« バレンシアテストの壁紙。フェラーリF10だけでなくメルセデスGPとかも。 |メイン| ロイテマンが412T1Bをドライブ? サンクスのフェラーリミニカーです。 »

2010年2月24日

ロイテマンは地味か? サンクスのフェラーリ312T3のミニカー。 


サークルK・サンクス限定京商フェラーリミニカー「フェラーリF1コレクション第2弾(1/64)」のフェラーリ312T3

サークルK・サンクス限定京商フェラーリミニカー「フェラーリF1コレクション第2弾(1/64)」のフェラーリ312T3です。

第2弾の312T3はジル・ビルニューブ(No.12)を譲ってもらってコレクションしていました。

今回ミーシャさんからカルロス・ロイテマン(No.11)を譲っていただきました!

シゲオが未入手のモノを補完するご提案ありがとうございます! 

シートベルトデカールありがとうございます!

シートベルトデカールありがとうございます! 

実車のウイングはジュラルミンだそうですね。昔、恵比寿のミスタークラフトにサードパーティ製アフターパーツの1/20プラモ用ウイングが大量に売られていた光景を思い出しました。

ロイテマンはブラバム~フェラーリ~ロータス~ウィリアムズと渡り歩いたドライバー。

ロイテマンはブラバム~フェラーリ~ロータス~ウィリアムズと渡り歩いたドライバー。ブラバムにいた頃から好きなドライバーでした。ニキ・ラウダ、マリオ・アンドレッティ、ロニー・ピーターソン、ジェームス・ハントに比べると地味と言われていたみたいで人気もいまひとつのドライバーでしたが・・・。

ウィリアムズに在籍していた時にフォークランド紛争(イギリスVSアルゼンチン)が激化。イギリスチームにアルゼンチンドライバーがいるのはいかがなものかと言うことで引退。可愛そうだよロイテマン。

垂直離着陸機「ハリアー」が実践投入されたのはフォークランド紛争が初めてだったかな?

マウロ・フォルギエリデザインの1978年のF1マシン。

マウロ・フォルギエリデザインの1978年のF1マシン。

3リッター12気筒横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミングで312Tシリーズの3番目のモデルを意味する。

フラット12と呼ばれることが多い水平対向ボクサーエンジンだが厳密には180度のV型エンジン。

「T2」の特徴であったエアインテークが「T3」では廃止された。

この年からミシュランのラジアルタイヤを使用。フロントウイングに大きくミシュランのロゴが入る。

thanks_ferrari_f1_2_312t3_11_reutemann_rear.jpg

ワイド&ローのペッタンコなマシン。魅力的ですね。

1950年からの歴代フェラーリドライバーの年表はこちら。

サークルK・サンクスのフェラーリF1コレクション フェラーリ F1 コレクション2 全10タイプ20車のリストはこちら。

シゲオのコレクション済みのフェラーリF1コレクション2はこちら。


▼今回のテーマは「ロイテマンがドライブしたマシン」
タミヤのブラバムBT44B(1/12 ビッグスケールシリーズ)は中学生の頃に作りました。 奇才ゴードン・マレーが初めて手がけたマシン。そのデザインに惹かれて当時一番好きなマシンでした。財力と時間と技術があればもう一度作ってみたいプラモデルなんだけど・・・。
  

投稿者 shigeo : 2010/02/24 | 【category:京商サンクス 1/64】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて