2008年2月22日

312T2完成ですよ! ペーパークラフトのフェラーリ312T2ですよ! ジルのマシンですよ!

ジル・ヴィルニューブが1977年にドライブしたカーナンバー11のマシン。

ついに完成しましたよ。 フェラーリ312T2のペーパークラフト! ジル・ヴィルニューブが1977年にドライブしたカーナンバー11のマシン。

ちなみに、ジルはこのマシンでは優勝していなんですよね。翌年1978年の最終戦カナダGPで312T3で優勝します。

ペーパークラフトはまだまだ納得出来ない部分はあるけど、ひとまずカタチになったので良しとしよう。保管しておきます。

1970年代のF1マシンって、前輪と後輪の大きさが極端に違っててカッコイイんでよね。好きだなぁ。

こちらがリヤビュー。多少のデフォルメがしてあるモデルですが、雰囲気はしっかり掴んでます。1970年代のF1マシンって、前輪と後輪の大きさが極端に違っててカッコイイんですよね。好きだなぁ。最近のF1は前後とも同じインチ(13インチだったかな?)です。後ろがでかいとかっこいいと思うんだけど?

フェラーリ312T2ペーパークラフトの制作過程はペーパークラフトカテゴリーでご覧いただけます。


このペパクラのダウンロードは、 M E T M A N I A でどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月17日

ペパクラ No.6 312T2 フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告 第6弾!

今回はエンジン部分の制作とフロントウイング接着。小物パーツのカットと組立とあらかじめタッチアップまでススメした。

フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告の第6弾でございます。

前回はフロントウイングとシート部分を作りました。

で、今回はエンジン部分の制作とフロントウイングを接着しました。

その他小物パーツのカットと組立とあらかじめタッチアップまで進めました。

今回の作業はここまで。

続きはまた後日。あとは小物パーツ付けて乾いたら最後のタッチアップすれば完成じゃないかな?うまく行けばあと2日間の作業でフィニッシュでしょうか?

このペパクラのダウンロードは、 M E T M A N I A でどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月12日

ペパクラ No.5 312T2 フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告 第5弾!

フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告の第5弾でございます。

フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告の第5弾でございます。

前回はタイヤを作ってタッチアップしました。

で、次の工程は各種小物ですが、まずはフロントウイングとシート部分を作りました。

その他のパーツはまだ作っていません。画像にあるように小さなパーツはビニールの小さな袋に入れて紛失しないようにしています。ここまで来て、パーツを紛失するとモチベーション下がりますからね・・・。もちろん、プラモデルと違いペーパークラフトですからもう1回印刷すればいいだけではあるんですが・・・。

って事で(ってどんな事?)今回の作業はここまで。

このペパクラのダウンロードは、 M E T M A N I A でどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月 8日

フェラーリ312T2のペーパークラフトの報告 第4弾! もう少しだ! 頑張ろう!

ジル・ビルニューブのフェラーリ312T2のペーパークラフト。ほんの少しだけ進めた。

タイヤを作っただけなんですけど・・・・。

フェラーリ312T2。ジル・ビルニューブ車。タイヤ、タッチアップ前
▲タッチアップ前▲
▼タッチアップ後▼
フェラーリ312T2。ジル・ビルニューブ車。タイヤ、タッチアップ後

タイヤを作った翌日に、水彩絵の具でタッチアップしました。タイヤはこれで何とか見られるようになったかな。

ついでにフロントサスペンションも作ってタッチアップ。

アッパーカウルも接着。だんだんF1マシンらしくなってきた。

今回はここまでで終わり。あとは小物関係ですね。パーツが小さくて大変だけど・・・。

続きはまた次回。

このペパクラのダウンロードは、 M E T M A N I A でどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月 2日

フェラーリ312T2のペーパークラフト制作状況第3弾です。

フェラーリ312T2。リアウイング作りました。そしてアッパーカウルも作りました。

フェラーリ312T2のペーパークラフト制作状況第3弾です。

リアウイング作りました。そしてアッパーカウルも作りました。アッパーカウルはここまではそんなに難しくなかった。ただボンドが乾いた後、ボディーにのせてみて全体のプロポーションに合うかどうかですね。カーブとかを微調整していく必要があるでしょう。これは私がうまく実車のプロポーションを再現できるかにかかっている。

しかし、作ってみて思ったのだがこのペーパークラフトのパーツは非常によく出来ている。しかも、 M E T M A N I A のサイトの組立説明ページがすばらしい。他のペーパークラフトのサイトにはこんなに詳しいインストはないですよ。

以前に作ったフェラーリのトランスポーターのペーパークラフトのダウンロード元サイト(ドイツのサイト『racepaper.de』)にはインストはおろか完成品の画像すらありませんでした・・・。恐るべしドイツ人。

今回の M E T M A N I A さんは完成品の大きな画像がアングルを変えて10枚以上ありますから、インストとパーツと見比べながらパソコン前で組み立てています。

組み立て方が分からずに頓挫したペパクラも過去にありましたから、これはホントにうれしい限り。

皆さんも挑戦してみては?

ダウンロードは、 M E T M A N I A でどうぞ。

312T2の過去記事はペーパークラフトカテゴリーからどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年1月21日

ペーパークラフト「フェラーリ312T2」のその後。カウル部分が複雑で大変でした・・・。

「LEDヘッドルーペ」と言う頭にかぶるもの。ハンズフリーで楽に作業が続けられる優れもの。レンズとLEDのライトが付いてます。

以前に紹介したペーパークラフト。M E T M A N I A でダウンロードした「Ferrari 312T2 #11 Gilles Villeneuve」。

着手しました。現在はこんな感じです。車体中央部分までカタチになってきました。シャシーやエンジン部分はシンプルなんですが、カウル部分が複雑で大変でした・・・。折りの数が多いし山折り・谷折り、その間隔もせまい・・・。でも、こういうのを苦にしてたらペパクラ好きとは言えませんよね。

この次の工程はリアウイングとか小物パーツ作って、その後がついにアッパーカウル! ここの出来が完成品の見てくれにも大きく影響すると思うので頑張らねば。 でも、ペパクラなら失敗したとしても、もう1枚印刷して作れるから気が楽だよね。

画像の左上に映っている小さいライトは何だかお分かりになります?

「LEDヘッドルーペ」と言う頭にかぶるもの。ハンズフリーで楽に作業が続けられる優れもの。レンズとLEDのライトが付いてます。ホームセンターみたいなとこで980円の特売だったので買っちゃいました。レンズも4種類付属していて拡大率を選べる。ライトも小さいけど小物を照らすには十分。普段、めがねかコンタクトレンズを使用していますが、近くの小さいものを見るのがつらくなってきました・・・。そういう歳になってしまったんですね・・・。細かい作業にはやはりルーペが役立ちます。

さぁ、道具はそろってるんだから、ちまちまち地道に制作を続けないとね。いつになるかは分かりませんが続報をお待ちください。

道具と言えばタッチアップ用の絵の具や筆を用意しなければ・・・。子供たちは相変わらず絵の具を学校に置きっぱなしで持って帰ってこない・・・。最近は軸に水を入れて使う筆洗い水不要の『水筆ペン』なるものが安価にあるらしいのでそれを買ってこようかなと思ってます。

このペーパークラフトのダウンロードは M E T M A N I A のサイトからどうぞ。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年1月20日

フェラーリ312T2のペーパークラフト着手。

「Ferrari 312T2 #11 Gilles Villeneuve」のペーパークラフトです。

M E T M A N I A でダウンロードした「Ferrari 312T2 #11 Gilles Villeneuve」のペーパークラフトです。

年末年始にフェラーリのトランスポーターの巨大なペーパークラフトを作った後、フェラーリではない別のジャンル(-宇宙船関係なんですけどね-)のペーパークラフトに着手しようと思っていた。 タミヤのクラフトツール「曲線バサミ」も購入して準備万端! と思っていたら、既に印刷されているフェラーリのペーパークラフトを発見してしまいました。(以前にこのブログで紹介してあった事すら忘れていた・・・。)A4×1だからこっちを先に作ろうかと思っています。A4×1と言っても、F1ですからパーツも多いし小さい。完成までに時間かかるかも。

「プチF」と呼ばれるペパクラ。この「312T2」も、ジル・ヴィルニューブ以外にカルロス・ロイテマンやニキ・ラウダのマシンもある。私のように古くからのF1好きには嬉しい名前。

「126C2」もあって、ジル・ヴィルニューブ、ディディエ・ピローニ両方あります。ロングビーチ仕様まであります!これも作ってみたい。

マクラーレンやブラバムなんかもありますね。非常に充実しています。もちろんサイト名のとおりヘルメットのペーパークラフトも大量にありますよ。

サイズは1/35くらいかな?気持ちデフォルメされています。 早く完成させて次のペパクラに着手したい!

ダウンロードは M E T M A N I A のサイトからどうぞ。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月30日

1977年のジル・ビルニューブのマシン「フェラーリ312T2」をペーパークラフトで作りたい!

「フェラーリ312T2」 1977年のジル・ビルニューブのマシンをペーパークラフトで作りたい!
画像はポップアップします。

未だにフェラーリF1-2000のペーパークラフトが出来ていないのに、次に作りたいペパクラは既にいくつもある。先日もフェラーリのトランスポーターのペーパークラフトを紹介しましたが・・・。ほかにもいくつもダウンロードしてあるんです。その内の一つが上の画像。

1977年のジル・ビルニューブのマシン「フェラーリ312T2」でございます。

A4用紙にパーツがビッシリですよ。

メットマニア』 と言うサイトでダウンロード可能な「プチF」と言うペーパークラフトです。
ヘルメットのペーパークラフトがメインのサイトらしいですが、F1マシンのペーパークラフトもたっぷりあります。

フェラーリ以外にも魅力的なF1マシンがずらりです。是非とも覗いて見てください。

往年のマクラーレン、ロータス、ティレルの6輪車など、私のように年寄りのF1ファンにはたまらんラインナップですよ。ホント。

ぜひとも皆さんもペーパークラフトにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

とりあえず、私はF1-2000のペーパークラフトを終わらせないと・・・。

エイダイグリップ製フェラーリ312T2(1/20)のミニカー画像はこちら。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.