製作記04 田宮フェラーリF189(640)1/20プラモデル ラジエター冷却パイプ作ってみた!の巻

さて、箱積みプラモデルを消化すべく着手した田宮模型のフェラーリF189(前期型&後期型)の製作記の続きです。

▼前回まで
製作記01 2台同時制作だ!の巻
製作記02 まずは赤いパーツに着手だ!の巻
製作記03 エンジン周りを作ろう!の巻

フロント周辺を進めます。

▼サスペンション組みました。
f189_monocock_03.jpg
サスペンションはグレーサフからセミグロスブラックをカーボン調に吹くのがモデラーなのかもしれないが・・・

自分、そんなテクありません・・・

成型色の黒に艶消しクリヤー吹いただけ。

こうする事でプラスチックの安っぽさは消えるよね?

カーボンフィニッシュも貼らずに済ます。

まぁ、いいんです。それで。自分は・・・


▼でも、これにはチャレンジしたい!
f189_monocock_02.jpg
実車にはブレーキワイヤーがあるよね?

サンエイムックの『GP CAR STORY Vol.27 Ferrari 640』を参考にしてアームのどこに付いているのか確認。

0.4mm超極細リード線で再現です。


▼釣り糸&瞬着で固定しました。
f189_zai_turiito.jpg


▼ラジエターからもケーブルがあるね?
f189_book_03.jpg


▼実車は熱対策で銀色なのかな? でも、黄色&青にしてみた。
f189_monocock_04.jpg


▼このリード線は何か廃棄処分の電化製品を分解してストックしてあったもの。
f189_monocock_06.jpg


▼そして、この写真を見るとやってみたくなるよね?
f189_book_03.jpg

▼2mmプラ棒とプラ板でラジエター冷却パイプ作ってみた。マステも買ってきた。
f189_pipe_01.jpg


▼それっぽく出来たかな?
f189_pipe_02.jpg

▼続きはこちら
製作記05 ECUいじってみた!の巻