« 第2戦 マレーシアGP予選 シューマッハー4番手も10グリッド降格 |メイン| 昭和シェルのフェラーリコンテンツは充実。一度は見るべし! »

2006年3月20日

第2戦 マレーシアGP決勝 エンジン交換の代償は大きい・・・。



第2戦マレーシアGP決勝結果

5位 フェリペ・マッサ


6位 ミハエル・シューマッハー

予選前のエンジン交換ペナルティとして、シューマッハーが10グリッド降格、マッサに至っては20グリッド降格。
その時点でポディウムの可能性は低かった。

シューマッハーのスターティンググリッドは14番手。
マッサは最後尾のラルフの前、21番手スタート。

マッサは燃料を大量に積み込み、1ストップ作戦。シューマッハーの2回目のピットストップで、マッサはシューマッハーの前に出ることができた。しかし、その差はわずか。しかし、マシンはイコールコンディション。ここで、あからさまなチームオーダーは出ないと思ったが、何らかの作戦でシューマッハーをマッサの前に出すかもしれないと見ていたが、流石にそれはしなかったですね。まだシーズンは始まったばかりだからだろうか? これがシーズン後半でシューマッハーがチャンピオンシップ争いをしていたら違うだろうけど・・・。

チームオーダーは無いほうがいいんだけどね。昔セナ、プロストがマクラーレンでチームメイトだった時みたいにしっかりと争ってほしいものである。

だからこそ前半戦のマッサには頑張って欲しい。シューマッハーのプレッシャー、ナンバー2のプレッシャーに負けないでほしい。

灼熱のマレーシアで、有力ドライバーのスターティンググリッドの関係からおもしろいグランプリになった。ライコネンは1周もできずリタイヤだし、ニコはコスワースエンジンが壊れるしね。スコールが来ればもっと面白くなったはずなんだが・・・。

しかし、ウィリアムズのマシンがこんなに速いとは開幕前には想像できなかった。ドライバーの腕もいいんだろうけど、マシンのポテンシャル、エンジンパワーもありそうだね。壊れなけばの話だけど、フェラーリでさえV8エンジンにトラブルだから、2006年シーズンはエンジンが重要になりそうだ。

まぁ、イタリアびいきの私としては、フィジケラの優勝はうれしいです。ぜひともジャンカルロにはフェラーリドライバーになってほしいので・・・。

次は、4/2オーストラリアGP。次こそは優勝だ~!!

投稿者 shigeo : 2006/03/20 | 【category:F1GP2006 予選・決勝結果】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/50

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.