ある日、リサ店『マンガ倉庫』で500円で買ふ。アシェットのフェラーリvol.6の126CKを買ふ。

ある日、F1好きの友人からfacebookのメッセンジャーが来た。

「シゲオさん!那覇のマンガ倉庫にフェラーリのミニカーがたくさんありましたよ~!」

画像が添付されていたので確認したらブラーゴの1/64フェラーリミニカーとアシェットのフェラーリF1コレクションだ!

おお~!

後日、丁度近くを通りかかったものだから寄ってみた。

▼アシェット公式フェラーリF1コレクションvol.6『126CK』を連れ帰りましたよ。
hachette_f1_6_126ck_no27_01.jpg
リアウイングがはずれているじゃないかって?

多分、マンガ倉庫にやってきたチビッコ達が触って破壊したのではないかと思いますよ。

だって、自分が物色している時も周りでチビッコ達が売り物のトミカとかいろんなミニカーをつかんで遊んでましたから(笑)

いや、怒ってないですよ!

若者のミニカー離れと言われる昨今(笑)

ミニカーを集めているのはおっさんばかりと言われる昨今(笑)

チビッコ達がミニカーで遊ぶっていいことじゃないですか~!

▼お値段は500円でした。
hachette_f1_6_126ck_no27_02.jpg
友人が見た時点からだんだんとプライスダウンしているようです。

▼さて・・・リアウイングは接着剤でくっつければいいだけのこと。
hachette_f1_6_126ck_no27_03.jpg
でもね、はずれているリアのブレーキダクトが1個しかなかった・・・ どないしょ・・・

今度、自作しましょうかね。いつかね・・・


▼ロールバーがつぶれています・・・
hachette_f1_6_126ck_no27_04.jpg
おい! チビッコ達よ!!

ロールバーを壊しちゃいかん!!

おじさんは怒っているぞ!(←怒るのかよっ!)(笑)


さて実車のハナシを。

『フェラーリ126CK』は1981年のマシン。

1.5リッター120度V6エンジンの126です。

1.5リッターV6なんで156とかネーミングしそうなもんですが、1960年代に既に156って使っちゃっているんでバンク角120度から126とネーミングです。

CはコンプレッサーのCです。

Kは西ドイツのKKK社製のターボチャージャーから。

フェラーリ初のターボエンジンのF1マシンですよ。

カーナンバー27はティフォシのみんなが大好きなジョゼフ・ジル・アンリ・ヴィルヌーヴですね。

アシェット公式フェラーリF1コレクションのページ

シゲオのアシェットのフェラーリF1ミニカーのページ

フェラーリ公式サイトの1981年のページ

いつかリアウイングくっつけます(←今すぐやれよっ!出来るだろ!)

いつかリアのブレーキダクト自作します(←ホントかよっ!)

いつかロールバーも自作します(←ホントだろうなっ!)

▼アシェットF1ミニカーの新品が欲しい人はこちらから