« フェラーリ公式サイトにミハエル・シューマッハースペシャルコンテンツ登場! |メイン| フェラーリのラリーマシン「308GTB」。赤いボディに青地に白のパイオニアロゴは綺麗ですね。 »

2006年10月27日

フェラーリのラリーマシン「308GTB」。ライトポッド(補助灯)がかっこいいよね!



フェラーリ308GTBラリー ブラーゴ1/43

ブラーゴの1/43サイズの「308GTB」。

ロードカーではなくラリー用のマシンです。

10年以上前に購入したミニカー。

どこで買ったかは全く覚えていないが・・・。

現在ほどミニカーブームも無かった時代、フェラーリのモデルカー(ミニカー)を手軽に購入できるミニカーメーカーと言えばイタリアの「ブラーゴ」でした。

1/18というサイズを世に広めたのもブラーゴと言われていますね。

私も20年近く前1/18サイズの「288GTO」を購入しました。

現在、ブラーゴのミニカーは30台程持っています。

1/18、1/24、1/43、1/87サイズです。

他のメーカー(ホットウィール、イクソ、PMA、ブルム、バン、ヘルパ)に比べたら出来は悪いかもしれませんが、いい味出してますよ。

私は好きです。

で、画像の308GTBのミニカーはカーナンバー「32」、メインスポンサーは「SABA」。

イタリアの家電メーカーらしい。

TV・VIDEO・HIFI の文字もありますしね。

イタリア語だろうから「サバ」と発音するのだろう。

イタリアYahoo!で探しましたが見つかりませんでした。

補助灯がかっこいいよ。

自分はラリーにあまり詳しくないので知りませんでしたが、ライトポッドというらしいですね。

とにかくフェラーリがラリーに参戦していたなんてこのブラーゴのミニカーを買って初めて知りましたよ。

ちなみに、車体のその他のロゴは
FERODO
SIEM (ライトメーカー)
CARELLO (イタリアのライトメーカーらしい)
CHAMPION
KONI


このミニカーの実車にはどんなヒストリーがあるのだろうと雑誌などを見て得た私の知識です。

1976年にFIAがグループ4の最低生産台数規定を緩和したため、308GTBのホモロゲーションが認められた。

グループ4のラリーレースの中でも、ターマックと呼ばれる舗装路中心のレースに参戦。


ラリーへの参戦理由として70年代後半のランチア・ストラトスの圧倒的な力を誇っていたことがあった。

ターマックであれば308GTBでも活躍できると考えたのだ。

何故かと言えば、ランチア・ストラトスは246GTのエンジンを積んだミッドシップマシンだったからだ。

活動に関しては、フランスの代理店シャルル・ポッジとフェラーリの特装部門ともいえるミケロットが連携して308GTBラリーマシンを作り上げた。

ミケロットが有名になったのもこの308GTBのラリーでの活躍だった。

FIAは1982年にカテゴリーを変更。

グループ4からグループBへとレギュレーションが変更になったため、ミケロットも308GTBのグループBマシンを準備した。

並行して後の288GTOにつながる「308GT/M計画」が進められた。

288GTOはホモロゲーションを獲得する為に生産されたモデルであったが、レギュレーション変更でホモロゲーション獲得はできなかった。

デザインはピニンファリーナ。結局ラリーには参戦しなかったが、後の288GTOエボルツォーネそしてF40へ進化していくマシン。

308GTBはグループ4及びグループBのために31台製作されたと言われている。

308GT/Mは3台のみ製作されたと言われている。

投稿者 shigeo : 2006/10/27 | 【category:ミニカー(いろいろ)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/183

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.