« フェラーリ7!Xデーは12月22日。サンクスへGO!  |メイン| フェラーリ携帯 120万円也! »

2009年11月 4日

アルボレートがフェラーリで輝いていた時代。フェラーリ156/85。


マテルの1/43ミニカー「フェラーリ156/85」購入しました

マテルの1/43ミニカー「フェラーリ156/85」購入しました。

先日紹介した「フェラーリF60」はホットウィールレーシングでしたが、今回の「156/85」は「エリートシリーズ」 で発売です。

カーナンバー27はミケーレ・アルボレートのマシン

カーナンバー27はミケーレ・アルボレートのカナダGP仕様のマシン。

その1985年カナダGPのミケーレは予選3位ながら決勝では見事に優勝!

前半戦のアルボレートは絶好調でしたが後半に失速。8ポイント差でチャンピオンを逃す

車名は1.5リッターV6エンジンで85年モデルであることから156/85と命名。ハーベイ・ポストレスウエイト設計のマシンです。

前半戦のアルボレートは絶好調でしたが後半に失速。8ポイント差でチャンピオンを逃す。

1985年シーズンのドライバーズポイントはこちら。

アルボレートが一番輝いていたシーズンでした。

1985年のプレイバックはこちら。

アルボレートの仕事場、コックピットです

アルボレートの仕事場、コックピットです。

自分はドライバーフィギュアはいらない人。フィギュア無しにして、こういう風にコックピットを再現してくれたほうが嬉しいんです。ヘルメットだけおまけで付いていたら更に嬉しいですねぇ。サイドポンツーンの上においたらいいアクセントになります。

アルボレートは1984年~88年の5年間フェラーリに在籍し3勝

アルボレートは1984年~88年の5年間フェラーリに在籍し3勝。

1988年のマクラーレン・ホンダ16戦15勝の唯一の取りこぼしイタリアGPの奇跡のフェラーリワンツーフィニッシュの2位のほう。ちなみに優勝は同僚のゲルハルト・ベルガー。

87年加入のナンバーツー扱いのはずのベルガーに負けることが多かった・・・・。

フェラーリドライバー年表はこちら。


▼F1 Great drives - Michele Alboreto Monaco 1985▼


アルボレートはティレル~フェラーリ~ラルース~アロウズ~フットワーク~ローラ~ミナルディと渡り歩き1994年にF1を引退。

1997年にはル・マン24時間で優勝! 

しかし、2001年にル・マンのためのアウディR8のテスト走行でタイヤがバーストしクラッシュ、44歳で逝去。


▼F1 - Tribute to Michele Alboreto▼

156/85に限らず、この時代のF1マシンはコックピットが前方にあってカッコイイです。こういうバランスが好きです。ドライバーからしたら前方からクラッシュしたら怖い形状でしょうけど。

ミニカーよりも当時の映像を見るとその素晴らしい(-恐ろしい?-)バランスが印象的です。

▼Tambay Johansson Crash Silverstone 1985▼


▼購入はお早めに。フェラーリ156/85 No.27 ミケーレ・アルボレート▼


▼今回のテーマは「古き良き時代のF1のプラモデル」
    

投稿者 shigeo : 2009/11/04 | 【category:ホットウィール】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて