« 第9戦 イギリスGP決勝 ライコネン復活!フェラーリの逆襲が始まるぞ~! |メイン| サークルK・サンクス限定フェラーリ第4弾 フェラーリFXX(しかも人気の赤)をゲットです! »

2007年7月10日

『ミレキリ』 フェラーリ・ピニンファリーナ国際デザインコンテスト「神話の新コンセプト」優秀賞。



今更ながらの情報ですが、ず~っとブログで書こうと思いながら今まで書かずに来てしまった。

2005年にフェラーリとピニンファリーナが開催した国際デザインコンテスト「神話の新コンセプト」。
優秀賞4作品をフェラーリが2005年11月発表した。

デザインコンペは2005年1月から、世界の有力デザイン学校4校を指名して開始。参加学生の国籍は13カ国。

■CCS=カレッジ・フォア・クリエイティブ・スタディーズ(アメリカ、デトロイト)
■コベントリー工芸大学(イギリス)
■IED=ヨーロッパ・デザイン学院トリノ校(イタリア)
■TCA=東京コミュニケーションアート(日本)

計20作品(各校5作品)の1/4スケール立体モデル、スケッチ、コンセプトが最終選考。

デザイン課題:
ミッドシップ8気筒・フロントエンジン12気筒フェラーリ

選考委員:
ルカ・ディ・モンテツェモーロ
ジャン・トッド
ドナート・ココ(コンセプトデザインチーフ)
セルジオ・ピニンファリーナ(ピニンファリーナ会長・イタリア終身上院議員)
ケン奥山(ピニンファリーナデザインディレクター)等

●『ミレキリ(Millechili)』 
IED:ロイス・アグリョ(スペイン)、フェリックス・ヒリー(ドイツ)

『ミレキリ(Millechili)』
画像はポップアップします。


フェラーリ公式コミュニティ「YOU&FERRARI >」でもクルマのデザインや表彰式の模様の画像が掲載されています。
YOU&FERRARI > PHOTO GALLERY > CORPORATE > EVENT > New concept of the myth

ミレキリ(1000キロ)と聞いて思い浮かぶのは「ミッレミリア(Mille Miglia)」。ミッレミリアは1000マイルって意味です。
フェラーリの往年の名車「166MM」のMMがミッレミリア優勝を記念して付けられたことは有名ですね。
だから、今回の「ミレキリ(1000キロ)」をデザインした学生のネーミングの由来は「ミッレミリア」にあるのだと勝手に思い込んでいる。

しかし、もしキリが「キロメートル」ではなく「キログロム」を意味しているとしたら、車重が1トン未満のライトウェイトって意味にも取れるのかなぁ? わからない・・・。 ず~っと疑問だったが、ネットでも雑誌でも詳しく語られることはなかったから、相変わらず疑問のまま。

で、このクルマ『ミレキリ』のデザイン。 いいですねぇ。4作品の中で一番好きです。
まずリアエンジンであること。自分はフロントエンジンよりミッドシップのスタイルが好きだから。
今回はミッドシップなら8気筒で、フロントエンジンなら12気筒でデザインすることがルールです。12気筒ミッドシップでもいいじゃないかぁぁぁぁ~!

シェルとかのステッカーがあって、レーシングカーって感じが好きです。ミニカーかプラモデル出ないかなぁ? サークルK・サンクスあたりで展開してくれたら面白いのに・・・。

つい最近、フェラーリ60リレーのフィナーレで、「FXX Millechili」ってコンセプトカーが発表されてましたが、それとこれは別物。
「FXX Millechili」コンセプトカーはまだ全貌がはっきりしませんね。タイヤが紙で出来ているし、「何だろう?」って感じでしたね。


ちなみのあと3作品は後日紹介します。
フィオラノ (Fiorano)
トレ・ディビーゾ (Tre Diviso)
アスカリ (Ascari)

投稿者 shigeo : 2007/07/10 | 【category:ロードカー】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/443

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.