« 空から見よう! 第6戦カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット!アレジがフェラーリで勝利したサーキット |メイン| バンデンブリンク599GTOの壁紙。フェラーリ599GTBフィオラノと250GTOの融合って感じ? »

2007年6月 1日

Ferrari 599GTO by Vandenbrink とは一体? フェラーリ599GTBフィオラノベースのマシンのようだ。



海外のサイトを見ていたら「Ferrari 599 GTO by Vandenbrink」なるクルマの画像を発見。

見た目は「フェラーリ599GTBフィオラノ」に、往年の名車「フェラーリ250GTO」のエッセンスを取り混ぜたようなデザイン。

一体なんだろうと調べてみた。

Vandenbrink(バンデンブリンクと読むのだろうか?)は、オランダのアムステルダムにあるデザイン会社のようだ。「Vandenbrink Design」でネットで検索してみたら、そのトップページがいきなり下の画像です!

Ferrari 599 GTO by Vandenbrink とは一体? フェラーリ599GTBフィオラノベースのマシンのようだが?

Vandenbrink Design 公式WEBサイトはこちら。

バンデンブリンクのサイトでは「Vandenbrink GTO」と表記されている。
画像を見るとフェラーリのバッジではなくバンデンブリンクのロゴが車体にあります。だからフェラーリを名乗ることができない「バンデンブリンクGTO」なんですね。

しかし「フェラーリ599GTBフィオラノ」ベースで制作されたマシンであることは確かです。

個人的にこのデザイン好きです。最近のフェラーリのニューモデルのように、最新のデザインに往年の名車のデザインをモチーフとして使う手法だ。

360モデナのリアのエアインテークは250LMっぽいし、612スカリエッティのサイドのデザインはイングリッド・バーグマンに贈られた375MMのデザインがモチーフになっている。F430のフロントの大きなインテークは往年の156F1のシャークノーズを彷彿とさせる。

「バンデンブリンクGTO」は、既に3台は売られたらしい。ということは金持ちのオーナーのところに納車されているんだろうね。そのうち実車の画像がネットに出てくるだろう。
バンデンブリンクのサイトには、いくつかのカラーバリエーションの画像がある。オーソドックスな赤からノーズ部分だけシルバーの往年のレーシングマシンのようなカラーリングもある。かっこいいなぁ。
5台のみの限定生産らしい。あと2台は製作中のようだ。

この「Vandenbrink GTO」といい、先日記事にした「600GTO」や「フェラーリP4/5 by ピニンファリーナ」、古くは「トーマシーマ3」まで、フェラーリをベースにしてさらにオリジナル性の高いものを作ろうという欲求はすごいですね。

投稿者 shigeo : 2007/06/01 | 【category:ロードカー】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/408

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.