アカクテハヤイのミニカー蔵出し!フェラーリF300タワーウイングは1998年に1戦だけ出走したマシン!

アカクテハヤイのミニカー蔵出し

▼ティフォシなら・・・わかるよねぇ?
pma_43_ferrari_f300_towerwing_front_01.jpg


▼1998年サンマリノGPの1戦のみ走ったタワーウイング仕様だよ!
pma_43_ferrari_f300_towerwing_front_02.jpg


▼フェラーリF300だよ!
pma_43_ferrari_f300_towerwing_front_99.jpg


▼Pauls Model Art(ポールズ・モデル・アート)の1/43ミニカーだよ!
pma_43_ferrari_f300_towerwing_rear.jpg


▼発売当時は買い逃していたんですが・・・
pma_43_ferrari_f300_towerwing_side.jpg


▼後にミニカー仲間から譲っていただきました。その節はありがとうございました。
pma_43_ferrari_f300_towerwing_imola.jpg


▼ミハエル・シューマッハコレクションの一品です。
pma_43_ferrari_f300_towerwing_ura.jpg


▼1998年はこんな年。
・グルーブドタイヤ規定がスタートし、タイヤに4本の溝が付く。ドライバーからは不満の声があがるが、開幕前のテストから結構速い。
・ウイリアムズが青(ロスマンズ)から赤(ウィンフィールド)へカラーが変更される。・フェラーリが上方排気システムを導入したが1998年は他チームは真似をしない。後年他チームも追随するのだが。
・第1戦でブリヂストン(マクラーレン)初めてのポールポジション。

1998年のF1グランプリ
ドライバーラインアップもあるよ。


シゲオのPauls Model Art ポールズ・モデル・アートのフェラーリミニカーコレクションのページ


さて、2022年はマシンのレギュレーションが大きく変わります。

▼FIAがこんな感じになるでしょうとマシンの予想画像を公開していますね。
2022_f1_machine_02.jpg


ホントにこんな風になるでしょうか?

1998年のタワーウイングとまではいかなくても、どこかのチームが独自のレギュレーション解釈で奇抜なデザインをしてくれるのを期待したいですね!