« 第18戦 ブラジルGP予選 シューマッハーファイナルレース!トラブルで10番手。マッサがポール! |メイン| フェラーリ公式サイトにミハエル・シューマッハースペシャルコンテンツ登場! »

2006年10月24日

第18戦 ブラジルGP決勝 マッサがポールトゥウィン。ミハエルは4位。アロンソがチャンピオンに。



第18戦ブラジルGP決勝結果

4位 ミハエル


優勝 マッサ

ミハエルが優勝しアロンソがポイント圏外であれば、ミハエルのドライバーズタイトル獲得という状況で始まった決勝レース。

結果から先に言うと、アロンソ2位、ミハエル4位。アロンソが2005年に続き2006年もチャンピオンとなった。
ルノーはコンストラクターズでもタイトルを獲得、昨年に引き続きダブルタイトル。フェラーリにとっては無念の2006年となった。

ミハエルにはめずらしく不運が襲った。パンクしかり、突然の(一瞬の)パワーダウン(?)しかり。

今回のブラジルGPでフェラーリの救いは、ブラジル人フェラーリドライバーのフェリペ・マッサのポールポジションと決勝での優勝だろう。

有能なセカンドドライバーであることがここで証明されたのだから、マッサにとってもいい結果だったと思う。
来年は、ライコネンとマッサのラインナップだが、ナンバー1、ナンバー2を決めないでジョイントナンバー1扱いでマッサにも頑張ってほしい。

最終のドライバーズポイントはこちら。

ルノーにとっては、来季マシンでカーナンバー「1」を付けられない。アロンソがマクラーレンにカーナンバー「1」を持っていってしまうからだ。ルノーに取っては皮肉な結果だ。ルノーの来季のカーナンバーは「3」「4」ですね。そして、コンストラクターズ2位のフェラーリが「5」「6」。ミハエルがチャンピオンを獲得すればライコネンのカーナンバー「0」が見られると期待していたのだが・・・。残念。

しかし、とにかくミハエル・シューマッハは低迷するフェラーリに加入し、21年ぶりのチャンピオン獲得とか、フェラーリを復活させてくれたミハエル・シューマッハ! ありがとう。アイルトン・セナのように強いチームに加入して行こうという姿勢でなはなく、弱いフェラーリに加入して救ってくれたミハエル・シューマッハ!本当にありがとう! Grazie Michael !

投稿者 shigeo : 2006/10/24 | 【category:F1GP2006 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/191

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.