« フェラーリのビデオ「秀麗伝説 フェラーリテスタロッサ」は切替氏が高速を爆走するシーンが超貴重! |メイン| フェラーリ360スパイダーのプロモーションビデオをYouTubeで発見!幌の開閉システムがわかります。 »

2007年12月 9日

レボクロミコ・ルーフのスーパーアメリカ 『サークルK・サンクス限定京商フェラーリミニカー第5弾』!



フェラーリスーパーアメリカ。実車は2004年に発表されたモデル。世界559台限定、日本での販売台数は20台だったはず。

2007年10月23日(火)に発売されたオープンエアがテーマの『サークルK・サンクス限定京商フェラーリミニカー第5弾』。

京商サイトのフェラーリコレクション第5弾 フェラーリ ミニカーコレクション オープンエア10車種30種類のページはこちら。

で、今回はスーパーアメリカのネロ(黒)。ロッソ(赤)じゃなくて残念。でも満足。

実車は2004年に発表されたモデル。世界559台限定、日本での販売台数は20台だったはず。

「スーパーアメリカ」は過去にも発売されたモデル名。これを知っている人は相当なフェラーリ通でしょう。

1955年 410スーパーアメリカ
1962年 400スーパーアメリカ

ルイジ・キネッティがアメリカ市場のためにエンツォに進言して作らせたのがこれらのクルマ。
N.A.R.T(ノース・アメリカン・レーシング・チーム)を結成して、アメリカマーケットを開拓したキネッティ。後に250GTカリフォルニア・スパイダーもキネッティの要望だったしね。

そのスーパーアメリカが現代に蘇ったわけだ。

パワーユニットは基本的に575Mマラネロと同じ。もちろん、パワーアップされてますけど。

透明度が好みに応じて5段階で調整可能な新世代のエレクトロクロミック・ガラス・ルーフを電動で回転させるのが「レボクロミコ・ルーフ」。わずか10秒で回転する。

驚くべきはルーフの構造!

レボクロミコ・ルーフなるものが採用されている。

透明度が好みに応じて5段階で調整可能な新世代のエレクトロクロミック・ガラス・ルーフを電動で回転させるのが「レボクロミコ・ルーフ」。わずか10秒で回転する。

オープンにした際のルーフはリアのトランクの上に位置する。雨が溜まった状態でルーフを閉じたらシートに雨水が入るのではないか?と思うんですが・・・・。

フジミ模型のプラモデルやホットウィールのミニカー(1/18)で実証実験してみようか?

アメリカシェルのサイトにスーパーアメリカの動画があります。
「レボクロミコ・ルーフ」の回転の様子がほんの少し映っています。

エレクトロクロミック・ガラス・ルーフは、2007年に60周年記念モデル「フェラーリ612スカリエッティ セッサンタ」でも採用されました。こちらは回転しませんが・・・。

「フェラーリ612スカリエッティ セッサンタ」に関しては過去のブログ記事でどうぞ。

『サークルK・サンクス限定京商フェラーリミニカー第5弾』はテスタロッサ・スパイダー348スパイダーも入手しました。

これら3台のミニカーは大阪の I 氏から譲っていただいた貴重なミニカーでございます。 ありがとうございました。

その他、過去の『サークルK・サンクス限定京商フェラーリミニカー』第1弾からのミニカーは、ブログじゃなくてミニカーページで公開しています。是非、ご覧下さいませ。掲載されていないモデルはほとんど未入手のものです。定価で譲っていただける方がいらっしゃいましたら、メールにて連絡いただけると嬉しいです。メアドはコンテンツトップページの最下部にあります。よろしくお願いします。

投稿者 shigeo : 2007/12/09 | 【category:ミニカー(サークルK・サンクス)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/623

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.