買った!フェラーリ126C3!デアゴスティーニの『隔週刊F1マシンコレクション』66号のミニカー!

▼フェラーリのミニカー入手しました。
deago_43_no66_126c3_case.jpg


▼デアゴスティーニの『隔週刊F1マシンコレクション』66号(1/43ミニカー)です!
deago_43_no66_126c3_package.jpg


▼台座がサーキット風なのが特徴ですね。
deago_43_no66_126c3_daiza_02.jpg


▼でも、ドライバーフィギュアが無いから「なんだかなぁ」ですが(笑)
deago_43_no66_126c3_daiza.jpg


▼1983年の第9戦から最終戦まで出走した『フェラーリ126C3』です。
deago_43_no66_126c3_front.jpg
1982年 126C2
1983年 126C2B 開幕から第8戦まで
1983年 126C3  第9戦から最終戦


▼ドライバーはルネ・アルヌーです。
deago_43_no66_126c3_name.jpg

1982年はゾルダーの悲劇でジル・ビルニューブが亡くなりましたね。

残されたディディエ・ピローニもドイツGPの予選アタックでポールポジションは確定していたのに雨の中、前方を走るアラン・プロスト(ルノー)のマシンに追突。両足に大怪我。シリーズチャンピオンを棒に振りF1から引退。

フェラーリはコンストラクターズ・チャンピオンだけは獲得しました。

しかし、ビルニューブもピローニも失った悲惨な年でした。

そして迎えた1983年。

▼アルヌーがルノーからフェラーリに移籍してきました。
deago_43_no66_126c3_side.jpg
ルノー時代にはフェラーリのジル・ビルニューブと激しいバトルをしていましたね。

ちなみにチームメイトは前年1982年のビルニューブの後任として加入していたパトリック・タンベイ。


▼リアウイングにAgipのロゴ! シェルの前はアジップでしたもんね。
deago_43_no66_126c3_rear.jpg


▼エンジンはちょっと作りが甘いけど・・・
deago_43_no66_126c3_engine.jpg


▼シートはこんな。まぁ、廉価版と思わなくちゃね。
deago_43_no66_126c3_cockpit.jpg


▼アシェットフェラーリF1コレクションの『C2B』と比較してみよう。
hikaku_126c2b_c3_01.jpg
フェラーリ126C2Bだぞ!アシェットフェラーリF1コレクションのNo.13だぞ!


▼どちらもIXO(イクソ)の同じ金型みたいだな。
hikaku_126c2b_c3_02.jpg
ドライバーは別としてミニカーの違いは?
●スポンサーデカールのディテール
●スポンサーデカールを貼る位置
●シートの色
●サイドのラジエターの色
●リアウイングの色

デアゴ用に製造した際のほんのちょっとの違いだね。

まぁ、実車も外観はほぼ変わらないからね。

モノコックが部分的なカーボンファイバーを使用した『C2B』から、フルカーボンになった『C3』だからね。

それでも、買っちゃうのがワタシです。

シゲオのデアゴスティーニ『隔週刊F1マシンコレクション』のページ

シゲオのアシェット『フェラーリF1コレクション』のページ

1980年代のフェラーリF1マシンのミニカーコレクションのページ