« プラモデル蔵出し どこがグレードアップマニアックバージョン? ロッソの「フェラーリ512TR(1/24)」。 |メイン| メリークリスマスfromフェラーリ。 フェラーリからクリスマスカード? 壁紙に設定です。  »

2008年12月23日

黄色の塗りが・・・。フェラーリ288GTO。ホットウィール日本語ショートパッケージNo.18のミニカー。



ホットウィール日本語ショートパッケージNo.18のフェラーリ288GTO(1/64サイズ)のミニカーです。

ようやくホットウィール日本語ショートパッケージNo.18のフェラーリ288GTO(1/64サイズ)のミニカーを入手です。

パッケージには「GTO」と表記。確かに実車のエンブレムは「GTO」だけなんだけど・・・。288GTOにしなかったわけは何だろう?

日本仕様ならではの裏面のコピー。

日本仕様ならではの裏面のコピー。

●2800CC・8気筒だから288と呼ばれるモンスターマシン!
●”GTO”は正統なGTカーに与えられる誇り高き戦士の称号!
●脅威のメカニウムとダックテールのデザインが秀逸!

トイザらスの店頭で一番黄色がきれいな個体を選んで買ってきました。

ホットウィール 2008 FirstEdition で赤の「288GTO」が発売されてました。既に入手済みですが、こちらの日本語ショートパッケージは黄色だからもちろん購入です。

でもね、黄色のFXXもそうだったけど、ホットウィールベーシックカーは黄色の塗料がうまくのってないんですよね~。今回も、トイザらスの店頭で一番黄色がきれいな個体を選んで買ってきました。何とかして欲しいものです。プロポーションは抜群なんだからさ!

願わくばマテル中国工場のおばちゃんたちのリアテールランプの塗りの精度が上がれば・・・。

願わくばマテル中国工場のおばちゃんたちのリアテールランプの塗りの精度が上がれば・・・。

その昔、1996年から1999年までフェラーリF1パイロットだったエディー・アーバインが288GTOを所有していて、ドライバー契約が結ばれた際に「これで288GTOのパーツの入手がし易くなった」と発言していた(笑)。

ホットウィール日本語ショートパッケージのミニカー達はこちら。

ホットウィール日本語ショートパッケージのブログページはこちら。

▼今日のテーマはずばり「288GTO」。ミニカー見てるだけじゃなくて、男子たるものやっぱりフェラーリを操縦したいものだ。実車は無理でもラジコンなら・・・・。

    


投稿者 shigeo : 2008/12/23 | 【category:日本語ショートパッケージ】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1002

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.