« 空から見よう! 第9戦ドイツGP ニュルブルクリンク |メイン| 1970年のフェラーリ512M? 71年じゃないのか? »

2009年7月 9日

1970年のフェラーリ512S。


この缶なんだかわかる?

この缶なんだかわかる? 今では入手困難なものです。

Solido(ソリド)の缶箱シリーズフェラーリミニカー(1/43)です

正解はSolido(ソリド)の缶箱シリーズフェラーリミニカー(1/43)です。

1年近く前に3台紹介していたソリドの缶箱シリーズのつづき。(遅すぎっ!!)

「シューマッハ★おたっき~」ブログのグラッツェ・シューミーさんから譲っていただいたものなんです。

3台は紹介済みだったんですが、まだあったんですよね(汗・・・)。

いつかブログで紹介しようと思いつつ写真撮ってなかった・・・。ようやく紹介できます。だいぶ時間が経ってしまいましたがグラッツェ・シューミーさんありがとうございます!

「フェラーリ512S」 ドア開閉ギミック付きです。

「フェラーリ512S」 ドア開閉ギミック付きです。

実車は1970年のマシン。

4993ccV12 5リッターV12エンジンからネーミング。

「S」はフェラーリのこの時期の命名ルールからすると「Sport」から来ていると思われる。

フロントノーズ中央にあるのはハイビームライト。


このフェラーリ512Sは1970年のモンツァ1000KmレースでGeorge Loos/Peter Schettyがドライブしたらしい。<br />

缶に記載されている説明によると、このフェラーリ512Sは1970年のモンツァ1000KmレースでGeorge Loos/Peter Schettyがドライブしたらしい。

アシェットからも512Sは発売されましたね。

アシェットの512Sはこちらで。


▼今回のテーマは「日食サングラス」
  7/22(水)は皆既日食ですよ。 9:32スタートで10:54が最大だって!
  そろそろ「日食サングラス」用意しておきましょう!

   

投稿者 shigeo : 2009/07/09 | 【category:ミニカー】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて