500円でアシェットのフェラーリ!vol.51の『512F1』だ!1965年の葉巻型F1だ!

先日、那覇のマンガ倉庫でアシェットフェラーリF1コレクションの126CKを買ってきたハナシを書きましたが。

ある日、リサ店『マンガ倉庫』で500円で買ふ。アシェットのフェラーリ126CKを買ふ。

実は他にも買っている。


▼これです。フェラーリです。
hachette_f1_51_512f1_no14_01.jpg


▼500円なら買うでしょ!?
hachette_f1_51_512f1_no14_02.jpg


▼たとえ、葉巻型F1だとしても!
hachette_f1_51_512f1_no14_03.jpg
アシェットフェラーリF1コレクション(Vol.51)です。


▼フェラーリ512F1 1965年のマシン!
hachette_f1_51_512f1_no14_04.jpg
ペドロ・ロドリゲス!カーナンバー14


▼ミラーが片方無い・・・
hachette_f1_51_512f1_no14_05.jpg
コックピットの中やエンジンのとこに引っかかっているんじゃないかと探しましたが見当たりません・・・

▼リアウイングは取れちゃってるわけではありません。
hachette_f1_51_512f1_no14_06.jpg
F1マシンにリアウイングが登場するのは1968年ですから!

F1の世界にウイングというアイデアを持ち込んだのはフェラーリなんですよね~


▼片方だけのミラーが悲しい・・・ロールバー無いのこわくね?
hachette_f1_51_512f1_no14_07.jpg


▼エンジンはフラット12(水平対向12気筒)厳密には180度のV型エンジンだけどね。
hachette_f1_51_512f1_no14_08.jpg
シートベルトは省略されているわけではありません。

1965年はシートベルトは義務化されていなかったのです。

怖いよね~

1968年のジム・クラークの死亡事故などをきっかけにフォーミュラカーにシートベルト装着が義務づけられたんです。

▼詳細はこちら(ショッキングな画像含む)
F1の安全対策の歴史:ドライバーの安全性を高めるリスクマネジメントの進化(-ミドルエッジ-)


▼1950年台の葉巻よりはスリムになっている1965年の葉巻です。
hachette_f1_51_512f1_no14_09.jpg


さて実車のハナシを。

▼このミニカーの台座には以下のようにある
FERRARI 512F1 ・ 1965
Pedro Rodriguez
Team Nart

1965年のスクーデリアは1.5リッターV8マシン『158F1』と1.5リッター 水平対向12気筒のマシンで戦った。

って事は『フェラーリ512F1』は1.5リッター 水平対向12気筒エンジンのマシンなんですよ。

512って何だ?

12は12気筒だとして、先頭の5は何?

以前にどこかの雑誌で1965年は『フェラーリ1512F1』と見た記憶があるんですよ。

1.5リッター水平対向12気筒なら『1512F1』で疑問はないですよね?

▼ウィキペディアのこのページの下の方にも『1512F1』の記述があります。
フェラーリ・158F1(-wikipedia-)

でもね・・・

フェラーリ公式サイトの1965年のページ に『1512F1』は無くて『512F1』になっているんですよね。

どちらが正しいのでしょう。

まぁ、フェラーリ公式が正しいはずですよね?

でも、有名な『フェラーリ641/2』をフェラーリは公式では『フェラーリF190』と呼んだりしてますよね?

フェラーリ公式サイトの1990年のページ

デイトナもフェラーリの正式名称じゃなかったりしますから。

もしかしたら今回の『512F1』もそういう事なんでしょうか?

う~ん・・・わからない・・・


▼一緒に那覇のマンガ倉庫で買ったアシェットフェラーリF1コレクションのミニカー

ある日、リサ店『マンガ倉庫』で500円で買ふ。アシェットのフェラーリ126CKを買ふ。

500円でアシェットのフェラーリ!vol.52の『553F1』だ!1954年の葉巻型F1だ!

500円でアシェットのフェラーリ!vol.48の『625F1』だ!1955年の葉巻型F1だ!


アシェット公式フェラーリF1コレクションのページ

シゲオのアシェットのフェラーリF1ミニカーのページ


▼アシェットF1ミニカーの新品が欲しい人はこちらから