« 空から見よう! 第8戦フランスGP サーキット・ド・マニ-クール |メイン| プラモデル蔵出し「フジミ模型フェラーリ512TRアメリカ(1/24)」。アメリカ仕様の512TRです。 »

2008年6月19日

フェラーリ333SPと言えば「MOMO」だよね? ミニチャンプスの1/43だよ。



ポールズ・モデル・アート(ミニチャンプス)の「フェラーリ333SP」のミニカーです。1/43です。

ポールズ・モデル・アート(ミニチャンプス)の「フェラーリ333SP」のミニカーです。1/43です。

pma_43_333sp_momo_30_front.jpg

MOMOカラーのゼッケン30。1996年のデイトナ24時間レースで2位になったマシン。

マシンに書かれたドライバーの名前は4人

PAPIS
THEYS
WOLLEK
MORETTI

でも、これ以上の詳細は不明。デイトナ24時間レースって情報があんまりないんですよね。ルマンはそこそこあるのに・・・。地道に探します。

フェラーリ333SP

フェラーリ333SPはこのミニカーとは別にもう1台を持ってます。

(Pauls Model Art ポールズ・モデル・アート) の1/43ミニカーのページでどうぞ。

「マウロ・バルディの5号車」ってミニカー。ミニチャンプスから「フェラーリ333SP」が発売された当時に、とにかく「フェラーリ333SP」が欲しくて買った1台。

でもね、本当は「MOMO」の333SPが欲しかったんですよ。しかし、人気があったみたいで「MOMO」は売り切れ。それで仕方なく知識もなく買ったのが「マウロ・バルディの5号車」でした。実は未だに詳細がわからんのです・・・。

フェラーリ333SP

何故「MOMO」にこだわるのか?

それは、333SPはMOMO社社長のジャンカルロ・モレッティのアイデアでフェラーリエンジニアリングが製作したマシンだからです。

アメリカでのフェラーリ人気を更に強固にするために、1994年北米IMSA WSC(ワールドスポーツカー)シリーズに参戦するためのマシンとして開発されました。フェラーリ自体が参戦するのではなく、プライベーターに参戦してもらうために販売していました。

マシンに書かれたドライバーの「MORETTI」って、MOMO社社長のジャンカルロ・モレッティ本人なのかな?

F50用4.7リッターエンジンをレギュレーションに合わせて4リッターに縮小。3997ccV12 5バルブ。 車名の「333」は、1気筒あたりの排気量333ccから。「SP」は多分スポーツとプロトタイプのイニシャルじゃないかな。

ちなみに333SPはデビュー戦で見事に優勝! 1994年はシリーズ2位。1995年はシリーズチャンピオンを獲得。

これはやっぱりMOMOに敬意を表し、MOMOスポンサーのマシンをコレクションしたいでしょう!

MOMOの公式サイトはこちら。

フェラーリ333SP

今回、縁あってこのミニカーを「シューマッハ★おたっき~」ブログのグラッツェ・シューミーさんから譲っていただきました。めっちゃうれしい!

ホットウィールは「フェラーリ333SP」が好きなようで、1/64のベーシックカーでもカラバリで何台も発売しています。

1/18サイズも発売してますが、shigeoは1/18をコレクション対象外としているので買ってません。

マイストが1/24で出してくれたら嬉しいんだけど。あとはプラモデルもタミヤが出してくれたら嬉しいなぁ。ペパクラもあればいいのに・・・。海外のサイトで探してみよ。

投稿者 shigeo : 2008/06/19 | 【category:ミニカー(いろいろ)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/829

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.