2009年5月12日

ブラーゴ1998年カタログ。表紙にはコルベットとバイパーに挟まれてフェラーリF310B。

表紙にはコルベットとバイパーに挟まれてフェラーリF310B。

ブラーゴカタログの紹介。

1992年1996年1997年と来て今回がラストの1998年カタログ。これ以降もあるんでしょうけど、自分は持っていません。

表紙にはコルベットとバイパーに挟まれてフェラーリF310B。

1/87サイズのキーホルダー

1/87サイズのキーホルダーのリスト。フェラーリ以外にもポルシェ959やディアブロ、300SLもあったみたい。自分は当然フェラーリの5種類をコンプです。

コレクションはこちら。

きれいなパッケージに布製の袋入りですね。

きれいなパッケージに布製の袋入りですね。中身は同じもの。こちらは店頭で見かけた記憶がありません。パッケージから出して飾るから見かけても購入しなかったでしょう。

フェラーリ641/2にベネトン・フォード、大人の事情でマクラーレン・ホンダとは言えない「GRAND PRIX F1」ですね。

フェラーリ641/2にベネトン・フォード、大人の事情でマクラーレン・ホンダとは言えない「GRAND PRIX F1」ですね。

あの忌まわしき97年シーズンの「フェラーリF310B」です。

あの忌まわしき97年シーズンの「フェラーリF310B」です。

641/2以降に突然、96年~98年のマシンをモデル化してきました。

641/2以降に突然、96年~98年のマシンをモデル化してきました。

▼これがブラーゴのフェラーリF310B(1/24)のミニカー。1997年はミハエル・シューマッハーとジャック・ビルニューブ(ウイリアムズ)が接触して、シューマッハーが年間5勝するもポイントが剥奪された年。

1997年はミハエル・シューマッハーとジャック・ビルニューブ(ウイリアムズ)が接触。シューマッハーが年間5勝するもポイントが剥奪された年。

フェラーリF310Bの紹介は過去記事で。

マテルの版権独占の関係で1998年以降はブラーゴはフェラーリミニカーを作っていません。マテル~。独占するなよ~。


▼今回のテーマは「STAR WARSのプラモデル」
フェラーリに負けず劣らず大好きなのが「スターウォーズ」。1979年当時のおもちゃとか取っておけば良かったな・・・。
    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年4月29日

ブラーゴ97カタログ。フェラーリF310(1/24)が見開きで紹介されている!

ブラーゴ1997年カタログ

ブラーゴ1997年カタログ。1992年カタログ1996年カタログに続いての紹介です。

フェラーリF310(1/24)が見開きで紹介

フェラーリF310(1/24)が見開きで紹介されている。

F310は1996年のF1マシンだから、ブラーゴがモデル化したばかりなんだね。NEWマークがありますよ。

ブラーゴはそれまで1990年F1マシンの641/2の1/24サイズミニカーでしたから、数年ぶりの新しいフェラーリF1のミニカーです。

ブラーゴのフェラーリF310(1/24)のミニカーの画像はこちら。

▼今日のテーマは「フェラーリ612スカリエッティ」
    


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年4月24日

フェラーリ本 F40表紙+206SP

某氏からのいただき物の洋書。フェラーリF40が表紙です。

某氏からのいただき物の洋書。フェラーリF40が表紙です。

ディーノ206SP

ディーノ206SP。非常に人気の高いモデル。

こちらはディーノ206SPのエンジンルーム。

こちらはディーノ206SPのエンジンルーム。


先日、数週間前に録画していた「カーグラTV」を見た。東京の放送から数ヶ月遅れの沖縄だから実際には2008年に放送された内容だった。番組最後のプレゼント告知の「終了しました」の文字が淋しい・・・(笑)。

エンツォが亡くなって20年だから、以前のエンツォ特集の放送を再度流すってものだった。エンツォのヒストリーを追いながら、エンツォが最後に関わったF40まで紹介。F40ってやっぱり今見ても美しいですね。ゲイジュツヒンですなぁ。


▼今回のテーマは「フェラーリF40」

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年3月31日

アメリカのクルマ雑誌『2008 ULTIMATE NEW CAR GUIDE』フェラーリの燃費が気になる。

2008 ULTIMATE NEW CAR GUIDE

まあ凛さんからホットウィールの代理購入の「512」や「430」や「360」と一緒にアメリカのクルマ雑誌「SPORT COMPACT CAR」が届いた話は以前に書きましたが、実はもう1冊あったんですよ。

それがこれ『2008 ULTIMATE NEW CAR GUIDE』。

表紙はフェラーリ599GTBフィオラノ。

フェラーリに限らずアメリカで販売されているクルマがたっぷりの雑誌。アウディにBMW、ポルシェ、もちろんアメ車のダッジバイパー、フォードマスタング、トヨタ、ニッサン、マツダ等の日本車もたっぷり。

フェラーリ430スクーデリア。 街乗りではリッター11Km。ハイウェイで17Km。

フェラーリ430スクーデリア。 街乗りではリッター11Km。ハイウェイで17Km。

フェラーリ599GTBフィオラノ。 街乗りではリッター11Km。ハイウェイで15Km。

フェラーリ599GTBフィオラノ。 街乗りではリッター11Km。ハイウェイで15Km。

「THE 612 SCAGLIETTI IS THE TOYOTA」ってあるけど、どういう意味だろう? 

「THE 612 SCAGLIETTI IS THE TOYOTA」ってあるけど、どういう意味だろう? 

フェラーリ612スカエリエッティ。街乗りではリッター11Km。ハイウェイで15Km。

スカリエッティと599の燃費が同じ? 一般公道では攻めた走りをするわけでもないからって事かな(笑)。 絶妙(微妙?)なアクセルワークで安全運転しないと燃費を気にする前に廃車になるって事かも(笑)。

ハイウェイでは430スクーデリアの燃費が一番いい? 8気筒と12気筒の違いでしょうか。

直列4気筒エンジンのうちのファミリーカーとは異次元なんでしょうなぁ・・・(泣)。


ちなみにロールスロイスファントムは、街乗り11Km。ハイウェイ18Kmだって! 430スクーデリアとほぼ変わらないじゃん! ある意味すごいよファントム!

外国の雑誌って広告ページとか中綴じのハガキとか見るのも楽しいです。

まあ凛さんありがとうございました!


▼今回のテーマは「フェラーリの洋書」
    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年3月 9日

ブラーゴ1996年カタログ。フェラーリ348のエヴォが好き?

前回紹介したブラーゴ1992年カタログに続き、今回は1996年のカタログ。

前回紹介したブラーゴ1992年カタログに続き、今回は1996年のカタログ。

表紙はフェラーリF50です。

そうそう、1/43ってこういうパッケージで売ってたよね。

そうそう、1/43ってこういうパッケージで売ってたよね。思い出しましたよ。 自分の持っているブラーゴフェラーリの1/43もこれだと思う。多分。昔から箱とか捨てちゃう人だからもう残っていません・・・。

こんなパッケージの1/87モデルもあったの? 知らなかったなぁ。

こんなパッケージの1/87モデルもあったの? 知らなかったなぁ。 1/87シルバーモデルはキーホルダータイプのものをいくつか買いましたけど。

フェラーリ348のエヴォさん(1/24)ですね。ブラーゴはこのゼッケン177が好きだったのかな。サイズ違いで各種発売されています。

フェラーリ348のエヴォさん(1/24)ですね。ブラーゴはこのゼッケン177が好きだったのかな。サイズ違いで各種発売されています。

1992年のブラーゴカタログは、日本用に作られたみたいで、日本円の価格が印刷されていた。でも、この1996年のカタログは日本円がありません。イタリアの価格すら書かれていません。

▼さすがにコンプはしていませんが、私のブラーゴフェラーリコレクションです。

ブラーゴ フェラーリF1(1/24)ミニカーはこちら。
ブラーゴ フェラーリロードカー(1/18)はこちら。
ブラーゴ フェラーリロードカー(1/24)はこちら。

ブラーゴのサイトはこちら。


▼今日のテーマは「フェラーリトイラジコン」  ホワイトデーはこれをお願い!

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年3月 7日

ブラーゴ1992年カタログ。全64ページ。フェラーリもたっぷり。

表紙はフェラーリではなくジャガーですね。何故なのだ?ブラーゴさんよ!

ブラーゴの1992年のカタログ。ハガキの半分くらいの小さなカタログ。でも全64ページもあるんですよ!

表紙はフェラーリではなくジャガーですね。何故なのだ?ブラーゴさんよ!

1/43サイズのページ。 1台320円!! 安い!安すぎる!

1/43サイズのページ。 1台320円!! 安い!安すぎる! テスタロッサにF40、288GTOに512BB。

1/43のブラーゴフェラーリはこちら。

1/18のフェラーリ348tbエヴォルツィオーネ。完成品で4,000円。

1/18のフェラーリ348tbエヴォルツィオーネ。完成品で4,000円。

ブラーゴ1/18は4台持ってます。

フェラーリ250GTOニュルブルクリンク(1962)ゼッケン26。

フェラーリ250GTOニュルブルクリンク(1962)ゼッケン26。

1962年のニュルブルクリンク1000kmレースで4リッターエンジンを積んだGTOが総合優勝を挙げているらしいけど、その個体かな? 4リッターエンジンだと、250じゃなくて330になるけど、当時はエンジンだけ載せかえて走らせてましたからねぇ。

こちらの1/18は組立てキット。4,000円。

ターマックのラリーで活躍したフェラーリもブラーゴは発売してくれてました。

ターマックのラリーで活躍したフェラーリもブラーゴは発売してくれてました。

1/24の組立てキットで1,350円。これは魅力的なミニカーですね。まぁ、今では手に入れることは難しいでしょうね。

ブラーゴの1/24は3台コレクション。

フェラーリ641/2(1/24)のミニカー。

フェラーリ641/2(1/24)のミニカー。これは『カーナンバー1のアラン・プロスト』『カーナンバー27のジャン・アレジ』を持ってます。

jkさん。流石にこのブラーゴカタログは持ってないでしょ? まさか持ってる?

▼今日のテーマは「オールドフェラーリ」。温故知新ですね。 

     

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年3月 1日

ミッドシップの2シーターで真っ赤なボディ! フェラーリじゃなくてトヨタのMR-Sですが何か?

国内初のクラッチペダルレスのシーケンシャルマニュアルトランスミッション搭載車で、1.8リッター直4をミッドシップに横置き。車重も軽いライトウェイトスポーツ!

まあ凛さんからホットウィールの代理購入が届いた件は先日のブログで書きましたが、その荷物の中にアメリカのクルマ雑誌「SPORT COMPACT CAR」が入ってました!

ミッドシップの2シーターで真っ赤なボディ! フェラーリじゃなくてトヨタのMR-Sですが何か?

国内初のクラッチペダルレスのシーケンシャルマニュアルトランスミッション搭載車で、1.8リッター直4をミッドシップに横置き。車重も軽いライトウェイトスポーツ!

とっても興味がありましたねぇ。前期型、後期型のカタログ両方持っているし、MR-SベースのCasertaのカタログも未だに大事にしまってあります。

一時期は本当に買おうかと、トヨタの中古車センターで試乗してきました。とっても良かったよ~。

残念ながらMR-Sは生産終了になってしまいましたね。

スーパーGT300クラスでトイストーリーMR-Sが活躍してチャンピオンまで獲得したのに、2009年シーズンからMR-Sは消えてカローラアクシオに変更になるそうです。生産終了ですから仕方がないですが残念です・・・。

MR-Sのことはこのブログで過去にも触れているし、多分まあ凛さんがそれを覚えていてくれて、この雑誌をプレゼントで送ってくれたのでしょう。ありがとうございます!

スポーツコンパクトの雑誌ですが、ホットウィールの事も1ページ書かれてました。

スポーツコンパクトの雑誌ですが、ホットウィールの事も1ページ書かれてました。

MR-Sを特別仕様にチューンしてエリーゼと比較しようって企画らしい。

MR-Sを特別仕様にチューンしてエリーゼと比較しようって企画らしい。

ロータス・エリーゼも好きなクルマです。

ロータス・エリーゼも好きなクルマです。ライトウェイトもいいよね~。

MR-Sはイギリスでも人気のあるクルマだったみたいですが、アメリカでも人気があったんですね。映画『ワイルドスピード』の2作目だったかな? 大量に登場する日本のスポーツコンパクトのシーンにほんの一瞬映っていたはず。


▼今回のテーマは「特になし」 自由に探してくださいな!


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年2月23日

ブラーゴのカタログ。1992・96・97・98。フェラーリもたくさん作っていたんだね。

引き出しの中からでてきた、ブラーゴのカタログ。

引き出しの中からでてきたブラーゴのカタログ。

1992年、1996年、1997年、1998年のもの。ハガキの半分くらいの大きさ。ちっちゃいものです。

最近もブラーゴのカタログってミニカーショップに置いてあるのかな?

最近は版権の関係でブラーゴからはフェラーリのミニカーが出ていないので残念です。

jkさん? 流石にこのカタログは持ってないでしょ? もしかして持ってる?

▼さすがにコンプはしていませんが、私のブラーゴフェラーリコレクションです。

ブラーゴ フェラーリF1(1/24)ミニカーはこちら。
ブラーゴ フェラーリロードカー(1/18)はこちら。
ブラーゴ フェラーリロードカー(1/24)はこちら。
ブラーゴ フェラーリロードカー(1/43)はこちら。
ブラーゴ フェラーリロードカー(1/87)はこちら。

ブラーゴのサイトはこちら。

▼今回のテーマは「フェラーリの小物」 女性のみなさん! ホワイトデーはこれでお願いしますっ!

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年2月21日

京商のミニカーカタログ。20年近く前のもの。フェラーリたくさんのってます。

引き出しの奥から出てきた京商ミニカーカタログ。名刺サイズくらいの小さなカタログです。

引き出しの奥から出てきた京商ミニカーカタログ。名刺サイズくらいの小さなカタログです。

表紙の女性モデルさんの雰囲気が時代を感じさせます。バブルの頃の女性って感じ。

フェラーリF92Aの1/43サイズのミニカー

京商製フェラーリF92Aの1/43サイズのミニカー。これは発売当時に買いました。

価格は2,200円。今に比べれば安いよね~。でも、当時はこれくらいが普通でした。オニクスもこれくらいだったし。クオリティも違いはするけどね。

先日、ブログで紹介した京商製フェラーリF92Aのミニカーの画像はこちら。

ジョエフのフェラーリ250GTO(1/24)のミニカー

こちらはジョエフのフェラーリ250GTO(1/24)のミニカー。京商はフランスのJoefの日本総代理店でした。

このミニカーはミニカーショップの店頭で見かけた記憶が無い。まぁ、見かけたとしても24,000円ですから買わなかったでしょう。

ジョエフの288GTOエボルツォーネ(1/18)

こちらもジョエフの288GTOエボルツォーネ。

F40のプロトタイプとも呼ばれるクルマ。これも店頭で見た記憶が無い。1/18サイズは当時ブラーゴの288GTOとか買っていたから、見かけていれば買っていたはずですけどねぇ。

こちらは1/43サイズの288GTOエボルツォーネ

こちらは1/43サイズの288GTOエボルツォーネ。もちろんジョエフ製。

Joefのフェラーリミニカーは「330P4」と「250GTO64」の2台を持っています。

Joefの330P4のミニカーはこちら。

Joefは倒産してしまい今はもう存在しない・・・。合掌・・・。


▼今回のテーマは「フェラーリ250GTO」

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年2月16日

京商のラジコンパンフ。フェラーリF92A・643・F189!

引き出しの奥から出てきた京商のラジコンパンフ。表紙はフェラーリ643ですね。

引き出しの奥から出てきた京商のラジコンパンフ。表紙はフェラーリ643ですね。

サソルジョーダンヤマハ192のステッカーも未使用で出てきました。1992年は京商がジョーダンヤマハをスポンサードしていた関係でステッカーを作ったんでしょう。

パンフとステッカーは、1993年頃のプラモデル・ラジコンフェア会場で手に入れたものだじゃないかな?

フェラーリF189。1/10サイズの電動ラジコン。カーナンバー27、ナイジェル・マンセル。

フェラーリF189。1/10サイズの電動ラジコン。カーナンバー27、ナイジェル・マンセル。

キット価格16,800円。プロポは別売り。

フェラーリF92A。1/10サイズの電動ラジコン。カーナンバー27、ジャン・アレジ。

フェラーリF92A。1/10サイズの電動ラジコン。カーナンバー27、ジャン・アレジ。

キット価格9,800円(プロポ別売)。F189に比べてとても安い。シャシーの違いだと思います。多分。

それよりもプロポーションの悪さが・・・。ずんぐりむっくりでイマイチだよね。

フェラーリ643。1/8サイズのラジコン。カーナンバー28、ジャン・アレジ。

フェラーリ643。1/8サイズのラジコン。カーナンバー28、ジャン・アレジ。

電動とラジコンの2種が発売されてたらしい。

キット価格 電動:38,000円 エンジン59,800円 プロポは別売り。フォルムはよさそうじゃない?


このパンフにはフェラーリF1だけじゃなく、ジョーンダンヤマハ192やウィリアムズルノーFW14B、ブラバムヤマハ、ティレルホンダ、エスポラルースのラジコンもあります。

グループCやグループA、WRCのランチアデルタインテグラーレ、ニッサンザウルスと言うよくわからないクルマのラジコンもあります。

バブルの頃だから売れたんだろうなぁ。

自分は1970年代後半にタミヤのタイレル6輪車のラジコンを買って遊んでましたが、それ以降はラジコンしてません。(トイラジコンは別ですけどね。)

shigeoの持っているフェラーリトイラジコンはこちら。


▼今回のテーマは「フェラーリトイラジコン」

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年2月13日

引き出しの中からサルベージしたフェラーリF50のマグネット。

毎度おなじみ引き出しの中からサルベージしたものです。

毎度おなじみ引き出しの中からサルベージしたものです。

ネコ・パブリッシングのスーパーカー雑誌「Rosso(ロッソ)」の付録だったマグネット。名刺サイズくらいのものです。

マグネットには「ROSSO7月号特別付録マグネット」とだけ書かれていて、いつのものかは分からない。多分2004年か2005年頃のものだったと思う。

フェラーリF50は大事にしまわれていました。

ランボルギーニカウンタックLP400のマグネットは使ってますけど、フェラーリF50は大事にしまわれていました。

この前のメールマガジン【あかまぐ】で書いたけど、Rosso(ロッソ)2009年3月号にはフェラーリカレンダーが付録でした。書店で実物を見ましたがパスしました。

フェラーリオフィシャルフォトで作られたカレンダーでした。自分はフェラーリオフィシャルサイトから高解像度の画像をダウンロードできるから卓上カレンダーサイズなら印刷してカレンダー作れるしね。

▼今回のテーマは「立ち読みするスーパーカー雑誌」。買わないのかよっ!

    


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年2月 6日

エンツォフェラーリのダッシュボードのレプリカ? 1/6サイズ。

1/6 フェラーリ エンツォ ダッシュボード レプリカ

ときめきモールのメールマガジンを購読していますが、2009年2月2日のメールマガジンに興味深い見出しが!

・フェラーリマニア必見!プレミアムなレプリカ2種登場!30%OFF!
  1/6 フェラーリ エンツォ ダッシュボード レプリカ (イエロー/レッド)

1/6 フェラーリ エンツォ
ダッシュボード レプリカ(イエロー/レッド)
メーカー希望小売価格 17,640円(税込)→各販売価格 12,348円(税込)
 
【材質】ABS、PVC(非フタル酸)、ダイキャスト
【商品サイズ】1/6スケール
※単四電池3本(別売り)でメーター点灯ギミック付

自分にはこれはコレクション対象外かな。まだまだ欲しいミニカーの購入が追いついてない現状で、これに手を出したらやばいでしょう・・・。興味が無いわけじゃないですが、財布の中身が無いわけです(ギャフン 古っ!)。


1/6 フェラーリ エンツォ ダッシュボード レプリカ詳細はこちらから。

▼今回のテーマは「バレンタインにイタリア雑貨はどう?」
    


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年2月 2日

17年前のフェラーリキーホルダー。思い出が詰まった記念の品なのです。

おぉ~! これは1990年のF1グランプリを戦った「641/2」じゃないですか!

引き出しの中をごそごそと探し物をしていたら、キーホルダーが出てきました。未使用で引き出しに放り込まれていたのかな?

おぉ~! これは1990年のF1グランプリを戦った「641/2」じゃないですか! アラン・プロストが前年にマクラーレンでチャンピオンを獲得してフェラーリに移籍してきたからカーナンバー1だわけですよ!

詳しくは1990年のヒストリープレイバックページでどうぞ。

このキーホルダーの入手の時のことは克明に覚えています。

沖縄に移住する前、まだ東京練馬富士見台に住んでいた1992年の夏、うちの奥さんが横浜の友達のところに遊びに行ったお土産でもらったもの。

6月に生まれたばかりの長女の面倒は自分が見るからたまには1日ゆっくり遊んできなさいってお休みをあげたわけですよ。そうしたら、お土産に買ってきてくれたもの。小さなキーホルダーだけど、予期せぬお土産(-しかもフェラーリ!-)に感動したのを覚えています。

早いもので、その長女も今は高校生。そして今日は結婚20周年でもあるわけです。あっと言う間ですねぇ、子供の成長って。親父はまったく成長してないで、当時と同じように今でもフェラーリのミニカーだのなんだのコレクションしてますが(笑)。

結婚20周年ですがこれと言った特別なものはなく、淡々と過ぎていくわけですよ。 はい。 そんなもんでしょ。 夫婦っていうもんは。 ねぇ。

▼今日のテーマは「フェラーリいろいろ」

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年1月30日

フェラーリのマウス? アカクテハヤイマウスですよ(笑)!

折角、赤いマウスを頂いたわけだし、何とかフェラーリ仕様にしてみたい!

M氏からマウスをプレゼントしていただいた。ありがとうございます!!

フロントグリルを見るとBMWだよね?

折角、赤いマウスを頂いたわけだし、何とかフェラーリ仕様にしてみたい!

シェル限定1/43モデルのシールと60周年フェラーリGTアソートのカード

って事でこんなものを引っ張り出してきた。

上のシェルのものは、HotWheelsのシェル限定1/43モデルに付属していたシール。

下のはホットウィールのフェラーリ60周年「フェラーリGTアソート」ミニカーに付属していた60周年ロゴのカード。シールではありません。

こちらは10年以上前のプレイセット(ホットウィール)に付いていたシール。

こちらは10年以上前のプレイセット(ホットウィール)に付いていたシール。

プレイセットは行方不明・・・。セットには確か348か355のミニカーが同梱されていたはずだけど失念・・・。

ホットウィール348のミニカーはこちら。
ホットウィールベーシックカーF355のミニカーはこちら。

これらのシールやカードを切った貼ったしてフェラーリっぽくしました。

フロントグリルはフェラーリロゴで隠しちゃいました。ちょっと違和感があるけど仕方ないか・・・。

フロントグリルはフェラーリロゴで隠しちゃいました。ちょっと違和感があるけど仕方ないか・・・。

60周年ロゴはでかすぎて使えませんでした。

プラモ用のデカールとかもあるから使ってもいいんだけど、まずは暫くはこれで使いましょ。 

シェルのロゴがいいでしょ?

プラモ用のデカールとかもあるから使ってもいいんだけど、まずは暫くはこれで使いましょ。 

将来、バージョンアップしようかな。

このマウスは使い勝手もとてもいい! 今まではPCに付属してきたDELLのマウスを使ってたんだけど、このマウスは動きがスムーズ! そして速い! まさしくアカクテハヤイマウスですよ(笑)!

M氏! ありがとうございました!!

▼今回のテーマは「フェラーリファンに贈るバレンタインプレゼント」 フェラーリファンの男性にバレンタインで告白するなら、「ゴディバのチョコ」もいいですけど、+フェラーリグッズをいかがでしょう? 喜ばれると思いますよ。 ホワイトデーには2倍のお返しが期待できるでしょう!!
※私はバレンタインには奥さんからチョコではなくフェラーリラジコンをもらっています。今年も楽しみです!

    


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年1月21日

限定100台のフェラーリ。フェラーリの望遠鏡のハナシ。天体観測にも一眼レフの撮影にも使えます。

フェラーリの望遠鏡が発売されています。


「フェラーリ60周年記念モデル・ゼニススター望遠鏡」で平成20年12月20日発売。世界500台限定販売品(シリアルナンバー付)。日本国内では限定100台。

フェラーリの望遠鏡が発売されています。

「フェラーリ60周年記念モデル・ゼニススター望遠鏡」で平成20年12月20日発売。世界500台限定販売品(シリアルナンバー付)。日本国内では限定100台。

自分は天体観測もしないし、バードウォッチングもしないし、カメラもやらないのであまり興味はわきませんが・・・。天体観測マニアと言うより、一眼レフカメラ愛好家の方が興味のある分野では?
この望遠でサーキットでフェラーリの写真を撮っていたら周りからも注目されるでしょうね!グランドスタンドからフェラーリピット内の写真とか撮ったら、マシンやドライバーがド迫力で撮影できるでしょう。

持ち運びに便利なバックパック付なんですが、これカッコイイよね。鈴鹿でこのバックパックから望遠取り出したりしたら羨望の的でしょう。

持ち運びに便利なバックパック付なんですが、これカッコイイよね。鈴鹿でこのバックパックから望遠取り出したりしたら羨望の的でしょう。


▼三脚はフェラーリってわけじゃないけど、ブラックとフェラーリレッドもあります。

三脚はフェラーリってわけじゃないけど、ブラックとフェラーリレッドもあります。 三脚はフェラーリってわけじゃないけど、ブラックとフェラーリレッドもあります。


▼ケンコーからは「フェラーリ双眼鏡」も発売中。サーキットのF1観戦では、この双眼鏡を使ってみたい。

ケンコーからは「フェラーリ双眼鏡」も発売中。サーキットのF1観戦では、この双眼鏡を使ってみたい。


ケンコーのWEBサイトはこちら。

▼今回のテーマは「ケンコー」 かろうじてまだ売り切れではないみたい。
    

 


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年1月18日

パチものフェラーリキーホルダー。5年前のイギリス土産です。

フェラーリキーホルダーはもちろんパチもの。

引き出しの奥から出てきました。自分でもすっかり忘れていた旅の土産。

2004年12月にイギリス・フランス旅行に行った際にイギリスのどこかで購入したものだ。ロンドン塔(Tower of London)の近くのみやげ物屋かな?

フェラーリキーホルダーはもちろんパチもの。

右側のは「ロンドン塔のキーホルダー」です。

赤い表紙のものは「ロンドン塔の単語帳」

▼イギリス旅行で買ってきたミニカーとかは過去記事で。

イギリスで購入したホットウィールのプルバックフェラーリF1はスポンサーロゴから「F2003GA」とわかる。
ロンドン ヒースロー空港でフェラーリ発見!何でこんなところに?
ボーダフォンフェラーリF1のチョロQ?日本未発売?イギリスのハロッズで購入してきました。
日本未発売か?イギリスで購入したHW(HOTTUNERZ)360GT
これってフェラーリにしか見えないよね?イギリスでフェラーリらしきものをゲット!


▼今回のテーマは「イギリスと言えばテディベア?」そして「フェラーリベア?」
    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2009年1月10日

フェラーリSP1のポストカードが届いた。

そうです。フェラーリSP1です!

年賀状が届きました。

さて、これは何でしょう?

そうです。フェラーリSP1です!

「見て来たけど撮影禁止。ガードも固かった。」そうです。

「見て来たけど撮影禁止。ガードも固かった。」そうです。

アウトガレリア・ルーチェで5日間しか一般公開されなかった「フェラーリSP1」を間近で見てきたとは貴重な体験をしましたね。

「もう1台あったよ~」って、それは1/1モックアップですよ。実車と見間違うばかりの素晴らしいモックアップらしい。

このポストカードは会場で配布していたそうで、貴重なそのポストカードを年賀状として送ってきてくれた。ありがとう友よ!

▼今日のテーマは「デザイナー」。shigeoの好きなデザイナーの本です。

     

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年12月17日

平成3年のF1ミニカー雑誌を発見。モデルカーレーサーズの1号です。フェラーリもたっぷりです!

モデルカーレーサーズ1号。平成3年(1991年)3月10日発行。知ってる人は知っている小林誠氏の本です。

師走の掃除で押入れ奥深くから昔の雑誌をサルベージ。

モデルカーレーサーズの1号です。平成3年(1991年)3月10日発行。

知ってる人は知っている小林誠氏の本です。

表紙には「F1 1991年開幕戦直前! ニューマシンと’90全マシンをモデルカーで再現」とあります。

これ全部タメオとかメリのメタルキットです!

これ全部タメオとかメリのメタルキットです!

1990年日本GPの1コーナー。セナとプロストが接触リタイアしてセナのチャンピオンが決定したシーンもジオラマで再現です!

1990年日本GPの1コーナー。セナとプロストが接触リタイアしてセナのチャンピオンが決定したシーンもジオラマで再現です!

modelcarracers1_3.jpg

タミヤの640のプラモデル(1/20)を小林誠氏が作りこんだもの。タミヤの量産品のプラモがこんな超絶モデルになるなんてすごいですよね。

ボシカの超絶43モデルもたっぷり紹介されていて、見ているだけでため息が出るほどすばらしい芸術作品です。

ボシカの超絶43モデルもたっぷり紹介されていて、見ているだけでため息が出るほどすばらしい芸術作品です。

ラウダのドイツ、ニュルブルクリンクの大事故から復帰までをコミックで紹介。

ミニカーの紹介だけじゃなく、こんなコミックも毎号ありました。

この号では、あのラウダのドイツ、ニュルブルクリンクの大事故から復帰までをコミックで紹介。コミックには、マリオ・アンドレッティ、エマーソン・フィッティパルティ、ヨッヘン・マスなど懐かしい名前が登場します。

1976年ドイツGPのニキ・ラウダのクラッシュ映像はこちら。

モデルカーレーサーズは、17号まで発売されたらしい。

7号までサルベージしたけど、8号以降は買っていないだけなのか? どこかにしまわれているのかな?


▼今日のテーマは「学んだ、作った、飾った」。大人の趣味ですよね?女性にはなかなか理解されないけど・・・。

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年12月12日

モデルカーズ14号。1992年1月号をサルベージ。フェラーリ(ディーノ)の特集号です。

ModelCars第14号(1992年1月号)

師走という事で少しずつ掃除が始まりました。まずは押入れの奥深くまで侵入。そこで見つけたのが昔の雑誌いろいろ。

雑誌「ModelCars(モデルカーズ)」の古いものをサルベージです。

第14号(1992年1月号)が出てきました。懐かしい~!

この14号の特集はディーノですね。206GT、246GT、246SP、206SP、166Pなど実車の写真もたっぷり。

この14号の特集はディーノですね。206GT、246GT、246SP、206SP、166Pなど実車の写真もたっぷり。

ミニカーだけではなくて実車の情報や、それにまつわるいろんな話があって読み物としても充実している雑誌。

ネコ・パブリッシングモデルカーズって、ミニカーだけではなくて実車の情報や、それにまつわるいろんな話があって読み物としても充実している雑誌。

タミヤの「ミニF1シリーズ」の「642」。懐かしいなぁ。チープなおもちゃだからと当時はスルーしていました。今思えば安いものなんだから買っておけばと・・・。

もちろん、ミニカーやプラモデルの最新情報もタップリ。まだネットのない時代ですから貴重な情報源でした。

上の画像のタミヤの「ミニF1シリーズ」の「642」。懐かしいなぁ。チープなおもちゃだからと当時はスルーしていました。今思えば安いものなんだから買っておけばと・・・。

そうそう、この14号当時はモデルカーズの編集長は「平野克己氏」。何号だったか読者のページにハガキを出して掲載され、平野編集長にコメントもらったときは感激でしたよ。

初代編集長平野克巳氏のブログ 「猫の耳に大仏」湘南鎌倉便り も楽しいですよ。毎回必ず読んでます。


▼最近のものはAmazonで購入できます。

    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年11月29日

残数僅か!これは買い!オール イン レッド。130台のフェラーリモデル(1/24)が紹介されている書籍。

[ オール イン レッド ] フンベルト・ロザーリオ フェラーリ1/24スケールモデルコレクション。

[ オール イン レッド ] フンベルト・ロザーリオ フェラーリ1/24スケールモデルコレクション。

カバーは紛失してしまいました。行方不明です・・・。でも、いいんです。中身が重要ですから!(はい。負け惜しみです・・・・。)

2000年12月発行。最近は書店では見かけない。東京ならいざ知らず地方都市ではなかなか現物を見るのは困難かもしれません。

発売当時、書店に1冊しか置いていないのをたまたま発見。手にとってその内容にぶったまげた。全部で130台のフェラーリの1/24スケールモデル(プラモデル、レジンモデル他)完成品が掲載されている。それも1台に付き5枚以上の美しい写真! どこのメーカーのモデルを組み上げたのかはもちろん、実車の情報まで掲載。1ページが縦25cm×横25cmくらいなので大きい。その分写真も大きい!

これが中表紙

フンベルト・ロザーリオ氏は、市販車以外のレーシングマシンの場合、必ず存在するマシンの個体のリサーチを行ってから制作。すべてのモデルに仕様、年式、出場レース、ドライバー、リザルトまで特定できるのだそうだ。もちろん、ディテールアップパーツを使い、改造を行い、必要であればセミ・スクラッチまでするモデラー。プロモデラーではなくデザイン事務所の社長さんで、あくまで趣味というスタンスでこれだけの作品を作り続ける情熱はホント素晴らしい。

制作するマシンは必ずフェラーリレッド! だからこの本の名前は「オール イン レッド」なのだ! 恐るべしフンベルト!

価格: 4,515円 (税込)
大型本: 156ページ
出版社: 大日本絵画 (2000/12)

もう絶版なのかなと思ったらアマゾンで1点のみ「在庫あり」だそうです。よろしかったらどうぞ。

「オール イン レッド1/24スケールフェラーリーズ―フンベルト・ロザリオコレクション1990‐2000」をアマゾンで買うならこちら。

プラモデル製作者のフンベルトさん。365GTB/4クーペ・スペチアーレ(1969年)。フジミ模型のエンスージアスト・シリーズ365GT/4 BB (1973)東京マルイのプラモデル
※画像はポップアップします。

左 プラモデル製作者のフンベルトさん。
中 365GTB/4クーペ・スペチアーレ(1969年)。フジミ模型のエンスージアスト・シリーズ
右 365GT/4 BB (1973)東京マルイのプラモデル


ハセガワ348tbから348tbザガートへの改造法。フンベルトさんの模型製作帳。デザイナーだけあって流石にイラストが上手い。DINO206SP 1966年ル・マン出場車。モデラーズのレジンキットF40LM ART SPORTS IMSA。フジミのプラモデル。エンジンはタミヤのF40から移植。カーナンバー40は、ジャン・ピエール・ジャブイーユ、ジャン・ルイ・シュレッサーのマシン。懐かしい名前だ!

※画像はポップアップします。

左 ハセガワ348tbから348tbザガートへの改造法。フンベルトさんの模型製作帳。デザイナーだけあって流石にイラストが上手い。
中 DINO206SP 1966年ル・マン出場車。モデラーズのレジンキット
右 F40LM ART SPORTS IMSA。フジミのプラモデル。エンジンはタミヤのF40から移植。カーナンバー40は、ジャン・ピエール・ジャブイーユ、ジャン・ルイ・シュレッサーのマシン。懐かしい名前だ!


348GT COMPETIZIONE。ハセガワのキット。1994年のル・マン出場車。総合11位、GT2クラス4位。F310。スタジオ27のレジンキット。1996年サンマリノGP、ミハエル・シューマッハードライブのマシン。F93A。クラブMのレジンキット「F92A」をベースにセミ・スクラッチビルドしたモデル。1993年アレジがモナコGPを走り3位入賞したマシンをモデル。

※画像はポップアップします。

左 348GT COMPETIZIONE。ハセガワのキット。1994年のル・マン出場車。総合11位、GT2クラス4位。
中 F310。スタジオ27のレジンキット。1996年サンマリノGP、ミハエル・シューマッハードライブのマシン。
右 F93A。クラブMのレジンキット「F92A」をベースにセミ・スクラッチビルドしたモデル。1993年アレジがモナコGPを走り3位入賞したマシンをモデル。


F190(641/2)。プロターのプラキットベースでロッソやハセガワからパーツを移植して作ったマシン。312B 1970年イタリアGP。60's(シックスティーズ)のレジン製スロットカー用ボディから改造。日本で発売されたフェラーリプラモデルのリスト。イマイのレインボーもありますね!

※画像はポップアップします。

左 F190(641/2)。プロターのプラキットベースでロッソやハセガワからパーツを移植して作ったマシン。
中 312B 1970年イタリアGP。60's(シックスティーズ)のレジン製スロットカー用ボディから改造。
右 日本で発売されたフェラーリプラモデルのリスト。イマイのレインボーもありますね!


フンベルトさん自身の文章もあり、初代モデルカーズ編集長の平野克己さんの原稿「フンベルトさんのこと」もある。平野さんの文章はいつ読んでもいいですね。個人的に大好きです。何度、読んでも飽きません。巻末の「マカオとベルトと本のこと-編集顛末日記-」の裏話はおもしろい。フェラーリからの許可でだいぶ苦労されたようです・・・。平野克己さんの本ですから安心して見る事ができます。

とにかくこの本はフェラーリのプラモデル好きなら「買い」ですよ~!

「オール イン レッド1/24スケールフェラーリーズ―フンベルト・ロザリオコレクション1990‐2000」をアマゾンで買うならこちら。

モデリング初めて10年余りで130台を作り上げたフンベルトの情熱が詰まった1冊。

続編も出版してくれないかなぁ・・・。


    

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年10月30日

お土産もらっちゃいました。レッドブリテンです!

レッドブリテン

jkさんがF1日本GPを生観戦して来たって! お土産もらっちゃいました。

「レッドブリテン」ですよ~! ありがとうございます!

生観戦経験者の皆さんはご存知でしょうけど、「レッドブリテン」はグランプリ開催中に配布されるフリーペーパー。

レッドブリテンにドライバーのサインをもらってヤフオクに出している人とかいるよね。

shigeoは一度もF1を生観戦したことがないので、今までF1雑誌とかで「レッドブリテン」の話題があるのを見ていて、どんな内容なんだろう?って興味津々でした。

印刷機材をサーキットに持ち込み、取材して編集して印刷して配布をしているってハナシだよね。すごいなぁ。

shigeoは東京に住んでいた頃、印刷関係の仕事に従事していたので、こういう仕事の大変さがわかります。レッドブリテン編集スタッフの皆様、ご苦労様です!

jkさんのブログで日本GPレポートがご覧になれます。

レッドブリテン

当然、全ページ英語なんだけど、英語力の乏しいshigeoが見ても楽しいですね。

フォーミュラ・ウナにはshigeoの好みの女の子がいませんでした・・・。

「レッドブリテン」公式サイトはこちら。

レッドブリテン

jkさんとshigeoの共通点は、F1が好き、フェラーリが好き、ペーパークラフトが好きってところ。ほかにもイタリアに旅行した事があるとか、1/43でフェラーリ歴代F1マシンをコレクションしているところとか、共通点がいろいろあるんです。うれしいですねぇ。

shigeogは、フェラーリのペパクラは中断してますが、「2001年宇宙の旅」のオリオン号を作ってます。海外のサイトでダウンロードしたもので、インストもないので試行錯誤しながら手探りで進めています。

アカクテハヤイのパーパークラフトページはこちら。

レッドブリテン

jkさんのブログ「Un chat noir」はこちら。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年10月16日

「フェラーリ512Sピニンファリーナ」があるぞ!フランスのフェラーリの洋書!

フランス語の洋書です。全ページオールカラーの320ページですよ!

横浜のまあ凛さんから譲っていただいた本。ありがとうございます!

フランス語です。全ページオールカラーの320ページですよ! 素晴らしい!

残念ながら和訳はありません・・・。当然、フランス語わかりません。でも、いいんです!

生前のコマンダトーレ

生前のコマンダトーレです。フェラーリ創業以前の写真でしょう。アルファロメオのマシンだ。

ヴィットリオ・ヤーノとエンツォの息子「アルフレディーノ」が設計したV6エンジン搭載の「Dino」

ディーノですね。

ヴィットリオ・ヤーノとエンツォの息子「アルフレディーノ」が設計したV6エンジン搭載の「Dino」。「Dino」は別ブランドの為、「フェラーリの名前を冠しないフェラーリ」とも呼ばれました。

最近「ディーノ」の名前が新モデルで復活するのではないかと噂が絶えない。「カリフォルニア」が復活したわけだから、可能性はあるんじゃないかな?

この洋書で何が嬉しいって、やっぱこれ! 「フェラーリ512Sピニンファリーナ」でしょ!

この洋書で何が嬉しいって、やっぱこれ! 「フェラーリ512Sピニンファリーナ」でしょ!

ミニカーはオートピレン製の1/43。

ピニンファリーナが1969年に発表したショーカー。フロントガラスとドア一体のオープンはこの時期に流行したデザイン。

60年代にこのデザインってピニンファリーナ凄すぎます!

実写のこういう写真は滅多にお目にかかれません。

実車のこういう写真は滅多にお目にかかれません。感動です!

オートピレンの1/43のミニカー「フェラーリ512Sピニンファリーナ」の画像はこちらにもあります。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年10月 7日

忘れていたわけじゃないのよ。ルマン本。 ルマンのフェラーリ360GT。

ルマン本。忘れていたわけじゃないのよ。

ルマン本。

忘れていたわけじゃないのよ。

ルマンの時期に紹介しようって思っていたんだけど、気付いたら2008年のルマンは終わってるし・・・。

来年のルマンの時期のネタにしようかとも思ったけど流石にねぇ・・・。

って事で紹介しましょ。

シューマッハ★おたっき~のグラッツェ・シューミーさんから今年の5月に譲っていただいたフランス語(英語訳付)のルマン本。ありがとうございます!

2002年のルマン。フランスのチーム「JMB Racing」の71号車。360GTのピットイン風景。結果は85周リタイア。

2002年のルマン。フランスのチーム「JMB Racing」の71号車。360GTのピットイン風景。結果は85周リタイア。

こちらは70号車。残念ながら16周リタイアの360GT。

こちらも同じく2002年の「JMB Racing」の70号車。残念ながら16周リタイアの360GT。

レースシーンの写真がたっぷり。言葉の意味が分からなくても見ているだけで楽しい。

レースシーンの写真がたっぷり。言葉の意味が分からなくても見ているだけで楽しい。

ちなみに、JMB Racingの2008年はGT2クラス4位でした。

画像は71号車だけど、今年(2008年)のルマンは82号車がGT2クラス優勝。82号車のドライバーはF1ファンにはお馴染みのミカ・サロ! そして、ジャンマリア・ブルーニ! もう一人はJ・メロ。メロって誰?

ちなみに、JMB Racingの2008年はGT2クラス4位でした。

1949年の166MMから2002年の360GT、550マラネロまでのリザルト!

1949年の166MMから2002年の360GT、550マラネロまでのリザルト! こういうのってうれしい。 車番で個体が特定できますからね~。

プライベーターのみなさんは頑張ってくれてますね。メーカーとしてフェラーリにも参戦してほしいものです。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年9月17日

テッラさんから台紙届く! マテル(ホットウィール)の1/43フェラーリ台座用のオリジナル台紙です!

アカハヤブログの常連さん「スクーデリア・ロッソ・テッラ」のテッラさんから、プレゼントいただきました!

アカハヤブログの常連さん「スクーデリア・ロッソ・テッラ」のテッラさんから、プレゼントいただきました!

マテル(ホットウィール)の1/43フェラーリミニカー台座用のオリジナル台紙です!

テッラさんはフェラーリ好きでF1好き。さらには1/43ミニカーのマルボロ化やタバコ化、ドライバーフィギュア載せたりする改造マニアでもある。実車のフェラーリイベントにも足を運ぶし、海外通販でミニカー購入するなど、ほんと素晴らしい情熱の持ち主。頭が下がります。リスペクトです!

マテル(ホットウィール)の台座、パッケージってイマイチだし、テッラさんの台紙に変更すると全然見栄えが違います。

2005年 F2005 ミハエル・シューマッハー
2006年 248F1 ミハエル・シューマッハー
2007年 F2007 フェリペ・マッサ

私の所有する1/43フェラーリミニカーに合わせて3つの台紙をいただきました! ホント感謝です。

マテル(ホットウィール)の台座、パッケージってイマイチだよね。

でも、テッラさんの台紙に変更すると全然見栄えが違います。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年9月13日

ラ・フェスタ ミッレ・ミリア2008。97年から今年で12回目。フェラーリのMMも走るのかな?

フェラーリ好きなら「ミッレ・ミリア」という言葉に特別なものを感じるのでは? 古くは「166MM」。その「MM」は「Mille Miglia」のイニシャルですからね。ちなみに「Mille Miglia」はイタリア語で1000マイルって意味です。

自分は、20年以上前に「MM」って何だろうって思って、書籍とかで調べた記憶があります。そこで初めてミッレミリアやタルガフローリオとかツールドフランスとかのレースでのフェラーリの活躍を知りました。

さて、今年も10月11日から「La festa Mille Miglia 2008(ラ・フェスタ ミッレ・ミリア2008)」が日本で開催されます。

La festa Mille Miglia 2008公式サイトはこちら。

1997年から開催されて今年で12回目という事ですが、実は16年前の1992年にも同じ名前のイベントが開催されているんですよね。

16年前の1992年に日本で行われた「La festa Mille Miglia(ラ・フェスタ ミッレ・ミリア)」のプログラム。

これがその1992年の「La festa Mille Miglia(ラ・フェスタ ミッレ・ミリア)」のプログラム。

92年の趣旨と97年からの趣旨が違うので、回数に数えられていないんでしょう。多分。

1992年 フジテレビ主催 イタリア本国のミッレミリアの名車を日本へ招待してのイベント。日本からも数台が参加。

1997年以降 テレビ朝日主催 日本国内のクラシックカーが中心。国際クラシックカー連盟から公認を受けている。 

ミッレ・ミリアについてはwikiでどうぞ。
 


92年当時、私は東京に住んでいて見に行きました。

10月23日~11月3日までの間、東京神宮絵画館広場、富士スピードウェイ、鈴鹿サーキットで様々なイベントが行われた。イタリアと同じように1000マイル走らせるというビッグ・イベント。確かイタリア本国のミッレ・ミリアに参加した、当時フェラーリドライバーだったジャン・アレジも日本で少しだけ参加したはず。

私は、神宮絵画館広場にミッレ・ミリアの名車60台を見に行きました。混雑を避けようと、有給休暇を取得して平日に行ったのを覚えている。後日、フジテレビで別の日にアレジが神宮絵画館広場に来ていた様子を放送していた。知らなかったよ~。その日に行けばよかった~。

会場にはフェラーリももちろんだが、マセラッティ、ブガッティ、アルファロメオ、ジャガー、ポルシェ、チシタリア(!)などなど、それまで雑誌でしか見たことのないクルマがたくさん!感動でした。

プログラムによればフェラーリは7台。全て写真に撮ったのだが、ネガフィルムもプリントも見つからない・・・。そう言えば前売りチケットも保管してあるはずなんだが、このプログラムしか見つかりません。どこにいったんだろう・・・。

画像クリックで大きな画像がご覧になれます。

94年に沖縄に移住してしまったので、97年以降の「ラ・フェスタ ミッレ・ミリア」は間近で見ることはできませんでした。テレビで放送されているのは見ましたけどね。

ミッレ・ミリアのロゴを見ると92年の神宮絵画館前を思い出します。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年9月 9日

フェラーリじゃなくてフェッラーリなんです。シャンパンは勝利の美酒に取っておくのだ!

フェラーリのシャンパンです!

先日8/31のアカクテハヤイメールマガジン【あかまぐ】に書きましたが、東京出張で「まあ凛さん」とオフ会してきました。

その際にまあ凛さんご夫妻からいただいたプレゼントがこれ!

フェラーリのシャンパンです! 

めっちゃうれしい~! 雑誌とかで紹介されているのは見たことがありますが、現物を目の当たりにするのは初めてです! ありがとうございます。

まだ開けてません。しばらくは眺めておいて何か特別な日に飲もうかと思案中。

まだ開けてません。しばらくは眺めておいて何か特別な日に飲もうかと思案中。

例えばマッサがワールドチャンピオンを獲得した日だったら最高! キミのワールドチャンピオン連覇はちょっと難しくなりつつあるし・・・。

もちろん、ご存知の方が多いと思いますが、我らが紅組の芸術的スポーツカー製造会社「フェラーリ」のスプマンテではなく、イタリアの「フェッラーリ」というワイン製造メーカーのスプマンテです。

厳密にはシャンパンはシャンパーニュ地方のものだけに使える名称なので、その他の地域のものは「スパークリングワイン」と呼びます。イタリアでは「スプマンテ」と言います。

もちろん、ご存知の方が多いと思いますが、我らが紅組の芸術的スポーツカー製造会社「フェラーリ」のスプマンテではなく、イタリアの「フェッラーリ」というワイン製造メーカーのスプマンテです。

ちなみに「フェッラーリ」は、ジュリオ・フェッラーリによって1902年に設立。イタリアを代表する高品質のスプマンテブランドで「キング・オブ・スプマンテ」と呼ばれているらしい。

我らがフェラーリの創立より古いじゃん! 

今シーズンの終わりには、このスプマンテでフェラーリとともにお祝いしたいぞ~。

まあ凛さんご夫妻ありがとうね~!

横浜のムーンアイズのショップに案内してもらいました。

で、実はその日に、横浜のムーンアイズのショップ「MOON EYES AREA-1」に案内してもらいました。

クルマ好きにはたまらんお店ですよね~。もちろんshigeoは初です。

楽しいものがたくさんありましたねぇ。

▼自分用の旅の土産に購入したのがこれ。

ラットフィンクのキーホルダー


ラットフィンクのキーホルダー

ムーンアイズのキーホルダーじゃなくて、ラットフィンクのキーホルダーを旅の記念に購入です。

言わずと知れたエド(ビッグ・ダディ) ロスのネズミのキャラクター。

雑誌「ModelCars」で紹介されていたのを見たのが最初。もう十数年前かな?


この後、横浜市中区麦田町の「奇珍」にて、おいしいサンマーメンやら色々食べつつ、ビール飲みつつ、盛り上がったオフ会でした。まあ凛さんご夫妻ありがとうございました!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年8月12日

フェラーリ賛歌。今は絶版の貴重な本。 アレジ! ビルヌーブ! アルボレート! マンセル!

ソニー・マガジンズの「フェラーリF1賛歌 1978~1991」。

ソニー・マガジンズの「フェラーリF1賛歌 1978~1991」。

1991年9月発行の初版です。 (重版されたかはわからないけど・・・。)

著者:金子博・大串信 (F1好きなら知ってる名前じゃない?)

定価1800円(税込)

発売当時に買ったはずだから17年前の本です。

カバーも帯も残ってるなんて奇跡です(笑)。

帯には「近代フェラーリの息吹を伝える312Tシリーズ、126Cシリーズそして643まで、それぞれの時代の功績と、伝説のドライバーを回顧する、フェラーリだけの写真集。」とあります。

いきなり「F187」! アルボレートのマシンのノーズだ!

いきなり「F187」! アルボレートのマシンのノーズだ!

1981年。ドイツGP。126CKのコックピットのジル・ビルヌーブ。絶命するのは翌1982年のベルギーGP。

1981年。ドイツGP。126CKのコックピットのジル・ビルヌーブ。絶命するのは翌1982年のベルギーGP。

1991年。642を駆るジャン・アレジ。そのドライビングスタイルからティフォシはジルを連想しました。

1991年。642を駆るジャン・アレジ。そのドライビングスタイルからティフォシはジルを連想しました。確かに記録よりも記憶に残るドライバーでした。5年間在籍して1勝とは予想だにしなかった・・・。

ナイジェル・マンセルの引退表明、撤回。お騒がせな男でしたが憎めなかったですね。ティフォシは「レッドファイブ」とは呼ばない。「イル・レオーネ(イタリア語でライオンの意)」と呼ぶ。

ナイジェル・マンセルの引退表明、撤回。お騒がせな人でしたが憎めなかったですね。ティフォシは「レッドファイブ」とは呼ばない。「イル・レオーネ(イタリア語でライオンの意)」と呼ぶ。

フェラーリ公式ナイジェル・マンセルスペシャルコンテンツ「The Lion King」はこちら。

アレジのスペシャルコンテンツも作って欲しい・・・。

ジルとの確執ばかりを思い出してしまうディディエ・ピローニ・・・。

ジルとの確執ばかりを思い出してしまうディディエ・ピローニ・・・。

1978~1991までのフェラーリの全GPの記録。

1978~1991までのフェラーリの全GPの記録。

きれいな写真と時代を思い出させる文章。何度見ても読んでも飽きない一冊。


手に入れるにはAmazonのマーケットプレイスしかないかも。

『フェラーリF1賛歌 1978~1991(ソニー・マガジンズ)』をAmazonマーケットプレイスで購入

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年7月25日

デアゴスティーニジャパンが! エンツォ・フェラーリの~! 1/10のダイキャストモデルを~!

『パーツ付きマガジン「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」《エンツォ・フェラーリをつくる》』


先日のメールマガジン【あかまぐ】でも紹介したけど、デアゴスティーニ・ジャパンが『パーツ付きマガジン「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」《エンツォ・フェラーリをつくる》』ってのを発売するそうですよ!

デアゴスティーニ ジャパン 「週刊フェラーリ・グラ ンツーリズモ」《エンツォ・フェラーリをつくる》』のページはこちら

1/10のエンツォ・フェラーリのダイキャストモデルを自分で組み上げるものだそうです。

アカハヤブログの常連さんの12気筒好きの「まあ凛さん」! 魅力的なモデルじゃないでしょうか?(笑)

長野県在住のDANIELさんが新潟で発見したそうで、メールで情報をお寄せいただきました。ありがとうございますっ!

それで、【あかまぐ】で紹介させてもらったんですが、その後DANIELさんから追加情報が届きました。

「タミヤのエンツォ(1/12)と比較すると、パーツ構成も含めてそのまま大きくなっている感じ」だそうです。「タミヤの協力があるのかな?」「でもタミヤでプラスチックだったボディがダイキャストになってずっしりと重たくなっている」そうです。ホントにタミヤの協力があればクオリティはばっちりですよね?

「ドアについている窓はドアについているハンドルで開けることができたり、ブレーキペダルを踏むとブレーキランプが点灯したり、ハンドルのセンターを押すとクラクションが鳴ったりギミックがいっぱいで大人気ないですがポケールのキット思い出す楽しさです。」

おぉ~。ポケール懐かしい~。自分には高くて手を出せませんでしたけど、ポケールは魅力的でしたよねぇ。

何と! DANIELさんは定期購読されているそうで、もう既に14巻まで発売されてるんですって。

晴れて全国展開になるのですが、8/26(火)創刊だそうです。まずは創刊号を店頭で見たいですね。

2006年9月26日に創刊された「週刊フェラーリラジコンカー」。F2004のラジコンの際にも創刊号にはDVDが付いてました。今回の創刊号にもDVDが付いているそうですよ。


1/10のエンツォ・フェラーリ特長

●本シリーズのために製作された限定モデル
●開閉可能なウインドー
●リアルな車内
●ライトやクラクション、さらにはエンジン・サウンドまで忠実に再現
●1/10スケール全長47cm
●重量 約4.9kg パーツ数 400個以上
●シリーズは全65号(予定)

すごいですねぇ。

創刊号  890円(税込)
通常価格1790円(税込)

ってことは 890円+(1,790円×64回)=115,450円

価格もすごいですねぇ。


▼デアゴスティーニ・イタリアはいろんな事をしているみたいでしたけど、

フェラーリ360チャレンジラジコン(1/5)
エンツォ・フェラーリのエンジン。1/4サイズの組立てキット。
フェラーリF2007(7分の1サイズ)ラジコン。

今回の1/10のエンツォはデアゴスティーニ・イタリアのサイトにもないし日本独自のものみたいです。

頑張ってますね! デアゴスティーニ・ジャパン! ブラ~ヴォ!

そうそう、「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」公式サイトは8月にオープン予定って事ですから、こちらも楽しみですね。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年7月17日

モデラーズの1993年のカタログ発見! フェラーリ643のプラモデル買いました。

本棚整理してたら出てきました。モデラーズの1993年のカタログ!

本棚整理してたら出てきました。モデラーズの1993年のカタログ!

表紙はフットワークです!懐かしい~。ドライバーは鈴木亜久里かな? 

フットワークって会社は今もあるんだよね? 沖縄では走ってないから見かけませんけど?

フェラーリ643(1/24)のプラモデル。

フェラーリ643(1/24)のプラモデル。買いました。作りませんでした。しまってあります。
パッケージはこちら。

中嶋悟のティレルもありますね。懐かしいです!

フェラーリミトスのレジンモデルかな?

フェラーリミトスのレジンモデルかな? これは買ってません。メタルモデル、レジンモデルは作れませんもん・・・。と。言いつつWAVEのホワイトメタルモデルを持ってますけど・・・。

いろんなフェラーリミニカーを紹介するページもあります。モデラーズのカタログなのに?

いろんなフェラーリミニカーを紹介するページもあります。モデラーズのカタログなのに?

オールドカーズのフェラーリトランスポーターのミニカーも紹介されてますね。

オールドカーズのフェラーリトランスポーターのミニカーも紹介されてますね。

OLDCARSのトランポは高くて手が出ませんでしたのでチープなモデルを買いました。フェラーリトランポのミニカーはこちら。

1993年のF1GPプレイバックはこちら。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年7月11日

1996年のフェラーリ・エンサイクロペディア。付属のビデオCDは2007年にようやく見ることが出来ました。

「FERRARI Encyclopedia(フェラーリ・エンサイクロペディア)」は学研のビデオCD付きMOOK。


最近「フェラーリ エンサイクロペディア」って言えば、二玄社カーグラフィックの豪華本が有名ですよね?

フェラーリ エンサイクロペディア (CG BOOKS)の詳細はAmazonでどうぞ。

でも、上の画像の「FERRARI Encyclopedia(フェラーリ・エンサイクロペディア)」は学研のビデオCD付きMOOK。

1996年発行のものです。

「ル・ボランVIDEO-CD BOOK2」とも書いてあるから、立風書房のル・ボランの映像ともかぶっているのかな?

「マルチメディア・データベース」なんて言葉も書いてあります。時代を感じさせます(笑)。

帯はなくなってるみたいだけど。カバーが残っているのは自分にとっては珍しい。大抵はカバーがよれよれになって、取り外されて、どこにいったか分からなくなるというパターンですから。

「エンツォ・フェラーリゆかりの地を訪ねて」とか豊富な写真で構成されています。

「エンツォ・フェラーリゆかりの地を訪ねて」とか豊富な写真で構成されています。

エンツォの生家やバラッカの写真、そしてエンツォのいくつかのエピソードを紹介したり・・・。
全80ページくらいのMOOK。価格は4800円と高かったけど買っちゃいました。

こんな風に36台のフェラーリマシンを紹介している。マシンのスペックだけじゃなくてエピソードも書かれているので読んでて勉強になります。

F40のページ。

こんな風に36台のフェラーリマシンを紹介している。マシンのスペックだけじゃなくてエピソードも書かれているので読んでて勉強になります。

MOOKを買ってから11年目にしてようやく・・・。

で、これが付属のビデオCD。

この本を買った1996年当時、自分にはビデオCDを見る事のできる環境がなかった。Windows95でもビデオCDは見られなかったからね。MOOKにはSONYのビデオCDプレーヤーの広告が載ってました。当時の価格で43,000円。買いませんでした。見られないじゃん・・・(笑)。でも、MOOKは買ってんじゃん(笑)。

その後、Windows98、98SEとPCが変わってもビデオCDは見る事ができず・・・。もちろん、ちゃんと調べてビデオCD対応PCを買えば良かったんでしょうが、当時は殆ど対応していなかったんじゃないかな?ビデオCDは一般的ではなかったんでしょう。だからって、このMOOKのためだけにビデオCDプレーヤーを購入するという決断もできず・・・。

2007年頃、DVDプレーヤーを購入したんですが、その時にビデオCDも見られるものを選択した。ようやく見る事が出来ましたよ~。MOOKを買ってから11年目にしてようやく・・・。

内容? 最近のDVDに比べちゃうとね・・・。やっぱり古いものですから・・・。

でも、感動ですよ! 遂に見る事が出来たんですから!

▼「FERRARI Encyclopedia(学研)」は絶版みたいだから新品は無理だけどアマゾンで中古が出ているようです。
フェラーリエンサイクロペディア[CD-ROM]はAmazonで。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年6月26日

2年越しの恋? 物欲恐るべし! マジョレットのフェラーリピットストップチャレンジいただきました!

トイザらスで現物を見て欲しいなぁと思いつつ買わずにいたら、トイザらスでも見かけなくなってしまった「マジョレットのフェラーリピットストップチャレンジ」。

思い起こせば2年前の2006年6月6日「マジョレットのフェラーリピットストップチャレンジの1/32F1マシンが欲しい~!」って記事を書きました。

トイザらスで現物を見て欲しいなぁと思いつつ買わずにいたら、トイザらスでも見かけなくなってしまった「マジョレットのフェラーリピットストップチャレンジ」。

しかし、2年後の2008年に手に入れることが出来ました!!

フェラーリグッズの物々交換でお近づきになった「シューマッハ★おたっき~」ブログのグラッツェ・シューミーさんから「持ってますよ~!譲りましょうか~?」って 誘惑が 基い、優しいお声が(笑)。 「お願いしま~す!」って即答ですよ(笑)。

こんな風に遊ぶわけ。まさかレーシングスーツは着ませんが、気分はこの子供と同じなわけです。はい。とにかく、どういうわけかメチャクチャ惹かれたんですよ。この絵に。

こんな風に遊ぶわけ。まさかレーシングスーツは着ませんが、気分はこの子供と同じなわけです。はい。とにかく、どういうわけかメチャクチャ惹かれたんですよ。この絵に。

以前にはフェラーリ公式のネットショップ「フェラーリストア」でも販売されていたんだけど、今は扱ってないみたいですね。

majorette_pitstop_challenge.jpg

このコントローラーがステアリング型ってのがいいね。しかもさ、スイッチ入れるとフェラーリF1マシンのエキゾーストの音がするわけですよ。ブォ~ンってさ。 アドレナリンが~! 心拍数が~! 血圧が~! 尿酸値が~! 中性脂肪が~!

F1マアシンもチープな部類に入るかもしれないけど、ラジコンなら許せるでしょ。

バッテリーが切れかかるとピットに戻るように指示が出て、車体の穴から燃料補給(充電)するわけですよ。

バッテリーが切れかかるとピットに戻るように指示が出て、車体の穴から燃料補給(充電)するわけですよ。

まるで決勝レースみたいじゃん! 

でもさ、まだ遊べてないんだよね~。早く遊びたいよ~。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (1)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年6月14日

でかっ! 1/5サイズのラジコン。デアゴスティーニイタリアのフェラーリ360チャレンジです。

1/5サイズ? 全長90センチ? 22.5ccガソリンエンジン? 車重10Kg?

デアゴスティーニジャパンが『週刊 フェラーリ ラジコンカー』。F2004の1/8サイズを発売したことがありました。しかし、その後、デアゴスティーニジャパンはフェラーリ絡みの企画はなし。(まぁ、どっちみち高すぎて欲しくても買えないんですけどね・・・。)

しかし、デアゴスティーニイタリアでは、「フェラーリF2007(7分の1サイズ)ラジコン」や、「1/4サイズのエンツォ・フェラーリのエンジン組立てキット」などを精力的に展開していました。 

すごいぞ!イタリア! ブラーヴォ!イタリア~ノ!

そして今回発見したのがデアゴスティーニイタリアの「フェラーリ360チャレンジのラジコン」です。

デアゴスティーニイタリアの「フェラーリ360チャレンジのラジコン」サイトはこちら。

1/5サイズ? 全長90センチ? 22.5ccガソリンエンジン? 車重10Kg?

デアゴスティーニイタリアすごすぎます!

そのうち「1/2サイズ フェラーリカリフォルニア 全長2メートルオーバー 2リッターガソリンエンジン 車重100Kgオーバー! 子供なら乗れます! 隔週パーツを配達します! 完成まで5年!」なんて事になるんじゃないの?

1/5サイズの360Challengeで遊ぶ大人たちの動画です。1/5って大きいよね? ラジコンサーキットじゃ狭いんじゃないの? コーナー曲がるのがつらそうなんだけど・・・。何台も走らせたらオーバーテイクも難しそうだ。

イタリアのディアゴスティーニのサイトを見ると、いろんなオマケつきの本が紹介されています。日本のアニメの「ドラゴンボール」、「タイガーマスク」、「ベルサイユのバラ」なんかもありますね。

以前にイタリアに旅行に行った時( -2002年12月もう6年も前か。もう一度行きたい。- )に、おもちゃ屋とか書店とか行ったら、日本のアニメやヒーローもの関連がたくさん売ってました。フェラーリのミニカー探すより簡単でしたよ。アニメ関係は興味がないので、子供のお土産にイタリア版ポケモングッズを少し買ったくらいかな。

最近のイタリアでは「エディーコラ」と呼ばれる新聞・雑誌スタンドで、新聞・雑誌以外のミニカー付MOOKとか、いろんなものが売っているらしいですね。2002年当時はなかったぞ。残念。

▼デアゴ関連の過去記事をリストしておきます。

■2008/03/26 エンツォ・フェラーリのエンジン。1/4サイズの組立てキット。デアゴスティーニイタリアで発見!

■2007/11/01 デアゴスティーニがフェラーリF2007(7分の1サイズ)ラジコンを発売開始! ただし、イタリアで・・・。

■2006/10/04 デアゴスティーニの週刊フェラーリラジコンカー 沖縄は4日遅れで入荷。ようやく入手しました。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年6月13日

ラジコンのフェラーリテスタロッサ。走らせて遊ぶのも楽しいよね。

1/28サイズのフェラーリテスタロッサのラジコンです。

1/28サイズのフェラーリテスタロッサのラジコンです。

コントローラーかっこいいよね!

後ろに見えるPCのモニターの壁紙お分かりになりますか? 「フェラーリ・カリフォルニア」です。何でも日本では「クルマの名称に地名を付けてはいけない」という決まりがあるとかないとか・・・。もしそうなら日本で発売するときどうするんだろう? ひとごとながら心配です。 

シー・シー・ピーの「REALDRIVE MiNi PREMIUM 」です。

シー・シー・ピーの「REALDRIVE MiNi PREMIUM 」です。

シー・シー・ピーのサイトはこちら。

で、この「リアルドライブミニプレミアム」のスペック。

対象年齢  :  6才以上(いい大人でも構わないよね?)
全  長  :  約16cm
サ イ ズ  :  1/28スケール(どうせなら1/24にしてくれれば、プラモデルのボディで・・・)
最高速度  :  約8km/h
操作距離  :  屋外約10m
使用電池  :  (本体)単3×2本(別売)  (送信機)単3×2本(別売)
連続走行時間  :  約60分(アルカリ電池)
機能・その他  :  フルアクション(前後進・左右ターン・ストップ)+ライト点灯、走行中ヘッドライト・テイルライト点灯、サスペンション搭載

今回のテスタロッサもプロポーションがいいですねぇ。ラジコンっていうとスタイルがイマイチで鑑賞に耐えないものってイメージがあったんですが、シー・シー・ピーは素晴らしいです。

シー・シー・ピーのラジコンは以前に「REALDRIVE nano(1/58サイズ)」のエンツォを紹介しました。

今回のテスタロッサもプロポーションがいいですねぇ。ラジコンっていうとスタイルがイマイチで鑑賞に耐えないものってイメージがあったんですが、シー・シー・ピーは素晴らしいです。

実はいつもお世話になっている横浜のT氏から譲っていただいたもの。ありがとうございます。

まだ走らせていない。早く遊びたいよ~。

REALDRIVE MiNi プレミアムのご購入をお考えの方は是非こちらのページから、『ラジコン(シー・シー・ピー)』へ進んでくださいませ! 品切れ前に買っておきましょう!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年5月 6日

洋書のF40。フェラーリ288GTOエヴォやラフデザインは見ているだけで楽しい。

洋書のフェラーリF40。

昨日は年代モノのタミヤ模型のフェラーリF40を紹介したので、今日は洋書のF40を。

10年位前になるかな? 出張で沖縄から東京へ。 青山で洋書販売のお店に勤務している懐かしい友人を訪ねた。

昔話や近況報告をいろいろして、「フェラーリが好きだ」って話をしたら、「ちょっと待ってて」って出てきたのがこの洋書。

「プレゼントするよ。」

って事で頂きました。ありがとう。


当時の10ドルっていくらぐらいだろう? <br />

当時の10ドルっていくらぐらいだろう? 


デザイン画?


288GTOエボルツォーネ


288GTOエボルツォーネ


だいぶF40に近づいてきたかな?


モックアップで風洞実験。ピニンファリーナの風洞らしいです。


こういうイラスト好きですねぇ。


この手の資料も充実しています。

1990年出版のものらしい。1ページがB4位で全60数ページオールカラー。全てのページに写真やイラストがある内容充実の洋書。

全ページ英語なので完全に理解はできないが、見ているだけで楽しい絵本です。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年5月 2日

何度も読み返しています。フェラーリ神話の真実「F1の帝王と呼ばれた男」。

エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像

相当昔の単行本。1991年10月25日 第1刷発行のモノ。何度も読み返しているのでくたびれてきてます。

エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像

発行:集英社

ページ数:375ページ

ブロック・イェイツ著 桜井淑敏翻訳

2200円(税込)

2004年には文庫版も出ているみたいですね。


エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像

ほら! おもしろそうな内容でしょ?

写真もいっぱいありますよ。

エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像


エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像


エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像


エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。―跳ね馬の肖像


もちろん、内容も興味深いものばかり。エンツォのいろんなエピソードとか神話化されているけど実は・・・みたいな感じで。

アマゾンで単行本購入はこちら。

アマゾンで文庫本購入はこちら。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年4月 1日

1993年発売?フェラーリF92ATのプロファイル。モデラーズのプラモデル制作用の資料。

プラモデル制作のための資料としてモデラーズから発売されたプロファイル。

昨日はモデラーズのプラモデル「F92AT」を紹介しましたが、同時期にプラモデル制作のための資料としてモデラーズから発売されたプロファイルです。


多分、プラモデル開発のリサーチのために集められた写真をもとに、このプロファイルは作られたんじゃないかな?

F92ATが1992年の後期型のマシンですから、このプロファイルは1993年頃の発売だと思う。バブル景気が終焉を向かえていたとは言え、この頃も多くのフェラーリプラモデルが発売されていました。

モデラーズもフェラーリ643に続いてF92ATのプラモデルを発売。このプロファイルはプラモデル開発のリサーチのために集められた写真をもとに作られたんじゃないかな?


日本企業もF1に参加したり、スポンサードしたり、日本でグランプリが年に2回開催されたりとホントお祭り状態でしたね。

日本企業もF1に参加したり、スポンサードしたり、日本でグランプリが年に2回開催されたりとホントお祭り状態でしたね。


日本でのF1人気も1994年のアイルトン・セナの事故死でバブルと同様に終わりを迎えたような・・・。

日本でのF1人気も1994年のアイルトン・セナの事故死でバブルと同様に終わりを迎えたような・・・。まぁ、その後は本当のファンだけが残ったってことだろうから、それはそれで良しとしなければいけないのかも。


F92ATはものすごい駄馬(-ウマじゃなくてロバ並でしたね-)で、ティフォシの期待をことごとく裏切ってくれたマシン。

バブルの頃は東京で働いていて残業や休日出勤が多く、その分給与もまあまあ良かったのだが、ミニカーやプラモデルの発売ラッシュには流石についていけませんでした。

結婚して子供が生まれた頃で、そっちにお金がかかったのも関係あったはず。もちろん、奥さんからの冷ややかな視線ってのも十分ありましたが・・・。

当時、独身で給料が自由に使える人たちは、すごいコレクションをしてたんだろうねぇ。

今思えばその頃に無理してでももっと買っておけば良かったかなぁ?

さて、F92ATの話。F92ATはものすごい駄馬(-ウマじゃなくてロバ並でしたね-)で、ティフォシの期待をことごとく裏切ってくれたマシンですが、スタイリングはカッコイイと思うんですよね。斬新なアイデアとデザインでしたからね。

その辺の話はヒストリー(1992年)のページでどうぞ。

モデラーズのプラモデルはこちら。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年3月26日

エンツォ・フェラーリのエンジン。1/4サイズの組立てキット。デアゴスティーニイタリアで発見!

デアゴスティーニイタリア。1/4サイズのエンツォのエンジンの組立てキットです!

以前に7分の1サイズのラジコン「フェラーリF2007」を紹介したデアゴスティーニイタリアのサイトを久しぶりに見に行ったら、こんなのもの発見しちゃいました!

1/4サイズのエンツォのエンジンの組立てキットです!

ページ左下に動画があります。イタリアのマニアがエンツォんのエンジン組んでますよっ!


創刊号は10.99ユーロ、2号以降は21.98ユーロなのかな? 何号で完結なのかがわからない・・・。

10.99ユーロは日本円で1700円くらい。21.98ユーロは3400円くらい。何号まで続くのかによるけど・・・安くはないね。日本でも発売されるのかな? モノには惹かれますけどねぇ~。

1980年代後半~1990年代初めのバブルの頃には、こういうエンジンだけのスケールモデルもいくつか販売されてました。数万円規模で自分は買いませんでしたが。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年3月25日

フェラーリステッカーfromアメリカシェル。 フェラーリF2008のシール。非売品です。

2008年も遂に始まりましたよ! シェルのステッカー無料配布サービス!

一昨年、昨年に続き2008年も遂に始まりましたよ! シェルのステッカー無料配布サービス! エアメイルで届きました。


ステッカーの内容はキミ・ライコネンとフェリペ・マッサのツーショット。F2008をドライブするカーナンバー1のキミ・ライコネンなど

ステッカーの内容はキミ・ライコネンとフェリペ・マッサのツーショット。F2008をドライブするカーナンバー1のキミ・ライコネン。フェリペ・マッサやライコネンのヘルメット。フェラーリ430スクーデリアもありますね。
そしてもちろんシェルのロゴ。

F2008のアップでございます。

グラッツェ・シューミーさんの疑問解決のために、F2008のシールの部分のアップでございます。オフシーズンのテスト時の写真でしょうか? フロントウイングが2008年仕様で、マルボロバーコードもありますね。

さらにカードが1枚付いてきます。

同封のカード オモテ
同封のカード ウラ

でも、これ表も裏も去年2007年と全く同じ。2006年はデザインが違っていたのに・・・。


■ステッカーのリクエストの手順はこちら
シェル&フェラーリ モータースポーツ

下部中央のバナー [ Order your Free Shell & Ferrari Stickers ]

All other residents

シェルインサイドトラックに登録している方はメールアドレスとパスワードでログインすることができます。登録していなくても大丈夫。[ Click here to apply ]へ進んでください。

フォームに必要事項を入力すればOK。入力はモチロンすべて英語ですが、英語が苦手なshigeoにも申し込み出来たんだから誰でも大丈夫でしょう。

申し込みしてから2週間ほどで届きました。


2007年のステッカー。キミ・ライコネンとフェリペ・マッサ。

もう手に入らない2007年版のステッカー。キミ・ライコネンとフェリペ・マッサ。
付属してきたカードの画像はこちら。

2006年のステッカー。ミハエル・シューマッハーとフェリペ・マッサ。

こちらも配布終了してしまった2006年版のステッカー。ミハエル・シューマッハーとフェリペ・マッサ。
個人的には2006年のカードの方がかっこいい。

今回の2008年版のステッカーも期間限定ですから早めにリクエストして入手した方がいいですよ。

ちなみに、ヤフオクでも滅多に出品されないこの「2006年版ステッカー」2点、「2007年版ステッカー」2点はダブリを持っていますので、フェラーリミニカーとのトレードであればお譲りいたします。

メアド→「shigeo あっとまーく akakutehayai.com」までどうぞ。

そう言えば、アメリカシェルの非売品のフェラーリブックレット「HOW AN F1 CAR WORKS」も1冊トレード可能です。

みなさんからのトレード提案お待ちしていますよ~!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年3月21日

参加記念ステッカー? 淡路島フェラーリクラブオブジャパン!!!!

「Ferrari Club of Japan AWAJISHIMA(FCJ淡路島ミーティング)」のステッカーです。

「Ferrari Club of Japan AWAJISHIMA(FCJ淡路島ミーティング)」のステッカー。

年に1度、淡路島で開かれるフェラーリオーナーの集まりの記念ステッカーです。

shigeoはフェラーリオーナーなので参加記念に頂きました・・・・って事ではなくて(笑)、「スクーデリア・ロッソ・テッラ」ブログを運営する大阪のテッラさんから譲っていただきました。ありがとうございます!

入手のいきさつはテッラさんのブログのこちらの記事にありますのでご一読ください。

これだけ一堂にフェラーリが集まるイベントに参加してきたテッラさんがうらやましい。夢のような時間だったでしょうね?

このステッカーはもったいなくて使えないよね。大事に保管しておきます。

ちなみに、テッラさんは2008年F1開幕戦オーストラリアGPも生観戦したそうです!! 「スクーデリア・ロッソ・テッラ」ブログでレポートされているので皆さん読んでみてはいかが?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年3月20日

ホットウィールのフェラーリが50%OFF? SPEEDGEARの通販カタログ。

ある日、いつもお世話になっている沖縄国際通りのトイストーリーグッズナンバーワンショップ『バナナフレーバース』のバナナさんから画像付きのメールが届いた。

「アメリカの友人からフェラーリのグッズやミニカーがいろいろ載ってる通販カタログもらったんだけど、shigeoさん欲しい?」

もちろんですよ~。って事でいただきました。ありがとうございます。


SPEEDGEARの通販カタログ

スピードギアっていうショッピングサイトをやっているアメリカのお店のようです。


エリートシリーズのフェラーリ599GTBパンアメリカンが90ドル→44.95ドル。半額ですね。

1/18のホットウィールのミニカー達。
エリートシリーズのフェラーリ599GTBパンアメリカンが90ドル→44.95ドル。半額ですね。


ミハエル・シューマッハーのモデルも多数。F1マシンやシューミのFXXなど。

ミハエル・シューマッハーのモデルも多数。F1マシンやシューミのFXXなど。


フェラーリだけでなくマクラーレンやBMWザウバー、スパイカーなどF1関連グッズもたくさん。

フェラーリだけでなくマクラーレンやBMWザウバー、スパイカーなどF1関連グッズもたくさん。

送料が20ドルくらいかかるみたいだけど、まとめて購入すればもしかしたら元は取れるかも。
最近は円高ドル安ですからね。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年3月13日

F1マシンフィギュア「BAMBER CARS」プレゼント! フェラーリが当たれば嬉しいけど・・・。

F1マシンフィギュア「BAMBER CARS」プレゼント!

シェルモータースポーツクイズ2008】、ブリヂストンの【ウィナーは誰だ! 2008優勝ドライバー予想クイズ】と立て続けに紹介してきましたが、ブリヂストンのサイトでF1マシンフィギュア「BAMBER CARS」プレゼント企画を発見!

「ヨーロッパの雑誌などに掲載されているジム・バンバー氏のイラストをモチーフにした、かわいらしいデザインのマシンとドライバー」

大きさや材質がよく分からないけど・・・。

限定3名のプレゼント。フェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズのマシン&ドライバーフィギュア。

選べないってのは残念だけど応募してみました。

フェラーリが当たるといいな。

締め切りは3月16日(日) 夜中12時まで。

ブリヂストンモータースポーツのページの右上あたりにバナーがあります。 皆さんも応募してみては?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月26日

リアルドライブ ナノのエンツォ フェラーリは楽しい。全長わずか約75mmのデスクトップラジコン。

デスクの上に障害物を置いて走らせています。

メールマガジン「あかまぐ」に書きましたが、バレンタインにチョコではなくラジコンをもらいました。正しくは「赤外線コントロールカー」と言うらしいですが。

シー・シー・ピーの「REALDRIVE nano」です。

1/58サイズのエンツォ フェラーリ!


スタイリングも結構イイ!

全長わずか約75mmの手のひらサイズ。 スタイリッシュなカードタイプのコントローラー。 走行中はヘッドライト点灯。 ターボ機能もついてます。 デスクの上に障害物を置いて走らせています。スタイリングも結構イイ!

モリガングのフェラーリF430スパイダー(1/20)みたいにスピンターンは出来ないけど、十分に楽しい。

トミカの「ビットチャーG」みたいな感じですね。「ビットチャーG」のホンダNSXを持っていて時々遊んでます。

REALDRIVE nano. 1/58スケールシリーズ R/C エンツォ フェラーリの購入はこちらから。

現在発売中のフェラーリ4種。
●フェラーリ512BB
●フェラーリF430
●フェラーリエンツォ
●フェラーリテスタロッサ

アマゾンで調べました。さらに3種類が今後発売予定(予約可)になっています。
●フェラーリF40
●フェラーリF50
●フェラーリ288GTO

定価2604円(税込)。アマゾンでは車種によって割引率が違っています。

店頭で購入するよりアマゾンで友達の分も合わせて複数台まとめ買いがいいかもね。ラジコンは1人じゃなくて何人かで走らせた方が楽しいですから。

購入をお考えの方はこちらのページから、『ラジコン(RealDrive nano)』へ進んでくださいませ! 品切れ前に買っておきましょう!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月14日

ドリキャスで家庭用ゲーム機デビュー! ソフトは2000年発売の「フェラーリF355チャレンジ」!

ゲームは大昔にゲームセンターではまってた「インベーダーゲーム」と「ゼビウス」くらいしか経験なくて・・・(古っ!)。 家庭用ゲーム機も所有したことないワタシ。
後ろのノートPCは無関係です。あくまで撮影の背景とお考え下さい。


セガのドリームキャストの「F355チャレンジ」に挑戦しています。 難しい・・・。

攻めるのはもちろんコースを全部覚えている鈴鹿サーキット。 それでも、難しい。

ネットで調べたら「F355チャレンジ」は200年の8月に発売されたソフトなんですね。

セガの「F355チャレンジ」のページはこちら。

実は、昨年2007年にいただいたんです。このソフト。そしてドリキャス本体も! ありがとうございます!

で、頑張っているんですがタイムは伸びないし、上位フィニッシュも難しい・・・。

鈴鹿ロングコースで2分31秒242ってタイムなんだけど、まだまだですね・・・。

ゲームは大昔にゲームセンターではまってた「インベーダーゲーム」と「ゼビウス」くらいしか経験なくて・・・(古っ!)。 家庭用ゲーム機も所有したことないワタシ。

コースオフしてコントローラーが「ブルブル」します。 後ろからあおられて、ぶつけられて、パスされていきます。そして・・・・、追いつきません・・・。 マシンのセッティングを何か変えないといけないのかな? アシスト全部オンじゃ限界かな? アシスト機能を変えつつチャレンジしてますがタイムが伸びません・・・。

家庭用ゲーム機デビューが2007年で、そのゲーム機がドリキャスで、ソフトが2000年発売の「F355チャレンジ」って人はまずいないでしょうねぇ(笑)。

でも、いいんですっ! (川平慈英ふうに)

めっちゃ楽しい!

フェラーリのゲームができるなんて・・・まるで夢のよう・・・。

さぁ、鈴鹿のあとはモンツァとロングビーチを攻めるぞ~!! って、もう少し上手になろうね(爆)。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月11日

本棚の整理をしていたら懐かしいカタログを発見! イタレリのプラモデルカタログです。

表紙には「特価200円」であることを意味するシールが貼られている。

本棚の整理をしていたら懐かしいカタログを発見! イタレリのプラモデルカタログです。しかも1992年のもの。表紙には「特価200円」であることを意味するシールが貼られている。


イタレリのプラモデルカタログ

このページはメタルボディの1/24サイズの紹介。
ランボルギーニ・ディアブロ、コルベットZR-1にポルシェ911スラントノーズも見えますね。一番手前がフェラーリ348tb。
私の所有しているイタレリのフェラーリキットはこちら。
メタルボディの348tbのブログ記事はこちら。


イタレリのプラモデルカタログ

このページは1/24のプラモキットの紹介。
フェラーリは「F40」、「288GTO」、「デイトナ」、「275GTB」が載ってます。


イタレリのプラモデルカタログ

こちらのページも1/24のプラモキットの紹介。
フェラーリは「512TR0」、「テスタロッサ」、「250GTO」、「デイトナ」、「275スパイダー」などが載ってます。

もちろんフェラーリだけでなく、ポルシェ、ジャガー、カウンタック、ロールスロイス、キャデラック、ボルボやメルセデスなどもありますけど、やっぱりフェラーリが充実しています。トラックもたくさんあります。以前にイタリアに旅行に行った際にはドライブンで休憩するたびにトラックの写真を撮った事を思い出します。
さて、クルマ以外にも艦船、戦闘機やヘリ、戦車、軍用車両、ミリタリー小物などたくさんのラインナップが紹介されてます。

昔はこういうカタログもいろいろ買ってました。探せば他にも出てくるはず。モノグラムのカタログもあったはずだけど・・・。

イタレリのカタログは持っているのに、イタレリのプラモデルは2個しか持っていません。イタレリさんゴメンナサイ。

私の持っているイタレリプラモデルキットはこちらのページで紹介しています。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年2月 7日

素晴らしい! ボスコ・モトのビデオ。 フェラーリの映像がたっぷり90分!

レースシーンももちろん充実、ナレーションも字幕も出ないので何年のグランプリなのか分からないものもありますが、フェラーリがレース活動を始めた初期の頃からラウダやビルニューブの時代までたっぷりです。

昨年、横浜のT氏から譲っていただいたフェラーリのビデオをようやく見ました。

タイトルはそのものずばり「Ferrari」。

「ボスコ・モト」という会社が発売元のVHS 90分モノ。パッケージには4,800円(税別)とある。

パッケージ裏面には興味深い写真がある。308GTBがラリーに出場している! カーナンバー27のジル・ビルニューブがモナコを走る写真も! これだけで十分楽しそうだ!
画像はポップアップします。

パッケージ裏面には興味深い写真がある。308GTBがラリーに出場している! カーナンバー27のジル・ビルニューブがモナコを走る写真も! これだけで十分楽しそうだ!
フェラーリ308GTBのラリーマシンのミニカーはこちら。

さて、本編ですが日本語化されていなくてイタリア語でナレーションが少しだけ入っている。でもホントにすこしだけ。あとはひたすら映像が流れている。

しかし、この映像が素晴らしい。フェラーリのビデオはいくつか見ましたけど、自分が見た事がない映像が多かった。ジル・ビルニューブのプライベート映像とかね。

レースシーンももちろん充実、ナレーションも字幕も出ないので何年のグランプリなのか分からないものもありますが、フェラーリがレース活動を始めた初期の頃からラウダやビルニューブの時代までたっぷりです。

往年のフェラーリドライバーもたくさん登場。例えば、アルベルト・アスカリ、フィル・ヒル。ジョン・サーティース、ジャッキー・イクス、クレイ・レガッツォーニ、カルロス・ロイテマン、ディディエ・ピローニ、ジョディ・シェクター、ミケーレ・アルボレート、ステファン・ヨハンソン・・・・。若かりし日のルカ・モンテツェモーロも!

ラウダやビルニューブの有名な事故シーンもありますが、それより以前の壮絶な見ていて目を覆いたくなるようなクラッシュ映像もたくさんありました。

ロレンツォ・バンディーニだと思うのだが、モナコGPで炎上するマシンから救出される意識不明のドライバーが映っている。

ロレンツォ・バンディーニについては過去に記事にしました。1962年のモナコGP。マシンは312。カーナンバー18。レース終盤2位走行時にシケインで横転。藁の束に乗り上げ炎上。マシンがひっくり返った状態のため脱出できず大やけどを負い3日後に死亡した。

このVHSビデオは、フェラーリだけでなくF1グランプリの歴史を知ると同時に、F1の昨今の安全性やレース運営まで考えさせられる1本だ。

発売元の「ボスコ・モト」をネットで探しました。現在もF1関連グッズの制作・販売されているようです。

「ボスコ・モト」WEBサイト。

紹介したビデオがDVDが販売されているようです。

これは買いだと思いますよ~!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年1月29日

Ferrari 1005 エイサーからフェラーリノートPCが発売されましたね。でも、アマゾンではもう売り切れです!

2008/1/24にエイサーがフェラーリノートPC「Ferrari 1005」を発売しましたね。以前にもノートPCや液晶モニターを発売していました。今回のモデは700台限定だそうです。

エイサーのサイトはこちら。

2008/1/24にエイサーがフェラーリノートPC「Ferrari 1005」を発売しましたね。以前にもノートPCや液晶モニターを発売していました。今回のモデは700台限定だそうです。

アマゾンで1/26に取り扱い開始したと思ったら、1/28には既に売り切れ! 速っ! もし手に入れたい方は次回入荷で速攻でカゴに入れないと手に入れられないでしょう。多分。

価格は22万円くらいだそうです。 高いのか? 安いのか? フェラーリPCだから安いのかな? やっぱり。

アマゾンのページはこちら。


■仕様:
メーカー型番 : FR1005WTMNF
CPU : Turion64 X2 TL60(2.0GHz)
メモリー : (標準/最大)2GB(1GB×2)/4GB
ディスプレイ : 12.1型ワイド
光学ドライブ : 外付けDVDスーパーマルチ(DVD±R 2層書込み対応)
ハードディスク : 約160GB
マウス : あり
フロッピードライブ : なし
TVチューナー : なし
無線機能 : IEEE802.11a/g/n
有線LAN : 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
OS : Windows Vista Home Premium
OFFICE : Office Personal Edition 2007
USBポート : 3
IEEE1394ポート : 6ピン×1
PCカードスロット : TypeII×1スロット、ExpressCard/54スロット×1
カードスロット : SD、MS、MSPro、MMC、xD
駆動時間 : 約1.5時間
外形寸法 : (W×D×Hmm)突起部除く 約302×221×20.8~34.5mm
ディス質量 : 約1.75kg

前回同様、起動音はフェラーリのエンジンサウンド。カーボンファイバーを使ったり跳ね馬のエンブレムが刻まれた専用マウス。フェラーリファンなら持ちたいPCだよね。

カワイちゃんは買うのだろうか?


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年1月19日

フェラーリキーリング from T氏。

いつもお世話になっている横浜のT氏。私の最強のサポーターのひとりです。

「横浜でトミカ博が開催されて見に行ってきました」とのメールが届きました。

うらやましい。私も行きたい。

沖縄ではこういうイベントがなくてとても寂しい・・・。

私はもちろんフェラーリが一番好きですが、クルマのミニカーやプラモデル、もちろん実車も全般的に好きです。スポーツカーが大好きですが車輪が付いていれば、2輪(バイク)も、6輪(タイレルとかトラックとか軍用車両とか)も好きです。

十数年前に沖縄に移住しましたが、その前は12年間東京暮らし。その頃はプラモデル・ラジコンフェアを見に行ったり、池袋東武デパート(だったと思うけど)タミヤ模型のイベント(-今で言うタミヤモデラーズギャラリー2007みたいなものかな-)とか、92年頃には神宮前の「ミッレ・ミリア・ジャパン」とか、あちこちのミニカーやプラモ、実車のイベントに足を運んだものです。ミニカーショップめぐりもしてましたし、プラモデルショップもあちこちで見てました。浅草だったか、浅草橋だったか、問屋街まで行ってプラモデル買ってたりしました。

だから、私のプラモデルコレクションのページには「東京池袋ビックカメラで購入」、「東京新宿さくらやで購入」とか「東京池袋パルコで購入」のように憶えている範囲で書いています。

で、トミカ博のおみやげ(-フェラーリではなく日産スカイラインですが、これはこれでうれしい-)をもらいました。最新のニッサンGT-RはDVDカタログも入手して見てます。カッコイイよね。

そして、何と! 送っていただいたおみやげの箱の中にフェラーリのキーリングがあったんです! もちろんトミカではありませんよ(笑)。 フェラーリオフィシャルプロダクツ~!!

以前にパチモノのキーリングを使っていてあっと言う間に壊れたことがあります。今回のこのホンモノのキーリングならそんなこともあるまい! うれしい~!

以前にパチモノのキーリングを使っていてあっと言う間に壊れたことがあります。

今回のホンモノのキーリングならそんなこともあるまい! うれしい~!


海外のものを輸入して販売されているんですかね? ネットでみたことないカタチのキーリングのような気がしますが・・・。

こちら裏面。しっかりとフェラーリオフィシャルプロダクツマークが。海外のものを輸入して販売されているんですかね? ネットでみたことないカタチのキーリングのような気がしますが・・・。

ありがとうございます! T氏! 今度、沖縄ローカルな何かしらをお送りしますので! テレビでも話題になった946mlパックの牛乳なんてどうですか?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年1月18日

オール イン レッド。130台のフェラーリモデル(1/24)が紹介されている書籍。これは買いですよ~!

[ オール イン レッド ] フンベルト・ロザーリオ フェラーリ1/24スケールモデルコレクション。

[ オール イン レッド ] フンベルト・ロザーリオ フェラーリ1/24スケールモデルコレクション。

カバーは紛失してしまいました。行方不明です・・・。でも、いいんです。この表紙もシンプルでカッコイイし、中身が重要ですから!(はい。負け惜しみです・・・・。)

2000年12月発行。最近は書店では見かけない。東京ならいざ知らず地方都市ではなかなか現物を見るのは困難かもしれません。

発売当時、書店に1冊しか置いていないのをたまたま発見。手にとって見てその内容にぶったまげた。全部で130台のフェラーリの1/24スケールモデル(プラモデル、レジンモデル他)完成品が掲載されている。それも1台に付き5枚以上の美しい写真! どこのメーカーのモデルを組み上げたのかはもちろん、実車の情報まで掲載。1ページが縦25cm×横25cmくらいなので大きい。その分写真も大きい!

これが中表紙

フンベルト・ロザーリオ氏は、市販車以外のレーシングマシンの場合、必ず存在するマシンの個体のリサーチを行ってから制作。すべてのモデルに仕様、年式、出場レース、ドライバー、リザルトまで特定できるのだそうだ。もちろん、ディテールアップパーツを使い、改造を行い、必要であればセミ・スクラッチまでするモデラー。プロモデラーではなくデザイン事務所の社長さんで、あくまで趣味というスタンスでこれだけの作品を作り続ける情熱はホント素晴らしい。

制作するマシンは必ずフェラーリレッド! だからこの本の名前は「オール イン レッド」なのだ! 恐るべしフンベルト!

価格: 4,515円 (税込)
大型本: 156ページ
出版社: 大日本絵画 (2000/12)

もう絶版なのかなと思ったらアマゾンで売っているみたいですね。よろしかったらどうぞ。

「オール イン レッド1/24スケールフェラーリーズ―フンベルト・ロザリオコレクション1990‐2000」をアマゾンで買うならこちら。

プラモデル製作者のフンベルトさん。365GTB/4クーペ・スペチアーレ(1969年)。フジミ模型のエンスージアスト・シリーズ365GT/4 BB (1973)東京マルイのプラモデル
※画像はポップアップします。

左 プラモデル製作者のフンベルトさん。
中 365GTB/4クーペ・スペチアーレ(1969年)。フジミ模型のエンスージアスト・シリーズ
右 365GT/4 BB (1973)東京マルイのプラモデル


ハセガワ348tbから348tbザガートへの改造法。フンベルトさんの模型製作帳。デザイナーだけあって流石にイラストが上手い。DINO206SP 1966年ル・マン出場車。モデラーズのレジンキットF40LM ART SPORTS IMSA。フジミのプラモデル。エンジンはタミヤのF40から移植。カーナンバー40は、ジャン・ピエール・ジャブイーユ、ジャン・ルイ・シュレッサーのマシン。懐かしい名前だ!

※画像はポップアップします。

左 ハセガワ348tbから348tbザガートへの改造法。フンベルトさんの模型製作帳。デザイナーだけあって流石にイラストが上手い。
中 DINO206SP 1966年ル・マン出場車。モデラーズのレジンキット
右 F40LM ART SPORTS IMSA。フジミのプラモデル。エンジンはタミヤのF40から移植。カーナンバー40は、ジャン・ピエール・ジャブイーユ、ジャン・ルイ・シュレッサーのマシン。懐かしい名前だ!


348GT COMPETIZIONE。ハセガワのキット。1994年のル・マン出場車。総合11位、GT2クラス4位。F310。スタジオ27のレジンキット。1996年サンマリノGP、ミハエル・シューマッハードライブのマシン。F93A。クラブMのレジンキット「F92A」をベースにセミ・スクラッチビルドしたモデル。1993年アレジがモナコGPを走り3位入賞したマシンをモデル。

※画像はポップアップします。

左 348GT COMPETIZIONE。ハセガワのキット。1994年のル・マン出場車。総合11位、GT2クラス4位。
中 F310。スタジオ27のレジンキット。1996年サンマリノGP、ミハエル・シューマッハードライブのマシン。
右 F93A。クラブMのレジンキット「F92A」をベースにセミ・スクラッチビルドしたモデル。1993年アレジがモナコGPを走り3位入賞したマシンをモデル。


F190(641/2)。プロターのプラキットベースでロッソやハセガワからパーツを移植して作ったマシン。312B 1970年イタリアGP。60's(シックスティーズ)のレジン製スロットカー用ボディから改造。日本で発売されたフェラーリプラモデルのリスト。イマイのレインボーもありますね!

※画像はポップアップします。

左 F190(641/2)。プロターのプラキットベースでロッソやハセガワからパーツを移植して作ったマシン。
中 312B 1970年イタリアGP。60's(シックスティーズ)のレジン製スロットカー用ボディから改造。
右 日本で発売されたフェラーリプラモデルのリスト。イマイのレインボーもありますね!


フンベルトさん自身の文章もあり、初代モデルカーズ編集長の平野克己さんの原稿「フンベルトさんのこと」もある。平野さんの文章はいつ読んでもいいですね。個人的に大好きです。何度、読んでも飽きません。巻末の「マカオとベルトと本のこと-編集顛末日記-」の裏話はおもしろい。フェラーリからの許可でだいぶ苦労されたようです・・・。

とにかくこの本はフェラーリのプラモデル好きなら「買い」ですよ~!

「オール イン レッド1/24スケールフェラーリーズ―フンベルト・ロザリオコレクション1990‐2000」をアマゾンで買うならこちら。

モデリング初めて10年余りで130台を作り上げたフンベルトの情熱が詰まった1冊。

2001-2008も出版してくれないかなぁ・・・。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2008年1月 9日

フェラーリ(アン)オフィシャルカレンダープレゼント! ってアカクテハヤイの手作りですけど何か?

◆◆◆ アカクテハヤイフェラーリF1プレゼント企画 ◆◆◆
アカクテハヤイフェラーリF1 オリジナルカレンダープレゼント!


自分用に2008年フェラーリ卓上カレンダーを作りました。
ご希望の方3名様にお分けいたします。

2008年3月スタートのカレンダーでF1グランプリの日程もマークしときました。

画像はもちろんすべてフェラーリ。F1やロードカーなどの画像で構成。もちろん、1月6日に発表された「F2008」オフィシャルフォトの画像も使っていますよ!

一般的なインクジェットプリンタを使用していますから印刷レベルはそれなりです・・・。 多少の印刷のかすれやムラ、ニジミなどがあります。ご了承ください。

締切は2008年1月末日。

抽選の上、当選者には2月3日にメールで発送先住所確認をします。

2月中には発送したいと考えています。

ご応募はこちらから。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年12月27日

「ワールド・カー・ガイド・DX (8) 世界自動車図鑑 フェラーリ」です。

ネコパブリッシングの「ワールド・カー・ガイド・DX (8) 世界自動車図鑑 フェラーリ」です。

ネコパブリッシングの「ワールド・カー・ガイド・DX (8) 世界自動車図鑑 フェラーリ」です。

単行本 : 237ページ
発売日 : 2006年6月
価格 : 1,500円(税込)

アマゾンなら送料無料。「ワールド・カー・ガイド・DX (8) 世界自動車図鑑 フェラーリ」 購入はこちらからどうぞ電車乗って買いにいくより安いです。

常に手の届く場所に置いて見ています。最新モデルから125Sまで幅広くフェラーリのマシンの紹介をしてくれている。

1993年に「ワールド・カー・ガイド フェラーリ」と言う本が、1,250円(税込)で発売された。ページ数は185ページ。この本に加筆されて発売されたのが、 この「ワールド・カー・ガイド・DX (8) 世界自動車図鑑 フェラーリ」

もちろん、1993年のモノも持ってますが、情報がUPDATEされている2006年モノしか最近は見ませんけどね。

以下、ごく一部を紹介。

2006年3月にジュネーブ・ショーで発表された599GTBフィオラノ。Cピラーが特徴的ですね。

▲2006年3月にジュネーブ・ショーで発表された599GTBフィオラノ。Cピラーが特徴的ですね。

599GTBフィオラノのアルミ・スペース・フレーム構造図やマネッティーノで切り替えることが出来るマルチ・ディスプレイの画面などの詳細が掲載されている。

▲599GTBフィオラノのアルミ・スペース・フレーム構造図やマネッティーノで切り替えることが出来るマルチ・ディスプレイの画面などの詳細が掲載されている。

フェラーリオフィシャルフォトによる612スカリエッティの紹介。映画監督ロベルト・ロッセリーニがイングリッド・バーグマンに贈ったピニンファリーナ製ワンオフ・ボディ375MMをイメージして作られたのは有名な話。

▲フェラーリオフィシャルフォトによる612スカリエッティの紹介。映画監督ロベルト・ロッセリーニがイングリッド・バーグマンに贈ったピニンファリーナ製ワンオフ・ボディ375MMをイメージして作られたのは有名な話。

フェラーリ750モンツァ。1990年代の復活したミッレミリアでジャン・アレジがドライブしたのがフェラーリ750モンツァだったはず。

▲左ページがフェラーリ500モンディアル。右ページがフェラーリ750モンツァ。1990年代の復活したミッレミリアでジャン・アレジがドライブしたのがフェラーリ750モンツァだったはず。

ごく一部に熱狂的なファンが存在する「206SP」。V6ディーノエンジン搭載のマシン。シャシーナンバーまで載っています。

▲ごく一部に熱狂的なファンが存在する「206SP」。V6ディーノエンジン搭載のマシン。シャシーナンバーまで載っています。

このF40に限らずカウルを開けた状態の写真も満載です。

▲左ページはF40。右ページはF40コンペティツィオーネ。このF40に限らずカウルを開けた状態の写真も満載です。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年12月21日

まだ入手可能!倒産した山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。詳細レポート!

フェラーリF1-2000パーフェクトファイル

2001年9月に発売された「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」です。今でも時々パラパラと見ています。マシンのディテールがよく解る写真やイラストがたくさんあって見ていて楽しいんですよね。

タミヤのF1-2000(1/20)プラモデルの制作の際の資料にしようと思って発売当時に購入しました。 でも、読み物としても十分に楽しめる内容です。1ページがA4くらいの大きさで全87ページ!

F1モデリングVOL.8(2000年12月発売)の内容に新規の情報を加筆して再編集したもの。

フェラーリF1-2000は、ミハエル・シューマッハーが開幕3連勝を含む、年間9勝で自身3度目のワールドチャンピオンを獲得したマシン。フェラーリ在籍ドライバーでは1979年のジョディー・シェクター以来となる21年ぶりのドライバーズタイトルを獲得した。それだけにプラモデルでもミニカーでも人気の高いモデル。

「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」の内容は
●総力特集『フェラーリF1‐2000バイブル』
●ジョルジョ・ピオラのF1‐2000テクニカルガイド
●タミヤ発フェラーリF1‐2000インプレッション
●フェラーリF1‐2000完全解剖

出版社は「山海堂」。
そうです。12月3日付で業務停止、解散してしまった「山海堂」です。

まだ間に合う!倒産した山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。絶版必須!購入はこちらからどうぞ

でも、しばらくしたら入手困難になるでしょう。今のうちに購入しておいたほうがいいですよ。無くなってからでは遅いですからね。

以下に、私の持っている「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」の一部をデジカメで撮影しましたので掲載しておきます。各GPの空力パーツの違いもはっきりと解る。GPレビューももちろんあり。個人的に好きなのは図解イラスト。ず~っと眺めていても飽きません。モデリングに必要ないろんな情報が満載です。

山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。


山海堂の「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」。

プラモデラーの皆さんは、きっとこの「フェラーリF1-2000パーフェクトファイル」を見ながら、タミヤのF1-2000を作りこんだりしているんじゃないでしょうか?

田宮模型のフェラーリF1-2000(1/20)プラモデルもまだ入手可能です。こちらからどうぞ。 残念ながらフルビューのF2001は絶版のようですが・・・。

タミヤ模型グランプリコレクションNo.48(ITEM 20048) 1/20サイズ フェラーリF1-2000。

箱の中身はこちらのブログ記事からどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年12月 8日

フェラーリのビデオ「秀麗伝説 フェラーリテスタロッサ」は切替氏が高速を爆走するシーンが超貴重!

フェラーリのビデオ「秀麗伝説 フェラーリテスタロッサ」

ブログ読者の横浜のT氏からのプレゼントのビデオの紹介です。

『秀麗伝説 FERRARI TESTAROSSA』
税込2380円
45分
VHS

1990年12月10日
発売:笠倉出版社


パッケージ裏面で注目すべきはフェラーリクラブジャパン会長の切替徹氏が写っていること!

※画像はポップアップします

パッケージ裏面で注目すべきはフェラーリクラブジャパン会長の切替徹氏が写っていること!

以前にも紹介しましたが、「320km激走フェラーリF40」というビデオで常盤自動車道を時速320キロで激走したあの切替徹氏ですよ! 順番からいくと、このテスタロッサが先に発売されたみたいです。ビデオの最後に次に発売のビデオの告知があって、そこに「F40」とありましたから。

「320km激走フェラーリF40」の貴重なビデオ。常盤自動車道を時速320キロで激走!はこちらから。YouTubeの動画もあります。

これは期待できますね~! ってことで鑑賞開始!

まずは1990年という時代を感じさせる洋楽がBGMでプロモーションビデオみたいにスタートです。

ロッソとビアンコのテスタロッサが登場です。

そして、次に会長っ!切替徹氏が登場っ! 期待は膨らみます!
箱根みたいな場所でロードインプレッションって感じ。走りながらテスタロッサをレポート。ヒールアンドトゥの様子を足元のカメラで撮影してたり凝ってますね。512BBi のことを「べーべーあい」って言ったり「びーびあい」って言ったり統一の無さは切替氏特有! さすがっ! 愛すべきフェラーリクラブジャパン会長です! こういう部分も含めてお慕い申しあげて下ります。(何か文体がマリオ二等兵みたくなってますが・・・。解る人だけ解ってね。)

そして、遂にテスタロッサが高速に入りましたよ!!! これは期待しちゃいますよね!
車載カメラだけじゃなくて、リアを撮影するカメラも取り付けているみたいです。 それで、会長がまた結構飛ばすんですよ! メーターは映らないんですが、ばんばんオーバーテイクしまくりです。前走車も道を譲ります。これは「320km激走フェラーリF40」の再現かっ!

もしも、このビデオでメーター撮影してたら「320km激走フェラーリF40」は発売されなかったかもしれないですね。「F40」で逮捕だか書類送検だかされましたが、その前にこのテスタロッサのビデオで捕まっちゃったかもしれないですから(笑)。

その後はガレージにテスタロッサの歴代モデルを3台並べて、マイナーチェンジの違いを説明していきます。最初のモデルが左にだけ高い位置にミラーがあって、その後のモデルでは左右で通常になったくらいはわかりますけど、会長がさらに細かくワイパーブレードの違いや、ルームミラーの取り付け位置、ホイールナットの違いまで解説してくれます。すごい。さすがマニア!

最後は、カーグラTV風の映像。大藪春彦の「汚れた英雄」の主人公「北野晶夫」が、初めてフェラーリテスタロッサに遭遇したシーンの小説を朗読するというナレーションが入っている。当時としては凝った内容なんじゃないかな。

「汚れた英雄」は1982年に角川映画が草刈正雄を主役にして映画化。自分は当時、高校生で劇場でこの映画見ました。かっこよかったなぁ。監督・製作の角川春樹は、実際にレース用のバイクでサーキットを走り転倒、顔面に大怪我を負ったと言うエピソードもありましたね。なつかしい。

とにかく、思った以上に楽しめたビデオでした! 今はもう絶版なのかもしれないですね。このビデオ。

横浜のT氏! ホントにありがとうございました。他にもいただいたビデオがあるんですがまだ見ることが出来ていません。見たら、ブログで紹介します! 皆さんお楽しみに!!

フェラーリのビデオやDVD、グッズの紹介はこちらでしています。是非、ご覧下さい。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月17日

付属のブックが充実のル・ボランのフェラーリビデオ。512TRのサーキット走行映像がたっぷり!

ル・ボランのフェラーリビデオはブックがセット。ブックは充実の170ページ!

ブログ読者の横浜のT氏からのプレゼントのビデオの紹介です。


SPORTS CAR


New&Classic


ル・ボランVideo 
税込2950円
30分
VHS

特集:フェラーリNew&Classic/フェラーリ512TR/エンツォゆかりの地訪問
発行:立風書房
発行日:1992年6月1日
制作:ル・ボラン映像室

ブックの裏表紙はAgipの広告で92年のフェラーリF1マシン「F92A」。

170ページのブックが付属している。

ビデオを見ていると「ブックの○○ページを見ていただきたい」などとナレーションが入るんだよね。

このブックの内容がとても充実している。過去のル・ボランの記事からの流用だとは思うけどホント充実してます。ビデオに出てくるフェラーリだけではなくて、その他のオールドフェラーリの情報も多数紹介されている。

フェラーリの写真は「いのうえ・こーいち氏」のクレジットだった。自分も「いのうえ・こーいち氏」のフェラーリ本持っているはず。今度、探してみよう。

で、ビデオの内容は、まず冒頭で「フィオラノ・サーキットを疾走する512TR」。

その後、「ムジェロ・サーキットを走る512TR」。撮影用のマシンはテスタロッサ!

ブックの裏表紙はAgipの広告で92年のフェラーリF1マシン「F92A」がある。ビデオの途中で突然AgipのCMが入ったのには驚いたけど(笑)。

往年の名車ポンツーンフェンダーの250TRも紹介されます。何かのイベントで走った時の動画のようで、
駐車場と思われる場所にオレンジのコーンを立ててタイムトライアルしている。

250GTOも紹介。ロケーションが御殿場の松田コレクションに見えるんだけど、イタリアロケのはずだから違うんだろうな~。

あとはエンツォの生家を訪ねたりしながら、エンツォの父親や兄の話があったり、エンツォのサクセスストーリーを紹介している。

モノクロの125Sの映像があるのには驚いた。

ティフォシなら知っている人も多いと思うが、フェラーリF1のシートにも使われていたスケドーニとビネガーの話とかまであった。結構いろんな情報が収録されている。30分飽きないで見られるいい内容だと思った。

いいビデオいただきました。 ありがとうございました!


横浜のT氏からいただいたのですが、ビデオテープのテープを保護しているプラスチックのカバー(?)のパーツが割れてしまっていた。そこで、別のビデオテープを分解して中身のテープのリール部分だけを移植した。そして、無事に見られた。よかった。

VHSはアナログだけど、こんな場合はいいよね。DVDで傷が付いたりしたら、まるっきり見られなくなったりしますから・・・。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月14日

奇跡!ホットウィールのホットボックスが当たった! フェラーリミニカー15台収納できます!

2007年11月12日、自宅に戻ったらクロネコヤマトから何か荷物が届いていた。何だろう? 差出人は?マテル!!!!

2007年11月12日、自宅に戻ったらクロネコヤマトから何か荷物が届いていた。何だろう? 差出人は?マテル!!!!

開けたらこれが出てきました! おぉ~。 これだったのか~! 当たったんだ~!

開けたらこれが出てきました! おぉ~。 これだったのか~! 当たったんだ~!

「HOT WHEELS 40th ANNIVERSARY」はステッカーになっています。

2007年8月10日に記事にした「ホットウィールの「ホットボックス」プレゼントキャンペーン。締切は8月31日。応募するの忘れてる・・・。」。

これが当たったんです。
「HOT WHEELS 40th ANNIVERSARY」はステッカーになっています。

ホットウィール専用のキャリーケース「ホットボックス(15台収納可能)」

ホットウィールが日本語版ショートカードパッケージでプレゼントキャンペーンを実施していた。
ホットウィール専用のキャリーケース「ホットボックス(15台収納可能)」プレゼント企画。

日本語版ショートカードパッケージのフェラーリミニカーはこちら。

Aコース:10枚でもれなく当たる
Bコース:2枚なら、抽選で100名様に当たる。

hw_hotbox_05.jpg

私はパッケージは捨ててしまう人だったので、バーコード部分が残っていなかった。だから、Bコースに8月末に応募した。
抽選で100名様だからさすがに当たらないだろうと思いつつ応募したら、何と当選です。
しかも、「アカクテハヤイ」だし、赤がいいなぁ。別に青でもいいけどさ。と思っていたら見事「赤」が来ました!奇跡!!

早速、手近なところのホットウィールを収納してみました。
フェラーリ333SPのカラーバリエーションにスケルトンのフェラーリ360モデナ、60周年記念GTアソート、トゥーンドのエンツォ、フェラーリエンジンのトーマシーマ3も入れてみました。

早速、手近なところのホットウィールを収納してみました。
フェラーリ333SPのカラーバリエーションにスケルトンのフェラーリ360モデナ、60周年記念GTアソート、トゥーンドのエンツォ、フェラーリエンジンのトーマシーマ3も入れてみました。

う~ん。いいんじゃない?

写真撮り終わってから気付いたんだけど、この向きに収納するんじゃなかったんだ。取っ手を持って運んだらミニカーがひっくりかえりました。コレクションケースのようにマシンのサイドが見えるように収納するんだね・・・・。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月13日

ブックオフで購入。16年前のフェラーリ特集の雑誌。フィアットディーノやランチア・ストラトス!

カーマガジン 1992年8月号別冊「スーパーカー・クラシックス」です。

カーマガジン 1992年8月号別冊「スーパーカー・クラシックス」です。
出版は「モデルカーズ」や「ロッソ」、「スクーデリア」でお馴染みのネコ・パブリッシング

SUPERCAR CLASSICS No.14 JAPAN EDITION
1992 SUMMER 平成4年8月1日発行

16年前のものです。

定価1800円ですがブックオフで350円で入手しました。

定価1800円ですがブックオフで350円。つい最近入手しました。

内容はフィアットディーノやディーノスパイダー、ランチア・ストラトスなど!

内容はフィアットディーノやディーノスパイダー、ランチア・ストラトスなど!
▼雑書の表紙の車種やタイトルを見て、ちょっと立ち読みして即買いです。

FIAT DINO SPIDER / DINO246GT / LANTIA STRATOS
FERRARI 250 TESTA ROSSA / 250GT CALIFORNIA
MILLE MIGLIA

Three Dinos
早くに他界したエンツォ・フェラーリの息子、ディーノ。彼の名を冠したV6ユニットを搭載する3台のスポーツ・モデルは、異なった性格を持って誕生した。その3台が今ここに終結する。

ポンツーンフェンダーの250TRのレポートのレポーチがあったり、ピニンファリーナデザインの250GTカリフォルニアのレポートがあったりと実車中心の雑誌です。

ミニカーマニアならご存知のウィングローブ夫妻のインタビューもありました。

でも、ミニカーマニアならご存知のウィングローブ夫妻のインタビューもありました。ミニチュアモデル製作のエンスージアストで、超絶テクニックでミニカーを作る人です。
製図版やコンピュータで製図している画面の写真なんかも載ってました。

ネコパブリッシングのミニカー雑誌「モデルカーズ」の初代編集長「平野克己氏」によるミニカー紹介のページもありました。フェラーリ250GT tdf(1957) AMRの1/43の紹介。

イタリアで開催されたミッレミリアのレポートもありましたよ。

温故知新で懐かしいけど改めて初めて知る事もあり勉強になる内容でした。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月11日

全長75mmのフェラーリラジコン「REALDRIVE nano」いいよね。第2弾は来年1月発売!

全長75mmのフェラーリラジコン「REALDRIVE nano」。正しくは「赤外線コントロールカー」と言うらしいので、「赤(セキ)コン」か?

「ハニービー」で有名なCCPからフェラーリの小さなラジコンが発売されましたね。正しくは「赤外線コントロールカー」と言うらしいので、「赤(セキ)コン」か?

CCPのリアルドライブ「ナノ」のページはこちら。

トミーのビットチャーGくらいの大きさかな? ビットチャーGはフェラーリではなくて、ホンダのNSX-Rを持っている。っていうかホンダのサイトのゲームで当たった。

デフォルメしてあって全長5cmくらいなのでまるでチョロQみたい。テーブルの上を走らせて遊んでいます。ビットチャーGにももちろんフェラーリがあるんですが購入しませんでした。デフォルメのモデルはあまり食指が動きません・・・。

▼ラジコンは1/20サイズのF430スパイダー(モリガング)で遊んでます。これ結構おもしろいんですよね。スピンターンとかできるし・・・。

モリガングのラジコン「フェラーリF430スパイダー(1/20)」は前進するときライトが光る!


コナミのデジQフォーミュラ「フェラーリF2003GA」もあるんだけどこちらはもう動かない・・・。誰か本体内の充電池の入手・交換方法を知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

コナミ デジQフォーミュラ「フェラーリF2003GA」


さて、本題に戻りますが、リアルドライブ「ナノ」は全長75mm。デフォルメしていないのがいいですね。ちょっと欲しいなぁと思ってしまいました。

リアルドライブ「ナノ」のページで見ると、1/58サイズで走行中はライトが光るそうだ。ターボ機能で加速ができるらしい。

『第1弾 フェラーリ』ってページにラインナップがあった。
●フェラーリ512BB
●フェラーリF430
●フェラーリエンツォ
●フェラーリテスタロッサ

第1弾ってことは第2弾があるのか? サイトには情報がない・・・。

アマゾンで調べました。さらに3種類が2008年1月25日発売(予約可)になっています。
●フェラーリF40
●フェラーリF50
●フェラーリ288GTO

定価2604円(税込)。アマゾンでは車種によって割引率が違っています。この記事を書いている時点ではエンツォが品切れ中のようだ。やっぱりエンツォは人気なんですね。でも登録しとけば入荷次第連絡くれる仕組み。

店頭で購入するよりアマゾンで友達の分も合わせて複数台まとめ買いがいいかもね。ラジコンは1人じゃなくて何人かで走らせた方が楽しいですから。

購入をお考えの方はこちらのページから、『ラジコン(RealDrive nano)』へ進んでくださいませ! 品切れ前に買っておきましょう!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月 5日

センセーショナルレッドはフェラーリ創業当時の映像からミハエル・シューマッハーまで映像がたっぷり。

センセーショナルレッド

センセーショナルレッドを見ました。

すごいですよ。このDVDに収録されている映像。完全日本語版でナレーションも入るからね。

収録時間 : 110分
価格 : 4,571円(税込)
制作 : ユーロピクチャーズ

以前に雑誌モデルカーズのプレゼント企画で当選した品。

フェラーリ創業当時の古い映像からミハエル・シューマッハーまで映像がたっぷり。エンツォのインタビューもあるし、ロードカーの映像もたっぷり。
さらにCD-ROMも付いていて、スライドショーのスペシャルムービーが収録されています。

以下、DVDの一部の画像を紹介。

エンツォの生前のインタビュー相当昔のレース風景ですね「815」フェラーリ創設前に「アウト・アビオ・コストルツィオーネ」という会社を興して1940年に発表したモデル。
カウンターをあてながらコーナリングしていくジル・ヴィルニューブ。かっこよすぎる!ゾルダーの悲劇、ジル・ヴィルニューブのクラッシュシーンジャン・アレジも登場します
エンツォとニキ・ラウダのツーショット。ニキ・ラウダのクラッシュシーンの動画も収録されています。 ミハエル・シューマッハーがF1-2000をシェイクダウンする様子。
※画像はポップアップします。

最上段右のクルマは「815」。
エンツォがアルファロメオを辞めた後、フェラーリを創設する前に「アウト・アビオ・コストルツィオーネ」という会社を興して1940年に発表したモデル。アルファロメオと「数年間はフェラーリの名前を使わない」と言う約束だったからだ。「815」は8気筒1.5リッターから命名したマシン。この「アウト・アビオ・コストルツィオーネ」は工作機械の会社らしくて第2次世界大戦の特需で結構儲かってたらしいです。
で、この「815」は、アシェット婦人画報社の「フェラーリコレクション」のラインナップのNo.29に登場します。待ち遠しい~!

アシェット婦人画報社「フェラーリコレクション」全51台のラインナップについてはこちら。


ちなみに、このDVDには、ニキ・ラウダが1976年ドイツGP(ニュルブルクリンク)で瀕死の重傷を負ったクラッシュ映像も収録されています。マシンはフェラーリ312T2。動画はこちら。

そして、『ゾルダーの悲劇』。ジル・ヴィルニューブの1982年ベルギーGPクラッシュシーンの動画も収録されています。マシンはフェラーリ126C2。動画はこちら。

残念ながらアマゾンでの取り扱いはないようですが、店頭で見つけたらこれは買いですよ~。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月 4日

F50がフィオラノ・サーキットを爆走するフェラーリビデオ。F355・F512M・456GTも登場!

Ferrari F50 ~モンテゼモーロ体制の新しいフェラーリ F512M F355 456GT~

ブログ読者の横浜のT氏からのプレゼントのビデオの紹介です。

Ferrari F50


~モンテゼモーロ体制の新しいフェラーリ F512M F355 456GT~

Ferrari F50 ~モンテゼモーロ体制の新しいフェラーリ F512M F355 456GT~ パッケージ裏面
※画像はポップアップします


税込3,800円
VHS 35分
制作・著作・発行:株式会社エディ (EDDIE)
販売:北斗通商

オープニングはいきなりF50がフィオラノ・サーキットで爆走するシーン!
その後、マシンの紹介ナレーションがあって、もう一度フィオラノ・サーキットを爆走! ドライバーはフェラーリロードカーのテストドライバーのダリオなんたらさん。以前に雑誌で見たことがあるぞ。この人の存在。

コースサイドからの撮影とオンボードカメラの映像もたっぷりある。コーナーを思いっきりドリフトさせながらクリアしていくF50は迫力ありますね。

個人的にはミニカーで見るF50のプロポーションがイマイチだと感じる。実車のプロポーションはいいんだけどね・・・。何故だろう。ミニカーメーカー独自の多少のデフォルメのせいかな・・・。

で、次にF355。発表時の映像があった。ルカ・モンテツェモーロやジャン・アレジもほんの少し映っている。ジャーナリストがニキ・ラウダの助手席でフィオラノを走行するシーンが紹介されていました。F355ってカッコイイよね。好きだなぁ。

その次がF512M。このマシンは自分はいまひとつ好きになれない・・・。ビデオの中では「二枚目俳優が個性派俳優になった」と言っている。ヘッドライトがイマイチなんだよなぁ。

最後に456GT。こちらもフィオラノを走ります。348tsが追走して撮影してますけど、コーナーではちょっとつらそうです。348tsがオーバーテイクできるんじゃないの?って感じ。

最後にほんの少し生前のエンツォのインタビューが流れます。

ロードカーがフィオラノを走る映像ってのは滅多に見られないですから、こういうビデオは貴重ですよね。動いていない雑誌の写真やネットの画像だけではわからないこともあるだろうし・・・。自分はあんまり細かい部分は気にしないでとにかく見惚れてしまいますねぇ。こういうビデオ見ていると・・・。

いいモノ頂きました。ありがとうございました。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年11月 1日

デアゴスティーニがフェラーリF2007(7分の1サイズ)ラジコンを発売開始! ただし、イタリアで・・・。

デアゴスティーニイタリア フェラーリF2007ラジコンのサイト


ヤフーイタリアを見ていたら、デアゴスティーニイタリアのサイトにたどり着いた。

それが上の画像。何とフェラーリF2007のラジコン(7分の1サイズ)ですよ!

デアゴスティーニイタリア フェラーリF2007ラジコンのサイトはこちら。

トップページには動画もありますよ。是非ご覧になって見てください。
MODELLO > montaggio には組立の動画もあります。

デアゴスティーニジャパンでは、2006年9月26日からフェラーリF2004のラジコン(8分の1サイズ)が発売されている。全78号予定で56号まで進んでいるようだ。

下が、デアゴスティーニジャパンのサイト。
デアゴスティーニジャパン フェラーリF2004ラジコンのサイトはこちら。

デアゴスティーニジャパン フェラーリF2004ラジコンのサイト

イタリアも日本もラジコンは京商製。自分はラジコンに詳しくない( -トイラジ以外では20年以上前のタミヤのタイレルシックスホイーラーの電動ラジコン位しか経験がない- )のでよくわかりませんが、同じシャシーでボディ違い? シャシー自体が違うものなんだろうか・・・。解る方是非教えてください。

プロポは日本のものがかっこいいですね。
イタリアではウエストポーチとバッグの画像があるけど、これが全号購読者へのプレゼントなのかな?
価格は通常18.98ユーロ(日本円で約3150円)。初回は7.99ユーロ(日本円で約1325円)。

日本のF2004は通常1390円。初回が590円のはずだから、とても高いね。しかし、イタリアのF2007が全部で何号なのかわからないからトータルで高いのかはわからない。

デアゴスティーニイタリアは、日本まで送ってはくれないだろう。送ってくれたとしても送料がものすごい事になるだろうしね。現実的ではないよね。

現在、日本で展開中のF2004は、イタリアで2004年に発売したものが2年遅れでやってきたわけだから、F2007は再来年の2009年に日本に上陸するのだろうか?

自分はデアゴスティーニジャパンのF2004は創刊号を買っただけ。とても高いから定期購読しませんでした。もちろん、ホントは欲しいんですけどね。


このブログのデアゴスティーニジャパンF2004関連の過去記事

デアゴスティーニの1/8サイズフェラーリラジコン。欲しいけど高いよなぁ。

デアゴスティーニの週刊フェラーリラジコンカー 沖縄は4日遅れで入荷。ようやく入手しました。


誰かイタリアに旅行に行く人がいたら、どの号でもいいからひとつだけ買ってきてくれないでしょうか?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月27日

フェラーリテスタロッサのVHSのビデオを見た。1980年代のものだと思うがピニンファリーナが登場します!

フェラーリテスタロッサのVHSビデオ。パッケージは至ってシンプル
フェラーリテスタロッサのVHSビデオ。フェラーリコレクションってことは続編もあるのかな?

フェラーリテスタロッサのVHSのビデオを見た。

THE FERRARI COLLECTION FERRARI TESTAROSSA

発売元 : WHITE★STAR
30分

パッケージのどこにも何年に発売されたか書かれていない外国製(多分アメリカ製)のVHSビデオ。

しかも、パッケージのテスタロッサとビデオに登場するテスタロッサが別の個体だというのはどうなんだ?

いかにも年代を感じさせるBGMでスタート。多分テスタロッサが発売された1985年~86年頃に製作されたのではないだろうか?女性モデルが登場してストーリーをイメージさせるような展開がチープだ(笑)。イメージビデオを作ろうと思っていたのかな。しかし、その後はテスタロッサが一般道を走行するシーン。女性モデルは関係なしになってしまった。荒れたワインディングを車体をこすり火花を上げながら走るシーンもあり「もったいねぇ~。アスファルト舗装で走らせろよ~」なんて突っ込みどころ満載のビデオです。

しかしですよ! なんと中盤に「セルジオ・ピニンファリーナ」が登場して喋り捲ります。10分近く喋ってるんじゃないかな? 日本語字幕も日本語ナレーションもないんで何て喋っているか自分にはわかりませんが・・・。多分、このテスタロッサのデザインについて喋りまくっているんだろう。あなどれないぞ!このビデオ!

最後にイタリアの都市であのオープニングに登場したいかにも時代を感じさせる女性モデル(自分的にはファッションやメイクがブルック・シールズっぽく感じた。年齢がばれますなぁ。)が再度登場してテスタロッサの助手席に乗り込んでいきました。ドライバーの男性の顔は一切映りません。

ある意味貴重な年代モノのビデオです。

フェラーリコレクションってことは、このストーリー性のあるイメージビデオで続編があるのだろうか? う~ん見てみたい。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月26日

カーグラフィック ビデオライブラリー「フェラーリF40」を見た。昔ののどかな雰囲気もいいね。

カーグラ ビデオライブラリー フェラーリF40!

フェラーリF40のDVDを見た。

二玄社 カーグラフィック ビデオライブラリー
『FERRARI F40』
LA CONTINUITA' DEL RINNOVAMENTO DALLA 250LM ALLA F40
2940円(税込)
本編約36分。

『まぼろしの「F40」ついに復活』 ってサブタイトルが付いてます。

1989年にカーグラスタッフがイタリアまで行って撮影した映像だ。エンツォのインタビュー映像もありますが、エンツォは1988年に逝去してますので、これは生前のものですね。
しかし、イタリアの歴史的建築物の街の中を走るF40や、田舎の道路を走るF40の映像もいいものです。
以下に画像を抜粋します。

エンツォの生前のインタビュー。F40について語ります。F40(エッフェクワランタ)がイタリアののどかな風景の中爆走します。フェラーリの工場内。昔ながらの工房って感じだ。
250LMはレースシーンの映像で紹介のどかなピットストップだなぁ。フィニッシュも風情があっていいです。
※画像はポップアップします。

カーグラTVらしいアングルでF40の走行シーンが楽しめます。
また、ファクトリー内の映像が登場する。先日、このブログで紹介したナショナル ジオグラフィックの「スーパーファクトリー」では、599GTBフィオラノを作っている工場が登場しますが、この40のファクトリーと比較すると面白い。時代を感じさせます。こっちは「工房」って言ったほうがいいような雰囲気。

250LMは過去のレース映像にエンツォのインタビューを重ねながら紹介しています。昔のレースはのどかだなぁと感じます。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月24日

「フェラーリ スーパーファクトリーのすべて」(日経ナショナル ジオグラフィック社DVD)は素晴らしい!

日経ナショナル ジオグラフィック社DVD 「フェラーリ スーパーファクトリーのすべて」

日経ナショナル ジオグラフィック社DVD「フェラーリ スーパーファクトリーのすべて」を見ました。

すごいですよ。このDVDに収録されている映像。

収録時間:50分
価格:2980円(税込)
発行・発売:日経ナショナル ジオグラフィック社

パッケージのキャッチコピーには「フェラーリ599の製造工程を徹底取材」
「エンジンの鋳造から革製シートの縫製まで職人たちの技とこだわりが究極のスーパーカーを生む」
とあります。

ホント工場内の映像がたっぷりあります。もしかしたら初めてカメラが工場に入ったのではないでしょうか?

599GTBフィオラノの製造工程が見て取れます。部分的にコンピュータ制御のロボットもありますけど、ほとんどが手作業。熟練工がエンジンブロック用の原材料を作って、ひしゃくですくったりと手作業ですね。3000人の職人がいるらしい。皮製品の縫製をしているおばちゃんとかも映ります。スタッフのインタビューもあるし、もちろん日本語訳もあるのでわかりやすい。以下、ほんの一部の画像を紹介。

ULTIMATE FACTORIES フェラーリの風洞施設フェラーリ599GTBのパワーユニット
フェラーリテストドライバー、マルク・ジェネが599GTBフィオラノをフィオラノサーキットで走らせるエンジンパーツは手作業ではなくコンピュータ制御のロボットが担当熟練工による目視確認も真剣そのもの
サフェーサーもロボットが担当エンジンが載せられるフェラーリ599GTBフィオラノフォオラノサーキットで出荷前のテストが行われる
※画像はポップアップします。


ボディを特殊な液体に浸して塗料が食いつきやすくする工程や、サフェーサーを塗装したり、本塗装したりの工程が見られます。もちろん、工場スタッフによる細かな目視チェックの様子も収録されていて、問題のあるクルマは前工程に戻される。品質管理の高さを感じられる内容です。これならフェラーリが高価格であることに納得できます。
一昔前のマシンでは、電装系がダメだとか言われてましたが、最近の実車は少しはよくなっているんじゃないでしょうか? (いろんな不具合があるようなことを雑誌やネットで見たりはしますが・・・。)

「フェラーリ599の製造工程を徹底取材」とありますが、ところどころで「F430」が映ってたりしているのはご愛嬌ということでいいんじゃない(笑)。


ダイエジェスト映像はこちら。

みなさん。これは買いですよ~。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月 5日

フェラーリのビデオ「SUPER CAR LIBRARY 1」は池沢さとし先生のインプレッション付きだ!

「SUPER CAR LIBRARY 1」パッケージ表


「SUPER CAR LIBRARY 1」パッケージ裏

※画像はポップアップします。

●SUPER CAR LIBRARY 1 TESTAROSSAの系図
SUPER GENROQ Vol.9
税込2480円
40分
VHS

1996年10月7日
監修:ゲンロク出版
発行:三栄書房

TESTAROSSA/512TR/F512Mの3台を紹介するゲンロクのビデオ。

これらの車の提供はレーシングサービス「ディーノ」のようだ。そうです。フェラーリ好きなら知ってて当然の「320km激走フェラーリF40」のビデオで摘発されてしまったフェラーリクラブジャパン会長の切替徹氏です。ちらっと登場していました。

「320km激走フェラーリF40」のビデオの紹介と動画はこちら。

池沢さとし先生の3台乗り比べインプレッションがある。フェラーリオーナーが実際にドライビングしての印象は説得力がありますね。「筑波山中徹底乗り比べ」とパッケージ裏にありますが、結構飛ばしているように見えるんだけど・・・。これは摘発されなかったのかな?

今は改名して「池沢早人師」と書くらしいけど、サーキットの狼をリアルタイムで知っている読者は「池沢さとし」だよね。

その池沢さとし先生がF512Mの開発(というか512TRからのモディファイ)に関わったフェラーリスタッフにインタビューしてました。

550MARANELLOは動いている実車の紹介はなし。最後に少しだけ次期モデルの紹介だけでした。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月18日

「Ferrari512TR 跳ね馬進化論」のVHSビデオ。フェラーリのビデオをもらったので見たのさ。

「Ferrari512TR 跳ね馬進化論」のVHSビデオ パッケージ表

ブログ読者の横浜のT氏からのプレゼント第2弾ビデオの紹介です。

Ferrari512TR 跳ね馬進化論

サブタイトルは「テスタロッサより高度にリファインされた、512TRの全て!」


「Ferrari512TR 跳ね馬進化論」のVHSビデオ パッケージ裏

これが裏面。画像はポップアップします。

税込2500円
30分
VHS

制作・著作 英知ビジュアルエンタープライズ
発行所 英知出版 1992年9月30日発行

フェラーリ512TRと言えば、1985年のテスタロッサの進化型で1992年に発売されたモデル。
4942cc水平対向12気筒。5リッター12気筒エンジンからネーミング。TR=TestaRossa(テスタロッサ)赤い頭という意味のイタリア語です。有名だから説明不要でしょうか?

テスタロッサから512TRへ進化は外観上ははっきりとわかるような大きな違いがありません。フェラーリ好きでなければ「同じクルマでしょ?」って言われるはず。リアエンジンフードや、バンパー下部がボディと同色だとかマニアックな部分から区別するしかないかも。しかし、中身は全く別物と言っていいくらい進化しているんです。テスタロッサ発売から7年後の進化モデルですから当然でしょうか。テスタロッサがあまりに美しいデザインで人気も高かったので、外観はあまり変えなかったのかもしれませんね。日本ではバブルの時期でしたし・・・。

このビデオでは、外観をじっくりと舐めつくすように撮影しています。プラモデル制作時の資料として参考になるかもしれない。さすがに進化した中身(シャシーとか)は映せませんけどね。

あんまりしゃべりの上手ではない人がドライブしながらのインプレッションの映像もあります(笑)。車両提供が「オートパレスSUZURAN」とありますから、多分その会社の社長さんかもしれません。

しかし、何が驚きって、1992年のVHSが殆どノイズなしってのがすごい。保管状態がいいですね。

私はあんまり保管とか考えなく見てしまうんで、昔のフジテレビ総集編(デーモン・ヒルが活躍していた1997年ころのやつとか)を録画したものとか何度も見てるんで、もうノイズだらけですよ。

DVDで持っているものもどういうわけかエラーになるし・・・。コピーでバックアップ取っておけば良かったんですが、あとの祭りです。エラーでコピーできません(泣)。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月 7日

「320km激走フェラーリF40」の貴重なビデオ。常盤自動車道を時速320キロで激走!

「320km激走フェラーリF40」の貴重なビデオ。常盤自動車道を時速320キロで激走!

「320km激走フェラーリF40」のビデオのパッケージです。
このパッケージを見て「懐かしい~!」と思う方は、相当昔からのフェラーリファン、スーパーカーマニア、そしてちょっと年配(?)のみなさんでしょう。

まだインターネットもない時代、今から17年前、ほんの短期間のみ販売されていたビデオですからね。

1990年12月10日
発売:笠倉出版社
税込2,380円

45分のVHSビデオです。

このビデオは、このブログを見てくださっている横浜のT氏からのプレゼントなんです。ありがとうございます!
見たかったんですよ~。このビデオ。何故かというと、実は私も当時購入したんで持っているはずなんです。ブログで紹介しようと思って、あちこち探したんですが見つからず・・・。引越しの際に紛失したのかなぁ。ブログでの紹介はあきらめるしかないなぁ。と思っていたんですが、Tさんからメールで譲っていただけると連絡が!ありがとうございます!

「320km激走フェラーリF40」の貴重なビデオ。常盤自動車道を時速320キロで激走!

▲画像はポップアップします。 パッケージ裏面。320km状態のスピードメーターの画像が印刷されているのがおわかりになるでしょうか?


私は1990年当時、東京に住んでいて、もちろんフェラーリファンでF1も見てたし、ミニカーやプラモデルも集めてました。

出勤時には「東京中日スポーツ」を読んでました。F1の話題が豊富なスポーツ紙だったし、昭和49年頃からの中日ファンである私には必須でしたね。ある日、その紙面に「320km激走フェラーリF40のビデオ」の記事がありました。値段もちょっと高いし、ミニカー買ったほうがいいか?なんて気にしませんでした。

しかし! 後日、そのビデオが販売中止になるという情報が!

コンビニで販売されているとの事だったので、会社帰りに何件か立ち寄ってようやく入手! 自宅で見て、翌日は会社でみんなで盛り上がって見たことを思い出します。ホント320キロ出してんですよ!これが。

320キロ出してるシーンの撮影が日本国内なんです! 外国じゃないんですよ! 運転しているのはフェラーリ好きなら知ってて当然の「F40」を「えふふぉーてー」と発音するフェラーリクラブジャパン会長の切替徹氏。
常盤自動車道を時速320キロで激走する映像が収録されています。もちろん、それ以外にも「F40」の説明がいろいろあるんですけどね。売りはやっぱり時速320キロ。

それで、警察が動き出して販売中止になったそうです。店頭から撤去されるぎりぎりで入手できたことになります。その貴重なビデオがいくら探してもみつからないなんて・・・。

今回、久しぶりに見て楽しかったですね。F40を「えふふぉーてー」とか「えふよんじゅう」とか言って統一されていないのも思い出しました(笑)。

▼アメリカでも紹介されていたようですね。YouTubeでフェラーリF40が320Kmを出す瞬間をどうぞ!


Tさんからは、このビデオテープ以外にも10本近くプレゼントしていただきましたので、しばらくはフェラーリビデオ三昧です。パッケージにエンツォとジル・ビルニューブの写真のあるものがある! 楽しみだ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年8月22日

雑誌「Pen」がフェラーリ特集! 読者の方からの情報! ありがとうございました!

先日、ブログ読者の方からメールを頂いた。

「8月15日発売。阪急コミュニケーションズのPen(2007年9月1日号)がフェラーリ特集ですよ~」

「Pen」? 聞いたことのない雑誌だなぁ。と思いつつネットで検索。

Penオフィシャルサイトがありました。

J-WAVEのラジオ告知の音声配信もありましたね。

中吊り広告もあるんですね!

私は十数年前、沖縄に移住する前は東京(神田神保町)で小学館や集英社の雑誌の新聞広告、店頭ポスター、中吊り広告などの原稿を作っていました。Mac DTP以前のいわゆる写植オペレータってやつです。だから中吊り広告を見たら、感じるものが・・・。楽しかったことも、苦しかったことも・・・、うっ、うっ(嗚咽です)。

さて、そんなことは置いといて、「Pen」のフェラーリ特集とは何ぞや? と調査を進める。

孤高のブランドを徹底解剖!
フェラーリの正体。

ってタイトルで特集のようです。


・数字から読み解く、フェラーリの正体。
・ひとりのカリスマが、ブランドを育てた。
・歴史をつくり、彩ってきた名車列伝。
・救世主、モンテゼーモロの手腕とは?
・跳ね馬の聖地、マラネロ本社に潜入!
・ハンドメイドの感覚で、フェラーリは作られる。
・エンツォの住処(すみか)が残る、フィオラノのテストコース
・60年の歩みを表現した、グラフィック
・“史上最高額”のフェラーリは、これだ。
・F1マシンを手に入れた、男たちの情熱。
・フェラーリならお任せ、の凄腕ガレージ
・必見! こんなものが「ストア」で買えます。
・私の愛するフェラーリは、この1台。

何やら楽しそうな内容じゃないですか!

フェラーリ特集号の発売前ですが、まずは書店で「Pen」なる雑誌を探します。 が、見つからない。

店員さんに教えてもらってようやく発見。

いつも自分が行くコーナーとは全く別のジャンルなので探しきれなかったのだ。

店員さんに聞くと4~5日遅れで店頭に並ぶとの事。毎度の事ながら私の住む沖縄はいつもこうです。1冊取り置き、入荷したら電話連絡をお願いしておいた。

で、一昨日8/20(月)にようやく入手です。都市部の皆さんは既に読んでいるんでしょうね。


雑誌「Pen」がフェラーリ特集!

雑誌「Pen」がフェラーリ特集!

雑誌「Pen」がフェラーリ特集!

ぱらぱらっと見ただけですが興味深いページがたくさんあります。まだ全く読めていません。これからじっくり読みます。

ブログ読者の横浜のTさん! 情報ありがとうございました! 教えてもらえてなかったら、入手できずに終わっていたでしょう! ありがとうございます。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月17日

トイザらスでフェラーリオフィシャルプロダクツのチャイルドシートを販売しているぞ!

トイザらスでフェラーリのチャイルドシートを販売しているぞ!

トイザらスはホットウィールのフェラーリミニカーを買いに定期的に通っている。しばらく前に何気なくいつもと違う通路からミニカーコーナーに向かったところ、ド派手なチャイルドシートが目に入った。
なんとフェラーリオフィシャルのチャイルドシート!

上の画像が三つ折パンフの表紙。
下の画像がパンフを開いた状態です。

トイザらスでフェラーリのチャイルドシートを販売しているぞ!

実物は上等でド派手でした。
先日はアップリカのチャイルドシートを紹介しましたが、今回はフランスのチャイルドシートメーカー「ティーム・テックス社」のチャイルドシート。もちろんフェラーリオフィシャルプロダクツマークも入ってます。

トイザらスオンラインショップで価格を調べました。
「チャイルドシート」で検索 → スポーツ・アウトドア → 自転車・三輪車・1輪車 と進むと出てきますよ。

Type 301 27,999円
Type 302 17,999円
Type 303  8,999円

Type301にはSabelt(サベルト)のベルトが付いています! すごいなぁ。 家の国産車に取り付けたいなぁって、小さなお子様はいなかった・・・。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月 1日

モンテグラッパのフェラーリ万年筆は超高級! フェラーリデスクアクセサリーもカッコイイ!

モンテグラッパと言えばイタリアの有名な万年筆メーカーです。それ以上は私は詳しくありません。万年筆が好きな人にとってはすごいブランドなんでしょうね。

モンテはイタリア語で「 山 」って意味です。

「グラッパ」はイタリアのお酒ですね。私も以前イタリア旅行に行った際にグラッパをお土産として買いました。40度位の強いお酒でした。

「お酒の山(?)」。社名の由来は何なのでしょうね・・・。

で、そのモンテグラッパがフェラーリオフィシャルプロダクツの万年筆を作っているって話。以前から知っていたんですがブログで紹介するのをすっかり忘れてました。


モンテグラッパ フェラーリ万年筆のページ

モンテグラッパ トップページ

モンテグラッパ フェラーリ万年筆のページ


フェラーリデスクアクセサリーってのもあって、これもめちゃくちゃカッコイイ。マラネロのマフラーのデザインや612スカリエッティのサイドパネルのデザインに影響されているらしい。


で、その気になる価格・・・。
ヤフーショッピングで検索してみた。
報画堂ってお店のページにありました!

MONTEGRAPPA(モンテグラッパ) コレクターコレクション フォー フェラーリ レッド 万年筆

560,700円(税込)!

実売価格は違うらしいから、もう少し安いんだろうけど、問い合わせる勇気はありません・・・。(爆)

フェラーリデスクアクセサリーも相当高いんだろうなぁ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月29日

シェル&フェラーリの非売品ステッカー2007年度版をゲット! ライコネンとマッサとF2007と599GTB!

シェル&フェラーリの非売品ステッカー2007年度版をゲット! ライコネンとマッサとF2007と599GTB!

昨年、シェルはステッカーを無料配布していましたが、今年も始まりましたよFree Sticker!

シールの内容は
キミ・ライコネンとフェリペ・マッサのツーショット。
F2007をドライブするキミ・ライコネン、フェリペ・マッサ。
フェラーリのロゴやシェルのロゴ、フェラーリ599GTBフィオラノのシールもありますね。

さらに下の画像のカードが1枚付きます。
画像は1枚のカードの表と裏です。

2007年版シェル&フェラーリの非売品ステッカーのおまけのカード[表]
2007年版シェル&フェラーリの非売品ステッカーのおまけのカード[裏]

このステッカーが無料とはうれしいですね。日本にまでエアメイルで送ってくれるとはうれしい限りです。さすがフェラーリをサポートするシェル。太っ腹!

ちなみに去年のステッカーとカードはこちら。
アメリカシェルのステッカー(非売品)ゲットです!(2006/04/04)

去年は当然248F1とミハエル・シューマッハーとフェリペ・マッサのステッカーです。

でも、もったいなくて使ってません。

ミハエル・シューマッハーとフェリペ・マッサのステッカーは、もうシェルにリクエストすることはできなくなってしまったので貴重ですね。


さぁ! ステッカーをゲットしましょう!

■ステッカーのリクエストの手順はこちら
シェル&フェラーリ モータースポーツ

左下の [ get exclusive stickers ]

All other residents

シェルインサイドトラックに登録している人はメールアドレスとパスワードでログインすることができます。でも登録していなくても大丈夫。[ Click here to apply ]へ進んでください。

フォームに必要事項を入力すればOK。

自分は申し込みしてから10日間ほどで届きました。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月14日

ホームセンターでフェラーリキーホルダーを購入。でもパチモノだからすぐに壊れてしまった。

フェラーリのキーホルダー(でもパチモノ)

数年前にホームセンターで購入したフェラーリのキーホルダー。

フェラーリIDEA公認のマークも付いていなかったから「パチモノ」ですね。

でも数百円だったし購入。それでず~っと保管されていた。しかし、しまっておいてもしょうがないと言うことでつい最近使いはじめました。

キャップも使わずに保管してあるものがあった。しかし、使ってあげなくては可哀想だしってことでみんな使い始めました。

▼キャップの画像はこちら。
Marlboro GEARBOXのキャップです。フィオラノに行けなかった悔しさか?(2006/08/21)
FILAのフェラーリキャップを通勤時に愛用しています。(2006/08/18)

財布(マネッティ・マレリフェラーリのダブルネーム)は酷使したのでもうボロボロ。今は別のものを使っていますが、フェラーリの財布だから捨てられずに保管してあります。今度画像をアップしようかな。

で、画像のキーホルダーなんですが壊れました・・・(唖然)。やっぱ「パチモノ」はだめですね。

と言いながらパチモノでも嬉しくて購入しちゃうんですよ。きっとこれからも。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月13日

フェラーリラジコンF430スパイダー(1/20)は結構楽しい。ヘッドライトも光るし、スピンターンも出来るぞ!

モリガングのラジコン「フェラーリF430スパイダー(1/20)」パッケージ

バレンタインにフェラーリのラジコンカーをもらった。
モリガングのフェラーリF430スパイダー(1/20)だ。

モリガングのラジコン「フェラーリF430スパイダー(1/20)」

わくわくしながら箱を開けてみた。

モリガングのラジコン「フェラーリF430スパイダー(1/20)」は前進するときライトが光る!

前進するときはヘッドライトが光る。かっこいいね。

走らせて遊んでいます。スピンターンも出来るし結構おもしろいね。

▼コナミのデジQフォーミュラが寿命で動かなくなってしまった。
フェラーリF2003GAで車庫入れしてみました。(200/04/08)
コナミのサポートページを見たら、本体内の充電池は***回程度が寿命で交換は出来ない。その後はディスプレイとして飾ってください。みたいに書いてあった・・・。寂しいなぁ、走らせてこそ楽しいのに・・・。改造の方法をネットで探したが見つからない。誰か情報あったら教えてください。

だから、しばらく走らせて遊ぶフェラーリラジコンがなかった。そんなタイミングでプレゼントしてもらったのが今回のF430スパイダー。とにかくうれしい。

もらったものなのに金額を書くのはなんですが、定価2,730円で販売しているそうです。
アマゾンなら1,840円で購入可能! 安いけど十分楽しいと思う。
「F430スパイダー」だけでなく「エンツォ」もあるぞ! あいかも2台同時走行可能!
購入してみたいなぁと思った方はこちらからどうぞ!


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年2月 5日

イタリアでフェラーリのポストカードを購入。フィレンツェのお店の女の子はかわいかった。

イタリア・フィレンツェで買ってきたフェラーリのポストカード

上左
2002年モナコGPモンテカルロ市街地コースを走るフェラーリF2002。前がカーナンバー2のルーベンス・バリチェロ。後方にミハエル・シューマッハーを従えて走行。

上右
カバリーノのステッカー

下左
2002年モナコGPでフェラーリF2002を駆るミハエル・シューマッハー。

下中央
2001年カナダGPのフェラーリF2001。ルーベンス・バリチェロ。

下右
2000年サン・マリノGP アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ(通称イモラサーキット)を走るルーベンス・バリチェロのフェラーリF1-2000(カーナンバー4)。

-----------------------------------------------------

2002年12月にイタリア旅行に行った。JALパックの団体さんツアーです。
ベネツィア~フィレンツェ~ローマを回ってきました。
その時にフィレンツェで買ってきたポストカードとステッカーです。
フォトフレームに入れて飾ってもいいかなと思いつつ、ず~っと未使用で保管してありました。

日本人現地ガイドさんの案内でサンタ・デル・フィオーレ聖堂のドォーモの見学をした。その後1時間ほどの自由時間になったのでツレとお店へ直行。

実は自由時間になる前、ガイドさんと移動中にフェラーリグッズを扱うショップを見つけていたのです。

そこで自由時間にすぐさま直行です。そこで購入したポストカードとステッカーが上の画像。

決して広いお店ではないのですが、観光地の一等地にあるので目立ちます。でもお客は自分たちだけだった。
ポストカードの他にもフラッグとかポロシャツとかいろんなものを売っていました。ミニカーもいくつかありましたが残念ながら自分が買いたいと思ったモノはなかった。ミニカー以外は買わないぞと決めて行ったイタリア旅行だったのにポストカード買っちゃいました。

お店は今でもあるだろうか?お店の写真を撮影しておけばよかった・・・。まっしぐらに店内に突き進んで、購入後は満足してツレとピザ屋に移動したので忘れていました。

お店のかわいい女の子にカタコトの英語で話しかけたら、イタリア語で「ワタシハエイゴハワカリマセン」的な事を言われた。ほんの少しのイタリア語で会話しました。かわいかったなぁ。

さて、ポストカードには「F1Line」と「GranTour」の文字がある。商品名と会社名だろうか?

毎日見ているヤフーイタリアで検索して見ました。

ありましたよ!
http://www.grantour.it/
何だかなぁって感じのサイトですが・・・。


そういえば、タクシーの運転手のお兄ちゃんと話したんですが、イタリアではミハエルは「ミカエル・シューマッカ」。バリチェロは「ルーベンス・バリッケッロ」と発音するそうです。
ジャポネーゼは「ミハエル・シューマッハ」、「ルーベンス・バリチェロ」と言うんだよと教えてきました。


▼そのほかのイタリア旅行でのフェラーリのエピソードは過去の記事からどうぞ。

日本未発売のF1トランスポーター。ローマテルミニ駅のフェラーリショップでGET!(2005/12/09)
イタリアでフェラーリのトラックに遭遇。これが証拠の画像です。(2006/01/20)
ローマで448台限定モデルのフェラーリ550バルケッタに遭遇。狭い路地で渋滞を巻き起こす。(2006/01/27)
456M GTA はローマで路上駐車!盗まれないのか?写真撮ってきました。触ってきました。(2006/01/28)
イタリアでイタリアテレコムの公衆電話発見!当たり前か・・・。(2006/01/30)
イタリアで購入したフェラーリ卓上カレンダーの11月は「Ferrari 330P4」です。(2007/01/26)


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年1月31日

JAF卓上カレンダーで今年の準備はOKさ。3月はフェラーリ「248F1」。

JAF Original Calendar 2007 Formula1 表紙
JAF Original Calendar 2007 Formula1 3月はフェラーリ


JAFの卓上カレンダーを準備しました。これで仕事中もF1に熱中できます。ははは・・・。

JAFの壁掛けカレンダーを入手した記事は以前に書きました。

ネットで調べたところ卓上カレンダーがあることを知りました。
早速、沖縄のJAFに電話して問合せです。

「F1の卓上カレンダーはいくらですか?」

「会員様ですか?」

「いいえ・・・。」

「非会員は1000円です。会員であれば500円なんですが・・・。」

「そうですか・・・。今度買いにいきます。」

ってことで翌日には購入。

そこでも加入を勧められました。加入しませんでしたが・・・。ちゃっかりとJAFメイトとJAFモータースポーツは数冊もらってきましたが。


で、カレンダーについてですが、1ヶ月が1枚になっている卓上タイプ。

表紙 : トヨタ (ヤルノ・トゥルーリ)

1月 : 2006年スペインGPのスタートシーン。トップはルノーの2台。その次にフェラーリの2台。

2月 : ルノー (F・アロンソ)

3月 : フェラーリ248F1 (ミハエル・シューマッハー)

4月 : トヨタ (ヤルノ・トゥルーリ)

5月 : ホンダ (ジェンソン・バトン/ルーベンス・バリチェロ)

6月 : ウィリアムズ (マーク・ウェバー)

7月 : スーパーアグリ (佐藤琢磨)

8月 : トロ・ロッソ (スコット・スピード)

9月 : ミッドランド (クリスチャン・アルバース)

10月 : マクラーレン (ファン・パブロ・モントーヤ)

11月 : BMWザウバー (ジャック・ビルニューブ)

12月 : レッドブル (デビッド・クルサード)


このカレンダーに2007年のグランプリ開催日を書き込んで開幕まで楽しみに待つのです。
JAFもさすがです。F1開幕の3月がフェラーリの画像ってのは計算でしょう。

2007年のF1グランプリの日程はこちらです。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年1月26日

イタリアで購入したフェラーリ卓上カレンダーの11月は「Ferrari 330P4」です。

イタリアで購入したフェラーリ2003年卓上カレンダー

画像はイタリアで購入したフェラーリ2003年卓上カレンダー。11月の「Ferrari 330P4」。

イタリア旅行したのは2002年12月。

『ポストカードを買ってバチカン市国の郵便局から日本に郵送しよう!』と計画していた。
ローマの市内観光の自由時間にポストカードを販売している露店を見ていた。

トレビの泉のポストカードを買いました。

その際にフェラーリの小さな卓上カレンダー(横9センチ×縦10センチ)を発見。値段も安かったので即購入です。

カレンダーの裏には2.8ユーロ(日本円で約440円)と印刷されているが、もっと安かったと記憶している。


▼各月に紹介されているフェラーリマシン

表紙 : フェラーリF50ST(GTに見えるが、確かにSTと印刷されている。ネットで検索したが不明。)
1月 : フェラーリF50ST
2月 : フェラーリ166F2(1948/49)
3月 : フェラーリF360 Modena Challenge
4月 : フェラーリF2001
5月 : フェラーリF50GTI
6月 : フェラーリ250GTO(1964)
7月 : フェラーリF50(1995)
8月 : フェラーリ312PB
9月 : フェラーリ500TRC(1956)
10月 : フェラーリF2001
11月 : フェラーリ330P4
12月 : フェラーリ360Modena
2004年1月 : フェラーリ550Maranello GT

もったいなくて使いませんでした。
大事に旅の思い出としてしまってありました。

▼イタリア旅行でのフェラーリのエピソードは過去の記事からどうぞ。

日本未発売のF1トランスポーター。ローマテルミニ駅のフェラーリショップでGET!(2005/12/09)
イタリアでフェラーリのトラックに遭遇。これが証拠の画像です。(2006/01/20)
ローマで448台限定モデルのフェラーリ550バルケッタに遭遇。狭い路地で渋滞を巻き起こす。(2006/01/27)
456M GTA はローマで路上駐車!盗まれないのか?写真撮ってきました。触ってきました。(2006/01/28)
イタリアでイタリアテレコムの公衆電話発見!当たり前か・・・。(2006/01/30)


ちなみに、バチカン市国に行ったのが日曜日で郵便局が閉まっていました・・・。残念。
バチカン市国の切手にしたかったのだが、普通の切手を買ってポストに投函しました。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年1月24日

フェラーリストアにフェラーリ携帯電話登場!この端末Docomoから発売してくれないかな!

フェラーリストアで販売開始のフェラーリの携帯電話

フェラーリの公式オンラインショップ「フェラーリストア」を見ていたら、フェラーリの携帯端末を発見した。
フェラーリロゴがかっこいい。黒だけみたいだが、赤もあればいいのに・・・。
カバリーノのロゴ付の赤い皮製の携帯ケースも付くらしいぞ。スケドーニ製だろうか?

価格は408ユーロ(日本円で約61,000円)。高っ!

イタリアでは、女性から男性へのクリスマスプレゼントは携帯電話という情報を、NHKテレビイタリア語会話テキストで読んだ。
イタリア女性よ! 私にプレゼントしてくれ!

さて、2007/01/21の時点では、レジャーカテゴリー>ハイテックカテゴリー で表示されたのだが、今はたどり着けない・・・。どうやら売切のようだ。サイトにアップされてからあっと言う間に「SOLD OUT」ですね。

そこで、ブックマークしておいた直アドを記そう。
フェラーリストアのフラーリ携帯電話のページです。
クリックするとトップページが表示されるはずだから、Japanを選択して「Enter」してください。
カテゴリーからアクセスできない携帯電話のページにたどり着けます。
サイトから携帯電話のページが削除されていなければ、この方法でしばらくは表示されるはずだ。

2007年のフェラーリはテレコムイタリア子会社のブロードバンドサービス会社「Alice(アリーチェ)」と契約している。
以前のブログ記事でどうぞ。
テレコムイタリアグループにはテレコムイタリアモバイルという携帯会社もあるから、Docomoがフェラーリ携帯電話の携帯端末を発売することは難しいのだろうか? 是非コラボレーションしてほしいものだ。

だって、NTTドコモの「702iS」と同じモトローラの端末じゃん。提携すれば何とか可能なんじゃないの?いろんなしがらみがあるのかはわからないけどさ。何とか頼むよDocomoさん!私はDocomoユーザーですよ。昔からず~っと。以前にVodafoneがフェラーリ端末出したときも欲しかったけど乗り換えなかったんだよ。Docomoに期待しよう!

「702iS」の画像や情報はIT mediaのサイトでどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年1月 1日

空飛ぶマルボロフェラーリギアボックス。携帯ケースも付いてます。空をものすごいスピードで飛んでます。

マルボロフェラーリギアボックス

マルボロキャンペーンで入手したフェラーリギアボックスのデイバッグです。
正式名称は「フェラーリ ギアボックス パック」と言います。まぁ、いわゆるリュックです。

マルボロフェラーリギアボックス 携帯ケース(?)も付いてますマルボロフェラーリギアボックス 空を飛びます。 マルボロフェラーリギアボックス 浜田省吾を気取ってます。
画像はポップアップします。

(画像:左)携帯を入れるケースがマジックテープで取り付け可能です。
(画像:中)空を飛ばしてみました。フェラーリ並みに速く飛びます(ウソ)。
(画像:右)ミュージシャンを気取って見ました。浜田省吾みたくない?(ないよね。失礼。)

以前に同じマルボロのキャンペーンのキャップを紹介しましたが、実はデイバッグも持っていたのです。

キャップの紹介記事[画像もあるよ。]
Marlboro GEARBOXのキャップです。フィオラノに行けなかった悔しさか?

キャップは使っていますが、デイバッグは保管してありました。
あまりの派手さになかなか使えなかったです。バイク通勤でこれを背負っていたら相当目立ちますからねぇ・・・。

で、今回久しぶりに取り出して写真を撮ったってわけ。そしたらよく飛ぶこと。フェラーリF248F1にも負けませんよ。なんてたって空飛びますから。

ヤフオクではいまだに出品されてますが、高値は付いていないようです。私は売りませんから関係ありませんが。欲しい方は入札してみてはどうでしょう。注目されることは確かでしょう。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年12月13日

ジャン・アレジのテレフォンカード。セナが事故死した1994年の「412T1B」だ。

ジャン・アレジのテレフォンカード

テレフォンカードのフォルダーが出てきた。

その中に50度数の未使用のフェラーリのテレフォンカードがあった。

すっかり忘れてました!


テレカにはこの文言が書かれている。
--------------------------------
LIFE START AT 250KM
Pilota Ferrari Di Formula Uno
Produced by PR・FITT COMPACT
--------------------------------

プロ・フィット スポーティング」という会社がアレジの日本でのマネージメントをしていたという事で作られたテレカだろうか?

当時はパイオニアなどからもフェラーリのテレカたくさん出てましたからね。ヤフオクとかでも未だに出品されてたりします。

確か、池袋のサンシャインシティでテレカを扱っていたお店で買ったはず。

さて、絵柄はジャン・アレジがドライブする1994年の「412T1B」ですね。

1994年と言えば、開幕後のテストでアレジは負傷してしまい2戦を欠場した年ですね。1991年にティレルからフェラーリに移籍して4年目のシーズン。未だに1勝も出来ていませんでした。ティフォシの応援も熱烈でしたが、プレッシャーも相当なものでした。

さらに94年はサンマリノGPでは決勝中でアイルトン・セナ(ウィリアムズ・ルノー)が事故死。予選中にはローランド・ラッツェンバーガー(シムテック・フォード)が事故死するという悲しいGPでもありました。

1994年のグランプリの模様はヒストリーページで。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年11月30日

JAF F1・WRCラリー 2007年カレンダー 表紙はフェラーリ「248F1」。

JAF F1・WRCラリー 2007年カレンダーの表紙
JAF F1・WRCラリー 2007年カレンダーの裏表紙

JAFの2007年カレンダーを某所で購入しました。

JAF会員価格が800円で非会員の場合は1500円らしい。
この手のモータースポーツのカレンダーとしては割安じゃない?

表紙の「248F1」に惹かれて購入してしまいました。
やはり大きい写真は迫力ありますよね~。

あとは、奥さんにも言われたのだが・・・、

「使うの? しまっておくの?」

何年か前のフェラーリカレンダーも結局使わずに保管してあるので、これも同じ運命なのかも・・・。

貧乏性ですね、まったく・・・。

でもマニアならこの気持ち解ってくれますよね?

もったいなくて使えないって気持ち。

ちなみにJAFからは卓上カレンダーも発売されていて、そこにもフェラーリが登場しているらしい。

こちらも何とか入手したいなぁ・・・。

ちなみにカレンダーの大きさは47センチ×51センチ位。
表紙が「フェラーリ 248F1」もちろんミハエル・シューマッハー。
裏表紙にはWRCの説明が印刷されています。
紙の質が結構いいのだろうか? 丸めてあるのだが、広げても紙にクセがあまりついていないんですけど。


カレンダー部分は2ヶ月が1枚になっているタイプ。

1・2月 : ルノー (F・アロンソ)

3・4月 : シトロエン・クサラ WRC (S・ロープ/D・エレナ)

5・6月 : ホンダ (J・バトン)

7・8月 : フォード・フォーカスRS WRC (M・グロンホルム/T・ラウティアイネン)

9・10月 : スーパーアグリ (佐藤琢磨)

11・12月 : トヨタ (R・シューマッハ)


表紙以外はフェラーリぢゃないから、使ってしまおうかな。

それで表紙だけパネルにして飾ろうかな。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年11月25日

ホットウィールフェラーリ「F2002」シューマッハーのミニカーに付属していたCD-ROM

ホットウィールのCD-ROM

ホットウィールが数年前にCD-ROM付のフェラーリミニカーを販売していたことがある。
上の画像はそのCD-ROMです。

ある日、ネットでウインドウショッピング(?)していると、「F2002(1/24サイズ)CD-ROM付」なるモノを発見した。ホットウィールのミニカーでも今までCD付なんて聞いたことがありませんでした。

43サイズとベーシックカーの55サイズが中心になっていたのですが、これは買うしかないでしょう。

ところがその時は残念ながら品切れ中でした。

欲しいなぁとずっと思いつつ、それから何ヶ月か経った頃、サイトを見ていると入荷しています!
ソッコーで「カゴに入れる」。とうとう入手です。「F2002」カーナンバー1のシューマッハーのモデルです。ミニカーももちろん実際良かったのですが、CD-ROMは期待以上に良かったですね~!


で、そのCDの中に「VEROCITY X」と言うゲームが入っていました。

▼▼これがそのゲーム画面のキャプチャ画像▼▼

verocity_01.jpg verocity_02.jpg

verocity_03.jpg verocity_04.jpg

いわゆる「走りゲー」ってやつですね。

夜の都市を疾走するゲーム。自分は全くゲームをしない人なので、ゲームの完成度がどうなのか評価はなかなかできませんが十分に楽しんでいます。

しかし、何しろすべて英語。

使い方が100%理解できているわけではないので、本当はさらに楽しいのかもしれません。

車ももっと多くの車種から選択できるようなのですが鍵マークでロックされています。どうすればこれらのマシンを選択できるのかわかりません。

さらにもう1種類ゲームがあるのですが、こちらは何らかのミッションを遂行するゲームのようなのですが、英語なので理解できません・・・。

でもまぁ楽しいからいいか?

1/24サイズのミニカー(フェラーリF2002)についてはこちら

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年11月20日

アメリカシェルの非売品のフェラーリブックレット「HOW AN F1 CAR WORKS」ゲットです!

アメリカシェルの非売品のフェラーリブックレット

「HOW AN F1 CAR WORKS」というアメリカシェルが作ったブックレットです。

全20ページに及ぶフェラーリ&シェルの情報誌。

結構ボリュームありますよ。

全ページ英語(当たり前)なので私には完全に理解することはできない。でも、イラストや写真がたっぷりあるので見ていて楽しい。

エアロダナミクスのページ
▲これがエアロダイナミクスのページ▲

全部で10の分野に分かれている。
●ステアリング
●タイヤ
●サスペンション
●シャーシ
●ギアボックス
●エアロダイナミクス
●エンジン
●エレクトロニクス
●ハイドロリック
●ブレーキ

入手方法はアメリカシェルサイト内「Shell and Ferrari Motorsport」のコーナーから、[ How an F1 Car Works - Booklet Offer ]に進み、[ Non-US Residents ] へ進んでください。

[ Subscribe to the Inside Track ] をクリックして必要情報を入力すればOK。

2~3週間程度で送られてくると思いますよ。

ステッカーをゲットした時と同じカードも同封されていました。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年11月 5日

Rosso(ロッソ)特別付録DVDのフェラーリ動画は楽しい。セットにしたDVDボックスも出たね。

2004年後半あたりから雑誌「Rosso(ロッソ)」にDVDの付録がつくようになった。フェラーリにしか興味のない私なので、フェラーリが収録されたDVDの時だけ購入していた。(ネコ・パブリッシングさんごめんなさい。)そのもろもろのDVDでございます。

2006年9月に、ローソン限定でこれらのDVDの再編集バージョンが発売されていましたね。

毎号の付録のDVDに収録されていたフェラーリ動画はもちろん楽しく拝見しておりましたが、ひとつ問題が・・・。
DVDの中には、WEBサイトにリンクしていて、そこでプレゼントに応募できるというコンテンツがあった。しかし、私の住む沖縄では(沖縄以外にもこういう地域はあると思いますが)雑誌の発売日が中央(東京とか大都市)に比べて遅いのです。1週間遅れだったり、もっと遅れたり。ようやく手に入れてDVD見て、さぁ応募しようと思ったら、締め切り後だったことがある。無念・・・。

以前、モデルカーズの読者プレゼントでフェラーリのミニカーがあたったことがある。確かミニチャンプスのミハエル・シューマッハーコレクション「456GT(紺色)」だったと思うが・・・。

スクーデリアイタリアの1/24のレジンモデルも当選したことがありますよ。最近は何にも当たらないけどねぇ。

さて、雑誌「Rosso(ロッソ)」は、DVDだけではなくてドライバーとかレンチとか入れるようなツールケース(?)って言うのかな、そういうのも付録に付いてた。スーパーカーマグネットなんてときもあって、これらも買ってましたね。おまけが付く時だけ買って、付かない時は立ち読みでした。(ネコ・パブリッシングさんごめんなさい。)

最近、付録が付かないのが残念です。何かフェラーリ関連のおまけつけてください!そうしないと私はまた本屋で立ち読みですよ~。だって、ロッソはWEBで立ち読みできないから・・・。

ホビダスのデジマグで立ち読みはこちら。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年10月 4日

デアゴスティーニの週刊フェラーリラジコンカー 沖縄は4日遅れで入荷。ようやく入手しました。

以前の記事にも書きましたが、デアゴスティーニジャパンから『週刊 フェラーリ ラジコンカー』が遂に創刊されましたね。

9/26(火)発売の「週刊フェラーリラジコンカー」。でも、沖縄は4日遅れの9/30(土)に書店に並んだ。

9/26(火)午前中に行きつけの書店に行ってみた。店頭にない・・・。
商品を品出ししている店員さんに聞いてみた。

「デアゴスティーニの今日発売の『週刊フェラーリラジコンカー』は、ありますか?」

「少々お待ちください・・・。」

調べてもらったところ、

「沖縄の書店の店頭に並ぶのは30日の土曜日ですね。」

えっ! 4日遅れ? まぁ、確かにいろんな雑誌の発売は遅れますからねぇ。沖縄では当たり前と言えば当たり前か。

コンビニの場合は沖縄でも発売日に入手できるのだが、今回のデアゴスティーニ『週刊フェラーリラジコンカー』は雑誌と同じ扱いなので遅れてしまう。沖縄以外にもこういう地域はあると思うのだが、住んでいてちょっと悲しい・・・。

それで、10/2(月)に書店で入手しました。

上の画像を見てもらえればわかると思いますが、比較のために1/55サイズのホットウィール360モデナと並べてみました。
1/8サイズってことで、これはでかいですね。
ミニカーマニアならご承知のとおり1/8と言えばアマルガムとかのサイズですよね。これは完成したら相当な大きさだなぁ。タミヤ模型1/12の「641/2」より大きいわけだから・・・。

で、早速スタートアップDVD見てみました。組み立て方ガイドや実際にF2004のラジコンが走っているシーンをカメラカーが追いかけてる映像があって、気分を盛り上げますねぇ。ラジコンサーキットを疾走するF2004ラジコンの映像と実際のF2004のレースの映像を織り交ぜて編集してありました。

あと、毎号付いてくる冊子には歴代のフェラーリF1の情報が掲載されます。

創刊号 エンジニアリングの奇跡―驚異的なフェラーリF2004
2号 F1-2000:開発から世界タイトル獲得までの軌跡
3号 F2001:ナンバー「1」を背負った栄光のマシン
4号 F2002:無敵の最速マシン
5号 F2003-GA:ジャンニ・アニエリの名を持つマシン
6号 90年代のF1:テクノロジーと安全性の変革期
7号 F1-90:マンセルとプロストのコンビで勝利を重ねたマシン
8号 F1-91:フィオリオとプロスト時代の最後のフェラーリ
9号 F92 A:革新的なマシンの短くも不運なストーリー
10号 F93 A:復活への道を歩み始めたフェラーリ期待のマシン 

この冊子はそろえたいなぁ。全巻コンプリートした人はヤフーオークションとかに出すんだろうなぁ。
この冊子の情報だけまとめて発売してほしいなぁ。

まぁ、とにかく、しばらくの間はPCの前にフロントウイングとホイールを飾っておきます。

2号は店頭で見てから購入するか決めよう。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年9月21日

デアゴスティーニの1/8サイズフェラーリラジコン。欲しいけど高いよなぁ。

デアゴスティーニジャパンから2006年9月26日に『週刊 フェラーリ ラジコンカー』が創刊されますね。

創刊号~第70号までの応募券でオリジナルプロポ全員プレゼントもある。

って言うかプロポなければ走んないしね~。

でもこのプロポかっこいいんだよね。フェラーリのステアリングをデザインして作ってあるんだよね~。

プロポが京商製ってことは、ラジコンも京商製なんだろうね。

しかし、全部で78号予定していて創刊号は590円。2号以降は1390円。
しかし、本当に78号で完結するかわからないそうです。

590円×1冊=590円
1390円×77冊=107,030円
─────────────
合計      107,620円

まじですか? いくらなんでも高いんじゃない? 確かにF2004の1/8ラジコンは他にはないし、冊子とかいろんな資料が付いて来るんだろうけど・・・。

デアゴス終わってしばらくしたら、京商から1/8フェラーリラジコン発売されるんじゃないの?
ダイドー缶コーヒーキャンペーンからサークルK・サンクスキャンペーンへの流れの時みたいに・・・。

当然、京商は1/8サイズのエンジンタイプのラジコンの製品もあるし、MINI-Zでフェラーリ製品もあるしね。

とりあえず創刊号にはラジコンのDVDも付いてくるらしいし、買ってみようかな。

遂に購入しました! 創刊号購入レポートの記事はこちらです。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年9月 9日

Rosso(ロッソ)スーパーカーアルバム2006 DVDBOX! 買っちゃいました。これいいよ!

Rosso(ロッソ)スーパーカーアルバム2006 DVDBOX

8/31からローソン限定販売だというロッソの「スーパーカーアルバム2006」というDVDボックスをようやく手に入れました。

2004年~2005年頃にロッソに付録としてついていたDVDの映像の中から厳選して1枚に再編集したそうです。その頃のDVDほとんど持っているのにも関わらず、やっぱり買っちゃいました(笑)。
前回の宝島では再編集と知らずに買いましたが、今回は知った上で買いました。980円って安いよね~。

出来はもちろんネコ品質、ロッソクオリティですから安心です。宝島社には悪いですがこちらのほうが収録内容はいいですねぇ。宝島さんも今後頑張ってください! おっと、値段(880円)では宝島さん勝ってましたね。


アマゾンでも購入できませんから、今のうちにローソンで購入したほうがいいですよ~。

■DVD収録コンテンツ
1:マセラティMC12in菅生
2:エンツォ・フェラーリのタイヤテスト
3:フェラーリF430&F430スパイダー試乗
4:ランボルギーニ・ムルシエラゴ試乗
5:ノビテックROSSOF360スポーツ試乗
6:フェラーリF430&F430スパイダー東京編
7:エンツォ・フェラーリvsポルシェ・カレラGT


ちなみに 「7:エンツォ・フェラーリvsポルシェ・カレラGT」で、MJブロンディが走っている日本平(にっぽんだいら)は私の実家の近くです。静岡市と旧清水市を結ぶ「日本平パークウェイ」は、週末の深夜は救急車がよくサイレンを鳴らしながら登っていきました。静岡側の入口の近くだったのでよく聞こえました。
みんな峠を攻めてクラッシュしていたんでしょうね。

高校卒業直後、免許取立ての友人のブルーバードで土曜の深夜に頂上に行ったら、お揃いの黒いユニフォーム(笑)とお揃いの髪型(笑)をした眉毛のない怖いお兄さん達ばかりでした・・・。今で言う走り屋ではなく暴走族の皆さんが集まってましたね。最近どうなのかはわかりませんが・・・。

しかし、あの決して道幅の広くはない(はっきり言って狭い)「日本平パークウェイ」でエンツォとカレラGTは怖いでしょう。さすがMJブロンディ!

ここにも情報ありますよ~。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年8月24日

宝島のフェラーリDVD・CD買ったんですが・・・。これってよく見ると・・・。

「フェラーリサウンド DVD&CD BOX」宝島社「フェラーリサウンド DVD&CD BOX」宝島社

「フェラーリサウンド DVD&CD BOX」宝島社 を書店で発見した。


驚異のスーパープライス 2枚組で880円

芸術的なサウンド&ムービー集

エンジン音をCDで聴く! 激走シーンをDVDでみる!

こういうキャッチコピーに弱いのかな? 880円ってお得な値段ってこともあったし、以前にも宝島社の「フェラーリサウンドバイブル」っていうDVD付きのMOOKを買ったことあったし、つい手が伸びてしまいました。

「フェラーリサウンドバイブル」のブログ記事はこちら

そのブログで、「いまいち」的な発言をしていたにも関わらず買っちゃいました。

「フェラーリサウンド DVD&CD BOX」宝島社

DVD・CDの収録内容は上の画像。クリックすると大きな画像がポップアップします。


で、期待に夢を膨らませ「今度はきっと素晴らしいに違いない!」とDVDを見始めたわけですよ。

そしたら「?」・・・。何か見覚えのある映像だなぁ~。これ俺が持ってるのとおなじじゃないか? ってことで、パッケージの裏の下の方を良く見るとこんな言葉が・・・。

本商品は小社より2004年2月に発売した「宝島MOOKフェラーリサウンド伝説」及び2004年11月に発売した「宝島MOOKフェラーリサウンドバイブル」を再編集した内容となっております。なお、本商品に同梱されているDVD、CDに収録されている内容は一部を除き、前記の本と同様のものが収録されています。あらかじめご了承下さい。

ガ~ン!! ショックです。 サウンドバイブル持ってる奴じゃん・・・。 買う前にちゃんと確かめなかった自分が悪いだけどさ・・・。まぁ、いっか。

まぁ、これはこれでありだから、あんまり書店では見かけないので、購入されたい方はアマゾンにありますよ。


▼この「フェラーリサウンド DVD&CD BOX」について書かれているブログはこちら

■モン吉のモンディアル記
■コウの気ままにぶらり日記

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年8月21日

Marlboro GEARBOXのキャップです。フィオラノに行けなかった悔しさか?

マルボロ ギアボックスのキャップマルボロ ギアボックスのキャップ

スクーデリアフェラーリのメインスポンサーのMarlboro(マルボロ)が行ったキャンペーンのグッズです。

2005年春先に行われていたッキャンペーンで、マルボロのタバコのマークを集めて応募するといくらかの金額で購入することができるというものでした。確か1000円~2000円の間だったと思うが・・・。一時期ヤフーオークションに多数出品されていましたね。最近はだいぶ安い価格で出品されていますよ。

自分はタバコを吸わないので、社内でマルボロを吸っている後輩にお願いして空箱を集めました。

このキャンペーンの最大の目玉は、マルボロが行ったレッドシーシングスクールという企画で、当選者はイタリアで3人乗りF1で時速300キロ体験したり、F360でサーキット走行するとかいう内容。応募資料があったはずだが見つからない・・・。とにかくフェラーリマニアにはたまらない内容で、フェラーリ本社やギャラリー、フィオラノに訪問できるというスペシャルな内容でした。

詳細はこちらのブログで。

残念ながらイタリア行きはハズレでしたが、その悔しさから(?)グッズを購入しちゃいました。

で、このキャップ。出来はFILAのフェラーリキャップには劣りますが、「Ferrari Official Product」表示がしっかりと付いております。通勤時にFILAキャップとのローテーションで使用しております。

ちなみに、このキャンペーンで、リュック(デイパックって言うのかな?)も購入しちゃいました。こちらは後日紹介しましょう。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年8月18日

FILAのフェラーリキャップを通勤時に愛用しています。

FILAフェラーリキャップ
FILAフェラーリキャップ

FILA(フィラ)のフェラーリキャップです。

最近のフェラーリキャップなどのアパレル系は「PUMA(プーマ)製」だと思いますが、これはFILA製品。IDEAマークが付いています。

最近の「フェラーリオフィシャルプロダクト」のマークが付く以前はIDEAマークが付いていたんですよね。

このキャップは数年前に奥さんから誕生日プレゼントでもらったもの。自分はミニカーコレクターで、それに関連する書籍(雑誌やMOOK)などは購入していましたが、グッズはコレクション対象ではありませんでした。もちろん生活必需品としての財布とかは持ってはいましたが、フェラーリのミニカーだけでなくフェラーリグッズにまで手を出したら破産しちゃいますからね(笑)。奥さんの目も気になるし・・・(笑)。まぁ、300台近いミニカーを見る奥さんの目は十分怖いですが・・・。

で、このキャップは使わずに保管してありました。でも、私はミニカーのパッケージをバリバリ破いて捨ててしまうタイプの人間ですから、ある日使いたくなってしまったわけです。「やっぱり使ってあげなくちゃかわいそうだよなぁ。」ってことで。最近は通勤や、休日に炎天下に出掛けるとき活躍しています。多少の汚れは付きますが、時々洗って使っています。

実はフェラーリはいろんなグッズを今までも作って販売してるんですよね。テクニカルパートナーの企業が自社の製品にフェラーリロゴを付けて販売したりね。

オリンパスのデジカメや、Vodafoneの携帯端末などは有名ですよね。

ホビダスのフェラーリグッズページはこちら。

フェラーリの時計もありますよ。

この、FILAフェラーリキャップがきっかけと言うわけではありませんが、他にもいくつかフェラーリのちょっとしたものがありますので、これから少しずつ紹介していきたいと思っています。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年8月15日

フェラーリネックストラップです。 あれっ? ロゴがちょっと違うのでは・・・?

フェラーリネックストラップ

知人の台湾みやげでもらったネックストラップ。

何となく違和感を感じた方はフェラーリ通。

そうです。フェラーリのロゴ部分の「 i 」が違うんですね。

このネックストラップは、フェラーリオフィシャルプロダクツではないので、こうなっているのでしょうか?

でもキャバリーノ・ランパンテ(跳ね馬)マークはしっかり入っているし、「i」だけ変えてもねぇ?

私みたいなフェラーリマニアが見れば、本物でないとわかりますが、マニア以外の方はわからないですよね~。

バッタもんですが、これはこれでありでしょう。私はもらってうれしかったですしね!


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年8月12日

エンツォの紫のインクが復活。手に入れるチャンスは今だけ。お早めに!

エンツォがサインするときに紫色のインクを使っていたことはティフォシの間では有名な事実。

ただ、その紫色のインクがどこのメーカーのなんというものなのかという情報は皆無だった。まぁ、相当なマニアでなければ興味の対象にならないからね・・・。

ネコパブリッシングTipo(ティーポ)という雑誌がその「紫色のインク」の情報を調査し、最終的に復活させてしまったのだ。ティーポ恐るべし・・・。

いきさつは、Tipo(ティーポ)本誌及び、 ホビダス『エンツォ・フェラーリのパープルを追って』のページを読んでいただくとして、とにかくその執念には頭が下がります。

で、そのエンツォ・フェラーリの紫のインクはホビダスショッピングで購入できますよ。

Viola di Enzo - エンツォのパープル - 3瓶セット
商品番号 NEK00002
価格 5,000円(税込)
●パッケージサイズ:縦6.2 x 横3.9 x 奥行3.9cm
●内容量:30ml

早くしないと売切れちゃうかもよ。


ちなみに、私はフェラーリミニカーコレクターなので、このパープルのインクは買いませんが・・・。それが何か?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年5月17日

「Shell」×「ユニクロ」コラボTシャツ買っちゃいました。

「Shell」×「ユニクロ」 国際企業コラボTシャツ
「Shell」×「ユニクロ」 国際企業コラボTシャツ

Shell」×「ユニクロ」 国際企業コラボTシャツが登場。

どこにもフェラーリとは印刷されていないが、シェルはフェラーリにガソリンとオイルを供給するオフィシャルサプライヤーでもあるし、そのつながりでフェラーリ関連グッズと個人的に認定。購入したいと思っていた。

昭和シェルのサイトや、ユニクロのサイトで紹介されていたのだが、遂に店頭で入手です。

サイトではフロントのデザインと袖のシェルのロゴ(貝印)しか分からなかった。

店頭で実物を見て、バックのプリントが、給油ホースとリグ(ノズル?)じゃないですか。かっこいいですね。

フロントには、シェルヒリックスのロゴもプリントされていますし、さりげないF1マシンのシルエットもいいですね。画像でわかるでしょうか?

ちなみに黄色いミニカーは、Majorette(マジョレット)の288GTO(1/56サイズ)です。

マジョレットと発音するんだね。ずっと、マジョレッティだと思っていた。フランス語の読みはようわからん。

スーパーマーケットのお菓子コーナーやレジ横で売られているものです。
10年近く前に購入したものだったと思う。最近では版権の問題でマジョレットはミニカーのフェラーリを作っていない。フランスの会社だからプジョーとかシトロエンが多いようだ。

でも、マジョレットはフェラーリのミニカーがは作っていないけど、フェラーリのおもちゃ関係は作っている。トイザラスに行くと実物を見られますよ。

って言うかユニクロさん。シェルとコラボうれしいけどさ。フェラーリとコラボはしないのか?是非お願いしたい。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年5月 1日

フェラーリサウンドのCD・DVD本はいろいろあるけど。これはこれでアリ。

sound_bible_cd.jpg
sound_bible_seal.jpg

2004/12/29発行の宝島MOOK「フェラーリサウンドバイブル」1,155円税込です。

DVDとCD、ステッカーが付いています。

DVDにはENZOや360・F355・Dino・F40・348・456M GTの動画。

CDには360Challenge・F355Challenge・F40・456・348・550・Dinoのエンジンサウンド収録。

もっと派手な動画やサウンドを期待していたのでちょっとがっかり。
ステッカーもイマイチ・・・。

でも、まぁ、この値段ですからね・・・。

駄目って言ってるわけじゃないよ。
派手さやクオリティを追求するならもっと他のDVDやCDを購入すればいいだけのはなし。

クオリティが低いモノを否定して人に同意を求める人がたまにいるけど、それはどうかと思う。
評価するのは自由。
否定するのも自由。
でも「否定(肯定も同様だけど)」という自分の結論を人に強制するには嫌だね。
意見を求められて「好き」か、「嫌い」か答えるのはいいけどさ。
結局は「好き」か、「嫌い」かだからさ。

話がそれたけど「フェラーリサウンドバイブル」は私の大事なコレクションのひとつです。
ありがとう。宝島社

sound_bible.jpg
Amazonで宝島MOOK「フェラーリ サウンド バイブル」 購入はこちら

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2006年4月 4日

アメリカシェルのステッカー(非売品)ゲットです!

以前のブログ記事でも買いたが、アメリカシェルのサイトのフェラーリコンテンツは「スクリーンセーバー」、「壁紙」、「画像」などが充実している。

実はそこに「Free Sticker」なるコンテンツがあるのだ。これはフェラーリのステッカーをユーザーに提供するというコンテンツ。

もちろん、アメリカシェルのサイト限定。昭和シェルでも手に入らない非売品。

アメリカからエアメイルでようやく届きました。

shell_letter.jpg

▼これがステッカー。▼



「248F1」は開幕前のテストカーですね。フロントウイングが子持ちタイプですから。
「F430」のチャレンジ仕様もあります。
給油マンがあるのはシェルならではですね。


▲こういうカードも同封されていた。 2枚じゃなくて、1枚の表裏です。

う~ん・・・。もったいなくてシールは使えん。もう1セット手に入れよう!

アメリカシェルのサイト
▲このページから [ Non US residents click here to apply ] へ進んで申し込みです。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.