2007年10月22日

第17戦 ブラジルGP決勝 キミ・ライコネンがワールドチャンピオン獲得! フェラーリに奇跡が起きた!

キミ・ライコネンワールドチャンピオン!フェラーリダブルタイトル獲得


第17戦 ブラジルGP決勝

キミ・ライコネン 優勝


フェリペ・マッサ 2位


3位 フェルナンド・アロンソ
7位 ルイス・ハミルトン


◆ドライバーズポイント
1位 110pt キミ・ライコネン(優勝6回 表彰台12/17)
2位 109pt ルイス・ハミルトン(優勝4回 表彰台12/17)
3位 109pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台12/17)
------------------------------------------------------------
4位 94pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台10/17)

チャンピオンシップポイントはこちら


おめでとうスクーデリア・フェラーリ!

おめでとうキミ・ライコネン!

マッサ良くやった!


とにかくテレビの前で手に汗握りながら見てました。
スタート直後の1コーナーをマッサ、ライコネンで通過してまずは一安心。ハミルトンがコースオフして順位を落としてガッツポーズ。さらにハミルトンのギアボックストラブルで思わず歓喜しました。そのままリタイアすると思ったんですが、ギアの調子が元に戻りましたね。2回目のピットストップでライコネンがマッサの前に! 

後はハラハラしながら最後まで見てました。今シーズンの苦労が報われました!
スパイ事件やアロンソとハミルトンの確執などの激動の2007年シーズンは劇的な終わりを遂げてフェラーリがダブルタイトルを獲得!

しかし、ここまで予想というか期待どおりになったのは本当に奇跡だ。

今までテクニカルトラブルのなかったマクラーレン・ハミルトンにギアボックストラブル、堅実な走りをしてきたハミルトンがドライビングミス。アロンソはペースが上がらない。そして、フェラーリはオープニングラップからワンツー体制で圧倒的な速さでマクラーレンを寄せ付けない。そして、ライコネン、マッサでワンツーフィニッシュ。そしてライコネンがワールドチャンピオン!

ティフォシがティフォシの為に書いたようなストーリーだ。

1983年の三つ巴と同様、一番不利な3番目の男がワールドチャンピオンを獲得した。
当時はウィリアムズ・ホンダのナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケが圧倒的有利の中、3番目の男 - マクラーレンTAGポルシェのアラン・プロスト - がワールドチャンピオンを獲得。
今回は、マクラーレンが当時のウィリアムズ・ホンダの悔しさを味わったことになる。
1983年の三つ巴の動画はこちら。

ちなみに、ウィリアムズとBMWザウバーに燃料温度違反があったことが発覚し、レース後に審議対象になっていた。その後、レース審査委員は処分なしと発表しライコネンのタイトルが確定した。

しかし、マクラーレンが抗議しているらしい。ウィリアムズとBMWザウバーが燃料温度違反で失格になれば、ハミルトンの獲得ポイントが変更になりハミルトンがドライバーズタイトル獲得になるからだ。

まさか、覆るとは思わないが何があってもおかしくないのがF1。ちょっと不安だ。

早く、確定してほしいものだ。

ライコネンのチャンピオン獲得でフェラーリ公式サイトから目が離せない。何かしらのスペシャルコンテンツが公開される可能性が高い。

フェラーリ公式サイトのスペシャルコンテンツのリストはこちら。

シェルのサイトも注目です。こちらも何か特別なコンテンツが公開されるのではないだろうか?

ステッカーあるいはブックレットを出してくれると嬉しいのだが・・・。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月21日

第17戦 ブラジルGP予選 最終戦でフェラーリライコネンの逆転チャンピオンなるか?

第17戦 ブラジルGP開幕。

16戦を終わり、フェラーリ8勝 VS マクラーレン8勝。

◆ドライバーズポイント
1位 107pt ルイス・ハミルトン(優勝4回 表彰台12/16)
2位 103pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台11/16)
3位 100pt キミ・ライコネン(優勝5回 表彰台11/16)
------------------------------------------------------------
4位 86pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台9/16)

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


ライコネンはハミルトンと7ポイント差、アロンソと3ポイント差。
3人のチャンピオン獲得の条件はいろいろと複雑ですが、ライコネンはとにかく自分が優勝することを考えて走ったほうがいいでしょう。2位でももしかしたら・・・なんて考えているとダメでしょうね。

Forza! ライコネン!


さて、今回のブラジルGP。私はいつもどおりフジテレビ地上波での観戦なんですが、今回も放送がありません。沖縄に限らず、地方局では地上波で予選を放送するつもりがないんでしょうね・・・(泣)。

ブラジル インテルラゴスサーキットを空から見る
1993年ブラジルGP 雨の波乱の動画はこちら。

1986年の最終戦の三つ巴の戦いの動画はこちら。

ウイリアムズ・トヨタはアレクサンダー・ブルツに変わり中嶋一貴が出走ですね。日本人ドライバーが3人なんてバブルの頃みたいだ。

■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
19位  中嶋一貴  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
18位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
17位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
15位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
14位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
13位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
12位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
11位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)


Q3 1位~10位確定。

10位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
9位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
6位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
5位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
4位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)


マッサが母国でポール・ポジション! ハミルトンを挟んでライコネンが3位。その直後にアロンソ。

三つ巴+マッサで楽しい決勝になりそうだ。自分の最良の結果はマッサがポール・トゥ・ウィン、ライコネン2位フィニッシュ。マクラーレンは2台ともリタイア! これでライコネンがワールドチャンピオン。マッサも2年連続母国優勝。期待しながら決勝を見よう!

しかし、予選もテレビでみたいよね~。だからってCS契約できないですよ~。地方局頑張ってくれよ~。

決勝も放送時間が真夜中でつらいなぁ。でも、フジテレビ地上波のリアルタイムで見るぞ~!

頑張れライコネン!


もちろんマッサもがんばれ!


Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月12日

空から見よう! 第17戦ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(インテルラゴスサーキット)

空から見よう! 第17戦ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴスサーキット)

●第17戦ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴスサーキット)を空から見る。

ブラジルGPの舞台「インテルラゴスサーキット」。正式名称はアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ。

「ホセ・カルロス・パーチェ」はブラジル・サンパウロ州出身の元F1ドライバー。1977年に飛行機事故で死亡。唯一の優勝サーキットであるインテルラゴスサーキットは、アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェと改名された。アウトドローモは「サーキット」の意。

インテルラゴスは、ゲームセンターで結構走りこみました。タイトな8コーナーと11コーナーでコースオフすることが多かった。このインフィールドセクションをうまく走らないとタイムが伸びないんですよね~。

ブラジルGPで思い出すのは1993年。大雨の中、プロスト(ウィリアムズ・ルノー)がリタイアしたり大荒れのレースでした。アイルトン・セナ(マクラーレン・フォード)とプロストの対決がシーズンを盛り上げました。後にライバル関係となるデイモン・ヒル(ウィリアムズ・ルノー)とミハエル・シューマッハー(ベネトン・フォード)も、セナ・プロの脇役って感じのシーズンでした。

今年も1993年の時くらいの波乱がないと、ライコネンの逆転チャンピオンはつらいかな~。雨降ってくれ~! 雨乞いしよっ。

ちなみに、1993年のフェラーリチームはドン底の状態でした。上の動画でも全く映りません・・・。
フェラーリ初のアクティブ・サスペンションはまだ熟成されていないし、F93Aはジョン・バーナードのニューマシンが完成するまでのつなぎ役でしかなかったしね。
ドライバーズランキングはアレジ6位、ベルガー8位。コンストラクターズも4位だった。

1993年のF1グランプリプレイバックはこちら。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月 8日

第16戦 中国GP決勝 ライコネン優勝! ハミルトンリタイア。奇跡が起きた!フェラーリ F1参戦200勝目!

第16戦 中国GP決勝

キミ・ライコネン 優勝


フェリペ・マッサ 3位


スクーデリア・フェラーリ F1参戦200勝目!

F1で757戦に参戦したフェラーリの記念すべき200勝目。
おめでとうスクーデリア・フェラーリ! おめでとうキミ・ライコネン!

さて、中継が始まった時、上海には小雨が降っているようだった。まさか、またセーフティーカー先導スタートなのか? それはつまらなくてきらいだ。しかし、何とか通常スタートで始まった。

オープニングラップでのマッサとアロンソのバトルは熱かったですね。マッサが前で良かった。

レインタイヤからドライタイヤへの交換のタイミングとか、今回のグランプリは観戦している立場からは楽しかった。何か波乱があるのではないかと期待できた。

ライコネンの逆転チャンピオンには、マクラーレン2台のリタイアとライコネンの優勝を期待していたのだ。そこまでいかなくて何かしらの波乱を期待しながら見ていた。

マクラーレンの今シーズンの信頼性やハミルトンの堅実な走りからリタイアする可能性は低いと思っていたのだが、まさか、ハミルトンがピットレーン入り口でグラベルにつかまるとは思わなかった。これが今シーズン初のリタイア。次のブラジルもリタイアしてくれよ!ハミルトン!

◆ドライバーズポイント
1位 107pt ルイス・ハミルトン(優勝4回 表彰台12/16)
2位 103pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台11/16)
3位 100pt キミ・ライコネン(優勝5回 表彰台11/16)
------------------------------------------------------------
4位 86pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台9/16)

チャンピオンシップポイントはこちら

次は2週間後の10/21 マッサの母国GP、ブラジルGP! アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ!最終戦だ。 

さぁ、ライコネン。逆転チャンピオンだ! マクラーレン リタイアしてくれ~!


追伸:
盛り上がった今回の中国GPだが、唯一不快な点があった。フジテレビ地上波放送をご覧になった皆さんであればわかると思います。 そう! そうなんですよ! 今回のフジテレビのアナウンサー最低でした。福永一成というアナウンサーでしたが、間違えるし、噛んでるし、ろれつ回ってないし、絶叫してるし、F1に詳しくないようで的外れな実況だし・・・。この人、F1中継初めてなのかな? フジテレビ地上波のF1決勝は、ほとんどすべて見てますけど、今までに登場したか記憶にない。しかし、こんなに下手なら記憶があるはずだけど・・・。古館伊知郎の実況も大嫌いだったけど、今回の福永アナもダメですね。プロならもうちょっと練習してから登場してほしいです。
最終戦ブラジルGPは西岡アナらしいので、少しは安心して見られるでしょう。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月 7日

第16戦 中国GP予選 沖縄はまた地上波予選放送しないのかいっ! ライコネン2位、マッサ3位。

第16戦 中国GP開幕。

15戦を終わり、フェラーリ7勝 VS マクラーレン8勝。


◆コンストラクターズポイント(第15戦日本GP終了時点)
フェラーリ   170(優勝7回 表彰台18/30)
BMW      92(優勝0回 表彰台2/30) 
マクラーレン   0(優勝8回 表彰台22/30)

◆ドライバーズポイント
1位 107pt ルイス・ハミルトン(優勝4回 表彰台12/15)
2位 95pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台10/15)
3位 90pt キミ・ライコネン(優勝4回 表彰台10/15)
4位 80pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台8/15)

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


ドライバーズポイントはライコネンが17ポイント離されている。マッサはチャンピオン獲得は不可能だが、ライコネンには本当に僅かながら可能性が残されている。残り2戦でマクラーレン2台がノーポイントでライコネンが2戦連続優勝というほとんど不可能にちかいシチュエーションが必要ですが。

Forza! ライコネン!

土曜日に私の住む沖縄を通過し中国に向かっている台風が波乱の決勝にするだろうか?

ルイス・ハミルトンがアロンソに11ポイント差をつければルーキーがワールドチャンピオン獲得という偉業を達成することになる。もしそうなれば、アロンソは来期マクラーレンには残らないんじゃないかな・・・。ルーキーに負けてアロンソがカーナンバー2で来年走るとは思えない。アロンソって短気そうだし、プライドも高そうだからね。まっ、あくまで私の個人的な推測ですが・・・。

さて、今回の中国GP。私はいつもどおりフジテレビ地上波での観戦。

東京や大阪、愛知では土曜深夜に地上波で予選を放送するらしいですが、私の住む沖縄をはじめ、地方では予選の地上波放送がないところが多い。地方ではテレビのチャンネルが少なく、土曜深夜には系列局以外の番組の放送が割り込みで入ったりしますからね。F1人気のかげりも影響しているのかもしれませんが・・・。CS契約すればって事でしょうが、先立つものが・・・。

私が沖縄に移住してきた1994年当時、F1の決勝の放送が8日遅れって事がありました。驚きましたよ。東京では日曜夜に放送されていた決勝が翌週の月曜深夜(-翌日の月曜ではなく8日後の月曜-)に放送された事があります。もちろん沖縄テレビ(OTV)に苦情の電話をかけましたよ。いろんな言い訳してましたけどね・・・。しばらくしてから、流石に決勝は東京の地上波と同じ日時に放送されるようになった。自分の苦情の電話の効果とは思いませんが。

で、今回も沖縄の地上波では予選の放送はなし。ネットで情報収集です。

■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
19位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
18位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
17位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
15位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
14位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
13位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
12位  ▲(5グリッド降格)セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
11位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)


Q3 1位~10位確定。

10位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
9位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
8位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
7位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
6位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
5位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
4位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
2位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
1位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)

セバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)の日本GPでのペナルティで10グリッド降格はなしになったそうだ。しかし、今回の予選でコバライネンのアタックを妨害したとして5グリッド降格。ついてないのか、下手なのか・・・。

日本GPでハミルトンの急減速が原因とも言われていた「ベッテルがマーク・ウェーバーに追突したシーン」をYouTubeで見ました。現在は削除されてしまっています。ハミルトンへのペナルティも検討されたがおとがめなしになりました。強いとたたかれる。F1の悪しき習慣ですね。

ライコネンはフリー走行3でマシントラブルがあったようですが、グリッド降格に関連するトラブルではなかったようだ。よかった。ホントに今年のフェラーリはトラブル多いですね。

レッドブルが上位なのは何故だ? 燃料軽くして予選重視か? ラルフ突然速くねぇ? 地上波予選やってくれよな~。

頑張れライコネン!

もちろんマッサもがんばれ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年10月 1日

第15戦 日本GP決勝 ライコネン3位!マッサ6位! フェラーリ完敗・・・。

第15戦 日本GP決勝

フェリペ・マッサ 6位



キミ・ライコネン 3位

中継が始まった時、フジスピードウェイには雨が降っていた。
波乱が期待できると思った。もちろんマクラーレンが2台ともリタイアするという波乱ね。しかし、これではスタートはセーフティーカー先導だから、スタート直後の1コーナーでのオーバーテイクは期待できないと思った。そのとおりだったね。

まぁ、それは仕方ないとして、何故かフェラーリがタイヤ交換にピットイン・・・。みんなエクストリームウェットタイヤ(大雨用の溝の深いタイヤ)だったのに、フェラーリのみがウエットタイヤを装着していた。なぜ、フェラーリがそんなタイヤ選択をしたのだろう? そこまで賭けにでる必要があったのだろうか?「全マシンがエクストリームウェザータイヤの装着を義務づけられていたが、フェラーリは事前にこのルールを承知しておらず、通常のウェットタイヤを履いていた。」そうだ。全く、なぜそんなことになるんだろう?ペナルティの対象にならなくて良かったが、これがなければ違う結果になっていたかもしれないだけに残念だ。

しかし、セーフティーカーの先導長かったね~。19周もの間、セーフティーカー先導じゃつまらないね。これじゃ、世界中で見ているF1ファンを満足させられないぞ~。「ニッポングランプリ サイテー デス!」なんて言われてしまうぞ~。

67周レースで残り47周で大波乱のレースがスタートした。接触やスピン、コースオフ・・・。アロンソはついていなかった。接触されてパーツを壊し、それが原因で単独クラッシュ。ハミルトンとは対照的に不運でした。

マッサも不運だった。スピンしたり、接触したり、ペナルティを受けたり・・・。ラストラップのクビサとのバトルはすさまじかったね。意地をみせてくれました。

F1初心者にとっては、クラッシュがあったり、琢磨のマシンで火がでたりとか、「F1ってスゲー」って楽しかったかもしれないね。でも、何でドライブスルーペナルティ?とか、セーフティーカーばっかり?とか、2時間ルールって何よ?とか、知っているドライバーいないし、ミハエル・シューマッハーはどこ? トヨタもホンダもスーパーアグリも駄目じゃん! なんて思ったかもね。

終わってみれば、ハミルトンが優勝。ワールドチャンピオンにまた一歩近づいた。


◆コンストラクターズポイント(第15戦日本GP終了時点)
フェラーリ   170(優勝7回 表彰台18/30)
BMW      92(優勝0回 表彰台2/30) 
マクラーレン   0(優勝8回 表彰台22/30)

◆ドライバーズポイント
1位 107pt ルイス・ハミルトン(優勝4回 表彰台12/15)
2位 95pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台10/15)
3位 90pt キミ・ライコネン(優勝4回 表彰台10/15)
4位 80pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台8/15)

チャンピオンシップポイントはこちら

次は1週間後の10/7 中国GP! 上海インターナショナル・サーキット! 残りは2戦。 さぁ、フェラーリ! とにかく勝ってくれ~! マクラーレン リタイアしてくれ~!

残り2戦連続でライコネンが優勝して20ポイント獲得して、ハミルトンとアロンソが2戦連続でノーポイントなら、ライコネンがワールドチャンピオンだ! 他力本願だがこれが唯一の希望。頑張れライコネン!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月30日

第15戦 日本GP予選 ライコネン3位、マッサ4位。またまたフェラーリセカンドローに沈む・・・。

第15戦 日本GP開幕。

14戦を終わり、フェラーリ7勝 VS マクラーレン7勝。

◆コンストラクターズポイント(第14戦ベルギーGP終了時点)
フェラーリ   143(優勝7回 表彰台17/28)
BMW      90(優勝0回 表彰台2/28) 
マクラーレン   0(優勝7回 表彰台21/28)

◆ドライバーズポイント
1位 97pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台11/14)
2位 95pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台10/14)
3位 84pt キミ・ライコネン(優勝4回 表彰台9/14)
4位 77pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台8/14)

ドライバーズポイントはマッサは大きく23ポイント離されている。ライコネンも18ポイント差。

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


予選が始まったわけだが・・・・。

私はいつもどおりフジテレビ地上波での観戦。
フジテレビでは9/29(土)13:50~15:26まで生中継したらしいですね。いいですね・・・。

私の住む沖縄では9/29(土)深夜25:45~27:21に録画放送でした。沖縄以外の地域でも生中継でなかったところがあるらしかったですね。

昼間にネットにアクセスするのを避けて深夜に望みました。だって、結果を知ってから予選を見るってつまらないからね。ネットを見ているとYahoo!のニュースヘッドラインでも情報が出るかもしれないので、PC自体から離れていました。ひさしぶりにペーパークラフトを少しだけ進めました。

フジテレビのニュースとかでもやるかもしれないので、それも極力避けて、家族にも「決してF1予選の結果を言わないこと」と口止めしておきました。


■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
20位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
19位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
18位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
17位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)

Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
15位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
14位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
13位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
12位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
11位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)


Q3 1位~10位確定。

10位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
9位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
8位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
7位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
6位  ▲ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ) エンジン交換により10グリッド降格
5位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
4位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)


雨と霧の影響でフリー走行3回目が中止になったとは知らなかった。確かに富士の裾野はそういう天気が多い。フォーミュラニッポンでもそういうシチュエーション多かったしね。私は静岡出身で富士には学校のキャンプで行ったりとかして、濃霧も経験してますし・・・。

予選中継が始まった時、雨が降っていたのでこれは何か波乱が起きるかもしれないと内心期待した。もちろん、フェラーリにではなくマクラーレンにね。雨がひどくなってタイムを残せずQ3で脱落とか、クラッシュするとか、そうでもしないと、決勝でアロンソとハミルトンの二人がポイントゼロでマッサ、ライコネンのワンツーフィニッシュが期待できないからだ。しかし、結局マクラーレンにフロントローを独占されてしまった。フェラーリは2列目・・・。

ドライバーズタイトルは限りなく難しいが、可能性がゼロではない!
決勝もこの天候なら波乱が期待できるぞ!

頑張れマッサ! & ライコネン!

Forza! Ferrari!!

PS:決勝はさすがに沖縄でもフジテレビと同じ放送時間(9/30(日)13:10~)です。良かった。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月17日

第14戦 ベルギーGP決勝 ライコネン優勝!マッサ2位! フェラーリワンツーフィニッシュ!

第14戦 ベルギーGP決勝

フェリペ・マッサ 2位



キミ・ライコネン 1位

終わってみれば、予選でフロントロー独占。決勝もライコネン、マッサのワンツーフィニッシュ。スタート直後の1コーナーもライコネン、マッサの順に無事通過し、一度もポジションを落とすことなくフィニッシュ! 完全勝利ですね。マッサはもう少しライコネンにプレッシャーかけられるぐらい接近して欲しかった。どちらがナンバーワンドライバーとかチームオーダーを出すとかはないし、カーナンバーも若いナンバー(No.5)をマッサが付けていて、フェラーリではライコネンよりも先輩なんですから。

スタート直後のマクラーレン同士のサイドバイサイドでアロンソがハミルトンを押し出した。ここで接触でもして2台ともリタイアしてくれればもっと良かったんだが・・・。残り3戦でこの2人のバトルは楽しみですよ。昔のセナ・プロみたいにシケインで接触とか、スタート直後に接触とかあるかもしれませんからね~。

◆コンストラクターズポイント
フェラーリ   143(優勝7回 表彰台17/28)
BMW      90(優勝0回 表彰台2/28) 
マクラーレン   0(優勝7回 表彰台21/28)

◆ドライバーズポイント
1位 97pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台11/14)
2位 95pt フェルナンドアロンソ(優勝4回 表彰台10/14)
3位 84pt キミ・ライコネン(優勝4回 表彰台9/14)
4位 77pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台8/14)

チャンピオンシップポイントはこちら


マクラーレンの失格でコンストラクターズチャンピオンはフェラーリが獲得した。

マッサはトップのハミルトンと20ポイント差。ライコネンは13ポイント差。マクラーレンはマシンの信頼性が高くリタイアしない。いくらライコネンとマッサがワンツーフィニッシュしても、マクラーレンがノーポイントでなければこの差は縮まらないだろう。残りも3戦しかないし・・・。

トップ4は磐石なレース運びというか、見ているほうにはつまらない展開。中団グループはバトルが激しく見ていて楽しかった。オーバーテイクもあったしね。

次は2週間後の9/30 日本GP! 富士スピードウェイ! 残りは3戦。 さぁ、フェラーリ! とにかく勝ってくれ~! マクラーレン リタイアしてくれ~!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月16日

第14戦 ベルギーGP予選 ライコネンポール!マッサ2位。フェラーリフロントロー独占!

第14戦 ベルギーGP開幕。

13戦を終わり、フェラーリ6勝 VS マクラーレン7勝。

◆コンストラクターズポイント(第13戦イタリアGP終了時点)
マクラーレン 166(優勝7回 表彰台20/26)
フェラーリ   143(優勝6回 表彰台15/26)

しかし、マクラーレンの2007年失格によりコンストラクターズポイント剥奪が決定した。
◆コンストラクターズポイント(第14戦ベルギーGP開幕時点)
1位 フェラーリ 143(優勝6回 表彰台15/26)
2位 BMW     86(優勝0回 表彰台2/26)

ナイジェル・ステップニーとマイク・コフランのスパイ疑惑から始まって今回のFIAの裁定。
ドライバーズポイントはそのままとなりましたが、マクラーレンのコンストラクターズポイント剥奪となった。
今シーズンのコンストラクターズチャンピオンをフェラーリにほぼ確定だが素直に喜べるものではない。

ポイント剥奪といえば、1997年シーズンを思い出してしまう。
最終戦ヨーロッパGP(ヘレス)で、ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)が、ジャック・ビルニューブ(ウイリアムズ・ルノー)と接触。ミハエルのドライバーズポイントを剥奪された。フェラーリのコンストラクターズポイントは有効となったが、後味の悪いシーズンだった。
1997年のプレイバックはこちら。

今回もF1の歴史に汚点を残すシーズンになってしまった・・・。


ドライバーズポイントは現状のまま有効だ。マッサは大きく23ポイント離されている。ライコネンも18ポイント差。

◆ドライバーズポイント
1位 92pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台11/13)
2位 89pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台9/13)
3位 74pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台8/13)
4位 69pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台7/13)


現在のチャンピオンシップポイントはこちら

予選が始まった。

いつもながらのフジテレビ地上波の予選を見始めます。いきなりQ1も残り少ない時間から放送スタート。しかし、マッサがガレージにいてタイムを残せていない! 何があったんだ? 大丈夫なのか? その後、しっかりとタイムを残しQ2進出したので一安心です。
Q2での最速はライコネンだった。これは期待できそうだ。
Q3では珍しくアロンソのスピン。グラベルにはまれば、ノータイムで10番手だったのに・・・と思った。

■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
20位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
19位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
18位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
17位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
15位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
14位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
13位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
12位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
11位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)


Q3 1位~10位確定。

10位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
9位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
8位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
7位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
6位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
2位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
1位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)


公式予選でフロントローを独占するのは昨年の日本GP以来約1年ぶりだってさ。そんなに久しぶりだったんだね。
ドライバーズタイトルを考えれば、決勝では自力でフェラーリがワンツーフィニッシュをして、他力本願でマクラーレンの2台がマシントラブルでリタイアして欲しい。

まずは、スタート直後のラ・ソースを無事に通り抜けて欲しい。アロンソとハミルトンが強引に仕掛けてくるだろうからね。今年は天気は悪くはないと思うので、1998年のようにスタート直後の多重クラッシュはないと思うけど、注意してほしいね。
1998年のスタート直後の多重クラッシュの動画はこちら。
グーグルマップでスパ・フランコルシャンを見る方はこちら。


ドライバーズタイトルは限りなく難しいが、可能性がゼロではない!

頑張れマッサ! & ライコネン!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月15日

空から見よう! 第14戦ベルギーGP スパ・フランコルシャン

空から見よう! 第14戦ベルギーGP スパ・フランコルシャン

●第14戦ベルギーGP スパ・フランコルシャンを空から見る。

ラ・ソースからオー・ルージュは見もの。気まぐれなスパ・ウェザーもレースを左右する要因。

1998年の多重クラッシュの動画はこちらからどうぞ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月10日

第13戦 イタリアGP決勝 フェラーリ完敗・・・。ライコネン3位 マッサリタイア・・・。

第13戦 イタリアGP決勝

フェリペ・マッサ 10周リタイア



キミ・ライコネン 3位

スタートではマッサがハミルトンを抜いたと思ったのだが、再度ポジションを奪われた。ハミルトンはああいうところが思い切りがよくて、それが悪い方、例えば接触によるポジションダウンとか、リタイアにならないんだよね・・・。不思議だ。普通ルーキーってああいうところで失敗することが多いよね?


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 166(優勝7回 表彰台20/26)
フェラーリ   143(優勝6回 表彰台15/26) 

◆ドライバーズポイント
1位 92pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台11/13)
2位 89pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台9/13)
3位 74pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台8/13)
4位 69pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台7/13)

チャンピオンシップポイントはこちら


コンストラクターズポイントは11から23に開いてしまった。

マッサはトップのハミルトンと23ポイントも離されてしまった。残りレースで上位陣がトラブルでノーポイントになってもらわない事には、逆転チャンピオンは難しいだろう。今年のマクラーレンは去年までが嘘のようにノートラブルだ。対照的にフェラーリにトラブルが多いのが困ったものだ。

今回もフェラーリの聖地モンツァだと言うのに、マッサはリアサスペンションのメカニカルトラブルでたった10周でリタイアとは情けない。ミハエルのいた頃には信じられない状況ですよ。昔のアレジ、ベルガー、プロスト、マンセル在籍時の暗黒時代のようだ。

深夜のフジテレビ地上波放送を見ていましたが、マッサのリタイアで見ているこちらのモチベーションが下がってしまった。

ライコネンが1ストップ戦略? これが、フェラーリの戦略だったのか・・・。はっきり言って情けない。マシンのスピードが足りないから、1ストップにせざるを得なかったと言うのが本当のところでしょう。戦略が違うから比較は出来ないが、最高速も伸びなかった。これでは高速サーキットではフェラーリが有利とは言えない。スパ、富士も高速区間があるので心配だ。はっきり言って今回の結果には不安要素が多すぎる。ショックです・・・。

次は1週間後の9/16 ベルギーGP! スパ-フランコルシャン。 残り4戦。 さぁ、フェラーリ! とにかく意地を見せてくれ~!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月 9日

第13戦 イタリアGP予選 マッサ3位、ライコネン5位。大丈夫か?フェラーリ?

第13戦 イタリアGP開幕。

12戦を終わり、フェラーリ6勝 VS マクラーレン6勝。

◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 148(優勝6回 表彰台18/24)
フェラーリ   137(優勝6回 表彰台14/24) 

◆ドライバーズポイント
1位 84pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台10/12)
2位 79pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台8/12)
3位 69pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台7/12)
4位 68pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台7/12)

現在のチャンピオンシップポイントはこちら

■昨年(2006年)のイタリアGP結果
■予選
 シューマッハー 2位
 マッサ 4位

予選レポートはこちら。

■決勝
 シューマッハー 1位
 マッサ 9位

ミハエルの引退発表もありました。 決勝レポートはこちら。


予選が始まった。

いつもながらのフジテレビ地上波の予選を見ます。いきなり、ライコネンのフリー走行でのクラッシュの映像でスタートですよ・・・。大丈夫か?ライコネン!
アスカリシケインで曲がれずにウォールにぶつかり、そのまま直進タイヤバリアに激突。よく怪我しなかったね。まっすぐぶつかったのに・・・。左フロントタイヤだけがステア出来てなかったように見えるけど。


■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
19位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
18位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
17位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
15位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
14位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
13位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
12位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
11位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)


Q3 1位~10位確定。

10位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
9位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
8位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
7位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
6位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
5位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
4位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
3位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)


マクラーレンがフロントロー独占・・・。セナ・プロ以来だってさ。フェラーリはマッサが3位。ライコネンが4位でセカンドローか・・・。と思っていたらハイドフェルドが4位に・・・。ライコネンどうした?
ホント、フェラーリには速さがなかった。Q2のタイムもマクラーレンが速かったしね。決勝での戦略に期待しましょう。

頑張れマッサ! & ライコネン!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年9月 6日

空から見よう! 第13戦イタリアGPモンツァ・サーキット。グーグルマップでF1マシンを確認しよう!

空から見よう! 第13戦イタリアGP モンツァ・サーキット

グーグルマップの画像に注目! 丁度F1が開催されている時じゃない? パドックにはカラフルなトランポやモーターホームがあります。コース上にも何台かマシンが走っているみたいですけど!みんなも確認してみて!

●第13戦イタリアGP モンツァ・サーキットを空から見る。

正式名称はアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ。当然、スタンドはティフォシで埋め尽くされる。
超高速サーキット。レズモやパラボリカは注目だろう。オーバーテイクや接触、タイヤバースト、高速クラッシュ、多重クラッシュなど目が離せないレースになるはず。
1990年代前半のフェラーリの暗黒時代には、アレジとベルガーがフェラーリでワンツー走行中にアクシデントが発生するなど、悪い意味で記憶に残るレースがあった。1995年のイタリアGPプレイバックはこちら。

去年(2006年)のモンツァは盛り上がりました。地元でミハエルが優勝しましたからね。

■予選
 シューマッハー 2位
 マッサ 4位

予選レポートはこちら。

■決勝
 シューマッハー 1位
 マッサ 9位

決勝レポートはこちら。

ミハエルが優勝してアロンソに2ポイント差にまで詰め寄った。
そして、決勝後のミハエル引退発表・・・。

今年は地元でフェラーリのワンツーが見たいぞ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年8月27日

第12戦 トルコGP決勝 フェラーリ復活!マッサ優勝!ライコネン2位!ワンツーだ!

第12戦 トルコGP決勝

フェリペ・マッサ 1位



キミ・ライコネン 2位

マッサの見事なポールトゥウィンでしたね。まぁ、一部の人には「マッサはこういうパターンでしか勝てない」とか言われたりしてますけど・・・。でも、いいんです!
マッサ、ライコネンのワンツーフィニッシュですからね! これで、マクラーレン勢がリタイアしてくれてたら良かったんですが・・・。ハミルトンのタイヤバーストでリタイアだと思ったんですけどねぇ・・・。
フェラーリの速さが見られたレースでしたね。残りのレースが楽しみだ!


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 148(優勝6回 表彰台18/24)
フェラーリ   137(優勝6回 表彰台14/24) 

◆ドライバーズポイント
1位 84pt ルイス・ハミルトン(優勝3回 表彰台10/12)
2位 79pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台8/12)
3位 69pt フェリペ・マッサ(優勝3回 表彰台7/12)
4位 68pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台7/12)


マッサはトップのハミルトンと21ポイントから15ポイント差に縮めた。頑張れマッサ! 残り5戦! まだ何があるかわからない! あきらめるな!


チャンピオンシップポイントはこちら

次は2週間後の9/9 地元イタリアGP! アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ。 残りは5戦。 さぁ、フェラーリ! 地元でワンツー!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年8月26日

第12戦 トルコGP予選 マッサポールポジション! ライコネンは3番グリッド! フェラーリ復活か!?

第12戦 トルコGP開幕。


11戦を終わり、フェラーリ5勝 VS マクラーレン6勝。


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 138(優勝6回 表彰台17/22)
フェラーリ   119(優勝5回 表彰台12/22)

◆ドライバーズポイント
1位 80pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台10/11)
2位 73pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台7/11)
3位 60pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台6/11)
4位 59pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台6/11)

現在のチャンピオンシップポイントはこちら

■昨年(2006年)のトルコGP結果
■予選
 マッサ 1位
 シューマッハー 2位

マッサは初ポールでした。

予選レポートはこちら。

■決勝
 マッサ 1位
 シューマッハー 3位

マッサは初優勝でした。

決勝レポートはこちら。

予選が始まった。

しか~し、フジテレビ地上波の予選・・・・。沖縄では放送されない・・・。去年も放送されなかったんだが、今年も放送されない・・・。
去年は24時間テレビの関係で沖縄では放送されなかった。今年は24時間テレビの日程とはずれてたから安心していたんだけど・・・。

なぜ日本テレビの番組がフジテレビに影響するのかは去年の予選レポートを読んでくださいまし・・・。

■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
19位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
18位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
17位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
15位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
14位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
13位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
12位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
11位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)


Q3 1位~10位確定。

10位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
9位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
8位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
7位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
6位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)


おぉ~! マッサがハミルトンを押さえてポールですよ~。ライコネンは少しミスしたみたいで3番手ですけど。
決勝はマッサ、ライコネンのワンツーで、マクラーレンは2台ともリタイアでお願いします!


頑張れマッサ! & ライコネン!


Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年8月 6日

第11戦 ハンガリーGP決勝 マッサ13位・・・。チームと本人のミスの連続・・・。

フェリペ・マッサ 13位



キミ・ライコネン 2位

まず、フジテレビ地上波の観戦で最初に驚いたのが、アロンソの5グリッド降格とマクラーレンのハンガリーGPでのコンストラクターズポイントを加算しないという情報。コンストラクターズポイントの件はマクラーレンが異議申し立てしているみたいだけど・・・。

アロンソが予選Q3でロリポップが上がっているのに止まっていたのが、ハミルトンへの妨害行為とみなされスポーツマンシップに反すると裁定された。アロンソは5グリッド降格で6番グリッドからスタート。

ハミルトンが予選中にチームからの「アロンソを先に行かせる」という指示に従わなかったと言う情報もあった。

これらの事から、ロン・デニスのヘッドセット放り投げに繋がったんだろうね。
「チームは緊張状態にある」なんてロン・デニスのコメントは驚きですね。今後のマクラーレンのチーム内の情報に注目です。

予選Q2でマッサがピットレーンでストップしたのは、チームのミスだったらしい。給油するべきなのに給油しないで送り出したから止まったらしい・・・。そのため時間をロスし、タイヤが冷えてタイムが伸びなかったようだ。まぁ、その前のアタックでマッサがミスをしてQ3進出を確定させるタイムを出せていなかったのも問題なんだけどね・・・。フリー走行では順調に来ていただけに残念。そして、決勝での不可解な変則2ストップ戦略。確かに後方14番手グリッドだから正攻法のピット戦略では期待できないから、別の作戦にしたんだろうが、マッサにはストレスの溜まるハンガリーGPだっただろう。


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 138(優勝6回 表彰台17/22)
フェラーリ   119(優勝5回 表彰台12/22)

マクラーレンは今回ペナルティでコンストラクターズポイントが加算されない。しかし、マクラーレンが異議申し立てしているらしいから、今後加算されるかもしれない。

マッサの結果次第ではコンストラクターズポイントをもっと縮めるチャンスだったが、予選でのドタバタでそれも叶わなかった。

◆ドライバーズポイント
1位 80pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台10/11)
2位 73pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台7/11)
3位 60pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台6/11)
4位 59pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台6/11)


マッサはトップのハミルトンと11ポイント差だったのが、21ポイント差に開いてしまいました。頑張れマッサ! 残り6戦! まだ何があるかわからない! あきらめるな!


チャンピオンシップポイントはこちら

次は3週間後の8/26トルコGP イスタンブールパーク・サーキット。 残りは6戦。 さぁ、フェラーリ! 意地を見せろ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年8月 5日

第11戦 ハンガリーGP予選 フェラーリ不調。ライコネン4位。マッサ14位・・・。

第11戦 ハンガリーGP開幕。


10戦を終わり、フェラーリ5勝 VS マクラーレン5勝。


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 138(優勝5回 表彰台16/20)
フェラーリ   111(優勝5回 表彰台11/20)

◆ドライバーズポイント
1位 70pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台9/10)
2位 68pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台7/10)
3位 59pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台6/10)
4位 52pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台5/10)

現在のチャンピオンシップポイントはこちら

■昨年(2006年)のハンガリーGP結果
■予選
 シューマッハー 12位(2秒加算ペナルティ)
 マッサ 2位

ミハエルは、フリー走行で赤旗中断後に追い抜いたということで、予選タイムに2秒加算するというペナルティを受けた。

予選レポートはこちら。

■決勝
 シューマッハー 8位(67周リタイア完走扱い)
 マッサ 7位

雨で大波乱の決勝だった。ミハエルは残り4周でリタイア。ホンダのバトンが優勝した。

決勝レポートはこちら。


空から見よう! 第11戦ハンガリーGP ハンガロリンク


前戦、ヨーロッパGPでマッサは悔しい2位フィニッシュ。ライコネンはリタイア・・・。
今回こそは!


予選が始まった。

オーバーテイクが難しいサーキットだから予選順位が重要だぞ!


スパイカーは前戦ヨーロッパGPでクリスチャン・アルバースに代わりマークス・ヴィンケルホックがエントリーした。しかし、これはスポット参戦だったようだ。第11戦ハンガリーGP以降は山本左近がドライブすることになった。スポンサーマネーの持込が多かったのだろう。マシンに日本企業のロゴがあるか楽しみだ。

また、トロ・ロッソはスコット・スピードに代わりセバスチャン・ベッテルがエントリー。残り7戦の参戦。


■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  山本左近  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  セバスチャン・ベッテル  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
19位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
18位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
17位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
15位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
14位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
13位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
12位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
11位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)


Q3 1位~10位確定。

10位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
9位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
8位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
7位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
6位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
5位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
4位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
3位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)

マクラーレンがフロントロー独占。フェラーリはいまひとつパッとしません・・・・。モナコに告ぐ低速コース。F2007の苦手なサーキットなのだろうか?

マッサは何かマシントラブルなのだろうか? ピットロードでエンジンは止まるし、タイムは伸びないし、残念。もしギア関係のトラブルなら困った事態になるかも。ハンガロリンクはギアチェンジの回数がモンテカルロよりも多いと言われているサーキトですから・・・。

前戦のアロンソとの口論の事もあるし、今回はアロンソより前に行って欲しかった。残念。

マクラーレンのQ3。最後のタイヤ交換のシーンで、アロンソがロリポップが上がっているのにスタートしなかったように見える。後ろにはハミルトンが待っているのに。ロン・デニスがヘッドセットを放り投げて怒りをあらわにするシーンも見られた。Q3終了後のパルクフェルメでロン・デニスがアロンソに何か言おうとしたが、アロンソがそれを無視しているようにも見えた。マクラーレン内紛か?おもしろくなってきたぞ!

頑張れマッサ! & ライコネン!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年8月 1日

空から見よう! 第11戦ハンガリーGP ハンガロリンク

空から見よう! 第11戦ハンガリーGP ハンガロリンク

●第11戦ハンガリーGP ハンガロリンクを空から見る。


ハンガリーのブダペスト近郊のサーキット。モナコGPの次に低速のサーキット。1周あたりのシフトチェンジはモンテカルロより多いと言われる。気温が高い時期のグランプリのため、マシンの冷却系に改良が加えられるはずだ。エアインテークもラジエターも大きくなるので、各チームのマシン形状に注目です。また、モナコ並みにダウンフォースが必要だから、各チームの空力パーツも見もの。変わったパーツが見られるだろうか?
ハンガロリンクは縁石が多くアンダーステア傾向も強い。今年のフェラーリは縁石に乗った時のマシン挙動が問題だったが、今回はどうだろう?低速での縁石だから問題ないかな?

路面状態が悪くオーバーテイクが難しい。気温が高いのはマシンにもドライバーにも過酷。イライラしてムリなオーバーテイクをしかけて接触なんてこともあるかも。とにかく予選順位と決勝でのタイヤ戦略、ピット戦略、天候への柔軟な対応が重要です。

去年(2006年)のフェラーリのハンガリーGPは散々でした。

■予選
 シューマッハー 12位(2秒加算ペナルティ)
 マッサ 2位

ミハエルは、フリー走行で赤旗中断後に追い抜いたということで、予選タイムに2秒加算するというペナルティを受けた。

予選レポートはこちら。

■決勝
 シューマッハー 8位(67周リタイア完走扱い)
 マッサ 7位

雨で大波乱の決勝だった。ミハエルは残り4周でリタイア。ホンダのバトンが優勝した。

決勝レポートはこちら。


今年のフェラーリには頑張ってほしいものだ。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月23日

第10戦 ヨーロッパGP決勝 波乱のGP。マッサ2位・・・。終盤の雨に優勝を阻まれる。

フェリペ・マッサ 2位



キミ・ライコネン 34周リタイア

フジテレビ地上波観戦の私は、残念ながら予選をみられなかった。沖縄は一部地域で予選放送がなかったのだ・・・。さみしい・・・。予選でハミルトンがクラッシュしたというニュースを知ったのでYoutubeで映像を確認しました。右フロントホイールが正常に取り付けられていなかったらしいですね。そんな基本的なミスであのクラッシュとは怖いですね。

しかし、ハミルトンは出走した。休んでも良かったのに・・・。弱気な自分はハミルトンなら10番グリッドスタートでも上位でフィニッシュするかもと思っていたので・・・。

ニュルブルクリンクは海抜800mという山間に位置するため、レースは天候の影響を非常に受けやすい。変わりやすいコンディションと予測できないシチュエーションが特徴。ほんとにその通りになりましたね。

スタートで3番グリッドのマッサがアロンソをパス。ライコネン、マッサのワンツー体制になった。しかし、突然の雨が波乱の始まりでした。

コースアウトするマシンが続出でしたね。1993年の雨のブラジルGPを思い出した。

全車ウェットタイヤに変えるのが当然で、「このままピット入ったライコネンが前だからマッサは少し待たされるなぁ、不利だな~。」なんて考えてたら、まさかライコネンがピットに入り損ねるなんて・・・。そりゃあ、今年はライコネンよりマッサを応援する私ですが、こんなのは困りますよ。ライコネン!!

しかし、ハミルトンがグラベルに捕まって脱出できなかったので、このままリタイヤだな。ポイント縮めるチャンスだな。なんて思ってたら、クレーンに吊り上げられてコース復帰していきました。これは、違反じゃないのか? だから黒旗振られるはずだな。と思ってたんだけどそのまま走り続けるし失格にならない。これっていいんだ? 知らなかったよ。

スパイカーのマークス・ヴィンケルホックがラップリーダーになったのには驚いた。どうも、フォーメーションラップからグリッドに付かずにピットインして、ウェットタイヤを装着してピットスタートにしたらしい。いい戦略だったね。しかし、スパイカーのマシンでヴィンケルホックではその戦略も活かせなかった。佐藤琢磨あたりがやってたら面白くなっただろうに。

その後、雨も上がりレースに少しは落ち着きが戻っていたのに、ライコネンがトラブルでストップって淋しすぎるよ。スクーデリアフェラーリ・・・。

でも、まぁ、マッサがトップだし、アロンソとは差があるし、そのままフィニッシュ出来るだろうと思ってたらラスト8周でまたも雨ですか? ニュルの天気は気まぐれで困ります。それでも、アロンソと同じタイミングでタイヤ交換してトップで戻ったら大丈夫だろうと思ってたら、ラスト5周でマッサがアロンソにかわされた・・・・。ウェットタイヤで振動がでてドライブしにくかったらしいけど、ドライタイヤではアロンソに追いつかれそうになかっただけに非常に悔やまれる雨。

表彰台前の控え室でマッサとアロンソの口論が国際映像で放送された。アロンソがマッサに「邪魔しただろ?」って言ったらしいね。マッサにあやまったそうだけど、マッサは優勝を逃しているし、アロンソにこんなこと言われて腹の虫がおさまらないだろうね。表彰台でもその後の会見でも憮然としてたよね。
ライコネンみたいにクールなのもいいけど、マッサの感情を表に出すとこ好きだなぁ。

マッサよ! いちゃもんをつけてきたアロンソには、次のレースで「ギャフン」と言わせるんだ!(古っ)


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 138(優勝5回 表彰台16/20)
フェラーリ   111(優勝5回 表彰台11/20)

差を縮めることができず、逆に2ポイント離されました。残念。

◆ドライバーズポイント
1位 70pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台9/10)
2位 68pt フェルナンドアロンソ(優勝3回 表彰台7/10)
3位 59pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台6/10)
4位 52pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台5/10)


マッサはトップのハミルトンと19ポイント差だったのが、11ポイント差になりました。頑張れマッサ! 残り7戦で逆転王者だ!


チャンピオンシップポイントはこちら

次は2週間後の8/5ハンガリーGP ハンガロリンク。 残りは7戦。 さぁ、フェラーリ! 逆襲だ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月22日

第10戦 ヨーロッパGP予選 フェラーリ・ライコネンポール! ハミルトンクラッシュ!

第10戦 ヨーロッパGP開幕。


9戦を終わり、フェラーリ5勝 VS マクラーレン4勝。


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 128(優勝4回 表彰台15/18)
フェラーリ 103(優勝5回 表彰台10/18)

◆ドライバーズポイント
1位 70pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台9/9)
2位 58pt フェルナンドアロンソ(優勝2回 表彰台6/9)
3位 52pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台5/9)
4位 51pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台5/9)


現在のチャンピオンシップポイントはこちら

■昨年(2006年)のヨーロッパGP結果
予選 : シューマッハー2位 マッサ3位 プレイバックはこちら
決勝 : シューマッハー1位 マッサ3位 プレイバックはこちら


2006年は第5戦(5/7)で開催。マッサが自身初の表彰台獲得。
2005年はマクラーレン・メルセデス時代のライコネンが右フロントサスペンションが大破して1コーナーのタイヤバリアに激突したのを思い出す。2005年は予選から決勝まで、1セットのタイヤしか使えないレギュレーションだった。タイヤが傷んでそのバイブレーションでサスペンションが破損したと言われている。この事が考慮されたのだろう。2006年からタイヤ交換が復活した。


空から見よう! 第10戦ヨーロッパGP ニュルブルクリンク


前戦、イギリスGPでライコネン完全復活! さぁ!連勝だ!

予選が始まった。のですが・・・。 地上波しかみられない私には悲しい出来事が・・・。沖縄ではフジテレビ地上波の予選が放送されない・・・・。残念。

天気はどうなのだろうか? 予報では雨の確率が高いそうだけど・・・。

スパイカーはクリスチャン・アルバースのスポンサーマネーがチームに入らなかったらしく、マークス・ヴィンケルホックがエントリーした。


■公式予選結果

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  マークス・ヴィンケルホック  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
19位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
18位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
17位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)


Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
15位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
14位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
13位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
12位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
11位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)


Q3 1位~10位確定。

10位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
9位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
6位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
3位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)

ライコネン、アロンソ、マッサの順です。ライコネン今シーズン2回目のポール。マッサはポール取れず残念だったけど、Q2の最速だったようだ。


ネットでみた情報によるとハミルトンが派手なクラッシュをしたらしいですね。
決勝に出走するかまだわからないとあった。こんな不運な出来事もあるが、ここでマクラーレン、ハミルトンとのポイント差を詰めるチャンスだ!
決勝ではフェラーリがワンツーフィニッシュするぞ~!


頑張れマッサ! & ライコネン!


Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月18日

空から見よう! 第10戦ヨーロッパGP ニュルブルクリンク

空から見よう! 第10戦ヨーロッパGP ニュルブルクリンク

●第10戦ヨーロッパGP ニュルブルクリンクを空から見る。


アイフェルの山間にあるニュルブルクリンク。グーグルマップでも山の中というのがはっきりとわかります。海抜800mという山間に位置するため、レースは天候の影響を非常に受けやすい。変わりやすいコンディションと予測できないシチュエーションが特徴。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月 9日

第9戦 イギリスGP決勝 ライコネン復活!フェラーリの逆襲が始まるぞ~!

フェリペ・マッサ 5位



キミ・ライコネン 優勝


ライコネンは2番グリッドから順当なスタート。
しかしマッサがエンジンストールでピットスタートとは・・・。その後調子が良かっただけに非常に残念。フェラーリのワンツーフィニッシュも実現できていたと思う。5位フィニッシュだよ! ピットスタートで! 4番グリッドからスタートできていればねぇ・・・。でも、以前のマッサなら熱くなって無理なオーバーテイクで自滅って事も考えられたけど、今回はしっかりフィニッシュまで持っていったからね。えらいっ!大人になったよマッサ!今回の4ポイントが最終戦で重要になっているはずだよ!マッサ!


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 128(優勝4回 表彰台15/18)
フェラーリ 103(優勝5回 表彰台10/18)

◆ドライバーズポイント
1位 70pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台9/9)
2位 58pt フェルナンドアロンソ(優勝2回 表彰台6/9)
3位 52pt キミ・ライコネン(優勝3回 表彰台5/9)
4位 51pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台5/9)


現在のチャンピオンシップポイントはこちら


本当にF2007に速さが戻ってきましたね。前線フランスではまだ本当の速さなのかどうか信じられなかったけど、もう大丈夫でしょう。コックピット前のみにくい翼のおかげかな? 風洞が壊れてたみたいだけど、それが直ったからかな。ナイジェル・ステップニーの話とかフェラーリお得意のお家騒動が最近は騒がしくて心配だけど、レースはレース。ライコネンとマッサには頑張ってほしい。

次は2週間後の7/22ヨーロッパGP。ニュルブルクリンクだ! さぁ、フェラーリ! 連勝だ!

フジテレビ地上波に久しぶりに山田優嬢が登場していましたね。以前は一部F1ファンから「じゃまだゆう」と呼ばれていたらしいですが・・・。私は・・・。コメント控えます。私の住む沖縄出身だし・・・。
実況の竹下陽平さんは以前のような変なキャッチフレーズを連呼することもなく、今回は不快な思いをせずに聞くことが出来ました。
森脇基恭さんの解説はいつもながら適確で安心して聞くことができます。こっちが想像している戦略とか思っていることをずばっと言ってくれます。流石ですよね。CSを見られない私としては森脇基恭さんのラップタイムや戦略、タイヤの事とかの情報はとてもうれしい。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月 8日

第9戦 イギリスGP予選 銀赤銀赤 フェラーリは2番・4番グリッド。

第9戦イギリスGP開幕。


8戦を終わり、フェラーリ4勝 VS マクラーレン4勝。


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 114(優勝4回 表彰台13/16)
フェラーリ 89(優勝4回 表彰台9/16)

◆ドライバーズポイント
1位 64pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台8/8/)
2位 50pt フェルナンドアロンソ(優勝2回 表彰台5/8)
3位 47pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台5/8)
4位 42pt キミ・ライコネン(優勝2回 表彰台4/8)


昨年のフェラーリのイギリスGPはいまひとつの内容だった。

■昨年(2006年)のイギリスGP結果
予選 : シューマッハー3位 マッサ4位 プレイバックはこちら
決勝 : シューマッハー2位 マッサ5位 プレイバックはこちら

空から見よう! 第9戦イギリスGP シルバーストン・サーキット


シルバーストーンでのテストが好調だったフェラーリ。その結果がフランスGPのワンツーフィニッシュにつながった。ってことは今回のイギリスGPは期待できるよね?


そして、予選が始まった。

■公式予選結果
▲印はグリッド降格の可能性があるドライバー

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
20位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
19位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
18位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
17位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)

Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
15位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
14位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
13位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
12位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
11位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)

Q3 1位~10位確定。

10位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
9位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
8位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
7位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
6位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
3位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
2位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
1位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)


銀赤銀赤でならびました。ハミルトンは母国GPで気合が入っていますね。プレッシャーでミスをするかと思っていたのですが、全くその気配はなし。ルーキーながらあっぱれです。

でも、決勝ではフェラーリがワンツーフィニッシュするぞ~!


頑張れマッサ! & ライコネン!


Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月 5日

空から見よう! 第9戦イギリスGP シルバーストン・サーキット

空から見よう! 第9戦イギリスGP シルバーストン・サーキット


●第9戦イギリスGP シルバーストン・サーキットを空から見る。


シルバーストーンは第二次世界大戦中に飛行場として使用されていた。サーキット中央に滑走路が確認できます。F1グランプリ発祥の地です。1950年5月にF1世界選手権が誕生した歴史的な場所。

高速サーキットで、コプス~マゴッツ~ベケッツ~チャペルは見もの。
ブリティッシュ・ウェザーと呼ばれる変わりやすい天候が波乱を起こす。

グーグルマップでは最高倍率までズームできます。クルマや人まではっきり見えますよ!
レースが開催されている時の航空写真だろうか? パドックにはモーターホームがいっぱいだし、ピットレーン出口にもクルマが確認できる。コース上にも何台か確認できますよ。

サーキット北西には、いかにもイングランドって感じの街があります。数年前に行ったイギリスを思い出すなぁ。


ちなみにイギリスネタのブログ記事はこちら。

イギリスで購入したホットウィールのプルバックフェラーリF1はスポンサーロゴから「F2003GA」とわかる。
イギリスの自動車博物館「MOTOR MUSEUM」でフェラーリらしきものを入手。
ロンドン ヒースロー空港でフェラーリ発見!何でこんなところに?
ボーダフォンフェラーリF1のチョロQ?日本未発売?イギリスのハロッズで購入してきました。
日本未発売か?イギリスで購入したHW(HOTTUNERZ)360GT
これってフェラーリにしか見えないよね?イギリスでフェラーリらしきものをゲット!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月 2日

第8戦 フランスGP決勝 フェラーリ復活!今シーズン初のワンツーフィニッシュ!

フェリペ・マッサ 2位



キミ・ライコネン 優勝

昨日の予選結果の記事に書いたマッサとライコネンに希望することは実現できた。
マッサとライコネンのスタートは良かったですね。ハミルトンは「スタートで出遅れてしまったけど、原因はよくわからないんだ。」なんて言っているようですが・・・。
やはり最近のF1はスタートで順位を確保することが大事ですね。エアロダイナミクスの関係で、オーバーテイクは難しいみたいですから。2011年からのFIAの新空力レギュレーションに期待しましょう。

2回目のピットストップまではマッサがトップ、最終スティントでライコネンがトップ。その後チームメイト同士のバトルはなし。マッサは残念だったがフェラーリの今シーズン初のワンツだし、ライコネンも開幕戦以来の優勝だし、F2007に予選の速さと決勝での安定感が出てきたから良しとしましょう。

これで、8戦を終わり、マクラーレン4勝に対してフェラーリは4勝。
ようやく五分に戻した。しかしポイントでは差をつけられている。 コンスタントな結果がでていないからだね。

◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 114(優勝4回 表彰台13/16)
フェラーリ 89(優勝4回 表彰台9/16)


◆ドライバーズポイント
1位 64pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台8/8/)
2位 50pt フェルナンドアロンソ(優勝2回 表彰台5/8)
3位 47pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台5/8)
4位 42pt キミ・ライコネン(優勝2回 表彰台4/8)
表彰台獲得率がそのまま順位に反映されている。

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


F2007に速さが戻ってきた。マクラーレンとのポイント差を縮めるのだ! ルーキーがポイントリーダーなんて恥ずかしいぞ!

次は1週間後の7/8イギリスGP。シルバーストーンだ! さぁ、フェラーリ! 連勝だ!

しかし、コックピット前方新空力パーツの翼(?)かっこ悪いと思うんだけどね? 『速いマシンは美しい』というのは、近代F1にはもう当てはまらないのだろうか・・・・。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年7月 1日

第8戦 フランスGP予選 フェラーリ復活!マッサポール獲得! ライコネンも3位!

第8戦フランスGP開幕。


7戦を終わり、フェラーリ3勝 VS マクラーレン4勝。
北米ラウンドではマクラーレンに惨敗だった。
ここらでフェラーリには復活してもらわないと困ります。


◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 106
フェラーリ 71

◆ドライバーズポイント
1位 58pt ルイス・ハミルトン(優勝2回)
2位 48pt フェルナンドアロンソ(優勝2回)
3位 39pt フェリペ・マッサ(優勝2回)
4位 32pt キミ・ライコネン(優勝1回)


昨年のフェラーリのフランスGPは予選でフロントローを独占した。
そして決勝はミハエル優勝、マッサ3位。

■昨年(2006年)のフランスGP結果
予選 : シューマッハー1位 マッサ2位 プレイバックはこちら
決勝 : シューマッハー1位 マッサ3位 プレイバックはこちら

空から見よう! 第8戦フランスGP サーキット・ド・マニ-クール


直前のシルバーストーンでのテストが好調だったフェラーリ。マッサやライコネンからもポジティブなコメントが聞こえてきていた。
また、今回のマニクールは路面がスムーズで縁石が少ない。これはフェラーリにとっては助かるはず。これまで、縁石に乗った時のマシンの挙動が不安定のように感じられたからね。


そして、予選が始まった。

まずは、前戦のアメリカGPで黄旗で追い越しをしたとして佐藤琢磨に10グリッド降格が課せられる。本人は否定しているが、抗議は残念ながら認められなかったようだ。

そして、アメリカGPでBMWザウバーから出走して予選7位・決勝8位の成績だったセバスチャン・ベッテルが今回は出走なし。
ロバート・クビサが復帰です。まぁ、クビサのほうがレギュラードライバーだしコンスタントに安定した走りをしてますから当然でしょうね。

■公式予選結果
▲印はグリッド降格の可能性があるドライバー

Q1でタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
19位  ▲(10)佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
18位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
17位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)

Q2で、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
15位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
14位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
13位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
12位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
11位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)

Q3 1位~10位確定。

10位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
9位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
6位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
5位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
4位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)

アロンソがまさかのギアボックストラブルでQ3でタイムを残せず10位確定。ギアボックス交換になれば5グリッド降格か?
第1戦 オーストラリアGPではフェリペ・マッサがQ1でギアボックストラブルでタイムを残せず16位。5グリッド降格ではなく、エンジン交換を選択し10グリッド降格の最後尾スタートだった。今回のアロンソのスターティンググリッドが気になる。
とにかくマッサにとっては、ドライバーズポイントでアロンソとの差を縮めるチャンス到来。このチャンスをしっかりとものにして欲しいものだ。

シルバーストーンでのテストが好調だったフェラーリ。マッサが好結果を残しました。予選での速さが課題でしたからね。決勝でも頑張ってほしい。しかしライコネンにはもう少し頑張ってもらってフロントローを独占してほしかったなぁ。

マッサは決勝でのスタート1コーナーでハミルトンを押さえること、そしてオープニングラップ1位が絶対条件ですね。もちろん最終的にポール・トゥ・ウィンが最高ですが。
ライコネンはオープニングラップでハミルトンをオーバーテイクすることが条件でしょう。いつまでもハミルトンの後ろを走るわけにはいかないですから。ラップでもチャンピオンシップでも・・・。


頑張れマッサ! & ライコネン!


Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年6月23日

空から見よう! 第8戦フランスGP サーキット・ド・マニ-クール

空から見よう! 第8戦フランスGP サーキット・ド・マニ-クール


●第8戦フランスGP サーキット・ド・マニ-クールを空から見る。

低速のサーキート、バックストレートからアデレード・ヘアピンの飛び込みがポイント。各ドライバーによってラインが違うのでオーバーテイクが見られます。きっと。接触も見られます。多分。

もう一つは路面がスムーズで縁石が少ない。これはフェラーリにとっては助かる。これまで、縁石に乗った時のマシンの挙動が不安定のように感じられたからね。マシンのトラクションも重要。低速コーナーからの加速が必要。リアタイヤの磨耗が厳しいサーキット。タイヤにやさしい走りが出来るドライバーが有利だろう。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年6月18日

第7戦 アメリカGP決勝 またもマクラーレンの後塵を拝す。3位ポディウムでは十分ではない。

フェリペ・マッサ 3位



キミ・ライコネン 4位

3番グリッドからスタートしたマッサはオープニングラップでそのポジションをキープ。って言うかスタートダッシュでアロンソを抜けなかった・・・。抜くチャンスはスタート直後の1コーナーくらいしかないんだから、頑張ってもらわないと・・・。
4番グリッドスタートのライコネンに至っては、スタートでポジションを落とした・・・。ライコネン精彩を欠いてます。ファーステストは記録したけど4位フィニッシュでは・・・。

ハミルトン、アロンソ、マッサの3人はポジションを守ってそのままゴール。オーバーテイクは見られなかった。後方でフィジケラがバトンをオーバーテイクしたりしてましたが、上位は静かなレースでした。つまらん・・・。もっとハミルトンに仕掛けて欲しかったぞアロンソ! そして接触して両者リタイアを期待していたのに・・・。

1989年、マクラーレンのチームメイト同士だったセナとプロストは険悪なムードでピリピリしたレースをしていた。
今年のアロンソとハミルトンには、当時のセナ・プロのような確執がなければ、F1グランプリの盛り上がりは期待できないのではないかと思ってしまう。
※セナ・プロの確執の原因はこちら。

これで、7戦を終わり、マクラーレン4勝に対してフェラーリは3勝。
モナコ以降3戦連続でマクラーレンが優勝です。
マッサもポディウム右端(3位)が指定席になりつつある。フェラーリ公式サイトの今朝のコピーは「The podium is not enough」。そうですよね。もうポディウムでは十分ではありません。マクラーレンより前でフィニッシュしなければ差は縮まりません。

◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 106(優勝4回 表彰台12/14)
フェラーリ 71(優勝3回 表彰台7/14)


◆ドライバーズポイント
1位 58pt ルイス・ハミルトン(優勝2回 表彰台7/7)
2位 48pt フェルナンドアロンソ(優勝2回 表彰台5/7)
3位 39pt フェリペ・マッサ(優勝2回 表彰台4/7)
4位 32pt キミ・ライコネン(優勝1回 表彰台3/7)
表彰台獲得率がそのまま順位に反映されている。

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


マクラーレンの前でゴールして、差を縮めるのだ! ルーキーがポイントリーダーなんて、マクラーレンの後塵を拝すなんて恥ずかしいぞ!

次は2週間後の7/1フランスGP。マニクールだ! さぁ、フェラーリ! 今度こそ頼むぞ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年6月17日

第7戦 アメリカGP予選 フェラーリまたもセカンドローに沈む・・・。

第7戦アメリカGP開幕。


6戦を終わり、フェラーリ3勝 VS マクラーレン3勝。
しかし第4戦モナコから勢いはマクラーレンに傾きつつある・・・。

◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 88
フェラーリ 60

26ポイントも開きがある。フェラーリは安定感に欠けていますね。

◆ドライバーズポイント
1位 48pt ルイス・ハミルトン(優勝1回)
2位 40pt フェルナンドアロンソ(優勝2回)
3位 33pt フェリペ・マッサ(優勝2回)
4位 27pt キミ・ライコネン(優勝1回)


昨年のフェラーリのアメリカGPは予選でフロントローを独占した。
そして決勝でもワン・ツーフィニッシュ。

■昨年(2006年)のアメリカGP結果
予選 : シューマッハー1位 マッサ2位 プレイバックはこちら
決勝 : シューマッハー1位 マッサ2位 プレイバックはこちら

インディアナポリス・モータースピードウェイをグーグルマップで空から見る。

昨年(2006年)のグランプリ決勝では、いきなり1コーナーで多重クラッシュ。そしてセーフティカーが導入。今年も波乱のグランプリになるだろうか?


で、今年の予選が始まった。
地上波しか見られない私ですが、今年は私の住む沖縄でも予選が放送された。良かった。
昨年は「一部地域・・・」で放送されなかったんです。


■公式予選結果

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
19位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
18位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
17位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)

第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。


16位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
15位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
14位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
13位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
12位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
11位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)

第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
9位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  セバスチャン・ベッテル  (BMWザウバーF1.07)
6位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
5位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
4位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
3位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)


今回も話題はマクラーレン・・・。
フェラーリのマシンはまだまだ改良を重ねなければいけないですね・・・。

カナダGPで大クラッシュのロバート・クビサ(BMWザウバー)が欠場。セバスチャン・ベッテルが出走。7位は立派。

頑張れマッサ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年6月12日

空から見よう! 第7戦アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ

空から見よう! 第7戦アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ

●第7戦アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイを空から見る。

トラクションが必要なインフィールドと、スピードが必要なオーバルという2種類の特徴を持つサーキット。オーバルのストレートエンドの1コーナー(ターン1)がオーバーテイクポイント。モントリオールと同じローダウンフォースセッティングが必要。

2005年のアメリカGPは歴史に残る汚点。わずか6台のブリヂストン勢(フェラーリ、ジョーダン・トヨタ、ミナルディ・コスワース)のみのレースとなった。


投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年6月11日

第6戦 カナダGP決勝 マッサ失格!ライコネンは5位。マクラーレンに離されていく・・・。

フェリペ・マッサ 失格



キミ・ライコネン 5位

4番グリッドからスタートしたライコネン。5番グリッドからスタートしたマッサ。

しかし予想通りクラッシュとセーフティカーで波乱の展開。セーフティカーは4回も導入された。そして、そのタイミングでピットに入ったドライバー達それぞれが命運をわけた。

ガス欠の心配があったので、10秒ストップペナルティを前提で燃料補給するしかなかったアロンソ(マクラーレン)とニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)。
セーフティカー導入中のピットレーン出口の赤信号無視で黒旗失格のジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)とマッサ。

混乱するピットレーンで後続確認していて、赤信号を見落としたのだろう。もちろんドライバーの責任ではあるが、チームはピットレーン出口の赤信号の注意をドライバーに促さなかったのだろうか?今季初のセーフティカー導入で各チームとも混乱していたのだろうか?

ウォールにヒットしてクラッシュ、リタイアはあるだろうと思っていたが、ロバート・クビサ(BMWザウバー)のような激しいクラッシュは予想していなかった。ドキッとしましたね。無事でよかった。

しかし、とにかくマッサの失格が悔しい。そして、ライコネンはマシンにダメージがあったようだが切れのない走りで情けない。

これで、6戦を終わり、フェラーリ3勝 VS マクラーレン3勝。

◆コンストラクターズポイント
マクラーレン 88
フェラーリ 60

26ポイントも開きがある。フェラーリは安定感に欠けていますね。

◆ドライバーズポイント
1位 48pt ルイス・ハミルトン(優勝1回)
2位 40pt フェルナンドアロンソ(優勝2回)
3位 33pt フェリペ・マッサ(優勝2回)
4位 27pt キミ・ライコネン(優勝1回)

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


少しずつでもポイントを積み重ね、差を縮めるのだ! ルーキーがポイントリーダーなんて恥ずかしいぞ!

次は1週間後の6/17アメリカGP。インディアナポリス・モータースピードウェイだ! さぁ、フェラーリ! 今度は頼むぞ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年6月10日

第6戦 カナダGP予選 フェラーリは4番手、5番手。大丈夫か? マッサ? ライコネン?

第6戦カナダGP開幕。

まずはモナコGP終了時点ポイントを確認。

◆ドライバーズポイント
1位 38pt フェルナンドアロンソ(優勝2回)
2位 38pt ルイス・ハミルトン
3位 33pt フェリペ・マッサ(優勝2回)
4位 23pt キミ・ライコネン(優勝1回)


昨年のフェラーリのカナダGPは予選も決勝もイマイチだった。

■昨年(2006年)のカナダGP結果
予選 : シューマッハー5位 マッサ10位 プレイバックはこちら
決勝 : シューマッハー2位 マッサ5位 プレイバックはこちら

ジル・ビルヌーブ・サーキットは、高速ロングストレートと低速コーナーのサーキット。マシンはダウンフォースを抑えたセッティングになるし、ブレーキに厳しいサーキット。シケインの飛び込み時のブレーキングでマシンのラインが違ったらクラッシュです。エスケープゾーンも狭く、ウォールにヒットしてリタイアなんて事が多い。

そんなジル・ビルヌーブ・サーキットをグーグルマップで空から見る。

昨年(2006年)のグランプリ決勝でウォールにクラッシュしたのは、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・コスワース)、ジャック・ビルニューブ(ザウバーBMW)、佐藤琢磨(スーパーアグリ)。そのたびにセーフティカーが導入。

クラッシュとセーフティカーで今年も波乱のグランプリになるだろうか?

今年のロングホイールベースのフェラーリ「F2007」はどうだろう? ジル・ビルヌーブ・サーキットにマッチしているだろうか?

で、今年の予選が始まるわけだが、地上波しか見られない私にとって、昨年同様予選が見られない。
東京では、予選を土曜深夜に放送していたようですが、私の住む沖縄は「一部地域・・・」で、放送されませんでした。哀しい・・・。


■公式予選結果

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
19位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
18位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
17位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)


第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
15位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
14位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
13位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
12位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
11位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)


第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
9位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
8位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
7位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
6位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
5位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
4位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
3位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)


今回も話題は初ポールのハミルトン、マクラーレンに持っていかれた。決勝レースでは前車をオーバーテイクして優勝してほしいものだ。

頑張れマッサ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年5月31日

空から見よう! 第6戦カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット!アレジがフェラーリで勝利したサーキット

rd6_montreal.jpg

●空から見よう! 第6戦カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット!

モントリオールの中心部に近いセントローレンスシーウェイの中州に位置するノートルダム島(人工島)のコース。フィニッシュライン上には故ジル・ビルヌーブへ向けたメッセージが描かれている。高速区間を併せ持ったサーキットでクラッシュも多い。ジャック・ビルヌーブやミハエル・シューマッハーもクラッシュしています。

1995年に当時フェラーリドライバーだったジャン・アレジが、ジル・ビルヌーヴサーキットで、ジルとドライビングスタイルが似ているといわれるアレジが、深紅のフェラーリ412T2、しかもカーナンバー27で初優勝した。
V12エンジン最後の年。1995年のF1GPプレイバックはこちら。

1998年のカナダGPではクラッシュが続出。ジャン・アレジ(ザウバー)のマシンの上に、ヤルノ・トゥルーリ(プロスト)が乗り上げた。2度目のスタートでもアレジ、トゥルーリ、ジョニー・ハーバート(ザウバー・ペトロナス)がクラッシュでリタイヤ。
フェラーリが上方排気を初登場させた1998年のF1GPプレイバックはこちら。

2007年も波乱の劇的なグランプリになるかも。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年5月28日

第5戦 モナコGP決勝 マッサはマクラーレンから大きく離された3位。ライコネンは8位。

フェリペ・マッサ 3位



キミ・ライコネン 8位

3番グリッドからスタートしたマッサ。スタートで順位を上げられるか期待したのだが、残念ながらオープニングラップは3位のまま。そして徐々にマクラーレンに離されていく・・・。
16番グリッドからスタートのキミ・ライコネンはスタートで12位までポジションアップしたが、その後はオーバーテイク出来ずに走り続ける。

今回のGPはリタイアが3台と少なかった。
1周目にビタントニオ・リウッツィ(トロ・ロッソ)がクラッシュしてリタイア。53周目にはエイドリアン・スーティル(スパイカー)がクラッシュしてリタイア。2台ともフェラーリエンジン搭載マシンというのが悲しい。

って言うか、みんな完走狙いか? ハミルトンのようなアグレッシブな走りが見たかったぞ!
ローズヘアピンあたりで誰かがしびれを切らして、抜けないと分かっているのに仕掛けて2台が接触してストップ、そのあおりを食って後ろで多重衝突くらいのシーンが見たかったぞ。ガードレールに派手に接触して大破するマシンもなかった。リウッツィとスーティルのクラッシュは地味すぎ! もっと派手にクラッシュしないと、年末の総集編にも登場しませんよっ!


■モナコGPのリタイア台数

2007年 3台(22台中)。
2006年 5台(22台中)。
2005年 4台(18台中)。
2004年 11台(20台中)。
2003年 6台(19台中)。
2002年 10台(22台中)。
2001年 10台(22台中)。
2000年 13台(22台中)。

1992年のモナコGP。アイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)VSナイジェル・マンセル(ウィリアムズ・ルノー)のような盛り上がりが見たかったぞ。その年のフェラーリはF92Aが全くダメマシンでチャンピオンシップには全く絡みませんでしたけどね・・・。1992年シーズンのプレイバックはこちら。


現在のチャンピオンシップポイントはこちら


次は2週間後の6/10カナダGP。ジル・ビルヌーブサーキットだ! さぁ、マッサ! 今度は優勝だ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年5月27日

第5戦 モナコGP予選 ライコネン痛恨のミス、マッサは3番手。フェラーリ大丈夫か?

第5戦モナコGP開幕。

まずはポイントを確認。

◆ドライバーズポイント
1位 30pt ルイス・ハミルトン
2位 28pt フェルナンドアロンソ
3位 27pt フェリペ・マッサ 
4位 22pt キミ・ライコネン

何と! 現時点で優勝なしのルイス・ハミルトンがドライバーズポイントをリードしている!
優勝は第1戦ライコネン、第2戦アロンソ、第3戦・第4戦マッサ。

マッサは第1戦は予選中のギアボックストラブル。第2戦はハミルトンに仕掛けてポジションを落とした。しかし、第3戦・第4戦と連続でポールトゥウィン!
にもかかわらずマッサの評価は上がらない。やれポールポジションからなら当たり前とか、競り合いがないとか、オーバーテイクがないだの・・・。

第1戦のライコネンもポールトゥウィンだったよ。マッサは第3戦・第4戦と連続でポールトゥウィンなんですが? 確かに第2戦はスタートで失敗したけどさ。悪い方ばっかり記憶にあって、評価が上がらないのか? ここはマッサにモナコでポールトゥウィンしてもらって、もちろんファーステストも記録して完全制覇を狙うのだ~! でもマッサってモナコが苦手って感じなんだよね。それが心配。

ミハエルとマッサが2台そろって最後尾だった昨年(2006年)のフェラーリの予選の屈辱を晴らすのだ!

■公式予選結果
▲印はグリッド降格の可能性があるドライバー

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
20位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
19位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
18位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
17位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)


第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
15位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
14位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
13位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
12位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
11位  ▲デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)


第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
9位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
8位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
7位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
6位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
5位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
4位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
3位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)

第2ピリオドでキミ・ライコネンがまさかのミス。ガードレールに右フロントをヒットして予選を終えた。
また第3ピリオド進出を決めていたデビッド・クルサード(レッドブル)が、ヘイッキ・コバライネン(ルノー)の進路妨害をしたと裁定され、第3ピリオド進出取り消し。11番手だったジェンソン・バトン(ホンダ)が変わりに第3ピリオド進出になった。

予選では大きなクラッシュはなかった。そんな中、キミ・ライコネンだけがガードレールと接触するなんて・・・。

マッサはポールは奪えなかった。やっぱり市街地コースが苦手なのだろうか?
来年からはスペインで市街地でのレースも始まるし、苦手では困るんだけどね。

頑張れマッサ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年5月17日

空から見よう! 第5戦モナコGPの舞台モンテカルロ市街地コース! ミラボー~ローズヘアピン~トンネル

第5戦モナコGP モンテカルロ市街地コース

●第5戦 モナコGP モンテカルロ市街地コースを空から見る。


F1モナコGPは、「インディ500」「ル・マン24時間レース」と並ぶ世界3大レースに数えられる。ここで勝利することは特別と言われている。ミハエルはモナコで5勝してモナコマイスターと呼ばれた。2006年はライコネン(マクラーレン)がポールを獲得し、アロンソ(ルノー)が優勝している。
さぁ、今年はどうだろう?

昨年のモナコはフェラーリにとって悪夢でしたね。マッサは第1ピリオドでクラッシュして最後尾。ミハエルも物議を呼んだ予選中のストップで失格扱いでピットスタートでしたからね・・・。
2006年の忌まわしいフェラーリの予選の模様は過去記事でどうぞ。

市街地コースだからグーグルマップでもコースが分かりにくいけど、こんなに狭いとこを走っているんだってことは、よくわかるね。

上の画像ではミラボー、ローズヘアピン、トンネル入り口あたりが写ってます。
アレジがプロストに仕掛けたミラボー、必ず誰かと誰かが接触するローズヘアピン、セナもクラッシュしたトンネル入り口。モナコは数々のドラマがありますね。
マンセルがトップ独走時にスローパンクチャー、ピットインでタイヤ交換するとセナの後ろ。絶対抜けないモナコでセナを抜こうとするマンセル・・・。とかね。
どの時代のF1を見ていたかによってモナコのドラマの記憶が違うでしょうね。

とにかく頑張れマッサ! ポールポジション、ファーステスト、ポールトゥウィンの完全制覇を狙うのだ!
そうすれば、すべての人が正当評価してくれるぞ!去年2006年のモナコの屈辱を晴らすのだ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年5月16日

第4戦 スペインGP決勝 マッサ ポールトゥウィン!2連勝 ポイントでライコネンをリード!

フェリペ・マッサ 優勝



キミ・ライコネン 9周リタイア

ポールポジションからスタートしたフェリペ・マッサ。1コーナーでアロンソと競り勝ちトップで通過。その後ハミルトンを押さえてフィニッシュまでトップを守りきった。レース中のファーステストラップも記録して2連勝だ!前戦のバーレーンと同じような展開。マッサの勝ちパターンといえるだろう。

今回のスペインGPは波乱が多かったですね。
まず第一にライコネンのリタイア。電気系統のトラブルらしい。今年は第1戦予選中にマッサのマシンにギアボックストラブルがあったし、早くも2回目のトラブルだ。大丈夫だろうか?マッサにも同様のトラブルが起きないか心配だった。
次に、マッサのピットインでの発火! ドキッとしましたね。問題にならなくて良かった。

その他はヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)のエンジンストールでの再スタート。オープニングラップの接触。スコト・スピード(スクーデリア・トロ・ロッソ)のタイヤバースト。各車テクニカルトラブルのリタイア。ホンダ同士の接触。ルノーの給油トラブル。コース上でのオーバーテイクが少ないからこういう要素がないとイマイチ盛り上がらないよね。スーパーアグリが8位入賞したから余計にヒートアップしました。


◆ドライバーズポイント
1位 30pt ルイス・ハミルトン
2位 28pt フェルナンドアロンソ
3位 27pt フェリペ・マッサ 
4位 22pt キミ・ライコネン

マッサがチームメイトのライコネンをポイントで上回った。ハミルトンはここまで優勝なしでもポイントトップ。安定していると言うべきか・・・?

◆コンストラクターズポイント
1位 58pt マクラーレン
2位 49pt フェラーリ

現在のチャンピオンシップポイントはこちら


次は2週間後の5/27モナコGP。モンテカルロ市街地コースだ! さぁ、マッサ! モンテカルロでもポールトゥウィンだ! ドライバーズポイント単独トップを狙うのだ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年5月13日

第4戦 スペインGP予選 マッサが3戦連続ポールポジション獲得!

第4戦スペインGP開幕。

4週間ぶりのグランプリです。待ち遠しかった~!
こんなに長い休みって今までなかったんじゃないかな?
ヨーロッパラウンドの開幕です。これからは開催ペースが従来どおりになるから楽しみだ。

さて、久しぶりだからポイントを復習。

◆ドライバーズポイント
1位 22pt フェルナンドアロンソ
2位 22pt キミ・ライコネン
3位 22pt ルイス・ハミルトン
4位 17pt フェリペ・マッサ 

優勝は第1戦ライコネン、第2戦アロンソ、第3戦マッサ。
混戦ですね。
個人的には今シーズンはマッサを応援している。頑張れマッサ!

◆コンストラクターズポイント
1位 44pt マクラーレン
2位 39pt フェラーリ

カタロニア・サーキットは各チームがオフシーズンにテストで使用しているし、直前テストもあった。
低・中・高速の全てのコーナーがあることから、このサーキットで速いマシンは、サーキットによる得手・不得手がないと言われる。ここでマクラレーンとの速さの違いを見せつけたいものだ。

■公式予選結果

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
21位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
19位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
18位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
17位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)


第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
15位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
14位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
13位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
12位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
11位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)


第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
9位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
8位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
7位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
6位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)


第1ピリオドでスコット・スピード(スクーデリア・トロ・ロッソ)がマシントラブルでタイム計測ができす脱落。どうしたのだろう・・・。フェラーリエンジンの問題ではなさそうだけど。

第2ピリオドで最速タイムで通過したマッサがポールを獲得!マッサは前戦のバーレーンでも同じだった。第2ピリオドでもチカラを抜かず全力で戦っている証明でしょう。もしかしたら他のドライバーは第3ピリオドへ進出できるタイムをだせればいいと無理していないのかもしれないけど・・・。2位に地元のアロンソ。3位ライコネン、4位ハミルトン。
1~2列目にフェラーリとマクラーレンが交互に並ぶのは第2戦のマレーシアGPから3戦連続。

マッサは第2戦のマレーシアGPから3戦連続ポールポジション。一発の速さを証明していますね。あとは本選でのレースディスタンスで優勝できるレースペースを証明するのだ。そうすればワールド・チャンピオンも夢ではない。フジテレビのオープニングアニメでもフェリペの扱いはチャンピオン争いに含まれていないように見受けられる。だからこそマッサには頑張って欲しいのだ~!

燃料搭載量がわからないけど、マクラーレンとのタイム差はあまりなかった。今年は接戦が続くのもかもしれないな。

頑張れマッサ!

Forza! Ferrari!!

ところで、予選で「Q1」「Q2」って言うけど、当初は第1ピリオドって言ってなかった?どっちが正式な呼び方なんだろう?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月18日

空から見よう! 第4戦スペインGPの舞台カタロニア・サーキット。

第4戦 スペインGP カタロニア・サーキット


●第4戦 スペインGP カタロニア・サーキットを空から見る。

第4戦の舞台となるカタロニア・サーキットは、低・中・高速の全てのコーナーがあることからオフシーズンのテストに利用される。このサーキットで速いマシンは、サーキットによる得手・不得手がないと言われる。マシンの実力差が歴然とするサーキットなのだ。さぁ!ヨーロッパ・ラウンド開幕だ!

第4戦は5月13日。まだ3週間以上ある。
まずはグーグルマップでカタロニア・サーキットの航空写真をじっくりと見ておこう!

今年のフェラーリはテストでも調子が良かったし、スペインGPも期待できるはず!
今回はワン・ツーフィニッシュで、表彰台上位独占が見たい! 頑張れマッサ! 頑張れライコネン!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月16日

第3戦 バーレーンGP決勝 マッサ ポールトゥウィン!今季初優勝 ライコネン3位

フェリペ・マッサ 優勝



キミ・ライコネン 3位

ポールポジションからスタートしたフェリペ・マッサ。1コーナーをトップで通過。その後ハミルトンを押さえてフィニッシュまでトップを守りきった。今季初優勝だ!

オープニングラップに接触でジェンソン・バトン(ホンダ)とスコット・スピード(トロロッソ)のマシンがコース上にストップ。撤去のため今シーズン初めてセーフティカーが入った。

オーバーテイクポイントのあるバーレーンはバトルがあって見ていて楽しかったですね。砂と風の影響がもっと少なければ更に面白いのだが・・・。

ドライバーズポイントはアロンソ、ライコネン、ハミルトンの3人が22ポイントで並ぶ、次に17ポイントでマッサ。
優勝は第1戦ライコネン、第2戦アロンソ、第3戦マッサ。まさか次のスペインでハミルトンが優勝するのか?

現在のドライバーズチャンピオンシップポイントはこちら

コンストラクターズポイントではマクラーレン44に対してフェラーリ39。

BMWのニック・ハイドフェルドが好調だ。ドライバーズポイントは15。表彰台はないが着実にポイントをゲットしている。

次は4週間後の5/13スペインGP。カタロニアサーキットだ! さぁ、スクーデリア・フェラーリ! ヨーロッパラウンドでマクラーレンを引き離していくぞ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月15日

第3戦 バーレーンGP予選 マッサがポールポジション獲得!今度こそマッサのポールトゥウィンが見たい!

第3戦バーレーンGP開幕。

キミ・ライコネンのエンジンはフレッシュエンジンで思いっきり攻められる。否が応でもフェラーリは勝ちたい!
ルノーにポイントで先行されているのだ。ここで逆転するのだ!


■公式予選結果

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
20位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
19位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
18位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
17位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)


第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
15位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
14位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
13位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
12位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
11位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)


第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
9位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
8位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
7位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
6位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
5位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
4位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)


第1ピリオドでクルサードが脱落。どうしたのだろう・・・。
ホンダの不調は本当に深刻ですね。

第2ピリオドで最速タイムで通過したマッサがポールを獲得! うれしい! 2位にハミルトン、3位ライコンエン、4位アロンソ。
1~2列目にフェラーリとマクラーレンが交互に並ぶのは第2戦のマレーシアGPと同様。ただし今回はフロントローはハミルトン。マレーシアで抜群のスタートを披露したハミルトンだ。ちょっと心配。マッサは1コーナーをトップで通過できるだろうか?今回は奇数グリッドのほうが路面のグリップはいいと思うのでマッサ有利のはずだ。だからこそ1コーナーはトップで通過したい。

今回のレースでは、雨はまずないであろう。セーフティーカーが入る要因は考えにくい。圧倒的なレースペースとストラテジー(戦略)でフェラーリのワンツーが見たい!

頑張れマッサ!

Forza! Ferrari!!

ところで、今年のフジテレビのオープニングのアニメはいかがなものか・・・?
個人的には好きではない。アニメが嫌いなのではなく、F1のオープニングにあのアニメが必要なのか? と考えると「?」である。絵のタッチがメリカンコミックっぽいと感じるのが個人的にあまり好きではない原因。
『アキラ(AKIRA)』や『FREEDOMプロジェクト』 の大友克洋氏に作ってもらいたかったなぁ。
ブライアン・メイの「FLASH」のリミックス「Flash's Theme 2007 High Octane Mix」は好き。中学生時代「クィーン」を聴いていたのでGOOD。F1に限らずモータースポーツにマッチするのはロック(特にハードロック)だと思う。個人的に大好きな「ナイト・レンジャー」の曲を使ってほしいと熱望する。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月 9日

第2戦 マレーシアGP決勝 ライコネン3位、マッサ5位。マッサのバトルは1990年セナVSアレジを思い出す。

フェリペ・マッサ 5位



キミ・ライコネン 3位

ポールポジションからスタートしたフェリペ・マッサ。しかし1コーナーでアロンソはおろかハミルトンにまで先に行かれた。燃料がマクラーレンよりも少ないと言われていたマッサがである。

しかし、ハミルトンとのバトルは見ていて楽しかったなぁ~。

1990年アメリカGP、アイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダMP4/5B) VS ジャン・アレジ(ティレル・フォード018)を思い出した。

結果的にマッサはハミルトンとのバトルでコースオフ。ニック・ハイドフェルド(BMW)の後ろ5位でコースに戻る。そしてその順位のままフィニッシュ。

でも、自分はあのバトルはいいと思う。仕掛けなければ抜けないわけだし、ピットワークで前に出ようとするのではなく、コース上でオーバーテイクしようという熱い走りが好きだなぁ。その後、ハミルトンの後ろについたキミ・ライコネンはアイスマンだけに冷静なレース運びでした。マシンをいたわっていたのはわかるけど、オーバーテイクを見たかった・・・。近年のF1では、沈着冷静にポイントを重ねることがチャンピオンになるために必要だってことは十分にわかるけど・・・。
自分はマッサの熱い走りが好きだ。この熱い走りは絶対次のレースで報われるさ!

しかし、マクラーレンは速くなってますね。レース中のファーステストでもハミルトン、アロンソ、マッサ、ライコネンの順番だった。

BMWも好調のようだ。マッサはハイドフェルドを抜けなかったからね。

しかし、マレーシアは雨も降らなかったし、セーフティーカーが入るシチュエーションにもならなかった。
こういうコンデションでマクラーレンに遅れを取っているようでは先行きが不安だなぁ。

現在のドライバーズチャンピオンシップポイントはこちら
ドライバーズもコンストラクターズも、ポイントではマクラーレンに先行されているけど、まだまだ始まったばかり。頑張れ、フェラーリ!

次は1週間後の4/15バーレーンGP。次こそはフェリペ・マッサの優勝が見たい!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年4月 8日

第2戦 マレーシアGP予選 マッサがポールポジション獲得!フェラーリのワン・ツーフィニッシュが見たい!

第2戦マレーシアGPは灼熱のセパン。ドライバーもエンジンも暑さ対策が重要。

キミ・ライコネンのエンジンが第1戦終盤に問題があったようで、エンジン交換にならないか不安があった。予選前にエンジン交換なんて事にならないか心配だったが、大丈夫だったようだ。

セパン・インターナショナル・サーキットを空から見よう!

ブリヂストンがハードとソフトを見分けるために溝を白く塗ることになった。タイヤの違いが見てわかるというのはいいかもしれないな。


■公式予選結果
▲印はグリッド降格の可能性があるドライバー

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
19位  ▲ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)
18位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
17位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)


第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
15位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
14位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
13位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
12位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
11位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)


第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
9位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
6位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
5位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
4位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)


心配されたライコネンのエンジンは予選終了まで問題なかったようだ。決勝で多少の不安は残るが・・・。
第1戦でギアボックストラブルのマッサ、今回はトラブルなしで第3ピリオドの最後で逆転ポール獲得です! うれしい! 前回のうっぷんを晴らすように決勝でも優勝してほしい。

今回のレースの不安は、雨。クラッシュが多発するか? セーフティーカーが入るか?
今年からセーフティーカーが入るとピットレーン入り口が閉鎖される。燃料給油やタイヤ交換が出来なくなるのだ。ここでもまたレース戦略が重要になる。

マッサにポール・トゥ・ウィンしてもらいたいという願いはあるが、もしかしたら波乱のレース展開になるかもしれない。 とにかく、マッサ、ライコネンのワン・ツーフィニッシュが見たい! マッサにとってはチームオーダーのないジョイントナンバーワン体制の今シーズンなのだから。

頑張れマッサ! もちろんライコネンも頑張れ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月21日

第2戦 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキットを空から見よう!

第2戦 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキットを空から見よう!

●第2戦 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキットを空から見る。

第2戦の舞台となるセパン・インターナショナル・サーキットは、ヘルマン・ティルケデザインのサーキット。
ホームストレートとバックストレートが特徴のサーキット。高温多湿でドライバーにもマシンにも過酷な環境。ハイビスカスをイメージした屋根が特徴的。

まずはグーグルマップでセパン・インターナショナル・サーキットの航空写真を見て気分を盛り上げよう!

開幕戦はキミ・ライコネンのポール・トゥ・ウィンだった。今度はフェリペ・マッサのポール・トゥ・ウィンが見たい!頑張れマッサ!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月19日

第1戦 オーストラリアGP決勝 ライコネン優勝!マッサは最後尾から6位フィニッシュ!

第1戦オーストラリアGPが終了した。

フェリペ・マッサ 6位



キミ・ライコネン 優勝

予選でギアボックスタラブルに見舞われたフェリペ・マッサ。5グリッド降格かと思われたがエンジン交換を選択し、最後尾スタートになった。

さて、決勝でも新ルールが導入された2007年のF1グランプリ。

大きなポイントは2種類のタイヤ使用ルール。

今まではピットインのタイミングはタイヤももちろんだが、燃料搭載量に関係する部分が大きかった。しかし今年からはソフト、ハードどちらのタイヤで長いスティントを走るのかという要素も加わる。

しかし、今回はソフト、ハードによる影響は大きくはなかったようだ。次のマレーシアは気温も高いし路面温度も高いだろうから多少は影響するかもしれないけどね。

ライコネンは安定した走りでポール・トゥ・ウィンでしたね。安心して見ていられました。

セーフティーカーが入るシチュエーションになるのか注目していた。
セーフティーカーが入っても今年からはピットインができない。給油とタイヤ交換をすることが出来ないのだ。最後尾スタートのマッサにとってはセーフティーカーが入った方がいいと思って見ていた。

しかし、今回はセーフティカーは出ませんでした。マッサにとっては残念。でも、シーズン終盤に「オーストラリアGPの3ポイントが重要だった。」と発言できるように次戦から頑張ってほしい。

とにかく、フェラーリの今年のマシンF2007のデビューウィンはめでたい。今後がさらに楽しみだ!

次は、4/8マレーシアGP。次はワン・ツーフィニッシュするぞ~!!

追伸:
フジテレビの各ドライバーのキャッチフレーズが変わりましたね・・・・。よく考えますわ、ホント。

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月18日

第1戦 オーストラリアGP予選 ライコネンポール! マッサはギアボックストラブルで16位・・・。

遂に、2007年のF1グランプリが開幕した!

2007年のF1グランプリの一番大きな話題はミハエル・シューマッハーのいないシーズンであるということではないでしょうか?

誰がその最初のグランプリでポールを獲得し、決勝で勝利するか? これは非常に重要だと思う。1994年セナ亡き後のグランプリでポールを獲ったのも、決勝で勝利したのも、そのシーズンでワールドチャンピオンになったのもミハエル・シューマッハー(ベネトン・フォード)だった。
まずはオーストラリアGPの予選に注目です。

アルバートパーク・サーキットを空から見よう!

レギュレーションにもいろいろと変更がある。

エンジン開発の凍結や、GP毎に使用できるエンジン制限。ギアボックストラブルやギア比の変更までグリッド降格の対象になる。

タイヤがブリヂストンのワンメイクになるという事も重要ですね。

ドライバーに目を向ければ、ルーキーが多い。移籍が多い。すべりやすいアルバートパークサーキット。これだけで予選・決勝ともに十分にスリリングなGPになると思う。

参戦2年目の「スーパーアグリF1」はニューマシンがガレージでのお披露目になった。大丈夫だろうか?
スパイカーと最後列を争うと言われているけど、スパイカーはフェラーリエンジンだから頑張って欲しいんだよね・・・。

と、言うことで予選結果。

■公式予選結果
▲印はグリッド降格の可能性があるドライバー

第1ピリオドでタイムの悪い6台が脱落(バンプアウト)。17位~22位確定。

22位  クリスチャン・アルバース  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
21位  エイドリアン・スーティル  (スパイカーF8-VII・フェラーリ)
20位  ビタントニオ・リウッツィ  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
19位  デイビッド・クルサード  (レッドブルRB3・ルノー)
18位  スコット・スピード  (トロ・ロッソSTR2・フェラーリ)
17位  ルーベンス・バリチェロ  (ホンダRA107)

第2ピリオドで、また6台がバンプアウト。11位~16位確定。

16位  ▲(5?)フェリペ・マッサ  (フェラーリF2007)
15位  アレクサンダー・ブルツ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
14位  ジェンソン・バトン  (ホンダRA107)
13位  ヘイッキ・コバライネン  (ルノーR27)
12位  ニコ・ロズベルグ  (ウイリアムズFW29・トヨタ)
11位  アンソニー・デビッドソン  (スーパーアグリSA07・ホンダ)

第3ピリオド。 1位~10位確定。

10位  佐藤琢磨  (スーパーアグリSA07・ホンダ)
9位  ラルフ・シューマッハー  (トヨタTF107)
8位  ヤルノ・トゥルーリ  (トヨタTF107)
7位  マーク・ウェーバー  (レッドブルRB3・ルノー)
6位  ジャンカルロ・フィジケラ  (ルノーR27)
5位  ロバート・クビサ  (BMWザウバーF1.07)
4位  ルイス・ハミルトン  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
3位  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバーF1.07)
2位  フェルナンド・アロンソ  (マクラーレンMP4-22・メルセデス)
1位  キミ・ライコネン  (フェラーリF2007)

ライコネンがポールを獲ったのは喜ばしいこと。しかしマッサにとっては残念な結果だ。ギアボックストラブルでタイム計測できずに16位。と、言うことは5グリッド降格だろうか?17位以降のマシンに降格がなければマッサは21番グリッド。最後列からのスタートと言う事になるかもしれない。
フェラーリのマシンでギアボックストラブルなんて最近は聞いたことがないなぁ。しかも今年からギアボックスの交換やギア比変更にグリッド降格ペナルティが適用されて、その初戦にマッサが適用されるかもしれないとは・・・。

もう1点気になる要素が「決勝では2種類のタイヤを必ず使わなくてはいけない」というレギュレーション。各チームがどのように戦略を立てるのか? ロス・ブラウンのいないフェラーリはレース戦略に問題ないのだろうか?

そしてマッサの為にも期待したいのは波乱の展開。セーフティカーが入るような状況になれば上位フィニッシュの可能性が出てくるだろう。

今年からのレギュレーションでは、セーフティーカーが入ると更に複雑になる。今年からセーフティーカーが入るとピットレーン入り口が閉鎖される。燃料給油やタイヤ交換が出来なくなるのだ。ここでもまたレース戦略が重要になる。

本当に波乱のレース展開になるかもしれない。

今年は個人的にはフェリペ・マッサに頑張ってもらいたい。もうミハエルはいない。ナンバー2ではない。契約は来年の2008年末まで。ワールドチャンピオン獲得に関しては今年が最大のチャンスだろう。その為にもシーズン前半でキミ・ライコネンより成績が良くなくてはいけないと思う。

頑張れマッサ! もちろんライコネンも頑張れ!

Forza! Ferrari!!

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




2007年3月 8日

2007年F1グランプリ 第1戦 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキットを空から見よう!

第1戦 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキットを空から見よう!

●グーグルマップでオーストラリアGPアルバートパーク・サーキットを空から見る。

2007年のF1グランプリ開幕までもう少しですね。
今年のフェラーリのテストは概ね順調のようです。フェリペ・マッサがテストで好タイムを連発です。今年からフェラーリドライバーのキミ・ライコネンも頑張ってますね。

しかし、テストの結果で安心していられないのがF1。過去にもテストで絶好調だったフェラーリチームが、開幕からつまづいたシーズンを何度も見ています。
マクラーレンやBMW、ルノーも手の内を隠しながらテストしているかもしれないですから。

さて、今年の開幕戦はオーストラリGPです。去年は他のイベント(コモンウェルス大会)の関係で第3戦でしたが、今年は第1戦。

やはり開幕はオーストラリアでないとねぇ。

舞台となるアルバート・パークサーキットは、メルボルンの公園(アルバート・パーク)に湖を取り囲むようにレイアウトされているサーキット。パーマネントサーキットではなく通常は一般公道として使われている。予選から決勝にかけて徐々に路面のグリップが上がっていく。予選・決勝ともにスピンするマシンが多い。

2006年はミハエルがフェラーリ248F1で最終コーナーでクラッシュしてます。
それ以前にもとにかくクラッシュが多い。スタート直後の1コーナーでバリチェロ(フェラーリ)のマシンにラルフ(ウィリアムズ)が乗り上げて宙に舞ったのもアルバート・パークだったはず。

2007年はタイヤがブリヂストンのワンメイクになったし、各チームがタイヤとのマッチングに苦しんでいるようなので、さらにスピン、クラッシュが多いかもしれない。

開幕戦はマシンの信頼性の問題で完走率が低いんですよね。2002年は8台しかフィニッシュしていない。

まずはグーグルマップでアルバート・パークの航空写真を見て気分を盛り上げよう!

開幕楽しみだなぁ! 当然フェラーリが勝つのだ!しかもキミ・ライコネンではなく、フェリペ・マッサが優勝すると見ているのだがどうだろうか?

投稿者 shigeo : PermaLink| トラックバック (0)| アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて




Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.