浜松→那覇 スーパーカー消しゴムだぞ!フェラーリ512BBだぞ!

高校時代の同級生の友人T(静岡県浜松市在住)から沖縄に届いたブツを紹介するぜ~!

ありがとう! 心の友よ!

箱に色んなフェラーリミニカーやら何やら入っていた中のひとつ。

▼おおっ!? スーパーカー消しゴムじゃん!? 512と308GTBのセット?
supercar_eraser_512bb_308gtb_01.jpg


▼開けてみたぞ。512が3個、308GTBが2個。
supercar_eraser_512bb_308gtb_02.jpg


▼裏面を確認。フェラーリ512-BBとありますね。
supercar_eraser_512bb_ura.jpg


▼まずは512BBの3台を紹介するぞ!黒×1、オレンジ×2です。
supercar_eraser_512bb_01.jpg


▼ディティールは・・・まぁ、それなり(笑)そういうものだよね。
supercar_eraser_512bb_front.jpg


▼ここをBOXYのボールペンで弾くんでしょ?凹んでいるのはその名残?いいや湯口だね。
supercar_eraser_512bb_rear.jpg


▼当時のキッズが遊んでいた割にはキレイじゃん?
supercar_eraser_512bb_side.jpg

スーパーカー消しゴムについてですが、自分は当時ハマっていなかったので詳しくないんですよね・・・実は・・・

スーパーカー消しゴム -Wikipedia-

1975年頃からスーパーカー・ブームが始まり『週刊少年ジャンプ』にて連載された『サーキットの狼』の大ヒットを受け安価なスーパーカー消しゴムは当時の男子小学生の間で大流行し1970年代末期にはピークに達した。

スーパーカー・ブームと同時期に流行したのかな?

1970年代の日本におけるスーパーカーブーム -Wikipedia-

日本では、かつて1976年頃から1978年頃にかけて、池沢さとしの漫画『サーキットの狼』などの影響で、スーパーカーの爆発的なブームが起きた。

1976年? 中学生になっていた年だな。

部活(バレーボール部)がハードだったし、静岡の端っこの片田舎じゃスーパーカーを見る機会も無いのでスーパーカーブームもスーパーカー消しゴムもハマりませんでした。

小学生の時から雑誌『AUTO SPORTS』でF1の記事を読んでいたので、スーパーカーよりもF1に興味があったんですよね。

1976年F1世界選手権イン・ジャパンのTBSの中継ははっきりと記憶に残ってます。

そして自分は少年サンデー派だったので1977年からスタートした『赤いペガサス』が毎週楽しみでしたね。

でも、今回のスーパーカー消しゴムはとても嬉しいよ。

まさか、2020年にコレクション出来るとは思っていなかったのでね!

ミニカーページに掲載すべき?

グッズページに掲載すべきかな?

ありがとう友人Tよ!

貴重なモノをありがとう!

大事にします。