« ダイドーフェラーリF1第2弾のミニカーの画像を掲載しました。 |メイン| フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告 第4弾! もう少しだ! 頑張ろう! »

2008年2月 7日

素晴らしい! ボスコ・モトのビデオ。 フェラーリの映像がたっぷり90分!



レースシーンももちろん充実、ナレーションも字幕も出ないので何年のグランプリなのか分からないものもありますが、フェラーリがレース活動を始めた初期の頃からラウダやビルニューブの時代までたっぷりです。

昨年、横浜のT氏から譲っていただいたフェラーリのビデオをようやく見ました。

タイトルはそのものずばり「Ferrari」。

「ボスコ・モト」という会社が発売元のVHS 90分モノ。パッケージには4,800円(税別)とある。

パッケージ裏面には興味深い写真がある。308GTBがラリーに出場している! カーナンバー27のジル・ビルニューブがモナコを走る写真も! これだけで十分楽しそうだ!
画像はポップアップします。

パッケージ裏面には興味深い写真がある。308GTBがラリーに出場している! カーナンバー27のジル・ビルニューブがモナコを走る写真も! これだけで十分楽しそうだ!
フェラーリ308GTBのラリーマシンのミニカーはこちら。

さて、本編ですが日本語化されていなくてイタリア語でナレーションが少しだけ入っている。でもホントにすこしだけ。あとはひたすら映像が流れている。

しかし、この映像が素晴らしい。フェラーリのビデオはいくつか見ましたけど、自分が見た事がない映像が多かった。ジル・ビルニューブのプライベート映像とかね。

レースシーンももちろん充実、ナレーションも字幕も出ないので何年のグランプリなのか分からないものもありますが、フェラーリがレース活動を始めた初期の頃からラウダやビルニューブの時代までたっぷりです。

往年のフェラーリドライバーもたくさん登場。例えば、アルベルト・アスカリ、フィル・ヒル。ジョン・サーティース、ジャッキー・イクス、クレイ・レガッツォーニ、カルロス・ロイテマン、ディディエ・ピローニ、ジョディ・シェクター、ミケーレ・アルボレート、ステファン・ヨハンソン・・・・。若かりし日のルカ・モンテツェモーロも!

ラウダやビルニューブの有名な事故シーンもありますが、それより以前の壮絶な見ていて目を覆いたくなるようなクラッシュ映像もたくさんありました。

ロレンツォ・バンディーニだと思うのだが、モナコGPで炎上するマシンから救出される意識不明のドライバーが映っている。

ロレンツォ・バンディーニについては過去に記事にしました。1962年のモナコGP。マシンは312。カーナンバー18。レース終盤2位走行時にシケインで横転。藁の束に乗り上げ炎上。マシンがひっくり返った状態のため脱出できず大やけどを負い3日後に死亡した。

このVHSビデオは、フェラーリだけでなくF1グランプリの歴史を知ると同時に、F1の昨今の安全性やレース運営まで考えさせられる1本だ。

発売元の「ボスコ・モト」をネットで探しました。現在もF1関連グッズの制作・販売されているようです。

「ボスコ・モト」WEBサイト。

紹介したビデオがDVDが販売されているようです。

これは買いだと思いますよ~!

投稿者 shigeo : 2008/02/07 | 【category:フェラーリグッズ】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/554

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.