第14戦 シンガポールGP 全ティフォシが泣いた。ポールだったのに・・・スタート直後に・・・

●フリー走行
1 ベッテル2位 ライコネン7位
2 ベッテル11位 ライコネン9位
3 ベッテル2位 ライコネン9位

●予選
ベッテル1位 ライコネン4位

●スターティンググリッド
ベッテル ポールポジション ライコネン4番グリッド

●決勝
ベッテル0周リタイア ライコネン0周リタイア


フリー走行もなんだかピリッとせず・・・

Q1、Q2もいまひとつで・・・

でも!

Q3でセブがポール!

キミが4番手!

メルセデスが苦手と言われていたシンガポール。

確かにハム&ボタスは5-6番手に沈んでいます!

これはセブがポイントリーダーに返り咲くチャンスだぞ!



さぁ、決勝

■決勝スタートのシーンの動画はこちら

2017_rd_14_singapore_01.jpg
2017_rd_14_singapore_02.jpg
2017_rd_14_singapore_03.jpg
2017_rd_14_singapore_04.jpg
2017_rd_14_singapore_05.jpg
スクーデリア.....ヲワタ....

スタート直後、2番グリッドにいたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をカバーしようとセバスチャン・ベッテルがマシンを寄せたところ、好発進を決めたキミ・ライコネンがフェルスタッペンの左側から上がってきており、フェラーリ勢が挟み込む形となった結果、行き場をなくしたライコネンとフェルスタッペンが接触し、弾みでコースを飛び出したライコネンが戻ろうとしたところで再度フェルスタッペンとぶつかってしまう。結果、ここでライコネンは戦線離脱。ベッテルはターン1を通過していったが、接触でダメージを負っており、バランスを崩してスピンを喫し、ウオールにぶつかってさらにマシンを傷めた。

唖然...

全ティフォシが泣いた...

ポールだったのに...

その後はハムがトップ快走...

カワイちゃん曰く「ハムは笑いがとまらなかっただろう」だって....

ティフォシは悔しすぎやろぉ~

レーススタートから2時間経過後、58周を走り切った時点でトップに立っていたハミルトンが優勝ですか・・・

雨だの、セーフティカーだので61周出来ませんでしたね。

リカルドが2位、ボッタスが3位ですか・・・

もう2周目以降は興味ありません・・・

もう、誰が悪いとかはやめて次ぎ行きましょう(泣)


■ドライバーズポイント(シンガポールGP終了時点)
1 263 ハム
2 235 セブ
3 212 ボッタス
4 162 リカルド
5 138 キミ

セブ・・・離されちゃうよ・・・

セルジオ・丸金オンネ会長はお怒りでしょうなぁ・・・

アリバババババベーネが怒られちゃうんだろうなぁ・・・


■決勝ダイジェスト動画はこちら

■決勝レポートはこちら

■フェラーリ決勝コメントはこちら

次のレースは10月1日(日)です。

マレーシアGP(セパン・インターナショナル・サーキット)

次こそは! フォルツァ! フェラーリ!

こんなときはフェラーリF1ミニカーのやけ買いか!?
   


- スポンサードリンク -

- スポンサードリンク -