!



▼どう見てもフェラーリ458イタリアのラジコン。版権クリアしてないからどこにもフェラーリって書かれてはいなけどね。
    

投稿者 shigeo : 2013/07/08 | 【category:F1GP2013 予選・決勝結果】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて