« フェラーリ公式コンテンツ「GP2008」! 2008年F1グランプリのスペシャルコンテンツだ! |メイン| 第2戦 マレーシアGP決勝 ライコネン優勝! フェラーリ復活! マッサは・・・。 »

2008年3月23日

第2戦 マレーシアGP予選 フェラーリ復活! マッサ、ポール! ライコネン、2番手! フロントロー独占!



2008年F1マレーシアGP予選

悪夢のオーストラリアGPからまだ1週間も経っていませんがマレーシアGP開幕です!

オーストラリアGPのフェラーリはまさかのエンジントラブルでした。エンジン交換してグリッド降格するのかと思ったら、2008年はここにも新ルールが!

エンジン交換規定の一部緩和
2レースで1エンジンを使うことが義務づけられていますが、最終戦を除き、シーズンで1回目のエンジン交換についてはペナルティ(予選順位から10グリッド降格)が課せられなくなりました。

-Yahoo!スポーツ Formula 1 2008年新ルール より引用-

でも、いきなりこれを使っちゃうなんて・・・。次からはグリッド下がるんだよね。

原因はエンジン本体ではなくてマクラーレン製のECUじゃないかって話だけど、エンジン交換に踏み切った。本当の原因は一体何なんだろう? 解決してくれていればいいけど。


さて、2008年の予選結果の前に昨年までのフェラーリのマレーシアGPのおさらい。

昨2007年の第2戦マレーシアGP予選では、マッサもライコネンも頑張ってくれました!

2007年マレーシアGP予選の結果はこちら。

2006年はミハエルもマッサも散々でしたが・・・・。

2006年マレーシアGP予選の結果はこちら。

GoogleMapでセパン・インターナショナル・サーキットを空から見る


さぁ。オーストラリアGPの屈辱を晴らすのだ! マレーシアGP予選に注目です。

って、又も地上波での放送は土曜深夜・・・。しかも、世界フィギュアで更に遅い時間になってました。
地上波予選を楽しく見るために土曜は昼前からネットしませんでしたよ。

で、予選。

■公式予選結果
▲印はグリッド降格

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA08・ホンダ)
21位  エイドリアン・スーティル  (フォース・インディアVJM01・フェラーリ)
20位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA08・ホンダ)
19位  セバスチャン・ブルデー  (トロ・ロッソSTR2B・フェラーリ)
18位 (▲10)中嶋一貴  (ウイリアムズFW30・トヨタ)
      オーストラリラGPでのクビサとの接触に関してのペナルティ
17位  ジャンカルロ・フィジケラ  (フォース・インディアVJM01・フェラーリ)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW30・トヨタ)
15位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2B・フェラーリ)
14位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA108)
13位  ネルソン・ピケJr.  (ルノーR28)
12位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB4・ルノー)
11位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA108)


Q3。 1位~10位確定。

10位  ティモ・グロック  (トヨタTF108)
9位  フェルナンド・アロンソ  (ルノーR28)
8位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB4・ルノー)
7位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.08)
6位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.08)
5位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF108)
4位  (▲5)ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-23・メルセデス)
     ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)とフェルナンド・アロンソ(ルノー)のアタック妨害
     9番グリッドスタート
3位  (▲5)ヘイッキ・コバライネン  (マクラーレンMP4-23・メルセデス)
     ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)とフェルナンド・アロンソ(ルノー)のアタック妨害
     8番グリッドスタート
2位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2008)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2008)


日曜早朝に録画してあったフジテレビ地上波の予選を見ました。

事前のネットでのニュースでセパンは予選、決勝とも雨の可能性が非常に高いと聞いていましたが、予選スタート時点では雨は降っていない。

まぁ、降らない方がいいんですけどね。

キミ、フェリペともに、Q1~Q2とクリアしていく。メカニカルトラブルもないので一安心。フリー走行でライコネンがコース上でストップしたらしいので、心配していたのだが予選では問題ないようだ。

Q3でマッサがライコネンを上回った。マッサは2007年もポールだったし、このセパンと愛称がいんだろうね。

とにかくマクラーレン2台がセカンドローで、フェラーリがフロントローを確保できたのが何より。決勝のスタートで油断はできないけどまずは「予選での速さ」と言う結果を出せたのでいいだろう。

マクラーレンの2台がニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)とフェルナンド・アロンソ(ルノー)のアタックを妨害して5グリッド降格! これで決勝スタートや戦略に多少の余裕が出来たかも。特にマッサはポールスタートから1コーナーに飛び込めるし、2番グリッドはチームメイトのライコネンだからプレッシャーもそんなに大きくはないだろう。頼むよ、マッサ!

雨が心配だ。雨で波乱が起きるのではなくてドライコンディションでフェラーリの速さと戦略を見せて欲しい。ウェットコンディションでトラコンなしのマッサが不安ってのもあるんですけどね・・・。はずれて欲しい心配事だ。


頑張れマッサ!







もちろんライコネンも頑張れ!







Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : 2008/03/23 | 【category:F1GP2008 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/734

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.