« 第13戦 イタリアGP予選 マッサ3位、ライコネン5位。大丈夫か?フェラーリ? |メイン| 沖縄で楽しむ「2007モーターコレクションフェア」。サークルK・サンクスのフェラーリF430GTほかいろいろ! »

2007年9月10日

第13戦 イタリアGP決勝 フェラーリ完敗・・・。ライコネン3位 マッサリタイア・・・。



第13戦 イタリアGP決勝

フェリペ・マッサ 10周リタイア



キミ・ライコネン 3位

スタートではマッサがハミルトンを抜いたと思ったのだが、再度ポジションを奪われた。ハミルトンはああいうところが思い切りがよくて、それが悪い方、例えば接触によるポジションダウンとか、リタイアにならないんだよね・・・。不思議だ。普通ルーキーってああいうところで失敗することが多いよね?


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 166(優勝7回 表彰台20/26)
フェラーリ   143(優勝6回 表彰台15/26) 

◆ドライバーズポイント
1位 92pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台11/13)
2位 89pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台9/13)
3位 74pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台8/13)
4位 69pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台7/13)

チャンピオンシップポイントはこちら


コンストラクターズポイントは11から23に開いてしまった。

マッサはトップのハミルトンと23ポイントも離されてしまった。残りレースで上位陣がトラブルでノーポイントになってもらわない事には、逆転チャンピオンは難しいだろう。今年のマクラーレンは去年までが嘘のようにノートラブルだ。対照的にフェラーリにトラブルが多いのが困ったものだ。

今回もフェラーリの聖地モンツァだと言うのに、マッサはリアサスペンションのメカニカルトラブルでたった10周でリタイアとは情けない。ミハエルのいた頃には信じられない状況ですよ。昔のアレジ、ベルガー、プロスト、マンセル在籍時の暗黒時代のようだ。

深夜のフジテレビ地上波放送を見ていましたが、マッサのリタイアで見ているこちらのモチベーションが下がってしまった。

ライコネンが1ストップ戦略? これが、フェラーリの戦略だったのか・・・。はっきり言って情けない。マシンのスピードが足りないから、1ストップにせざるを得なかったと言うのが本当のところでしょう。戦略が違うから比較は出来ないが、最高速も伸びなかった。これでは高速サーキットではフェラーリが有利とは言えない。スパ、富士も高速区間があるので心配だ。はっきり言って今回の結果には不安要素が多すぎる。ショックです・・・。

次は1週間後の9/16 ベルギーGP! スパ-フランコルシャン。 残り4戦。 さぁ、フェラーリ! とにかく意地を見せてくれ~!

投稿者 shigeo : 2007/09/10 | 【category:F1GP2007 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/512

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.