« X-レーサーズ フェラーリ360モデナの赤のクリアタイプモデル |メイン| 第16戦 中国GP予選 シューマッハー6番手に沈む・・・。ルノーがワンツー。決勝は晴れて欲しい! »

2006年9月27日

ようやく512Mの赤ゲットです。ホットウィール日本語パッケージのゴールドホイール!



Ferrari 512M
Ferrari 512M

X-レーサーズ360モデナの透明モデルと同様の日本語パッケージで発売された赤ボディの512M。

512と言っても、1990年代のテスタロッサ~512TR~F512Mのシリーズとは別物です。

1970年のレーシングマシン「512S」が不発で、ポルシェにやられっぱなしだったフェラーリ。そこで1971年に改良版の「512M」を投入。Mはモディファイのイタリア語「モディフィケート」の意味だと思われる。しかしモディファイ程度ではポルシェに太刀打ちできずこの年も惨敗。残念・・・。

512Sはミニカーやプラモデルでも人気のモデルです。で、ホットウィールは何故この時期に512Mなのだろうか?わからん・・・。

既に発売済みの「青い512M」は未だに手に入れていませんが。こちらもゼッケン6らしいです。
「青い512M」と言えば、1971年デイトナ24時間レースの青いSUNOCOスポンサーマシンが有名ですよ。

この512Mは、X-レーサーズ360モデナの透明モデルと同様に友人からプレゼントしてもらいました。

ちなみに、ホットウィールの日本語パッケージのフェラーリは、この「赤い512M」と「X-レーサーズ360モデナの透明モデル」のほかに、「黒いF430スパイダー」がありますが、こちらは現行品と同じモデルらしいです。パッケージ違いも収集するコレクターは購入必須でしょう。しかし、私はパッケージは捨ててしまう人なので、「黒いF430スパイダー」は買いません。

投稿者 shigeo : 2006/09/27 | 【category:日本語ショートパッケージ】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/166

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.