« フェラーリ360モデナ(イエロー)。ホットウィール1/64ミニカー。 |メイン| 空から見よう! 第5戦スペインGP カタロニア・サーキット。 »

2009年5月 8日

今日はジルの命日。伝説のフェラーリドライバーを偲んで。



1982年5月8日。

ベルギー、ゾルダー。

ジル・ビルニューブ天に召される。

ブルムのフェラーリ126C2(第3戦アメリカ西GPロングビーチ仕様)の1/43ミニカー。

ジルのマシン。ブルムのフェラーリ126C2(第3戦アメリカ西GPロングビーチ仕様)の1/43ミニカー。

2段リアウィングのマシン。リアウイングのサイズの規定が変わり大きさを制限された。しかしフェラーリは枚数制限がないからと、規定サイズのウイングを2枚つなげました。結局レギュレーション違反でレース後に失格となりました。


5月1日はアイルトン・セナの命日だったわけで、セナファンはセナを懐かしんでいたでしょう。4月30日のローランド・ラッツェンバーガーを偲んだ方もいるでしょう。

そして、ティフォシにとってはやはり伝説のジルです。黙祷。

さぁ、1982年シーズンのジルの走りを振り返りましょう。

今見れば鬼気迫る走りだったのかな? ギリギリの走りとコースオフリタイアは紙一重。だからこそ、ティフォシにこれだけ愛されたのだろう。記録よりも記憶に残るフェラーリドライバーとして・・・。


▼1982年F1グランプリ第2戦 ブラジルGP▼

▼1982年F1グランプリ第3戦 アメリカ西GP▼

▼1982年F1グランプリ第4戦 サンマリノGP▼

ジル・ビルニューブ、ディディエ・ピローニのワン・ツーで終盤を迎えていた。チームはふたりにポジションキープの指示を出した。1位のジルは当然ペースを下げる。ところが、ピローニがジルを抜いてしまった。ジルはピローニが観衆を楽しませるためにしていると思ったらしい。再度抜き返したが、ピローニは本気だったらしい。結局ピローニがトップでゴール。チームはその後、ピローニの行為におとがめなし。ジルが孤立してしまった。
1979年ジョディ・シェクターのチームメイトとして、チームのルールを守ってきたジルには信じられなかったのだろう。

▼1982年F1グランプリ第5戦 ベルギーGP▼

ゾルダーの悲劇。

予選の最終セッションでピローニに負けていたジルは猛烈なタイムアタック。ヨッヘン・マスのマシンと接触・・・。粉々になるマシン、シートごと放り出されるジル・・・。


▼ジル不在の1982年F1グランプリ後半戦のダイジェスト▼

ブルムのジルのフェラーリミニカーたち

ブルムは2007年にジルの没後25年にジルのミニカーを積極的に展開。

ブルムのサイトはこちら。

▼今回は1982年のジル・ビルニューブの愛機「フェラーリ126C2」

    
 


投稿者 shigeo : 2009/05/08 | 【category:トピックス】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1145

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.