【番外編】IMAXの『ブレードランナー ファイナル・カット』を観てきたハナシ。

2019年6月27日にオープンした『ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添』に初めて行ってきました。

目的は『ブレードランナー ファイナル・カット(IMAX版)』です!

▼劇場入り口から気分は高鳴る!
bladerunner_sign_01.jpg
IMAXで2週間だけ上映されたんですよね。

▼公開二日目の9月7日(土)12:30の回ね。
bladerunner_ticket.jpg
1日1回上映なので12:30しか選べないんだよね。

ホントは夜の上映の方が気分は盛り上がるんだが・・・

雨なんか降っていたら更に気分は盛り上がるんだが・・・

▼先着順でもらえるというミニポスター。無事にゲット!
bladerunner_poster_02.jpg
A3サイズですよ。パネルに入れて飾ろうかな。

このポスターは1982年当時に使用予定だったけどボツになった案に今回手を加えて日の目を見たってやつらしいですね。

ネットでそんな記事を読んだけど、その後見つけられず・・・

さて、自分は初めてのIMAX体験です。

だって、沖縄にはこれまでIMAXが無かったんだもん!

大阪のエキスポシティに『アポロ11 完全版』を観に出掛けましたがIMAXの劇場じゃ無かったんだもん!

『ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添』にはIMAXレーザー、4DX、ScreenXがあるんですよ!

なんだかよく分からんけど(笑)

もちろん、全て沖縄初だってよ!

うれしいぞ~!

大阪のTOHOシネマズで『レディ・プレイヤー1』をMX4Dってやつで観たけど、ユナイテッド・シネマの4DXとはまた違う方式なの?

よく分からんけど(笑)

ま、とにかくなんだか分からんけどうれしいぞ~!

IMAX未体験のまま、IMAXレーザー鑑賞デビューしたって事かな?

よく分からんけど(笑)

とにかく大スクリーンで大音響に感動!

細部まで観える! 観えるんだよ!

家のテレビでDVD観るのとはレベルが違うんだよ!(※シゲオ宅はまだBlu-rayが導入されていないのです・・・)

『ブレードランナー』はもう何十回も観ているので字幕なんか一切読まないで、細部の作り込みの部分ばかり観てきたんだ(笑)

あんなとこや、こんなとこで色んな発見が!

プリスがデッカードに襲いかかるシーンの音響はすごかったな~

タイレルコーポレーションはミニチュアに見えないよな~

ブリンプ(広告飛行船)も良く見えるな~

今回、この『ブレードランナー ファイナル・カット』を観るにあたり「クロニクル」で全バージョンを復習視聴!

もちろん、デンジャラスデイズも復習視聴!

NHK-BSの録画のやつも復習視聴! 字幕の日本語訳が違うんだよね。

ついでに『ブレードランナー2049』も復習視聴! 必要なのか?(笑)

『〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀(町山智浩:著)』も再読(笑)
bladerunner_miraiseiki.jpg
準備万端で出掛けましたよ(笑)

原作とブレードランナー2、3の小説は読む時間がなかった。ま、必要ないか(笑)
bladerunner_book_123.jpg
『ブレードランナー』で思い出すのは1982年の公開当時のこと。

静岡の高校生だった自分は当然観に行こうと計画していたのですが・・・

あっと言う間に打ち切りになってしまって観られず悔しい思いをしました。・・・

その後、進学で東京に出て、名画座のセカンドロードショーで無事に鑑賞!感動!

その後もリバイバル上映があれば必ず観に行きました。

まだレンタルビデオの料金が高い時代だったし、14インチのブラウン管と劇場のスクリーンは別物だしね。

1990年に『特撮の魔術SFX展』を見に行きました。
bladerunner_sfx_ticket.jpg
最先端技術を駆使した特撮映像の秘密がアメリカからやってくる!
特撮の魔術SFX展
8/2(木)-14(火)
池袋東武5階
主催 読売新聞社
後援 アメリカ大使館

タイレルコーポレーションのミニチュアが展示されていましたよ!

造り込みがすごかったのを覚えています!

▼以下、ネットで見つけたタイレルコーポレーションのミニチュア制作風景。
bladerunner_miniature_04.jpg
bladerunner_miniature_01.jpg
bladerunner_miniature_02.jpg
bladerunner_miniature_03.jpg

そして『ブレードランナー』と言えば、シド・ミード!

シド・ミード展「SYD MEAD PROGRESSIONS TYO 2019」観てきたよ。
2019_syd_mead_09.jpg

2019年のゴールデンウィークに運良く沖縄から東京に出掛けていたタイミングだったので。

シド・ミード展 観てきたよ~! でかい! でかいんだよ! 細かな部分まで鑑賞できるんだよ!

ロイ・バッティ最期の言葉からイメージした「ショルダー・オブ・オリオン」は写真撮影禁止でした。
「おまえたち人間には信じられないようなものを私は見てきた。オリオン座の近くで燃える宇宙戦艦。タンホイザー・ゲートの近くで暗闇に瞬くCビーム、そんな思い出も時間と共にやがて消える。雨の中の涙のように。死ぬ時が来た」ってセリフね。

さて、映画のハナシに戻りましょう。

2019年にブレードランナーを劇場のスクリーンで観られるなんてこれまでは夢にも思っていなかったので嬉しかったですね。

しかも、IMAXで素晴らしい映像、音響だしね。

今回のIMAX上映で唯一残念だったのはチラシ無し、パンフレット無しだった事かな。

仕方ないか・・・

▼ブレードランナーで検索! 欲しい物がたくさんある!