2018年 F1第10戦 イギリスGP ダブルポディウム!1-3フィニッシュだぞ!

●フリー走行
1 ベッテル3位 ライコネン5位
2 ベッテル1位 ライコネン4位
3 ベッテル4位 ライコネン2位

●予選
ベッテル2位 ライコネン3位

●スターティンググリッド
ベッテル2番手 ライコネン3番手

●決勝
ベッテル優勝 ライコネン3位


FP3はセブさん首が痛かったの?

どうしたの?

3週連続でお疲れかな~?

驚いたのはFP3のハートレーのクラッシュ!
2018_rd10_british_hartley.jpg
ハートレーのクラッシュ動画はコチラ

さて、予選。

PPはハムに獲られたがセブ2番手、キミ3番手だからね!

おつかれ!スクーデリア!

決勝の様子を見てみよう。

セブの首の様子を見てみよう。

さて、決勝!

PPのハムがスタート失敗!

セブがトップです!

キミがハムを抜こうとしたがタイヤがロックしてハムにぶつけた・・・ 動画はこちら
2018_rd10_british_kimi_ham.jpg

ハムはスピンして後方へ。

母国GPのルイスさんの心中やいかに。

更に他のマシンがハムにぶつかればリタイヤだったのに・・・(笑)

キミはこれで10秒ペナルティです・・・

ピットスタートだったブレンドン・ハートレー(トロ・ロッソ)はわずか1周でリタイヤです。

リカルド(レッドブル)が31周目に2度目のピットストップ。

これが有利にいくはずがマーカス・エリクソン(ザウバー)がホームストレートのDRSゾーン終わりのとこでマシンコントロールを失って、タイヤバリアに突っ込んでいきました。高速クラッシュで見ていて怖かったね。
エリクソンのクラッシュ動画はコチラ

ブレーキ踏んだときにはまだウイングが閉じてなかった?

DRSってブレーキ踏んだら閉じるんじゃなかったっけ?

で、セーフティカーです。

ベッテル、ライコネンがピットイン!

どういうわけかメルセデスのボッタス、ハミルトンはステイアウトですね。

フレッシュタイヤのフェラーリVS長い周回を走っているタイヤのメルセデスの戦い!

面白いね!

再開後にはグロージャン(ハース)とサインツ(ルノー)が接触!
動画はこちら

また、セーフティカーです。

ハースには結果を残してほしい。

同じフェラーリPUのザウバーがルクレールで結果残しているからね。

グロジャンで結果を出して欲しいけど、別のドライバーなら結果が出せるような気がしてならないよ・・・

この時点でボッタス-セブ-ハム-キミの順。

早く、セーフティカー引っ込んでもらわないと残り周回が少なくてボッタス優勝になっちゃうよ!

レース再開後の残り5周でセブがボッタスをパス!

セブ! 通算51勝!

キミは3位でございました。

▼セブさん! バングルスの「Walk like an egyptian」みたいに登場(笑)
2018_rd10_british_seb.jpg

えっ!? 知らないの? バングルスを? ジェネレーションギャップ・・・

▼セブさんご機嫌! 後ろのハムさん不機嫌(笑)
2018_rd10_british_ham.jpg
1位のセブだけ、上等トロフィーでしたね。


▼キミさん、シャンパンファイト前に飲み始めてましたね。そして笑わない(笑)
2018_rd10_british_kimi.jpg

レース後にハミルトンはライコネンとの接触を「(フェラーリの)興味深い戦術」って言ったって?

トト・ウォルフは「ジェームス・アリソンの言葉を言えば"意図的か、それとも無能なのか?"だ。つまり、そこから判断すればいいということ」って言ったって?

パルクフェルメのマーティン・ブランドルのインタビューをハミルトンはすっぽかしているし、優勝できなかったことが相当ショックだったのかな?

キミは「僕のミス。ペナルティは妥当だ」って認めているじゃないか!

ハムはワールドチャンピオンだけど、まだ大人じゃないみたいだな。

▼ドライバーズポイント
1 171pt セブ
2 163pt ルイス
3 116pt キミ

▼コンストラクターズポイント
287pt フェラーリ
267pt メルセデス


■決勝ダイジェスト動画はこちら

■決勝レポートはこちら

■フェラーリ決勝コメントはこちら


次はドイツGP(ホッケンハイムリンク)です!

7月22日(日)決勝です!

フォルツァ! フェラーリ!

▼フェラーリF1プラモデル