« フェラーリレーサーの「フェラーリF355チャレンジ」 マテル・イーストアジアのミニカーです。 |メイン| フェラーリのWEBサイトがリニューアルするのか? »

2009年3月27日

ブルムのフェラーリ126C2。ジル・ビルニューブのマシンです。



ブルムのフェラーリ126C2(第3戦アメリカ西GPロングビーチ仕様)の1/43ミニカー。

ブルムのフェラーリ126C2(第3戦アメリカ西GPロングビーチ仕様)の1/43ミニカー。ジル・ビルニューブのマシン。

フェラーリに加入したハーベイ・ポストレスウェイトが、1981年の126CKを改良して126C2を完成させた。フェラーリ初の純粋なウイングカーにもなった。非常に美しいスタイリングのマシンでターボ時代を代表するマシンと言われる。

画像のミニカーは第3戦アメリカ西GPロングビーチ仕様の2段リアウィングのマシン。リアウイングのサイズの規定が変わり大きさを制限された。しかしフェラーリは枚数制限がないからと、規定サイズのウイングを2枚つなげました。結局レギュレーション違反で失格となりました。

1982年。第5戦ベルギーGP。有名なゾルダーの悲劇。

1982年。第5戦ベルギーGP。有名なゾルダーの悲劇。

1982年のF1グランプリプレイバックはこちら。

ジル・ビルニューブ事故死のクラッシュシーンの動画。


ブルムからは各種フェラーリ126C2のミニカーが発売されています。未だにジルの人気が衰えていない証拠でしょう

フジミの126C2プラモデルのバリエーション展開としてこのロングビーチ仕様も発売されています。

▼今回のテーマは「フェラーリ126C2」
   

投稿者 shigeo : 2009/03/27 | 【category:ミニカー(いろいろ)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1088

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.