« 第16戦 ブラジルGP予選 マッサの母国GPですが本人不在・・・。 |メイン| 空から見よう! 第17戦アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット »

2009年10月19日

第16戦 ブラジルGP決勝 フェラーリいいとこなし。バトンがチャンピオン。





キミ・ライコネン 6位





ジャンカルロ・フィジケラ 10位


第16戦 ブラジルGP決勝

予選は雨で大混乱でしたが、決勝スタート時点はドライ。レース中に雨がくるかもしれない。いや、降ってもらわないとフェラーリに期待はできないだろうと考えながらテレビ観戦。

いきなりオープニングラップでキミがウェーバー(レッドブル)と接触してフロントウィングを壊す・・・。今シーズンからの大きなフロントウイングの影響ですね。

トゥルーリ(トヨタ)とスーティル(フォース・インディア)が接触リタイア。アロンソ(ルノー)ももらい事故でリタイア。

トゥルーリがスーティルに抗議している姿が国際映像に映し出され、後にトゥルーリに1万ドルの罰金。

コバライネン(マクラーレン)とフィジコも何か絡んだみたいだけど、何とか走り続ける。

オープニングラップからセーフティカー導入。

フロントウィング交換でピットインしたキミ。同時ピットインのコバライネンが給油ホースを引きちぎりながら走り出す。漏れたガソリンがキミのマシンにかかり炎に包まれる!

▼レース後のキミのコメント。
「ピットストップではコバライネンのマシンにくっついていた給油ホースから出たガソリンが数滴目に入ってしまい、それから炎に囲まれて、目がくらんだんだ。僕は止まろうとしたけど、運よく火はすぐに消えた。今でも目がまだヤケドしているけど、僕は大丈夫だよ。」

さすがアイスマン。コメントもクールですね(笑)。

この一件でマクラーレンに5万ドルの罰金。コバライネンには25秒のタイム加算ペナルティ。

2010年は給油禁止になっているはずなのでこんなシーンはもう見なくて済みますね。

さて、その後はバリチェロの快走とバトンのオーバーテイクショーでしたね。

しかし、バリチェロはまたしてもずるずると後退。最後にはパンクで余計なピットインを強いられ、いつもの不運なバロチェロでした(笑)。

ベッテル4位、バトン5位、バリチェロ8位でバトンがドライバーズタイトルを獲得。

ついにワールドチャンピオンです。

ブラウンGPは参戦初年度でドライバーズとコンストラクターズのダブルタイトル獲得! すごいよ!

ちなみにウィリアムズのカズキはまたしてもノーポイント・・・。来年はどうなるのか・・・。

一方カムイは印象に残る走り。来年のトヨタレギュラードライバーに近づいたか?

結局、雨は降りませんでしたねぇ。


▼コンストラクターズでマクラーレンに抜かれちゃいました。1ポイントですけど。
フェラーリ公式サイトでドライバーズ・コンストラクターズポイントを確認。

第17戦は2週間後11月1日アブダビGP!! 

遂に最終戦です。

キミのフェラーリラストランですね。

フォルツァ スクーデリア・フェラーリ・マールボロ!!

▼今回のテーマは「ありがとう!キミ・ライコネン」

    

投稿者 shigeo : 2009/10/19 | 【category:F1GP2009 予選・決勝結果】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて