« トーマシーマ3のエンジンはフェラーリ。だからホットウィールのミニカーをコレクションに追加! |メイン| 第1戦 オーストラリアGP決勝 ライコネン優勝!マッサは最後尾から6位フィニッシュ! »

2007年3月18日

第1戦 オーストラリアGP予選 ライコネンポール! マッサはギアボックストラブルで16位・・・。



遂に、2007年のF1グランプリが開幕した!

2007年のF1グランプリの一番大きな話題はミハエル・シューマッハーのいないシーズンであるということではないでしょうか?

誰がその最初のグランプリでポールを獲得し、決勝で勝利するか? これは非常に重要だと思う。1994年セナ亡き後のグランプリでポールを獲ったのも、決勝で勝利したのも、そのシーズンでワールドチャンピオンになったのもミハエル・シューマッハー(ベネトン・フォード)だった。
まずはオーストラリアGPの予選に注目です。

アルバートパーク・サーキットを空から見よう!

レギュレーションにもいろいろと変更がある。

エンジン開発の凍結や、GP毎に使用できるエンジン制限。ギアボックストラブルやギア比の変更までグリッド降格の対象になる。

タイヤがブリヂストンのワンメイクになるという事も重要ですね。

ドライバーに目を向ければ、ルーキーが多い。移籍が多い。すべりやすいアルバートパークサーキット。これだけで予選・決勝ともに十分にスリリングなGPになると思う。

参戦2年目の「スーパーアグリF1」はニューマシンがガレージでのお披露目になった。大丈夫だろうか?
スパイカーと最後列を争うと言われているけど、スパイカーはフェラーリエンジンだから頑張って欲しいんだよね・・・。

と、言うことで予選結果。

■公式予選結果
▲印はグリッド降格の可能性があるドライバー

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
19位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
18位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
17位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)

第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ▲(5?)フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
15位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
14位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
13位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
12位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
11位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)

第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
9位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
6位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)

ライコネンがポールを獲ったのは喜ばしいこと。しかしマッサにとっては残念な結果だ。ギアボックストラブルでタイム計測できずに16位。と、言うことは5グリッド降格だろうか?17位以降のマシンに降格がなければマッサは21番グリッド。最後列からのスタートと言う事になるかもしれない。
フェラーリのマシンでギアボックストラブルなんて最近は聞いたことがないなぁ。しかも今年からギアボックスの交換やギア比変更にグリッド降格ペナルティが適用されて、その初戦にマッサが適用されるかもしれないとは・・・。

もう1点気になる要素が「決勝では2種類のタイヤを必ず使わなくてはいけない」というレギュレーション。各チームがどのように戦略を立てるのか? ロス・ブラウンのいないフェラーリはレース戦略に問題ないのだろうか?

そしてマッサの為にも期待したいのは波乱の展開。セーフティカーが入るような状況になれば上位フィニッシュの可能性が出てくるだろう。

今年からのレギュレーションでは、セーフティーカーが入ると更に複雑になる。今年からセーフティーカーが入るとピットレーン入り口が閉鎖される。燃料給油やタイヤ交換が出来なくなるのだ。ここでもまたレース戦略が重要になる。

本当に波乱のレース展開になるかもしれない。

今年は個人的にはフェリペ・マッサに頑張ってもらいたい。もうミハエルはいない。ナンバー2ではない。契約は来年の2008年末まで。ワールドチャンピオン獲得に関しては今年が最大のチャンスだろう。その為にもシーズン前半でキミ・ライコネンより成績が良くなくてはいけないと思う。

頑張れマッサ! もちろんライコネンも頑張れ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : 2007/03/18 | 【category:F1GP2007 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/323

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.