« 第15戦 日本GP予選 ライコネン3位、マッサ4位。またまたフェラーリセカンドローに沈む・・・。 |メイン| 1/87サイズのフェラーリのミニカーF50とF355。「Mimi COLLECTION」ってメーカー名なのか? »

2007年10月 1日

第15戦 日本GP決勝 ライコネン3位!マッサ6位! フェラーリ完敗・・・。



第15戦 日本GP決勝

フェリペ・マッサ 6位



キミ・ライコネン 3位

中継が始まった時、フジスピードウェイには雨が降っていた。
波乱が期待できると思った。もちろんマクラーレンが2台ともリタイアするという波乱ね。しかし、これではスタートはセーフティーカー先導だから、スタート直後の1コーナーでのオーバーテイクは期待できないと思った。そのとおりだったね。

まぁ、それは仕方ないとして、何故かフェラーリがタイヤ交換にピットイン・・・。みんなエクストリームウェットタイヤ(大雨用の溝の深いタイヤ)だったのに、フェラーリのみがウエットタイヤを装着していた。なぜ、フェラーリがそんなタイヤ選択をしたのだろう? そこまで賭けにでる必要があったのだろうか?「全マシンがエクストリームウェザータイヤの装着を義務づけられていたが、フェラーリは事前にこのルールを承知しておらず、通常のウェットタイヤを履いていた。」そうだ。全く、なぜそんなことになるんだろう?ペナルティの対象にならなくて良かったが、これがなければ違う結果になっていたかもしれないだけに残念だ。

しかし、セーフティーカーの先導長かったね~。19周もの間、セーフティーカー先導じゃつまらないね。これじゃ、世界中で見ているF1ファンを満足させられないぞ~。「ニッポングランプリ サイテー デス!」なんて言われてしまうぞ~。

67周レースで残り47周で大波乱のレースがスタートした。接触やスピン、コースオフ・・・。アロンソはついていなかった。接触されてパーツを壊し、それが原因で単独クラッシュ。ハミルトンとは対照的に不運でした。

マッサも不運だった。スピンしたり、接触したり、ペナルティを受けたり・・・。ラストラップのクビサとのバトルはすさまじかったね。意地をみせてくれました。

F1初心者にとっては、クラッシュがあったり、琢磨のマシンで火がでたりとか、「F1ってスゲー」って楽しかったかもしれないね。でも、何でドライブスルーペナルティ?とか、セーフティーカーばっかり?とか、2時間ルールって何よ?とか、知っているドライバーいないし、ミハエル・シューマッハーはどこ? トヨタもホンダもスーパーアグリも駄目じゃん! なんて思ったかもね。

終わってみれば、ハミルトンが優勝。ワールドチャンピオンにまた一歩近づいた。


◆コンストラクターズポイント(第15戦日本GP終了時点)
フェラーリ   170(優勝7回 表彰台18/30)
BMW      92(優勝0回 表彰台2/30) 
マクラーレン   0(優勝8回 表彰台22/30)

◆ドライバーズポイント
1位 107pt ルイス・ハミルトン(優勝4回 表彰台12/15)
2位 95pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台10/15)
3位 90pt キミ・ライコネン(優勝4回 表彰台10/15)
4位 80pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台8/15)

チャンピオンシップポイントはこちら

次は1週間後の10/7 中国GP! 上海インターナショナル・サーキット! 残りは2戦。 さぁ、フェラーリ! とにかく勝ってくれ~! マクラーレン リタイアしてくれ~!

残り2戦連続でライコネンが優勝して20ポイント獲得して、ハミルトンとアロンソが2戦連続でノーポイントなら、ライコネンがワールドチャンピオンだ! 他力本願だがこれが唯一の希望。頑張れライコネン!

投稿者 shigeo : 2007/10/01 | 【category:F1GP2007 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/547

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.