« 北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)でF430GT展示中! F430GTの壁紙をゲットしよう! |メイン| 248F1スペシャルサイトは閉鎖されるぞ~!PDFの内容はこれだ!プロストとジルを印刷してみた。 »

2007年1月12日

外国みやげのホットウィールF2001LaunchEdition(1/18)。ロリポップのパーツで給油口が開けられるのだ!



Hotwheels(ホットウィール) F2001(1/18) Hotwheels(ホットウィール) F2001(1/18)

ホットウィール1/18サイズのF2001です。ブログで紹介するために蔵出しです。大事にしまわれていました。というか1/18は大きすぎて飾る場所がないので、泣く泣くしまわれていたんですけどね。

このミニカーは以前に友人がドイツ~ベルギー~オランダの旅行に行った際にお土産に購入してきてくれたもの。ありがとう!

「F2001」とパッケージにもあるのだが、フロントノーズの形状を見るとどう見ても「F1-2000」。
しかしカーナンバーは「1」。

「変なもの買ってきたなぁ?
 ニセモノかなぁ?
 でもしっかりとHottwheelsのロゴもあるしなぁ?
 おかしいなぁ?」

と思ってよく見るとパッケージ右下に「LAUNCH EDITION」の文字が!
なるほど! そういうことか!

前年に「F1-2000」でチャンピオンを獲得したミハエル。F2001のカーナンバー「1」のモデルの製作には時間がかかるので、F1-2000のミニカーでカーナンバー「1」にして、マーキングを変更して発売したモデルです。

この手の方法はポールズモデルアート「ミニチャンプス」の得意技でした。
ミニチャンプスのラウンチバージョンも持っていますよ。1/43サイズの「F310B」です。
1997年のF310Bはスリックタイヤ。オフシーズンにフェラーリは翌年から導入されるグルーブドタイヤ(溝付タイヤ)のテストをF310Bで行った。ミニチャンプスは、そのマシンをモデル化していました。タイヤ以外にもカーナンバー、スポンサーデカール、空力パーツなども変えてるんですよ。欲しくなっちゃいますよね。マニア心をくすぐる手法です。
で、結局「通常のF310B」と「翌年用グルーブドタイヤ装着F310B」の2台を購入してしまいました。
まだ2台の画像をサイトにアップしていないので、今度公開できるように準備しましょう。

ちなみに画像のホットウィールF2001のアイテムナンバーは、 MT50169 です。

さて、F2001 LAUNCH EDITIONの台座裏面に給油口を開けるためのパーツが付属していた。

そのパーツが「ロリポップマン」の持っている指示棒(と言うのかな?正式名称がわからない)のカタチをしている。ホットウィールの遊び心を感じますね。しっかりと「BRAKE」、「1stGear」となっています。

▼これがそのパーツと説明書の画像▼
ホットウィール ロリポップのパーツ

F1ファンならご存知と思いますが、「ロリポップマン」とは、ピットストップ時に止まっているマシンのドライバーに対して、「BRAKE」とか「1stGear」とかの指示が書いてあるモノを見せる役割の人。
そのモノがロリポップ・キャンディーのカタチに似ているからこう呼ばれている。
とても重要な人で、ドライバーは「ロリポップマン」が棒を上げたらスタートする。だからタイミングを間違えると事故になる。

タイヤ交換の人が轢かれた事もあります。給油マンが引きずられた事もありますね。

とにかく、貴重なモデルを買ってきてくれた友人に感謝です。

2000年のF1GPプレイバックはこちら。

2001年のF1GPプレイバックはこちら。

投稿者 shigeo : 2007/01/12 | 【category:1/18】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/241

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.