« フェラーリFXXミレキリとは何か? コンセプトらしいのだが詳しいことはまだわからない・・・。 |メイン| サークルK・サンクスフェラーリ第4弾 F40コンペティツィオーネ »

2007年7月13日

サークルK・サンクスフェラーリ第4弾 360GTCはリアウイングが360N-GT仕様のようですが・・・?



サークルK・サンクスフェラーリ第4弾 360GTCはリアウイングが360N-GT仕様のようですが・・・?


サークルK・サンクス限定販売のフェラーリコレクション第4弾 フェラーリ ミニカーコレクション 10車種30種類の中の360GTC。残念ながら赤ではなくマットブラック。でも満足。

2002年にFIA-GT選手権でクラスチャンピオンを獲得した「360N-GT」の発展型が「360GTC」。フェラーリのコルセ・クリエンテイとミケロットの共同開発だ。2003年12月のボローニャモーターショーで発表された。

外観に大きな違いは見られないが、風洞実験を繰り返しフロントスカートやサイドスカートをモデファイしている。リアウイングをサイズアップしてリアのサブフレームに直接マウントされた。またトランスミッションは6段のシーケンシャルのみ。「360N-GT」で採用されていたF1マチックは用意されなかった。

今回の京商製ミニカーではリアウイングが「360N-GT」タイプのものになっている。ちょっと残念だけど、まぁ、いいか。

リアウイングの形状がわかる「360GTC」の実車の画像はこちら。

投稿者 shigeo : 2007/07/13 | 【category:ミニカー(サークルK・サンクス)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/454

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.