【年代モノ】1/24サイズ。ブラーゴの『フェラーリ126C4』のミニカー

burago_24_ferrari_126c4_front.jpg
▲ブラーゴのミニカーですよ。

フェラーリ126C4

1984年シーズンを戦ったマシン。

1.5リッターV6ターボ

No.27 ミケーレ・アルボレート
No.28 ルネ・アルヌー


burago_24_ferrari_126c4_side.jpg
▲ドライバーの着座位置がものすごく前方ですね。

この当時はこういうものだったんですよね。

フロントから事故ったら両足複雑骨折して引退なんて時代でしたからね。


burago_24_ferrari_126c4_rear.jpg
▲リアタイヤがでっかくてかっこいい!!


burago_24_ferrari_126c4_up.jpg
▲ウェッジシェイプってやつですね。

ハーベイ・ポストレスウエイトのデザインです。

エンジンはマウロ・フォルギエリが担当。

アルボレートの1勝のみで、アルヌーは勝てず・・・

それでもコンストラクターズ・ランキングは2位なんだよね。

1984年シーズンについてはこちら


burago_24_ferrari_126c4_ura.jpg
▲ミニカー裏面。

当時はエンジン部分はフラットボトムじゃありません。


burago_24_ferrari_126c4_logo_burago.jpg
▲裏面の刻印

Bburago(ブラーゴ)

FERRARI 126 C4


burago_24_ferrari_126c4_logo_size.jpg
▲裏面の刻印

SCALA 1/24

MADE IN ITALY

SCALEもイタリア語表記!

メイドインイタリアですよ!!

古き良き時代ですなぁ。

今は中国資本の会社となり MADE IN CHINA ですからね。


burago_24_ferrari_126c4_front_steer.jpg
▲この頃のブラーゴミニカーはステア出来るのが特徴。

ステアリング回せば前輪がステアします。


burago_24_ferrari_126c4_rear_up.jpg
▲この時代のF1マシンはエンジンがむき出しですから、ミニカーでもそれらしく再現しなくちゃいけません。


burago_24_ferrari_126c4_pontoon.jpg
▲サイドポンツーン短っ!

サイドインパクトなんて考えてません!


burago_24_ferrari_126c4_winglet.jpg
▲ボディワークからリアウイングへつながるウイングレット。

細かな空力って言うよりもリアタイヤを路面に押し付けてグリップ増やしたいって事でしょうね。


burago_24_ferrari_126c4_mansell.jpg
▲おやっ?

マ、マ、マンセル!?

ナイジェル・マンセルの事か?

イル・レオーネがスクーデリアに在籍したのは1989年と1990年なんだけど?

マンセルは1984年はロータスで走ってたんだけど?

126C4には乗ってませんけど?

フェラーリドライバー年表はこちら

ま、そこから推測されるに、(―金型自体はぞれ以前にあったでしょうけどー)この126C4のミニカーは1989年~90年に発売されたものってことですね。

ブラーゴって細かいことは気にしなくて、手元にある金型でその時ティフォシに人気のあるドライバーの名前でミニカー作っちゃう会社でしたから(笑)

ちなみに126C4はアルヌー(No.28)のミニカー(ブルムの1/43)も持ってます。