アシェットNo.81のフェラーリ312Pはホントは312PBなんだけど、フェラーリは312Pって言うんだから・・・

▼アシェットのフェラーリミニカー(1/43)を入手しました! ゼッケン17です。
hachette_f1_81_312p_book_02.jpg


▼スタート当時は『Ferrari F1 Collection』でしたが・・・
hachette_f1_1_2000_package.jpg


▼60号から『Ferrari F1 & RACING Collection』に名称変更してF1以外もラインナップ。
hachette_f1_81_312p_package.jpg
ま、この手のシリーズにはね。あることですね。


▼81号はル・マンのフェラーリ! 312Pです。
hachette_f1_81_312p_book_01.jpg


▼1973年のル・マンに出走したマシンです。17号車です。
hachette_f1_81_312p_book_03.jpg


▼3リッター12気筒エンジンだから「312」ですね。P=プロトタイプ。
hachette_f1_81_312p_book_04.jpg


▼1969年のル・マンに出走した「312P」とは別モノ。(画像はソリドの1/43ミニカー)
solido_43_312p_front.jpg

どちらも「312P」がフェラーリの正式名称なんだよね。

区別するために1973年のマシンは「312PB」と呼ばれます。

「365GTB/4」も「デイトナ」と呼ばれるけど、実はフェラーリの正式名称ではないよね。

F1でも「640」と呼ばれるけど、実はフェラーリの正式名称は「F189」だよね。

▼これはソリドの「312PB」だよ。ソリドは区別するために1973年のマシンを「312PB」として販売していたよ。
solido_43_312pb.jpg


▼これはアシェット「フェラーリコレクション」のNo.55でゼッケン16です。
hachette_55_312pb_front.jpg
「312PB」として販売していたよ。


▼でも、今回のアシェットは「312P」として販売。
hachette_f1_81_312p_front.jpg

フェラーリもややこしいが、アシェットも紛らわしい・・・

知らない人が見たら「どういうこと?」ですよね・・・


まとめてみよう!

フェラーリの公式名称は「312P」で、

「アシェットフェラーリコレクション」ではNo.55で「312PB」として発売したが、

「アシェットフェラーリF1コレクション」で発売開始したシリーズで59号まではフェラーリF1を発売していたのに、

60号から「アシェットフェラーリF1 & レーシングコレクション」に名称変更して「F430GTC」とかラインアップに加えて、

No.81で「312PB」じゃなく「312P」として発売したミニカーを見ていこう。

いみくじわからん・・・・

▼ま、とにかく、かっこいいよね!
hachette_f1_81_312p_front_up.jpg


▼1970年代のレーシングマシンってこういうスタイリングだったよね!
hachette_f1_81_312p_side.jpg


▼ティム・シェンケン/カルロス・ロイテマン組の17号車ですよ。
hachette_f1_81_312p_name.jpg


▼予選5位、決勝でも4時間近くトップを快走するも・・・
hachette_f1_81_312p_rear.jpg


▼エンジントラブルのため深夜にリタイア・・・
hachette_f1_81_312p_rear_up.jpg


▼ル・マン24時間レースってのはゴールするまで何があるかわからないからね。
hachette_f1_81_312p_cockpit.jpg

アシェットがこういう古いフェラーリレーシングマシン(-正直あんまり人気ないからブラーゴから新作で発売なんて考えられないマシン-)を発売してくれるのは嬉しいよね。

部分的にチープで「?」な部分があったとしても大らかに見てあげましょう。

てか、1980年代、90年代初頭はこのレベルのミニカーでも十分だったよね。

最近のミニカーコレクターはクオリティに厳し過ぎじゃないかい?


シゲオのアシェットフェラーリF1コレクションのページ

シゲオのアシェットフェラーリコレクションのページ