« プラモデル蔵出し「モデラーズ フェラーリF92AT(1/20)」 |メイン| プラモデル蔵出し「タミヤ模型フェラーリ360モデナ(1/24)」。 »

2008年4月 1日

1993年発売?フェラーリF92ATのプロファイル。モデラーズのプラモデル制作用の資料。



プラモデル制作のための資料としてモデラーズから発売されたプロファイル。

昨日はモデラーズのプラモデル「F92AT」を紹介しましたが、同時期にプラモデル制作のための資料としてモデラーズから発売されたプロファイルです。


多分、プラモデル開発のリサーチのために集められた写真をもとに、このプロファイルは作られたんじゃないかな?

F92ATが1992年の後期型のマシンですから、このプロファイルは1993年頃の発売だと思う。バブル景気が終焉を向かえていたとは言え、この頃も多くのフェラーリプラモデルが発売されていました。

モデラーズもフェラーリ643に続いてF92ATのプラモデルを発売。このプロファイルはプラモデル開発のリサーチのために集められた写真をもとに作られたんじゃないかな?


日本企業もF1に参加したり、スポンサードしたり、日本でグランプリが年に2回開催されたりとホントお祭り状態でしたね。

日本企業もF1に参加したり、スポンサードしたり、日本でグランプリが年に2回開催されたりとホントお祭り状態でしたね。


日本でのF1人気も1994年のアイルトン・セナの事故死でバブルと同様に終わりを迎えたような・・・。

日本でのF1人気も1994年のアイルトン・セナの事故死でバブルと同様に終わりを迎えたような・・・。まぁ、その後は本当のファンだけが残ったってことだろうから、それはそれで良しとしなければいけないのかも。


F92ATはものすごい駄馬(-ウマじゃなくてロバ並でしたね-)で、ティフォシの期待をことごとく裏切ってくれたマシン。

バブルの頃は東京で働いていて残業や休日出勤が多く、その分給与もまあまあ良かったのだが、ミニカーやプラモデルの発売ラッシュには流石についていけませんでした。

結婚して子供が生まれた頃で、そっちにお金がかかったのも関係あったはず。もちろん、奥さんからの冷ややかな視線ってのも十分ありましたが・・・。

当時、独身で給料が自由に使える人たちは、すごいコレクションをしてたんだろうねぇ。

今思えばその頃に無理してでももっと買っておけば良かったかなぁ?

さて、F92ATの話。F92ATはものすごい駄馬(-ウマじゃなくてロバ並でしたね-)で、ティフォシの期待をことごとく裏切ってくれたマシンですが、スタイリングはカッコイイと思うんですよね。斬新なアイデアとデザインでしたからね。

その辺の話はヒストリー(1992年)のページでどうぞ。

モデラーズのプラモデルはこちら。

投稿者 shigeo : 2008/04/01 | 【category:フェラーリグッズ】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/665

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.