« あちこちのページにフェラーリミニカーの画像を追加しました。 |メイン| 空から見よう! 第8戦イギリスGP シルバーストン・サーキット »

2009年6月16日

1971年のフェラーリ。アシェットのフェラーリ312B2。


アシェット婦人画報社フェラーリコレクションNo.39「フェラーリ312B2」

まあ凛さんからアシェット婦人画報社「フェラーリコレクション」のNo.39「フェラーリ312B2」を譲っていただきました! ありがとうございます!

カーナンバー「2」はジャッキー・イクスが1971年にドライブしたマシン。

312B2と言えば1971年~73年までの3年間活躍したF1マシン。

そして、カーナンバー「2」はジャッキー・イクスが1971年にドライブしたマシン。

イクスはランキング4位でシーズンを終える。

前年の好調が嘘のように低迷・・・。イクスとアンドレッティが各1勝したのみ。

3リッター・12気筒・水平対向ボクサー(Boxer)エンジンの頭文字からネーミング。312Bシリーズの2番目のモデルを意味する。

水平対向ボクサーエンジン(フラット12)と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジン。

1971年の第3戦までは312Bで出走。4戦目から312B2が登場。

前年の好調が嘘のように低迷・・・。イクスとアンドレッティが各1勝したのみ。

翌1972年も312B2をモディファイしながら参戦。ドイツGP(ニュルブルクリンク)でのイクスの1勝のみに終わった。

リアのこの構造すごいよね。近代F1では考えられない造りです。

リアのこの構造すごいよね。近代F1では考えられない造りです。

1970年代のグランプリマシンについてはこちら。

ドライバー年表はこちら。


▼今回のテーマは「フェラーリの洋書」

    

投稿者 shigeo : 2009/06/16 | 【category:アシェット】 | 

Copyright © 2005- www.akakutehayai.com All rights reserved.
アカクテハヤイフェラーリF1 [akakutehayai Ferrari F1] on Facebook
RSSについてはこちら | リンクについて