« アシェットフェラーリコレクションNo.90はフェラーリらしくないフェラーリ?「フェラーリ375アメリカ」 |メイン| 京商の『フェラーリミニカーコレクション8』が2011年7月5日(火)に発売になります! »

2011年6月 6日

空から見よう! 第7戦カナダGP! アレジが優勝したジル・ビルヌーブ・サーキット!


第7戦カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット

●空から見よう! 第7戦カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット!

今週はカナダGPですよ。

モントリオールの中心部に近いセントローレンスシーウェイの中州に位置するノートルダム島(人工島)のコース。フィニッシュライン上には故ジル・ビルヌーブへ向けたメッセージが描かれている。高速区間を併せ持ったサーキットでクラッシュも多い。ジャック・ビルヌーブやミハエル・シューマッハーもクラッシュしています。

1995年に当時フェラーリドライバーだったジャン・アレジが、ジル・ビルヌーヴサーキットで、ジルとドライビングスタイルが似ているといわれるアレジが、深紅のフェラーリ412T2、しかもカーナンバー27で初優勝した。これがアレジにとってフェラーリで唯一のF1で唯一の優勝となった。

2位にバリチェロ(ジョーダン)、3位にアーバイン(ジョーダン)という表彰台。

後にフェラーリドライバーになる二人ですね。


V12エンジン最後の年。1995年のF1GPプレイバックはこちら。


1998年のカナダGPではクラッシュが続出。ジャン・アレジ(ザウバー)のマシンの上に、ヤルノ・トゥルーリ(プロスト)が乗り上げた。2度目のスタートでもアレジ、トゥルーリ、ジョニー・ハーバート(ザウバー・ペトロナス)がクラッシュでリタイヤ。
フェラーリが上方排気を初登場させた1998年のF1GPプレイバックはこちら。

2008年のカナダGPではキミ・ライコネンがピットレーン出口の赤信号で止まっていたらハミルトンが突っ込んできて両車リタイア・・・。そんな時もアイスマンはクールで怒りを露わにすることもなく。

▼その他にも色んなことがあった2008年カナダGP。
●ニコ、ハミルトンに追突。フロントウイング壊す。
●一貴、バトンに追突。フロントウイング壊す。ピットイン時にそのパーツに乗り上げコントロール失う。
●アロンソ、ギアボックストラブル(?)でクラッシュ、リタイア。
●ピケ、ブレーキトラブル(?)でスピン、リタイア。
●スーティルギアボックストラブルでクラッシュ、リタイア。

2009年はカレンダーからはずれましたが昨年2010年から復活。

さて、モナコで好調だった「フェラーリ150°イタリア」ですが、カナダに向けて何かしらのアップデートがされるそうですから期待しましょう!

    

投稿者 shigeo : 2011/06/06 | 【category:サーキットを空から見よう!】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて