« 昨日からお台場のシェルミュージアムで「ミハエル 栄光の軌跡 写真展」始まりました。 |メイン| ホットウィールのグランプリシリーズのフェラーリも歴代のミニカーを見比べるとおもしろいぞ! »

2006年12月10日

ホットウィール フェラーリ575GTC(1/55)。実車のストーリーを知るとミニカーも楽しくなるよ。



HotWheels 575GTC
HotWheels 575GTC

娘がニンテンドーDSの「Wi-Fiコネクション」を買いたいというので、トイザラスに行ってきた。

Wi-Fiコネクションはあっという間に見つかったのだが、お父さんはフェラーリミニカーの探索行ったのでした。

そしたら出て来ました!

ホットウィール1/55サイズのフェラーリ575GTC!

以前にレッドボディが発売されていましたが、ブログやミニカーコーナーで紹介する前にカラーバリエーションが発売されちゃいました!

ホットウィールマテル)の頑張りに感謝です!

ミニカーの出来は、1/55ベーシックカーのスタンダードですね。OKです。

1/43サイズの248F1の出来はイマイチどころかイマ2、イマ3でしたが・・・。
248F1の画像はこちら。


さて、「575GTC」とはどんなクルマなのかちょっと説明いたしましょう。

もとになった車は「575Mマラネロ」。550マラネロから発展したマシンですね。

プロドライブが製作した550GTが2002年のル・マンGTクラスで優勝しました。実に1974年以来という快挙です。

そこでフェラーリは自らファクトリーマシンとして575GTCを登場させました。「プロドライブで成功するなら自分たちでもできるさ!」って感じでしょうかね。

しかし、本気度が違います!

外観は575Mマラネロですが、中身は別モノと言ってもいいかも。まず排気量をアップしちゃったんだから最早「575」とは言えないんですよ・・・。575Mマラネロは「5748cc」だから「575」と呼ばれていたのに、この「575GTC」は「5997cc」ですよ! これなら「599GTC」とか「600GTC」と呼んでもいいんじゃないの?このあたりのネーミングのアバウトさはやっぱりフェラーリですね。細かい事は気にしないラテン系ですね。

当然「F1マチック」もやめてレース用のシーケンシャルに変更。ボディ・パネルをカーボン・コンポジットにして1100kgにまで軽量化した。

2003年のFIA GTシリーズの第9戦でデビュー・ウインしちゃいました。
デビューウィンですよ! 凄いですねぇ!

それを考えながら、ミニカーを眺めています。43サイズの「575GTC」も欲しいなぁ・・・。

投稿者 shigeo : 2006/12/10 | 【category:ミニカー(ホットウィール)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/221

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.