« シェルのウィナー当てクイズもスタート! フリー走行ですが上位につけています。我らがフェラーリ!! |メイン| 第1戦 バーレーンGP決勝 フェラーリワン・ツー! アロンソがフェラーリの初戦で優勝! »

2010年3月14日

第1戦 バーレーンGP予選 フェラーリ好調! マッサ2位! アロンソ3位!


ついに2010年F1グランプリ開幕です!!

まずは第1戦 バーレーンGP予選

2010年第1戦 バーレーンGP予選

フェラーリはバルセロナテストで採用していたシャークフィンにしてきましたね。個人的には好きじゃないけど・・・。速くするためには仕方ないのか・・・。

マクラーレンのストレートで速くなるリアウイングはFIAが認めたみたい。

次のオーストラリアGPから各チームともにマクラーレンのリアウイングをまねしてくるでしょう。

フェラーリは新型のホイールナットも採用しているようだ。タイヤ交換でトラブルがなければいいんだけど・・・。

2010年のF1グランプリの見所はなんでしょうか。

フェラーリが復活するか?

アロンソ、マッサの最強ペアの活躍は?

バトン、ハミルトンのマクラーレンコンビはうまくいくのか?

ミハエルは勝つことができるのか?

名門ロータスを含め新規参入チームの実力は?

殆どシャッフルされたドライバー達の活躍は?

楽しみがいっぱいです!

2010年のレギュレーションは既にご存知かもしれませんが大きな変更点を列挙しておきます。

●予選Q3セッションに残った10台はベストタイム計測タイヤでの決勝スタートが義務付けられた。(これもなしにしてくれたら本当の最速マシン、最速ドライバーがわかるのに・・・)

●決勝レース中の給油の禁止(プロストが得意だった決勝レース戦略が必要ですね。)

●KERSはなし(FOTAの紳士協定ですけどね。破るチームはいないでしょうね。)

●フロントタイヤが狭くなった。(空力にもマシンバランスにも関係しますね。)

●タイヤウォーマーはタイヤ表面だけを温める。ホイールは温めてはいけない。(違いがあるのかな?)

●ホイールナットに空力的なパーツ(ホイールカバー)を装着することは禁止。(ホイールメーカーは喜んでいるんじゃない?)

●マシンの最小重量はドライバーを含めて620kg。2010年から15kg増加。(でぶちんドライバーには朗報!)

●決勝レースでは、パワーアシスト式ジャッキ使用のタイヤ交換禁止。(予選はいいのか? パワーアシスト使っていたのはウィリアムズくらいじゃなかった?手動で十分ですよ。)

●ポイントの変更。上位10名が入賞。1位=25点、2位=18点、3位=15点、4位=12点、5位=10点、6位=8点、7位=6点、8位=4点、9位=2点、10位=1点。
(優勝と2位のポイント差が7点。2009年は2点だったのでこれは大きいでしょう。マッサとアロンソがふたりで独走するんじゃないか?)

GoogleMapでバーレーン・インターナショナル・サーキットを空から見る


■公式予選結果

Q1でタイムの悪い7台が脱落(バンプアウト)。18位~24位確定。

24位 カルン・チャンドック (ヒスパニア・レーシング・コスワース)
23位 ブルーノ・セナ (ヒスパニア・レーシング・コスワース)
22位 ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージンVR-01・コスワース)
21位 ヘイキ・コバライネン (ロータスT127・コスワース)
20位 ヤルノ・トゥルーリ (ロータスT127・コスワース)
19位 ティモ・グロック (ヴァージンVR-01・コスワース)
18位  ハイメ・アルグエルスアリ (トロ・ロッソSTR5・フェラーリ)


Q2で、また7台がバンプアウト。11位~17位確定。

17位  ヴィタリー・ペトロフ (ルノーR30)
16位  小林可夢偉 (BMWザウバー・フェラーリ)
15位  セバスチャン・ブエミ (トロ・ロッソSTR5・フェラーリ)
14位  ペドロ・デ・ラ・ロサ (BMWザウバー・フェラーリ)
13位  ニコ・ヒュルケンベルグ (ウイリアムズFW32・コスワース)
12位  ビタントニオ・リウッツィ (フォース・インディアVJM03・メルセデス)
11位  ルーベンス・バリチェロ (ウイリアムズFW32・コスワース)

Q3。 1位~10位確定。

10位  エイドリアン・スーティル (フォース・インディアVJM03・メルセデス)
9位  ロバート・クビサ (ルノーR30)
8位  ジェンソン・バトン (マクラーレンMP4-25・メルセデス)
7位  ミハエル・シューマッハ (メルセデスMGP W01)
6位  マーク・ウェーバー (レッドブルRB5・ルノー)
5位  ニコ・ロズベルグ (メルセデスMGP W01)
4位  ルイス・ハミルトン (マクラーレンMP4-25・メルセデス)
3位  フェルナンド・アロンソ (フェラーリF10)
2位  フェリペ・マッサ (フェラーリF10)
1位  セバスチャン・ベッテル (レッドブルRB6・ルノー)


Q1では新規参入3チーム+アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)が脱落。

って事はアルグエルスアリが実質最下位か(笑)?

Q2では可夢偉がデ・ラ・ロサに負けてしまいました。まずはチームメイトに勝たないとね。

Q3。久しぶりの空タンクのポール争い。マシンの優劣やドライバーの力量がはっきりわかるので面白いですね。タイヤ選択の違いという要因はありますが。

ポールはベッテル。マッサは0.141遅れの二番手!

マッサは金曜の朝に微熱があったみたいなので心配していましたが素晴らしい走りでした。アロンソの前ってのもいいですね。

ミハエルが7番手。ニコに負けているってのが気になります。

1:54.101 ポールのベッテル
2:04.904 最下位のチャンドック

10秒以上遅いです。109.46%です。

107%ルールが復活したらブルーノ・セナも一緒にヒスパニア・レーシングは決勝に出走できないですね。

決勝スタートはフルタンクだから、他のチームよりも更に遅くなるかも?本当に走るシケインになっちゃいそう。オーバーテイクに気をつけなきゃ。

Q3ではスーティルだけがハードタイヤ。他はソフトタイヤ。1~9位以外はハードでスタートするでしょうから、上位のドライバーの1回目のタイヤ交換終了後に周回遅れにひっかかったりすると大変。

新規参入チーム以外のチーム同士でのオーバーテイクがあるのか?今年のマシンの空力、マシンバランスが問われるでしょう。

そうそう新規参入チームは最後まで走りきれるのか? マシンの信頼性の問題もありますね。ルーキードライバーの腕も試されます。

とにかくいろいろ楽しみな開幕戦! フェラーリのワン・ツーフィニッシュでお願いしますっ!!


いいぞ!マッサ!







いいぞ!アロンソ!







Forza! Ferrari!!

▼今回のテーマは「2010年F1ガイド」
 


投稿者 shigeo : 2010/03/14 | 【category:F1GP2010 予選・決勝結果】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて