« 10/22本日発売!Forza Motorsport 3にフェラーリが29種類? |メイン| ホットウィールF60! キミのフェラーリラストマシン? »

2009年10月23日

フェラーリ612 Can-Am ウイングはコクピットから角度調整可能!


アシェット婦人画報社フェラーリコレクションNo.51「フェラーリ612 Can-Am」

アシェット婦人画報社 「フェラーリコレクション」を定期購読しているまあ凛さんから、コレクション対象外(?)のNo.51「フェラーリ612 Can-Am」を譲っていただきました! いつもありがとうございます!

1966年にスタートしたカンナム(カナディアン・アメリカン・チャレンジカップ)。1967年第2戦の「フェラーリ412P」のふがいない結果にエンツォは、2台の「330P4」を改良し「350 Can-Am」を参戦させる。しかし、そこでも活躍できなかった。そこで、改良ではなくカンナム専用マシンの開発を決定。


1967年から開発が進められていたカンナム専用マシン「612 Can-Am」

1967年から開発が進められていたカンナム専用マシン「612 Can-Am」。デビューレースは1968年11月10日スターダストGP(ラスベガス)。結果はリタイア。ドライバーはクリス・エイモン。

このウイングは油圧式でドライバーがコクピットから角度を調整できたってよ!

しかし、ウイングの位置が今では考えられないですよね? リアウイングじゃなくてセンターウイングじゃない?

しかも、このウイングは油圧式でドライバーがコクピットから角度を調整できたってよ!

今年のF1のフロントウイングもそうだよね。

カンナムって言うとやっぱり「シャパラル」ですよね。自分は当時「シャパラル」をあまりかっこいいとは思えない子供でしたけど。

1968年のF1グランプリを戦った「312」は7月のフランスGPでF1に初のリヤウイングを登場させたマシンでしたね。

ウイングの効果が確認できたので「612 Can-Am」にもウイングを付けたのかな?

カンナムって言うとやっぱり「シャパラル」ですよね。自分は当時「シャパラル」をあまりかっこいいとは思えない子供でしたけど。

アシェット婦人画報社 フェラーリコレクションのミニカー達はこちら。

▼今回のテーマは「612Can-Am」
  

投稿者 shigeo : 2009/10/23 | 【category:アシェット】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて