« プルバックフェラーリ in Japan |メイン| フェラーリのトランスポーターの1/43ミニカー+エイリアン2のM577-APCペーパークラフト。 »

2011年1月18日

フェラーリにも6輪F1マシンがあるって知ってた? たいれる6輪じゃ駄目なんですか?


1976年。F1界に衝撃。

タイレルが6輪車(P34)を発表。デビュー4戦目にしてワンツーフィニッシュで初優勝。

そんな活躍を見てスクーデリア・フェラーリも6輪車をフィオラノでテスト!

当時のフェラーリドライバー、ニキ・ラウダ(No.11)とカルロス・ロイテマン(No.12)がテストドライブ。

「312T6」と命名していたそうです。「6」はもちろん6輪の「6」ですね。

「312Tシリーズ」は「5」までで、その後は「126Cシリーズ」にバトンタッチしましたから幻の「T6」になりました。

ferrari_312t6_front.jpg

312T2の後輪を前輪の小径タイヤに置き換えダブルにするという暴挙(笑)。

thanks_ferrari_f1_2_312t2_11_rear.jpg

▲本来はこんな風にリアタイヤがビッグサイズのリアヘビーなマシンです。

近代F1を見慣れていると、前後とも同じインチのタイヤで違和感ないかも?

ferrari_312t6_front_02.jpg

ティレルの前4輪自体が最初は暴挙(冗談?)とも思われていたわけだから文句は言えませんが・・・。

ferrari_312t6_side.jpg

しかし、たいれるP34は前影投影面積を減らしてドラッグ軽減に努めようとしたわけですが、

ferrari_312t6_side_02.jpg

我らがスクーデリアのマウロ・フォルギエリはリアをダブルに!?

まぁ、当時のスクーデリアはコマンダトーレ(エンツォ・フェラーリ)がエンジン至上主義でシャシーや空力なんてのをあまり重視していなかったですからねぇ。

「エンジンパワーをもっと路面に伝えてグリップさせりゃあ。速くなるべ!」ってことでしょう(笑)。

この頃にはモンテツェモーロがマネージャーとしてチームにいたはずなんですが、ルカさんがこの「312T6」についてフォルギエリとエンツォの間に入ったのかな?

ferrari_312t6_rear.jpg

しかし、空気抵抗でかいでしょうし、他車との接触の可能性も高くなるだろうし・・・。

コーナリングでタイヤが耐えられるのか? ライン取りにも無理あるだろうし。

それ以外の問題もたくさんありそうな・・・(笑)。

だいたいルールで車幅は決められていなかったのか?

何でもありの時代だったからなぁ(笑)。

ferrari_312t6_niki.jpg

ニキ・ラウダはタイヤを見つめて何を思うのでしょう?

「こんなんで速くなるわけねえだろ!」って思ってたでしょうねぇ(笑)。

前年1976年のドイツGPでのクラッシュについてエンツォと見解の相違があって、険悪なムードになってたしね。

ferrari_312t6_niki_02.jpg

1977年はシーズン3勝でラウダがワールドチャンピオンを獲得したし、ロイテマンも1勝しコンストラクターズも獲得した。

好調だったわけだから、ラウダもロイテマンもあんまりこのマシンには期待していなかっただろう。

しかも、ラウダは早々とタイトル獲得を決めて、エンツォとやりあってラスト2戦をボイコットしてスクーデリアを去ったわけだしね。

ニューマシンの開発なんて興味なかったでしょう。

ロイテマンがテストしてボロクソにチームに報告してボツになったらしい。1977年シーズンが好調でなければ、このフェラーリ6輪マシンの開発が更に進んでいたかもしれないですね。

ちなみに、イタリアのメディアにはマジなのか皮肉の意味だったのか「312T8」なる8輪車の空想イラストまで登場したらしいです(笑)。

▼ちなみに2008年にもリア4輪の「F2008 Six Wheeler」の極秘開発が進められていたそうです。
f2008_six_wheeler.jpg

もちろんウソ(笑)。

今ではレギュレーションでタイヤは4つって決められています。

1970年代のフェラーリF1マシンはこちら。

そうそう、ホットウィールから「たいれるシックスホイーラー」のベーシックカーが発売されましたね。

フェラーリミニカーコレクターの自分ですが、これだけは買っちゃいましたよ! 沖縄では入手困難なため、utaさんにお願いして譲っていただきました。

たいれるはブルーが基本なのに日本ではまだ未発売。現段階ではアメリカルートから入手するしかないって・・・。どういうこと?マテルインターナショナルさん?
tyrrell_p34_blue.jpg

実車には存在しないホワイトバージョン。さすがマテル。驚きのカラバリ(笑)。でも買っちゃいました。
tyrrell_p34_white.jpg

これ以上はカラバリ出来ないんじゃない? まさか真っ赤なたいれるとか? まさかねぇ。




ここにきて「たいれる6輪」人気ですね。
中学生の頃、田宮模型のたいれる6輪の1/10電動ラジコン買って遊んでました。走らない、曲がらないラジコンでした。腕のせいかな?(笑)
    

▼フェラーリ312T2 6輪の1/43ミニカー!

投稿者 shigeo : 2011/01/18 | 【category:クルマ(公式)】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて