製作記01 ブロッケード・ランナー やっと着手! スミ入れ! LED準備OK!

▼2018年12月に届いた『ブロッケード・ランナー&ミレニアム・ファルコン』
ブロッケード・ランナーが届いたぞ~! しばらくは手を付けられないぞ~

▼セットを買いました。
starwars_blockade_runner_01.jpg
ミレニアム・ファルコンは以前に単品で買って作ったのにね(笑)

2機目のファルコンはきっといつか作ります。多分。

フジミ模型フェラーリF40モンテシェルのプラモデルが完成したので、その後に(多少は並行しながら)『ブロッケード・ランナー』をゆっくりと作っていましたよ。

ツイッターやブログで色んなモデラーさんの制作記を拝見していると既に素晴らしいブロッケード・ランナーが完成していますが、アカクテハヤイは手がオソイのでね・・・

どんな風にしようかと『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のDVDのオープニングシーンを見返したりしていました(笑)


▼この噴射ノズル! 11個だよ!
starwars_blockade_runner_06.jpg
光らせたいよね~(笑)

色んなモデラーのみなさんがLEDで光らせてますもんね~!


▼ヒャッキンで買ってストックしてあるLEDライトのどれを使おうか・・・
starwars_blockade_runner_09.jpg


▼これを使おうかと思ったんですよ。
starwars_blockade_runner_07.jpg
ミレニアムファルコンの時もこのタイプのLEDを使ったからね。


▼テストしてみた。
starwars_blockade_runner_10.jpg
ダイソーのリューターで削ります。

点灯テストしてみたがLEDの形状とワイヤーの関係で収まりが悪いね・・・

それとダイソーのリューター(600円位だったかな?)はパワー不足で使い勝手が悪い・・・

時間かかる・・・

これで11か所もノズル部分を作業するのは苦痛だ・・・

ホビーリューター買おうかな~ってホームセンター巡り。

ここでしばらく作業ストップです。

沖縄のホームセンターと言えば「さくもと」「メイクマン」「カインズ」ですね。

▼あちこち回って「カインズ」でホビーリューター買った。
starwars_blockade_runner_12.jpg
3,980円也

Amazonのホビーリューターのページでは「これ、使えないよ~」的なコメントもありますが、自分の使用感では問題なし。

アマゾンのレビューのみなさんはもっと高度な事をしようとしているのかな?

プラモデルの加工であれば十分だと思います。

万が一、調子が悪くなったら保証もついているからホームセンターに持っていけば対応してくれるでしょ?

▼こりゃ、効率いいわ!
starwars_blockade_runner_13.jpg
さくさく削れます。

ダイソーのリューターとはまるで違って快適。(←当たり前かww)


▼スミ入れ&ふき取りした。
starwars_blockade_runner_14.jpg


▼とりあえず仮組しました。
starwars_blockade_runner_15.jpg
レクテナ・アンテナの手前部分に弾痕表現(小3つ)してみたよ。

ミレミアム・ファルコンでも弾痕表現やったからね。

ピンバイスで穴開けるだけだからね。

前方にも弾痕表現(大1つ)してみた。

こちらは中にLED仕込んで中から光らせてみましょうか。


▼コックピットの窓もくり抜きましたよ。
starwars_blockade_runner_16.jpg
ここも光らせたいじゃん?

▼ダイソーのレジン液を買ってきた。
starwars_blockade_runner_17.jpg
コックピットの風防は適当に作ってはめ込めばいいんじゃん? 多分。

▼ばらして遮光しました。
starwars_blockade_runner_18.jpg
クレオス水性ホビーカラー筆塗りね。

次はLEDをどうするかだね。

ここからがまたトライ&エラーだとか色々とあって停滞するわけですよ・・・・

製作記02 ブロッケード・ランナー 噴射ノズルをLEDで光らせたい!

▼バンダイ スター・ウォーズ ビークルモデル ブロッケードランナー