« 第8戦 イギリスGP予選 フェラーリ セカンドロー。アロンソとライコネンに追いつけず。 |メイン| イギリスの自動車博物館「MOTOR MUSEUM」でフェラーリらしきものを入手。 »

2006年6月13日

第8戦 イギリスGP決勝 フェラーり惨敗・・・。



第8戦イギリスGP決勝結果

2位 ミハエル


5位 マッサ

セカンドローからスタートしたフェラーリ勢は、ミハエルの2位表彰台が精一杯。

マッサはフィジケラとのポジション争いに敗れ5位。ミハエルはライコネンを戦略で逆転することはできたが、アロンソを追い詰めるほどの速さが無かった・・・。

アロンソはシューマッハー全盛時代の時のような強さを感じますね。

チームが立てた戦略をしっかりと実行できるだけの実力があるようだし、同じマシンに乗るフィジケラと比べてもそれを証明している。ワールドチャンピオンと同じチームのドライバーはつらいよね。比較対象がチャンピオンだから。

一時期のシューマッハーもチームメートに遅れをとることなど一度もなかった。アーバインやバリチェロが優勝したのは、シューマッハーがリタイアしたりマシントラブルの時だけだったからね。フィジケラにはがんばってほしいものだ。

しかし、本当にフェラーリはルノーに歯が立たない。フリー走行3回目が好調でトップタイムを出してるし、戦略を完璧に遂行できるシューマッハーがいてもこの結果ではね。ブリヂストンのタイヤも大きな問題はなさそうだし、トータルパッケージでルノーに負けている気がする。低速サーキートでも負け、高速サーキートでも負け、どんなタイプのサーキットでもルノーに追いつけないのでは今後にあまり期待できないなぁ。


■レース中の最速ラップ

1位 1'21.599 アロンソ(ルノー)
2位 1'21.934 シューマッハ(フェラーリ)
3位 1'22.238 フィジケラ(ルノー)
4位 1'22.371 マッサ(フェラーリ)

さぁ、次は6/25カナダGP。ジル・ビルヌーブサーキットだ。最高速はイギリスよりも上だ。

Forza! Ferrari!

投稿者 shigeo : 2006/06/13 | 【category:F1GP2006 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/100

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.