買ったよ。フェラーリ312T2だよ。デアゴスティーニビッグスケール F1コレクションの14号だよ!

▼2022年7月5日(火)は『フェラーリ312T2』の発売日でしたね。
deago_24_no14_312t_image.jpg
『デアゴスティーニ隔週刊ビッグスケール F1コレクション』の第14号です。

▼1週間ほど遅れて書店で入手。沖縄だからね。遅れて入荷するんだよね。
deago_24_no14_312t_package_01.jpg


▼おや? パッケージ左上の日付が【2022/8/2】になっていますね?
deago_24_no14_312t_package_02.jpg
そう言えば前回の6月7日発売の『フェラーリF2007』もこの部分の日付が【2022/7/5】になっていました。

この日付って次のフェラーリモデルの発売日なんですよね。

意図的なのかな?


▼さてシュリンク破くと自然にこうなるパッケージ。
deago_24_no14_312t_package_03.jpg


▼ブックレットはもちろんニキ・ラウダ。
deago_24_no14_312t_book.jpg
1976年のスクーデリアはニキ・ラウダ&クレイ・レガッツォーニ。

フェラーリ312T2は第4戦から投入されました。

マウロ・フォルギエリ&フランコ・ロッキの制作したマシン。

312T2と言えばラウダだよね。

第10戦ドイツGPのラウダのクラッシュが衝撃だったからね。

ラウダの代役でドライブしたカーナンバー35のカルロス・ロイテマンのミニカーってあるのかな?

もしあれば非常にレアだろうね。


▼ブリスターパックをですね。
deago_24_no14_312t_package_04.jpg


▼ブリバリしました! まだ保護されているので・・・
deago_24_no14_312t_package_05.jpg


▼ネジを外しました。
deago_24_no14_312t_front_02.jpg


▼かっこいいじゃないか!
deago_24_no14_312t_front.jpg


▼前年1975年に312Tでラウダがチャンピオン獲得したからカーナンバー1なんだよね。
deago_24_no14_312t_lauda.jpg


▼当時のフロントウイングはジュラルミン製!
deago_24_no14_312t_nose.jpg


▼無骨なリアだね。でも、かっこええ!
deago_24_no14_312t_rear.jpg


▼サイドにはパーツ供給メーカーのみなさんのロゴ
deago_24_no14_312t_side.jpg


▼ラウダの仕事場。
deago_24_no14_312t_upper.jpg


▼ミニカー裏面には 1/24 Ferrari 312T2 とだけ刻印。
deago_24_no14_312t_ura.jpg
フラットボトムじゃないぞ! グランドエフェクトカーでもないぞ!

三角ネジだね・・・

これ以上は分解できないか・・・・


シゲオのデアゴスティーニ『ビッグスケールF1コレクション』のページ

2号(静岡先行販売2号) F2002

10号(静岡先行販売5号) SF70H

12号 F2007

今回の312T2でフェラーリは4台目ですね。

さて次のフェラーリ(5台目)のミニカーは?

2022年8月2日発売の『16号 SF90(シャルル・ルクレール)』です。

もちろん買うよ。

▼ラインナップはこちら!
『デアゴスティーニ隔週刊ビッグスケール F1コレクション』公式WEBサイト
▼PDFで21号までのラインナップを見る!
PDF

でも、その後が発表されていないんだよね・・・

▼海外の『LE GRANDI Formula1』ってシリーズで確認だ!
LE GRANDI FORMULA 1  WEBサイト

48号まで発表されていますよ!

▼海外ではフェラーリは今後これらが発売されるみたい。
312T(ラウダ)
F2004(ミハエル・シューマッハ)
312T4(ジョディ・シェクター)

日本での発売はいつなんだ! 待ち遠しいぞ!