プラモデル蔵出し。タミヤのF1ピットクルーセットだぞ!

アカクテハヤイのプラモデル蔵出し。

60個近く積んであるフェラーリプラモデル関連から懐かしいものを引っ張り出してきましたよ!

▼タミヤのピットクルーセット(タイヤチェンジ)1/20サイズです。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_box.jpg
グランプリコレクションNo.31ですね。


▼半袖半ズボンのピットクルーのみなさん。時代を感じさせます。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_box_side.jpg
タミヤのグランプリコレクションシリーズのF1マシンのプラモデルと合わせて作れば、ピットインの情景が作れますね。

▼マシンはフェラーリ643ですね。ドライバーはアラン・プロスト。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_box_side_03.jpg

▼ツール各種
tamiya_ferrari_20_pitcrew_box_side_02.jpg
■ブレーキボード
■ジャッキ(前後)
■インパクトレンチ×2
■イヤーマフ
■ヘッドセット
■サングラス
■ガスボンベ
■トランシーバー


▼説明文にはタイヤ交換6~8秒ってあるね。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_box_side_04.jpg
当時はタイヤ交換が速いとフェラーリマジックだのマクラーレンイリュージョンだの古舘伊知郎氏が絶叫していましたね。

ちなみに2019年ブラジルGPでレッドブルは1.82秒でタイヤ交換。

すごいね。


▼さて、こちらが箱の中身。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_nakami.jpg


▼デカールに1992年とあります。2020-1992=28年前のキットか・・・
tamiya_ferrari_20_pitcrew_1992.jpg

▼1/20・ITEM20031**1200 TAMIYA EUROPE GMBH
tamiya_ferrari_20_pitcrew_teika.jpg
定価1200円ですか。

ちなみに1991年は消費税3%の時代だから1560円ってことか。

10%は高すぎる。

3%に戻してくれ・・・


▼実は240円で買ったんですよ!
tamiya_ferrari_20_pitcrew_price.jpg
これは内税か? 外税か? どちらにしても240円は激安!


▼2箱あったので2箱とも買ったんですよ!
tamiya_ferrari_20_pitcrew_price_02.jpg
確か買ったのは1994年頃だったはず。

沖縄の中城村(なかぐすくそん)に『中城モール』という小さなショッピングセンターがあって、そこのワゴンセールで販売されているのを偶然発見したんですよね。

ラッキーでしたね。

そして、26年もの間、大事に保管されてきました。

ヤフオクとかメルカリとかで販売なんてしませんよ!


▼3チーム(フェラーリ・ティレル・マクラーレン)の中から選んで作れます。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_inst_01.jpg
当時は田宮模型からこの3チームのF1マシンが発売されていましたもんねぇ。


▼でも、流石にもうデカールは死んでるだろうなぁ・・・
tamiya_ferrari_20_pitcrew_seal.jpg


▼積んであるフェラーリ640(F189の前期型&後期型)と一緒に作りましょうか。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_inst_02.jpg

▼何かこのクルーはにやけた顔していない?
tamiya_ferrari_20_pitcrew_runner_01.jpg


▼こちらは真面目な顔です。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_runner_03.jpg


▼クルーのランナーは2枚です。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_runner_04.jpg


▼あと1枚はツール関係。
tamiya_ferrari_20_pitcrew_runner_05.jpg
ちなみに、田宮模型からは「ピットクルーセット(タイヤチェンジ)」のほかに、「F-1ドライバー・エンジニアセット」も発売してましたね。

コクピットでタイミングモニターを覗き込むドライバーと、立ち姿のエンジニア1名のキット。

買っとけばよかったなぁ。

さらにそれ以前には「レーシングチームセット」でジル・ビルニューブっぽいドライバーの立ち姿や、ボードを持つスタッフ、カメラマンや女性スタッフのキットもありましたね。

買っとけばよかったなぁ。

シゲオの箱積みフェラーリプラモデルのページはこちら

▼これも今のうちに買い置きしておくべき?